箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

聖地にてリトル・ペブルに与えられたメッセージ

No.159 1987年8月13日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】



リトル・ペブル:
 三位の大きな天使達は、まだそこにおられます。聖母マリア様を待っておられるのです。聖母は、きょうは少し遅れていらっしゃいます。しかし、それはただ私の到着が遅れてしまったからなのです。私達は、この聖地の為に選んだ聖歌「オ・サンクティシマ」(「きよけし…」)を聖母の御出現をお待ちして歌います。

 (その聖歌が歌われました。また「ファチマの聖歌」も歌われました。)

 聖歌の初めから、とても高い空の上に美しく光り輝く白い十字架が立っていました。大天使聖ミカエルが剣を手にし、十字架の上に立っています。この剣は(戦いの用意が出来ているかのように)今にもふりおろされるかのように見えます。彼は金色の鎧兜を着ています。それは、王宮仕えのためで、又他の二位の大天使は各々一位ずつ十字架の両側に立っています。そして今、私は聖母が十字架の内から出る光線、つまりその十字架の光線の上に乗って(その光線は真中から放たれています)来られるのが見えます。そして聖母は、この美しい光線の上に乗って滑るように動かれています。

 聖母は純白のドレスを召されています。美しい白いケープとマントを羽織っておられますが、マントは御頭からまっすぐ地面に届いています。聖母のドレスはとても明るい青で、水色のようです。本当に、本当に美しい。そして聖母のケープの縁も見えますが、その縁にはたくさん星がついており、聖母の額の上の方には美しい一つの星があり、御頭の上にあるのは美しい小さな十字架ですが、その十字架は宙に浮いています。ただ空中に浮いているのです。聖母は腕を広げられました。そして御手から、美しい光が光線のようになって放たれています。聖母は、きょうは冠はかぶっておられません。マントのてっぺんに、この星があるだけなのです。この美しい星があって、その星の上に小さな十字架があるのですが、全部宙に浮いています。

 聖母はとても美しいです。そしてあたりを見回していらっしゃいます。聖母の回りに小さな天使達が見えます。彼らはケルビムです。この小さい小さい赤ちゃんの天使達は、おそらく130はいるに違いありません。そして彼らは皆、聖母の回りを走り回っています。ケルビム達は皆、いろいろな色です。聖ミカエルの立っている大きな十字架の後ろには、美しい虹が見えます。それは壮大な虹です。その虹の上にノアの箱舟が見えます。箱舟が虹の上にあるのです。

 空のとても高い所に今、救世主キリストがおられますが、天の御父のような御様子です。イエズス様は全部美しい白の御召し物で、金色の玉座の上に座っておられます。全く素晴らしいです。金の縁取りのある、美しい純白の衣を召されています。そして手を上げられました。右の手です。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 そして今、神の玉座から光がやって来るのが見えます。それは例の十字架を突き通っています。その光線は、それから聖母の御心を突き抜けて通って行き、私達皆の上に霧のように降りかかっています。それは本当に特別な光景です。大変美しい。

 今、聖ヨゼフが聖母の右に来られるのが見えます。そして聖シャーベルもいらっしゃいました。彼は聖母の左側におられます。聖シャーベルも聖ヨゼフも、聖シャーベル会の修道服を御召しになっておられます。聖ヨゼフが聖シャーベル会の修道服を着ておられるのを見るのは初めてです。

 聖母は今、珠のロザリオを脇のベルトから外されました。それはベルトのようなものです。そしてロザリオの珠を握っておられます。ロザリオの珠は白で、大珠は金です。聖母は十字架を取り上げてイエズス様に接吻なさいました。


聖母:
 かわいい子、我が愛のリトル・ペブルよ、私の小さきバラよ、あなた方を祝福します。そして、遠くから来てくれたかわいい日本の子供達、愛するオーストリアとオランダの子供達、トンガという島の子供達、そして今ここにいる全ての子供達に挨拶を贈り、生ける神、イエズス・キリストの御名によって祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 かわいい我が子よ、そして愛する子供達よ。私はきょう、助言を与えるためにやって参りました。それはあなた方の魂の高揚にとって大変大切な助言なのです。愛する子らよ、私は少し前「我が小さきバラ」を通して、あなた方に祈りの重要さをお話しました。私はロザリオの祈りの大切さを示す為に、いつものようにロザリオを持って参りました。

 愛する子供達よ、ロザリオをどこへ行く時にも、いつも持っていなさい。この強力な準秘跡は、霊的にも肉体的にもあなた方の保護となるからです。愛する子供達よ、何故ならあなた方は、世界と公教会にとって大いなる悲しみと苦しみの時代に入りつつあるからです。「キリストの神秘体(公教会)」にとっての受難の時は、すぐそこに来ています。かわいい子らよ。そしてこの「愛の殉教」を生き抜く唯一の道こそは、我が神なる御子、主なる神、イエズス・キリストと、あなた方の天の母の汚れなき御心への信心によってなのです。ロザリオは、あなた方の保護の保障となるでしょう。これをそのように呼びたいのであれば、です。

 愛する子供達よ、しばしば愛の珠なるロザリオを祈らなければなりません。そして更にもっと、あなた方はしばしば御聖体にましますイエズスを拝領しなければなりません。それにより、来る苦難と試練に対する力が与えられるからです。私と最愛の御子イエズスが何年にもわたって何回も与えてきた、沢山のこれらの御言葉をないがしろにしてはいけません。これらの御言葉は、無駄な雑談ではないのです。これらは私達の愛する子供達に対する、真剣な愛の警告なのです。

 公教会に対する試練は、もう間もなく始まります。それは、聖なる教皇ヨハネ・パウロ2世の暗殺未遂から始まります。そして愛する子供達よ、その後間もなく公教会の「大分裂」が起こります。我が息子の地上における家(公教会)の完全な分裂です。それは、私達が全世界に遣わしている代弁者達のメッセージを、人類が受け入れないからです。来る12ヶ月のうちに、私の最愛の御子イエズスと私自身、そして聖人、天使達は、人類に最後の警告を与える為に世界の多くの場所へ訪れるでしょう。もしこれを心に留めなければ、第三次世界大戦が始まり、10億以上の人々がこの地球上から取り去られてしまいます。愛する子供達よ、これがあなた方の求めているものですか?

 私は、全世界で血の涙を流して泣いています。それでもまだ我が汚れなき御心が泣くのを見た時、ほんのわずかの人々しか憐れんでくれません。私の子供達よ、一体どうしてしまったのですか? 心がないのですか! おお、私と我が息子の与えている御言葉を信じる光の子達よ、あなた方は世界へ出てゆき、これらのメッセージを全ての人々へ伝えなければなりません。そうすれば、それが全世界に起こる悲しみの時代の前に、全ての人への警告となるでしょう。

 最後の三年半にわたる苦難は、来年の暮れから始まります。それらをよく覚えておきなさい。かわいい子供達よ、あなた方はこの意味、つまり反キリストの完全なる統治について知らされています。そしてたくさんの私の子供達は、大変苦しむことになるのです。何故なら、彼らは私達の希望と愛と憐れみのメッセージに、耳を傾けなかったからです。

 かわいい子供達よ。母だけが出来るようにあなた方を愛しています。たくさんの子供達が、私達のメッセージを投げ捨てるのを見、またあまりにもたくさんの子僕達が邪悪な快楽の生活にふけっているのを見るにつけ、私の心は傷ついております。

 かわいい子らよ、あなた方は聖なる正しい生活を送る為に、この世に生命を受けたのです。それは、いつの日か天にまします永遠の御父の御国に来ることが出来るためです。あなた方は罪を犯す為にこの世へ送られたのではありません。

 愛する子供達よ。神や天の母の声を聞き入れない、この堕落した世界は何と悲しいことでしょう。しかし愛する子供達よ、私と私の最愛の御子はあなた方を愛しています。私達のみ心を、あなた方に開いているのです。おいでなさい。そうすればあなた方を助けます。あなた方の多くは、真に神の愛の賜物で祝福されているからです。愛する子供達よ、あなた方を祝福します。そして、世界の子供達と世界の平和の為に祈る為、ここに集った子供達に感謝します。あなた方全員を祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


リトル・ペブル:
 今、聖母はテレサの方を見ていらっしゃいます。彼女を通して話されたいのかどうかは、わかりません。今、聖母の後ろの、美しい大きな輝かしい白い十字架上のイエズス様が見えます。そしてイエズス様は白い十字架の上に釘付けにされていらっしゃいます。イエズス様は苦しみ悶えていらっしゃいます。十字架の上で生きていらっしゃいます。御頭と五つの御傷から血が流されているのが見えます。そして今、十字架の下で御血をカリスで受け止めている、何位かの天使が見えます。けれどもカリスは、非常に早く御血で満たされてしまい、今、それは溢れ出しています。今一つの球が見えます。その球は、地球を表しているのがわかります。いろいろな国々が見えます。そしてイタリアが見えます。カリスから血がイタリアの上にしたたり落ちています。そして今、イタリアが揺れているのが見えます。とてもとてもひどく、まるで地震のようです。主が話されます。


主:
 愛する子供達よ、彼らがわたしに何をなしたかを見なさい。これは彼らの罪にたいする懲罰である。


リトル・ペブル:
 それは、大変大規模な地震です。そして十字架の上に「まもなく」の文字が見えます。今、再び世界が動いていきます。急回転しています。南アメリカが見えます。そして「チリ」という文字が見えます。そしてイエズス様の御手の御血が、カリスからこの国の上に流れ落ちています。チリは揺れています。


主:
 愛する子供たちよ、この国もそうである。この国を始め、多くの世界の国々に災難が起こるのだ。なぜなら愛する子供達は、彼らが罰せられるまで聞こうとしないからである。


リトル・ペブル:
 今、主の御顔を見ています。主はひどく苦しんでいらっしゃいます。出来ることならお慰めしたいのですが。今、主の聖心が見えます。それは十字架上の御胸の上にあります。そして、聖心には剣が刺さっているのが見えます。

主:
 愛する子よ、あなたは人類の為の我々の犠牲の魂である。間もなく大試練の最中、地上の我が教会を導くために、偉大な権威と力があなたに与えられるであろう。世界中のわたしの子供達が今、わたし達の愛のリトル・ペブルの為と、我等の代理者、教皇ヨハネ・パウロ2世の為に祈らなければならない。しかも、絶えず祈りなさい。彼らは、我がいと聖き御母のメッセージを伝える為、全世界を旅行しなければならないのだから。語られてきた天の言葉を聴きなさい。そしてそれに従いなさい。


リトル・ペブル:
 そして今、主の右手が十字架よりおりるのが見えます。


主:
 我が子よ、我が「小さきバラ」よ、そして全ての子供達よ。あなた方を祝福しよう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


リトル・ペブル:
 今、イエズス様は行ってしまわれました。十字架も消えました。しかし聖母はまだそこに立っておられます。


聖母:
 愛する子よ、そして子供達よ、以上がきょう、私の与えるべき全ての助言です。愛する子供達よ、私があなた方の祈りと願いを聞いたことを確信しなさい。そしてこれらを、永遠の御父の玉座へ持って参ります。あなた方の祈りと信心を続けて下さい。そして、私と私の最愛の御子は、いつもあなた方と共にいるということを覚えておいて下さい。今、私達はあなた方を祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


リトル・ペブル:
 聖母は今、空の彼方へと戻られます。永遠の御父も、玉座と共に消えてしまわれました。けれども虹と箱舟は、まだそこにあります。そして聖母は、空へ戻られながら、優しく言われます。


聖母:
 息子よ、まもなく彼らは、いくつもの国の国境の山の上に箱舟を見つけるでしょう。

 ……「サルベ・レジナ」が歌われる……


リトル・ペブル:
 聖ミカエルが日本の人達に、聖母を讃えて聖歌を歌うよう、願っておられます。

 ……日本の人達が、聖マリアの栄光の聖歌を歌う……


リトル・ペブル:
 きょう、イエズス様と聖母に栄光を帰し、全世界の為に祈るようにいらして下さった、全ての人に感謝します。間もなく一日の最後のお祈りである十字架の道行のロザリオをいたしましょう。特に、いろいろな国や国内の州から来て下さった全ての人々に、そしてこの為にバスを準備して下さった人々に感謝します。イエズス様と聖母が、皆様方の信仰を伴った努力に報いて下さいますように。

 御存知の通り、次の償いの日は土曜日の8月15日です。その後、8月22日と続き、再び9月13日です。イエズス様と聖母が祝福して下さいますように。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。





【 神の聖なる御名 】

 神の本性が、人間の頭で充分に理解することが不可能のごとく、従って、完全に相当する神の御名を表現することは不可能である。公教会は、聖書で用いられている多くの御名が、神の本性よりもその働きの方を表していると教えている。(『Fundamntal of Catholic Dogma』Chs.1.2.3参照 )これらのうちには、エロヒム(Elohim)、アドナイ(Adonai)、エルジョン(Eljon)、カドッシュ(Kadosch)がある。これらは、それぞれ『完全な力を持つ者』、『主(または指揮者)』、『いと高き者』、『聖なる者』を意味するのである。この他に旧約聖書では、もう一つの適当、かつ欠くことの出来ない御名が記されている。それがヤーウェ(JAWEH)であり、『在る者』として最も良く知られている御名である。ダマスコの聖ヨハネは、かつて全ての神の御名において、この御名が最もふさわしいものであると語った。(De fide orth 1.9)

 旧約聖書では、三位一体の奥義のしるしのみを扱っているので、ユダヤ人は聖三位の認識がなかった。例えば創世の書1章26節で、神は、『我らにかたどって、似せて、人間を作ろう。』と御自身を複数で語っておられる。聖三位の理解は、福音史家の証言により、キリスト教の到来と共に始まった。例えばマテオ第3章16−17節では、『イエズスは洗礼を受けて、すぐ水からおあがりになった。すると見よ、天が開け、神の霊が鳩の形で下り、彼の上に来るのをご覧になった。そして見よ、天から「これは、わたしが喜びとする愛子(いとしご)である」という声がした。』 さらにヨハネ第15章26節では、『わたしが父からあなた達に贈る弁護者、父から出る真理の霊が来る時……』とある。

 公教会では世代制により、御子は御父の知性より出で給うたと教えている。御父が御自分を完全、かつ無限に御存知であるように、御自分を熟考することが可能であり、御自身の似姿を眺められ、その似姿のうちにご覧になるのが御子である。聖三位の第三のペルソナは、御父と御子の互いの愛より出で給う。言いかえれば、神は愛にてましますが故に、御父と御子の互いより流れ出づる愛が、聖三位の第三のペルソナなのである。

 聖三位の第二のペルソナの御名を「御子」と言うが、それは聖三位の第一のペルソナより永遠に生まれ給うた故である。そして御子を出でさせたペルソナに与えられた御名が「御父」である。ところが、第三のペルソナの出生には適当な名が何もないが、『発生』あるいは『息吹き』と呼ばれる。この第三のペルソナにつけられて一般的に常用されてきた御名は二つある。それは『Holy Ghost』と『Holy Spirit』である。教会博士、聖トマス・アクィナスは、聖三位の第三のペルソナに公教会が与えた適当な御名は、『Holy Ghost』であると説いた。しかし彼は、これら二つの言葉は一語として、共に使用されるということで、『Holy Spirit』の使用に賛同した。(S.Th.1a.36.1) しかしながら、トリエント公会議の公共要理では『Holy Spirit』という言葉は、御父も御子も共に霊であり、共に聖であられるが故、信者が不明瞭になり得ると、取り決められてきた。また、この御名は天使や聖人にも適応する。それ故、教理では『Holy Ghost』を使用すべきであると説いている。(Pt.l Art.8参照)

 聖母御出現の際、通常聖母は『Holy Ghost』という言葉をお使いになっておられることは興味深いところである。事実、マイケルという幻視者を通じて、最近聖母は「たくさんの聖なる霊がありますが、Holy Ghostは唯お一方だけです」とおっしゃった。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】