箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

母親達の御助けなる聖マリア、ばらの聖母の祝日に
リトル・ペブルの事務所で与えられたメッセージ


No.149  1987年6月18日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


リトル・ペブル:
 お二方の汚れなきみ心をお慰めするために、聖なる御傷のチャプレットを、愛するイエズス様とマリア様にお捧げします。(チャプレットが唱えられる)

 祈りの初めから、三位の天使がそこにいらっしゃるのが見えます。三位の天使はそこに立っておられ、天使の上にはとても大きなロザリオがかかっていて、それを腕に抱えている四位の他の天使がおられます。(大変に大きなロザリオだからです。) ロザリオは輪になって抱えられ、ロザリオの真中あたりには他のぶら下がっている珠と共に、二つのみ心と、イエズス様のおられる美しい十字架があります。ロザリオの中央には、美しいピンクがかった光、そしてそのピンクがかった光の外側と、ロザリオの珠を通している光は、白色を帯びた光です。そして、ロザリオの珠の中央の二つのみ心のそばには、美しい雲の層があります。その四位の天使は、ロザリオの珠を抱えていますが、それらはとても大きな珠です。珠もまた、ピンクがかった白です。今、この輝くピンクがかった白い光を通って、聖母が美しい雲の上に立っておられるのが見えます。聖母は左右の手に、美しいロザリオのようなバラの花束を手にしておられます。それらはバラの花、それも溢れるほどのバラの花です。聖母はファティマの冠をかぶっておられます。そして美しい白いガウンと、これもまた美しいロイヤルブルーのようなケープをお召しになっておられ、この軽い……とても軽い白いヴェールのようなもの、とても薄いものをかぶっておられます。前に申しましたように、ファティマの冠をかぶっていらっしゃいます。聖母の足元には小さなバラの花のようなもの、ほんの1/2インチ(約1.27cm)ぐらいの大きさの小さなバラが、聖母の足の親指と隣の指の間に見えます。その後ろでは、まだ天使に抱えられているロザリオが見えます。とても美しい光景です。聖母は、今はちょうどそこの角に立っておられます。とても美しいですが、非常に明るいのです。とてもまばゆい明るさです。聖母の胸から美しい暖かみが出ています。聖母のお召し物は、とてもとても美しいです。そしてお召し物の裾に沿って金糸の縫い取りがあり、それは約1インチ(2.54cm)の幅の美しい金の緑取りです。本当に美しいです。前にそこに立っていた三位の天使が見えますが、彼らはいま、聖母の後ろに立っています。聖母のかなり後方で、真中に立っている一位は、聖ミカエルです。そして他の二位の天使は神の御母の両側におられ、両方共、やはりバラの花束を持っていらっしゃいます。今、ロザリオの方にいる二位の天使は、前に進み出てきました。彼らは他の二位の天使の手にロザリオを残して来たのです。彼らは聖母の所へやって来て、聖母の両手から二つの花束を受け取っています。

 今、空中高く御聖体のうちにましますイエズス様と共に、美しい聖体顕示台が見え、輝く光が御聖体から放たれています。そしてその光は前方へ出て来始めており、輝く白い十字架を形造っています。聖母は、ちょうどこの部屋にいる他のメンバーをご覧になっておられます。そして微笑んでいらっしゃいます。脇に出ている髪が、少し見えます。美しく明るい、褐色の麦で、とても美しいです。聖母はちょうど今、美しい青い目で私を見おろしておられます。微笑んでいらっしゃいます。今気が付いたのですが、そばに…聖母のお召し物の右側に、どのようにしてかはわからないのですが、ロザリオがあります。ロザリオは、つまりお召し物にくっついているのです。紐が見あたりませんし、どのようについているのか分からないのですが、とにかく、そこについています。聖母は、右手にそのロザリオをお取りになります。聖母はイエズス様を、つまりイエズスがいらっしゃる十字架を手に取って微笑まれ、主に口づけされます。


聖母:
 愛する子、我が愛のリトル・ペブルよ、ここに集まった愛する子供達よ、そして地上の子供達よ、私はあなた方を祝福致します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛する子供達よ、私はきょう、ばらの聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の助けの御名のもとにやって参りました。愛する子供達よ、ベイサイドの我が参詣所で、言葉は少し違いますが、これは世界中のキリスト信者の母親皆に話した時と同じような御名です。愛する子よ、我が胸(そして今、聖母は胸の上をマントでおおっていらっしゃたのですが、マントが開かれました)の上に、十字架が見えますね? そして十字架上の二つのみ心……イエズスの聖心と我が汚れなき御心が見えるでしょう。愛する子よ、これらの象徴は、世界の子らの救いのしるしであり、また堕落と罪に満ちたこの世において、神の御前に信仰心の厚いキリストに倣う振舞いをするよう子供達を育てる、大変な責任のある母親達に対して、私が抱いている、愛のしるしでもあります。

 私はきょう、御聖体にまします我が聖なる息子、イエズス・キリスト、そして我が汚れなき御心に対しての愛を強く保つよう、キリスト信者の家庭の全ての母親を励ます為に参りました。我が子よ、私が見せた象徴を世界の全ての母親の為に、地上の我が多くの子らの母親に対して私達が抱いている愛の象徴として下さい。

 きょうは、天の私達が世界に与えた特別な祝日です。いつかこの日は、地上における我が神なる息子の公教会で崇められるでしょう。それはアメリカ合衆国のニューヨーク州ベイサイドの聖地に、私が訪れた祝日です。この聖地で私に与えられた御名は、世界中の全ての母親の為のもので、私がキリスト信者の家庭の母親に対して抱いている愛の御名です。しかし、母親達は、世界中の子供達に対しての手本とならなければなりません。そして彼女らがする全てのことにおいて、マリアのようにならなければなりません。私は我が愛する息子、愛のリトル・ぺブルにこの忠告を与えに参りました。それは、我が汚れなき御心のこれらの言葉を、世界中の我が愛する全ての母親達が聞くことが出来る為です。

 今日、家庭、特にキリスト信者の家庭の多くの母親は、汚れたものに心をそそられ、家庭を離れる誘惑にかられて働きます。私が言っているのは、夫の給料で家庭生活をやっていけるのに、一家の必要物とか必要性の為でなく、その上さらに楽しみの為に自由に出て行って雇われたがる母親を指しています。このようなことは、悪魔による誘惑です。しかしながら、私達は、子供達や家族の生活の為に職を敢えて探さなければならない多くの母親がいることは、よく理解しています。このメッセージは、そのような者達に向けたものではありません。夫と同等であることを求める母親が多くいますが、誤った流行であり、やり方です。全ての妻は、一家の長、− つまり、それは夫のことです − に対する服従に関する、聖パウロの言葉を読まなければなりません。このことは、結婚における全てのことについて夫と妻が同等でないということを意味しているのではありません。神様のもとに、そして神様の御前においては、夫と妻は同等だということを理解しなければなりません。しかしながら、夫には、妻や家族に対する責任があります。それで極端な状況においては、夫がいつも家族の幸福の為になす決定の最後の発言権を持つのです。

 我が愛する汚れなき御心の母達よ、あなた方の責任は、神様の御前にはとても重いのです。何故なら、永遠の御父である神様への信仰と変において子供達を育てる意味で、あなた方は夫よりもっと主なる者だからです。神様は、聖にして母なる公教会によって与えられる信仰や「公教要理」を、母親が子供達に救えるようにさせて下さったのです。このような責任は、家族の救いの為に、そして罪に満ちたこの世に生きる子供達を育てる為に、とても重大で、とても重要なものです。永遠の御父が母親にお与えになったこの責任は、罪が公教会の中や世界中にはびこっているので、この人類の創造の時代には、余計に重大なのです。世界中の全てのキリスト信者の母達には、より勤勉に、もっと多くの犠牲を捧げ、そしてもっと多くの祈りをすることが必要なのです。

 愛する母親達よ、天にいる私達はあなた方を愛しています。母親の義務を果たす為に、あなた方を祝福いたします。私は、かわいい世界中の母親達を祝福いたします。我が汚れなき御心からあなた方に贈った言葉に、耳を傾けて下さい。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 我が愛する子よ、汚れなき御心の祝日に、公教会にとってとても重要なメッセージを与えます。あなたの良き仕事を続けて下さい。そしていま、あなたを攻撃し、公教会を攻撃する多くの論争について心配しないで下さい。時がきて全てが明かされれば 人類は何が真実で、何が偽りのものかが分かるでしょう。我が愛する子よ、時の終りには、我が汚れなき御心と我が息子イエズスの聖心を通して、あなたは今ある全ての悪と全ての混乱を乗り越え、勝利を得るでしょう。愛する子よ、恐れないで下さい。我が聖なる息子は、混乱と暗闇の最中にあなたを導く光なのですから。我が子よ、そしてここに集まった愛する子ども達よ、あなた方を祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


リトル・ペブル:
 聖母は今、ロザリオの中に戻って行かれます。説明することは到底出来ないのですが、聖母はそうなさいます。そして、ロザリオは、まだロザリオのすぐ下に立っていた二位の天使が一緒に形造っており、多少ハートの形になっていきました。聖母は今、空遠く戻っていかれます。聖ミカエルはまだ聖母の後にいらっしゃいます。御聖体 − 聖体顕示台の御聖体 − は消え、十字架も消えました。そして、ロザリオの下にいた、聖母と一緒の二位の天使も行ってしまい、二位の大きな天使も消えました。ロザリオも今消えてしまい、バラのよい香りが残っています。小さなバラの花びらが落ちて来るのが見えます。そして、大天使聖ミカエルがおっしゃいます。『世界に恵みあれ』 そして聖ミカエルは、彼の大きな剣をいま取り、その剣で十字架の印をなさいます。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 輝く白い十字架が来て、空に次第に消えて行き……そして行ってしまいました。




聖ルチアおとめ殉教者(283−303)
祝日:12月13日


 聖ルチアは283年、シシリー島のシラクザで裕福な貴族の家庭に生まれた。父は若くして亡くなった。ルチアは子どもの時から神に貞潔を捧げていた。母は娘が一生独身でいるという誓願を知らずに、自分で決めた若い貴族の未信者との婚約を強制した。ルチアの母は出血症で苦しんでおり、娘の勧めで、50マイル離れたカタニアにある「聖アガタの奇跡の墓」へ旅発った。そのお墓でルチアは、母の治癒のために祈った。母は即刻、しかも完全にいやされた。ルチアは母に、感謝にあふれる心で、自分の誓願のことを伝えると、母は承諾した。母の許しを得て、ルチアは貧しい人々に自分の遺産の大部分を分配した。これを見た未信者の婚約者の怒りは止まるところを知らなかった。彼はシシリーの知事、パスカシウスの前で彼女がキリスト信者であると告発した。当時は非情な皇帝デオクレシアヌスのキリスト信者大迫害の時代であった。人々はローマの神々を礼拝するように強制させられ、さもなければ皆殺しにされたのである。ルチアは裁判官の前にひき出されて、よこしまな娯楽場で誘惑にさらされるように命じられた。が、神はルチアを見守り、そのような恥ずべき場所へ行かさず、完全に動かないようにされたので、番兵が何人かかっても彼女を運ぶことができなかった。ルチアはそれから火責めなどの恐しい恥ずべき拷問を受け、また、目をえぐられても神は尚、その苦痛からお護りになった。最後にルチアは獄中で、のどに剣を刺しつらぬかれて殉教した。聖ルチアはシシリーのシラクザの保護の聖人で、目やノドの痛み、出血症や流行性の病いに対しての保護の聖人でもある。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】