箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

アメリカ合衆国ニューヨーク、ベイサイドでの
ご出現に関して公表されたこと
幻視者:ヴェロニカ・ルーケン


No.157

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】



 1985年10月5日以来、ベイサイドご出現の働き手たちは、リトル・ペブルとそのオーストラリアにおける使命に攻撃をかけてきました。

 ベイサイドの幻視者ヴェロニカ・ルーケンは、1985年10月5日に、現在オーストラリアにいる幻視者は排除されねばならぬ、というメッセージを受けたと主張しました。これはリトル・ペブルに関してのことですが、彼の名前は使われませんでした。だがベイサイドの働き手たちはこれを契機として、リトル・ペブルの信用を落とそうとして、反対運動を開始したのです。

 1985年10月のベイサイドのメッセージは異常でした。それを読んだ人は内容に大きな矛盾があるのがわかったはずです。主要な箇所はオーストラリアから二人の幻視者が出てくるだろうと言っているところです。この時点で、他の幻視者といえば、シドニーのジョーゼット・ハーブだけでした。カミーユ・ラトフは神秘家で癒しをしていますが、メッセージは受け取っていません。この時、この二人はリトル・ペブルと一致していました。




【1985年10月5日付ベイサイドのメッセージの抜粋。
このメッセージは偽りのものです】

◆オーストラリアに苦難が始まる

ヴェロニカ:
 聖母は今、上の方を差しておられます。世界が止まり、地球はオーストラリアで止まりました。聖母はうなづかれ、人さし指をお口に持っていかれました。

聖母:
『我が子よ、次のことを人類に知らせなさい。つまり、オーストラリアに、今から次の苦難があることです。子らよ、大勢の者が死ぬでしょう。ですから私たちは、世界がオーストラリアにいる二人の幻視者たちを認めてほしいと思っています。現在出ている一人の幻視者は除くべきです。オーストラリアには、今から出てくる二人の真の幻視者がいるのです。さて我が子よ、今三枚の写真を撮ってほしいと思います。最初のものは、他人に見せて検討してもよろしいが、後の二枚はしばらくの間は隠しておかねばなりませんよ。




 同じ1985年に、リトル・ペブル、カナダのブラザー・ジョゼフ・フランシス、バッファローのフランツ・カイラー(アメリカ)、ルイジアナのジュヌビエーブ(アメリカ)は皆、ヴェロニカ・ルーケンが受けた1985年10月のメッセージが不正に変更されているだけでなく、彼女は堕ちる危険な状態にあることを述べたメッセージを受けました。

 1986年と1987年に受けた多くのヴェロニカ・ルーケンのメッセージは不正に変更されました。1986年12月に、ヴェロニカ・ルーケンは、リトル・ペブルが偽りの幻視者であり、オーストラリアに現われる筈の二人の幻視者は9歳の子供たちで、教会により止められているというメッセージをもらったと主張しました。しかしヴェロニカ・ルーケンは、この二人の子供たちはリトル・ペブルと一致している事実を知らなかったのです。彼等は御母を1年間以上も幻視し、ナウラの聖地で何回もリトル・ペブルと共に居たのです。

 1986年と1987年の間には、リトル・ペブルは天よりヴェロニカ・ルーケンに、事態を正さなければ堕ちるだろうと警告するよう頼まれました。彼女はまた、他のすべての幻視者がそうしたように、リトル・ペブルと一致するよう指導を受けていました。今年の1987年、全幻視者はヴェロニカに手紙を書き、彼女の誤りを正してリトル・ペブルと一致するように頼まれました。その幻視者たちは、その通りにしました。

 1987年4月、アメリカ・テキサス州のトランペッターに大天使聖ミカエルが現われて、ヴェロニカ・ルーケンは1987年6月18日ブラッシング・メドー公園に行き、イエズス様よりメッセージを受けなければならないと話されました。イエズス様は彼女に最後のメッセージをお与えになり、リトル・ペブルと一致するようお話しになるはずでした。しかし、もしくは彼女が行かなかったとしてもメッセージはそこで奇蹟的に与えられるのです、という話でした。6月18日のメッセージは彼女が公に受ける最後のものとなるはずでした。1987年6月6日、ヴェロニカはイエズス様からメッセージを受け取りましたが、これは不正に変更されたものであり、数人の幻視者が確認しています。以下はグァテマラのシスター・グァダルーぺが受けた1987年6月6日のメッセージについての質問とイエズス様のお答えです。




イエズス様よりシスター・グァダルーペに与えられた
リトル・ぺブルヘの質問とご返答に関するメッセージ
1987年6月19日


 最愛の息子よ、あなたが質問したことについて話そう。わたしがヴェロニカにあなたと一致しないようにと言ったことが真ならば、それは近来稀に聞く大ウソである。わたしは、その様なことを言ったことはない。反対に、いつも我が幻視著たちの一致を望んできたのだ。一致してこそ勝利を得、分裂するなら倒れてしまうのである。ヴェロニカは偽りを言っている。そして、それが事実であれば、彼女に出現しているのはわたしではない。わたしは絶対に偽りを言わないからだ。なぜなら、わたしは真理であり、生命であるが、悪魔は偽りであり、死だからである。それ故わたしが述べた以上の言葉を、あなたとあなたに一致しているすべての人々のために道標としなさい。

 我が子よ、すべての我が息子たちが、それぞれを強めるか、あるいは堕ちる原因となるかの厳しい試練を潜り抜けているのだということをわかってほしい。皆がこういうことをしてあなたを攻撃していても、このことは、あなたを害することにはならない。永遠の御父は、ご自分が愛し給う者たちには、より大きな試練をお与えになるということをあなたは知っているからである。私は始めであった。御父は、いろいろな償い、苦痛、犠牲、恐れ、自己放棄の方法により、ご自分が選び給うた者たちを皆、支えておられる。そしてあなたの道は、祈りと忍耐、しかも途方もなく沢山の祈りと、大いなる忍耐なのである。息子よ、忍耐強くしていなさい。そのような攻撃で、ひどく悩むことはない。もう間もなくあなたは、我が輝く光を見るからである。あなたを受け入れない幻視者は皆、恩寵から外れてしまったというしるしになるのだ。




 1987年5月に行われたりトル・ペブルの合衆国旅行中、聖母への信心が厚いと自称しているベイサイドの働き手たちは、講話を反復攻撃して悩ませ、その態度は全面的にキリスト信者にあるまじきものであったという不幸な実例が、数度ありました。リトル・ペブルは、6月18日には非常に重要なメッセージが与えられるので、会う人ごとに、その日にベイサイドへ行くように、と伝えました。

 ヴェロニカの周囲にいる働き手たちは、彼女が6月18日に聖地へ行くのを妨害しようとしました。ベイサイドに集まってくる巡礼者のために準備が始まりました。

 6月初旬、リトル・ペブルはシスター・グァダルーぺを通して、イエズス様にもう一度ヴェロニカが、6月18日にベイサイドへ行くようにと頼みました。




主イエズス・キリストが息子リトル・ペブルのために
シスター・グァダルーペに与えられたメッセージ


 最愛の息子よ、あなたが大変苦しんでおり、心は落ち着かずに魂をも悩ませている問題を沢山抱えていることはわかっている。しかしヴェロニカの問題について心配することはない。わたしが解決策を与えよう。わたしは、ヴェロニカがその集会に出席しなければならないと彼女に伝える、小さき花の聖テレジアを遣わす。ヴェロニカが行かなければ、彼女は天の指示に従わず、悪慶の誘いを好むというしるしである。そして、彼女がそのように振る舞って集会に行かなければ、わたしは彼女を悪魔の手に渡し、再び彼女を思い出すことはない。そうなると、ヴェロニカを含む働き手たちは全員が堕ちるだろう。わたしは、人々を混乱させ、またリトル・ペブルや彼と一致している幻視者たちを破滅させるような手紙を、続けて送るようなことを、彼女にさせてはおかないからだ。それ故、しるしはこれである。すなわち、ヴェロニカと彼女の働き手たちは速やかに消え去り、彼女を信じるものは皆、混乱したままで宙に浮いたようになるであろう。その後、彼女に従っていた者たちは皆、目をリトル・ペブルと、彼に一致している全幻視者に向けるであろう。彼等は、ヴェロニカが間違っていたことが判り、我が息子と一致するのだ。だからこのことで頭を一杯にさせることはない。ベイサイドを信じるものは皆、後にあなたを信じるようになるからだ。それは、彼等には邪魔をされたり混乱させる者がいなくなるからである。しかしヴェロニカが天に従い、集会に行くのであれば、彼女はその使命を再確認され、あなたと一致しなければならず、我が息子たちの間に分裂を引き起こしている、周囲の働き手たちを追い払わなければならない。彼女がそれを行わないのであれば、わたしは彼女を受け容れない。




 しかしながら、ヴェロニカは6月18日にベイサイドの聖地へ行ったのでした。そこでは大変な騒動がありました。イエズス様は確かにメッセージをお与えになりましたが、大勢の人が驚いたことには、リトル・ペブルのことに関しては、何もおっしゃらなかったことでした。ところが後に、リトル・ペブルに関したメッセージの部分は、印刷の段階で抹殺されていたことが判明されました。メッセージの中でリトル・ペブルについて実際にお話しになった部分は、ヴェロニカの側近の働き手たちやマイクが起こした騒音で、かき消されていたのでした。

 6月24日に、イエズス様がシスター・グァダルーペに出現されて、ヴェロニカ・ルーケンが1987年6月18日に受けた完全、かつ真のメッセージを明かされました。カナダのブラザー・ジョゼフ・フランシスも、他の大勢の幻視者たちも、同じメッセージを受けました。その中ではどのメッセージでも、イエズス様やマリア様は、6月6日と18日のメッセージはヴェロニカの働き手たちが大幅に手直しをしたものだ、とおっしゃっておられました。加えてイエズス様は、確かにヴェロニカはリトル・ペブルと一致しなければならないとおっしゃり、彼女は自分の働き手たちを追い出さなければならず、もしそうしないのなら、彼女は堕ちるだろう、ともおっしゃいました。

 以下はヴェロニカ・ルーケンに与えられた真のメッセージですが、印刷されなかったものです。




主イエズス・キリストが愛し給う息子リトル・ペブルに向けて
シスター・グァダルーペにお与えになったメッセージ
これは6月24日に与えられた。


主:
 我が子よ、あなたはわたしがヴェロニカに何を話したか知りたいと思っているのであろう。それでわたしは我が浄配を通して、このことを明らかにしよう。私はあなたがこのことにまったく気をとられ、夢中になっていることで魂に不安を覚えていることを知っているからだ。これはあなたをひどく傷つけるので、あなたはそのように心配すべきではない。ヴェロニカについては忘れてしまうようにしなさい。あなたは彼女によって成長したのではない。そして、きょうよりあなたにまかされた使命を成就するのを他の幻視者が助けてくれるだろう。

 以下がわたしがヴェロニカに与えたメッセージなのだ。

 我が娘よ、あなたの仕事を変えるときがきた。あなたは振り返って見て自分の立場を別の視点から見るようにしなさい。なぜなら始まりと終わりは一致するべきだからである。すべての幻視者がこの一致を堅固にするか、あるいは否認するかを試されてきたのだ。あなたはまさに堕ちようとしているが、それはあなたの働き手たちがあなたにとってどんなに有害か理解していないからなのだ。

 我が娘よ、聖性とは、頭の働きを低下させて悪魔の働かせるままにしておくことではない。否! こんなことは聖性ではないのだ。子よ、聖性とは戦い、強くなって悪魔に勝たせないようにすることにある。どうしてあなたは正しいことを通そうとしないのだ? なぜ彼等があなたを盲目にさせておくままにほっておくのか? なぜわたしに従順でないのか? あなたが成長したのは、わたしがそれを欲したからだ。あなたが強いとすれば、それはわたしが命じたからである。あなたの物でもない物になぜ虚栄心を持つようになったのだ? あなたは多大な害を加え、あなたを失墜させようとしている愚かで傲慢な者に取り囲まれているのだよ。この点を正し、自分の権威を使って我が愛するリトル・ペブルに対する攻撃を止めなさい。なぜなら彼等は成長して行くだろうが、あなたはだんだん小さくなって行くからである。またあなたよりさらに偉大な幻視者、あなたよりもっと謙遜な幻視者がおり、わたしは彼等をこよなく愛していることをあなたにわからせるからだ。自分の誤ちを正して、わたしの子供たちの間に分裂を起こすようなことをしないことだ。ただ集会に出たからといって、急にはあなたは堕ちなかった。しかし私は、あなたがあなたとリトル・ペブルに対して、大いに面倒を引き起こしている働き手たちを追放しない限り、あなたを受け入れない。さらにリトル・ペブルと一致しなければならぬ。もしそうしないなら、あなたは堕ちるだろうからだ。なぜなら、幻視者のグループの輪が閉じられたら、たとえヴェロニカ自身は成長していると信じていても、誰もこのグループの輪には入れないからだ。そうだ。あなたは世間では成長したが、我が目にはあなたは日毎に小さくなっているのである。我が娘よ、これらのことをわたしの言葉としなさい。わたしの最後の警告である。

 以上がヴェロニカに与えられたメッセージだ。我が子よ、満足したか? あなたを祝福しよう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。




 その後、1987年7月10日、イエズス様はこのことに関してリトル・ペブルにさらにメッセージをお与えになりました。聖母もまた、イエズス様からヴェロニカに与えられた真のメッセージが働き手たちによって隠されていたことを、イタリーの幻視者マリエッタに確認させて下さいました。聖母はさらに、6月18日に印刷されたメッセージの大半が偽りであったことを明らかにされました。『ベイサイドのバラの聖母、母親の扶けなる聖マリア』に真の信心を持って従うすべての人々は、ヴェロニカに手紙を書いて彼女が一致して今の働き手たちがいる彼女の家を浄めるようにと懇願されました。皆様、ヴェロニカと周囲の働き手たちのためにお祈りいたしましょう。




 以下は、1987年7月10日金曜日、イエズス様がリトル・ペブルに彼の事務所で与えられたメッセージです。

リトル・ペブル:
 もうそこには一位の天使が立っておられます。彼はたいそう長い純白のガウンを着ておられます。黄金の板を持っておられます。板は黄金色で、その上に青色で書かれた言葉があります。その言葉は……その天使は大天使聖ミカエルの祈りを三回唱えよと言っており、その言葉の下に聖ミカエルの祈りがありました。

(祈りが唱えられる)

 わたしはお祈りの間に聖ミカエルを見ました。聖ミカエルは出て来られ、自分の剣を使って実際にさっと切りつけられました。わたしには彼が何と戦っておられたか見なかったのですが、数回剣が振り下ろされ、『神に等しき者は誰か?』と言われました。今彼はあたかも敬礼するかのように剣を真上に向けてそこに立っておられます。そこにいた板を持っていた天使が今動かれ、聖ミカエルの右に移られました。彼等はイエズス様と聖母マリア様を待っております。わたしはその天使がどんな方であるか知りません……聖ミカエルが彼は光と愛の天使聖ロドニクスであると言われます。彼は御言葉の守護者です。実際わたしはたった今気が付いたのですが、板を掲げている天使の頭にはバンドがあり(わたしは板に目をとられていたので、わからなかったのですが)、そのバンドには『神の御言葉』『守護者』との文字が書かれています。彼はとても背の高い天使で、聖ミカエルの右手に立っておられます。聖ロドニクスは、イエズス様と母にして元后なるマリア様のご到着に備えて、お祈りを続けるようにとおっしゃいました。

(聖なる御傷のチャプレットが唱えられる)

 わたしたちが聖なる御傷のチャプレットを唱えだしてから、聖ミカエルの後ろに虹が現われ、虹の頂上に美しく光輝く白い十字架がありました。そして十字架の右に主がお立ちになり、左に聖母がお立ちになりました。イエズス様は赤い色の衣を着ておられ、聖母マリア様は美しいブルーの衣をお召しです。そして白いケープを羽織っておられます。頭上にはいつもと違う冠をかぶっておられます。それは先端が尖り、細くなっていて、輪のようですが、表現するのはとても難しいです。説明しにくいのですが、てっぺんはとても広くなっていて、先端になり、聖母の御頭の後ろになるにつれてたいへん低くなっています。それは純金で主もまた冠をかぶっていらっしゃいます。実際、わたしは今までイエズス様が冠をかぶっておられるのを見たことがありませんでした。虹の後ろに非常に大きな巻物があり、数位の天使が支えておられます。巻物に金文字で『神に勝利を。イエズスの至聖なる聖心と聖マリアの汚れなき御心に勝利を』と書かれています。素晴しいです。天使たちは、そこに空中に浮いたように立っております。彼等は先程の文字を書いたその大きな巻物を支えております。今聖ミカエルはイエズス様、マリア様を護衛しておられますが、わたしは遥か遠くの方にこれを見ています。聖ミカエルはイエズス様、マリア様をこちらまで護衛して降りてこられます。皆様は滑っておられるように見えます。とても素晴しい感じです。それはエレベーターの中に入って行くようで、皆様が滑って来られる時わたしはそう感じました。聖ミカエルはイエズス様、マリア様と共に滑るように進んで来られます。

 さて、イエズス様とマリア様は、わたしがおりますところより約15メートル空中に立っておられます。主の御胸には最も美しい聖心が、またマリア様の御胸にも汚れなき御心が見えます。そして御二方の間に浮いているのは− いつもと全然違うのですが − イエズス様とマリア様が立っておられる間に浮いているのは、輝く白い十字架です。御二方の聖心から光線が十字架の中に入って行きます。そして真直ぐにわたしたちに降り注がれており、その光線は様々な色彩です。

 他の天使・聖ロドニクスも降りてきてイエズス様の右に立っておられ、聖ミカエルは今、イエズス様とマリア様の背後に立っておられます。それは素晴しい、とても素晴しい光景です。主の冠は非常に大きなもので、その上に七つの先端があるのが数えられます。各先端には美しい宝石 − それぞれ違った色彩です − が飾られています。聖ロドニクスは言われます。『我が子よ、これらは恩寵なのです。七つの宝石とあなたが見た二つの聖心から出て、十字架を通り抜けていた光は、イエズス様とマリア様から出てきた子供たちへの恩寵で、それは十字架によって勝ち取られたものです。』

 以上はわたしが見ている光景です。イエズス様とマリア様は喜んでおられるように見えますが、悲哀の色もみえます。これは本当に壮大な光景です。わたしが見ているものを、皆様も見ることができたら良いのですが、と思っています。イエズス様は少し前に出て来られました。


主:
 愛するリトル・ペブルよ、またここに集まっている子ら、及び世界中の子らよ、あなた方を祝福しよう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 子よ、あなたの守護の天使が今朝語ったように、天の幻視者や幻聴者の間で甚だしい混乱が見られるので、私たちは世界中の多くの子らのために話すべくこの午後にやってきた。我が子よ、そして子供たちよ、きっぱりと言っておくが、わたしは天の幻視者や幻聴者がもっとしばしば霊を試すことが重要であるということをはっきりさせたいと思っている。と言うのは悪魔がその力の限りを尽くして、天の幻視者たちに疑いを起こさせ、分裂させ、幻視者や我が御母の働き手たちの間に大きな混乱をもたらそうとしているからである。子よ、このメッセージは世界中のご出現地において、特にある幻視者たちを通じて、現在何が起こっているのかをすべての子らがはっきりと理解するため、世界中に届かねばならないのである。悪魔がある数箇所のご出現地に侵入し、世界中の真の幻視者間に大きな妨害を巻起こしている。なぜその様な大混乱が、特にアメリカ合衆国、ニューヨーク州のベイサイドにおける聖母のご出現に関して、その様なことがあるのかをわたしが我が子らに知らせようとするのは、我が愛のリトル・ペブルと世界中の多くの神秘家と幻視者を通してなのである。私はベイサイドでヴェロニカ・ルーケンに与えられているメッセージは、1985年以来不正に変更されていることを明らかにしたい。とりわけ、最近のもの、特に今年の6月6日と6月18日のメッセージが不正に変更されている。印刷されたメッセージはあなた方の主であり、神であるわたしからのものではない。また御母からのものでもないのだ。ヴェロニカ・ルーケンをとりまく働き手たちは単にメッセージを不正に変更したのみならず、それを取り除いてしまった事が判っている。わたし、イエズス・キリストが愛する娘ヴェロニカに与えたメッセージは、印刷され世界中に廻されたものとは同じものではない。かわいい子、愛するリトル・ペブルよ、あなたは我が愛するグァテマラのシスター・グァダルーぺを通してわたしが6月18日にヴェロニカに与えた真のメッセージを受け取っている。あなたはこのメッセージを印刷し、アメリカ合衆国ベイサイドのあのように聖なる地において、どれだけ大きな悪が犯されたかを世界に示しなさい。世の子らは、わたしが愛するリトル・ペブルに語ったことは世界中の幻視者たちが確認することなので、確信を持っていなさい。それは、人々がわたし自身から、また聖母や世界中の多くの神秘家たちを通し数回与えられた指導に、今や不従順なヴェロニカ・ルーケンとベイサイドの働き手たちによって引き起こされた混乱について、本当のことを知るためである。もしヴェロニカがわたしたちの指導に服従しないなら、彼女は10月末以前に堕ちるだろう。子よ、このメッセージは、このご出現地に多くの混乱があるので、至急に配布されねばならぬ。

 そして自らは聖母の働き手と称しているこの悪党共よ、警戒しなさい。わたし、主なる神はあなた方の心を覗き、多くの者は不適格であることを知っているのだ。これ以上おかしな芝居を続けて余りに重い償いを自らに課さないようにせよ。我が娘ヴェロニカよ、あなたは子らの間に悪魔的な混乱を引き起こした働き手たちを放り出さなければならぬ。なぜなら、あなたがメッセージに従って行動しない限り、あなたは行われた罪を許していることになるからだ。我が子よ、わたしは今からあなたが聞き従う時間を与えよう。今年6月18日に与えられた真のメッセージを公表しなさい。なぜなら、そのメッセージは我が愛する息子、リトル・ペブルについてのことで、あなたはそのことをよく知っているからだ。つまりあなたはリトル・ペブルと、彼に一致しているすべての幻視者や神秘家とも一致しなければならぬ、ということである。我が娘よ、これはベイサイドのご出現地での最後の言葉なのだ。もしヴェロニカと働き手たちが私たちの呼びかけを聞かないのならば、ヴェロニカと彼女の周囲にいる働き手たちは堕ちるだろう。我が子らよ、彼女が聞き入れるように祈ろう。


リトル・ペブル:
 聖母は主の左側に立っておられます。大変悲しそうです。わたしには何故かが判ります。


主:
 我が子よ、わたしは他に大いに心配していることがある。それは、ひもロザリオ・ミッションのジュヌビェーブのことである。あなたは彼女に手紙を書き、彼女のやり方を正さねばならぬと伝えなさい。なぜなら、今年彼女の受け取ったメッセージの殆どと去年のいくつか、及びそれ以前のいくつかは、わたしからでも、聖母からのものでもないからだ。彼女は聖母からこれらについてあなただけでなく、他の幻視者を通しても数回警告されている。彼女は天からの指導に従い、誤りを正し我々の言葉をよく聞かねば、彼女もまた堕ちるであろう。

 天国にいる我々は、幻視者が苦しめられ、誘惑され、試みられているのを見るととても悲しい。子らよ、あなた方は耐え忍ばねばならぬ。そして世界のすべての人々は、幻視者が地獄の猛攻撃によく抵抗し、周りの迫害に耐えることができるように祈らねばならぬ。子よ、あなたは我が至聖なる聖心と、わたしの大事な聖母の汚れなき御心の光の中に前進することを続けなさい。何も恐れることはない。天の幻視者たちの試練である、この最も不愉快な時に当たり、わたしと聖母があなたの歩みを導いているのだから。

 世界の幻視者たちに告ぐ。あなた方は共に働き、一致し、たゆまず努めなさい。わたしと聖母が何回も話したように一致すれば立ち、分裂すれば倒れるのだから。幻視者のグループの輪は間もなく完成する。だから子らよ、わたしの言葉を心に留めておきなさい。来なさい。わたしたちの聖心の中に来て、力強く一致しなさい。世界中で試みを受けており、弱くなり始めている幻視者たちが他にもいる。あなた方はもっと聖母に祈らねばならぬ。そうすれば強められるだろう。この言葉を以て子よ、わたしは午後のメッセージを終わりとする。わたしと聖母があなたを祝福しよう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


リトル・ペブル:
 いと潔き聖母の汚れなき御宿りは世々祝せられ、崇められますように。今イエズス様とマリア様は空へ滑るように戻って行かれ、聖ミカエルが後に続いています。聖ロドニクスはもう板を持っておらず、バラを一束抱えています。(わたしはバラが何本あるのか判りませんが、彼が言われます。『これらはあなたと将来あなたに一致するすべての神秘家と幻視者のためのものです。』)

 イエズス様とマリア様はもう行ってしまわれ、空に架かっていた大きな虹も次第に消えてゆきましたが、聖ロドニクスはまだおいでになります。彼は感謝のうちに『めでたし』を三回唱えなさいと言われます。そして彼は頭を垂れて、『宇宙の王なる、我らの主なる神は、賛美せられさせ給え』と唱えて行ってしまわれました。




--------------------------------
預言、成就さる! 「マリア年」
教皇は特異な聖年を宣言……
これは1986年(1月1日)にリトル・ペブルに与えられた預言であった。

--------------------------------
 ヨハネ・パウロ2世教皇様は、キリスト降世三千年に入る全世界のカトリック信者を助けるため、聖母信心を行う特異の14ヵ月という聖年を宣言なさった。

 聖母年は、カトリック歴史上、二回目にあたる。第一回は1954〜55年にかけてであった。教皇様によると、この特別聖年は6月7日の聖霊降臨の主日に始まり、1988年8月15日、聖母被昇天祭に終わるということである。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】