箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

聖シャーベルの平和と一致と和解のための祈りの家で
リトル・ペブルに与えられたメッセージ


No.135  1987年3月7日 初土曜日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


リトル・ペブル:
 ちょうどロザリオの初めの一連の間、四位の大きな天使が空中に立っていらっしゃいました。とても大きな大きな天使たちです。純白の服を着ていらっしゃり、各自スイス風のトランペットを持っていらっしゃいます。それはとてもとても長く見えるトランペットであり、地面まで届いています。四位の天使たちはとても背が高く、ここからながめるとおそらく、背は100フィート(約30メートル)程あるでしょう。とても背が高い天使たちです。又、第一連が終わってから、二人の聖人、聖シャーベルと聖ヨゼフが来られました。空中に、天井よりもほんのちょっと高くに立っておられます。天使たちは今、角笛(トランペット)を吹いていらっしゃいますが、実際それは薄気味悪い、非常に変わった音です。本当にその音はとても変なので、非常に変な気持ちがします。そして、聖シャーベルと聖ヨゼフは頭を下げていらっしゃいます。

 さて、空の高くから美しい一条の光の上に乗って来られるのは、祝福された処女マリアです。聖母は、美しい光の束の上に乗って、とても速く前の方へ進んで来られます。今日はとてもお美しいお姿です。失礼しました。彼女は、いつも美しいのです。再び祝福された御母にお目にかかれて、とても幸せです。聖母は、左手に小さな赤ちゃんの幼きイエズス様を抱いていらっしゃいます。聖母は、白い服を着ていらっしゃるのですが、胴のまわりには青い飾り帯をしていらっしゃり、頭上には光り輝く星があるのが見えます。美しい星で、とても明るい星です。聖母は王冠をかぶっておられずに、美しい星が頭上にあるのです。ところで、さきほどは気が付かなかったのですが、四位の天使の上にも又、星があります。天使達の星も輝いており、その星の光(マリア様の星の光も一緒に)が、どういうわけか合わさって、私達の方へ矢のように放たれています。私は、自分の心を射ている光の束が見えます。又、全く同じ光がテレサの方へと進んでいますが、その意味は私には分かりません。幼な子イエズス様は両手でロザリオを持っていらっしゃり、祝福された聖母のまわりには、今、もっとたくさんの美しい天使がいらっしゃいます。「愛するイエズス様、マリア様、天使方、聖人方、わが家へようこそ。」

 聖母は人差指を唇まで持っていかれました。それは、これから御自分が言わなければならないことを聞くようにと指示していらっしゃる意味です。聖母は美しいピンクがかった白い雲の上に立っていらっしゃいます。


聖母:
 我が子、我が愛のリトル・ペブルよ、私の甘美な「バラ」よ、そして愛する子供達よ、私はあなた方を祝福いたします。イエズスの聖心と、私の汚れなき御心とから挨拶を贈ります。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛する子よ、私を愛する子供達のうちへと、もう一度来られることは大きな喜びであり、楽しみです。甘美なる子よ、そして愛する子供達よ、あなた方が私や私の聖なる息子イエズスに対してこのような愛を抱いているので、多くの人が信仰を持つようになり、たくさんの霊魂が真理の方へと回心していることを伝えます。

 愛する子供達よ、愛はこの世と天において最も偉大な力なのです。なぜなら愛は、三位一体の神、聖三位一体である御父と御子と聖霊とから来るからです。きょう、自分の心に抱いているこの愛を実行しなさい。毎日の暮らしのうちでこの愛を実行しなさい。あなた方が愛する者達、つまり家族や天国への道の途中で会う全ての人々の心に平安をもたらしなさい。世界中の子供達に話しなさい。この愛がどこから生じるのかを。それは、人類すべてのために十字架上で亡くなられた私の聖なる息子イエズスから生まれるのです。それは、いつかあなた方全員が楽園にイエズスと共にいることができるためです。

 しかし、甘美なる子らよ、この世の多くの人が、この聖なる愛である私の息子を拒否しているのです。そして、このように拒否するがために、地獄の火という破滅と永遠の罰へと通じる道にいるだけではなく、誤って導かれた汚らわしい淫らな生活をしているのです! 彼らは混乱しためちゃくちゃな生活をしています。そして、その生活には平安がないのです。甘美なる子らよ、その理由は、私の聖なる息子イエズスの愛が生活のうちに全くないからです。イエズスは、この世のすべての者一人一人に、その至聖なる聖心を差し出していらっしゃいます。が、何百万という霊魂が、このイエズスの聖心のうちにあるこの愛を拒絶しているのです。ですから、これが世の中が今日のごとくである理由です。人類が罪深い生活をし、汚らわしくなり、私の息子を退け、あらゆる神の掟を破り、満足のいく利己的な生活をする方を好むためなのです。

 甘美なる子供達よ、このままではあなた方は、まさに地獄行きになるより他ならないのですよ! しかも、その地獄は永遠に続くのです! 愛する子供達よ、そして永遠とは長く続くこと、終わりがないことなのです。この『永遠』という言葉を、よくよく考えてみなさい! 愛する子供達よ、あなた方には永遠の御父が与え給うた『自由意志』があります。右か左か、正しい道か破滅と呪いとなる道かを選ぶ自由が与えられているのです。神様が自由意志をお与えになったからです。選ぶのは、あなた方なのです。

 永遠なる御父は、どの霊魂をも地獄へと落とされたり、煉獄や天国に送られません。あなた方が自分で選ぶのです。あなた方の自由意志によるからです! 天にいる私達は、私の聖なる息子、生ける神なるイエズス・キリスト御自身である、光と愛の道に来るようにと子供達に忠告するために、過去数年間だけでも何千回となく、またもう何百年も前から数えきれないほど何千、何万回となく地上へとやってきました。この道こそ唯一の道、唯一の真理なのです! 天にいる私達は、世界中のすべての子らの救いのために、私達の子供達に祈り、苦行をし、犠牲を捧げるようにと呼びかけるため、国から国へ、一人の子から別の子へとおもむいているのです。それは、世界中のすべての子供達の救いのために、そして誰もが失われるのではなく、ただ救われるためです。すべての人が、御父と御子と聖霊なる愛の三位一体のまします天国に至ることができるためです。

 私達は、もう何度も地上の子供達に自分達の習慣を変えるように、警告と忠告を与えてきました。しかしほとんどの場合、天にいる私達、私の聖なる息子イエズスと、汚れなきマリアである私には、この地上にやってくる権能があるということを信じないで、何度も何度も拒絶され続けているのです。私達にはこのようなことができない、そのような力なんてありはしない、と誰が敢えて言えるのでしょうか? 愚かな人間よ、永遠の御父なる神様に対して何をすべきであり、いつすべきかなどといったいいつから言えるようになったのですか? 神は、宇宙のすべてのものの権力者であり、過去・現在・未来にわたるあらゆる子の創造主であられます。従って、いかなる者も永遠なる神に挑む権利などあるはずがないのです!

 地上の愛する子供達よ、あなた方の天の母である私と私の聖なる息子イエズスは、今夜もう一度、あなた方に私達が数えきれない程の年月に渡って、世界中の数えきれない程の出現を通して与えてきた忠告をきくようにと請うためにやってきました。まもなく御出現は世界中で止むでしょう。その後は、子供達に警告する新たな御出現は、もうなくなるのです。それは、時間がなくなってきているからです! 私達は、もう何年にも渡って警告してきました。これからもずっと続けて、あなた方に警告すると思うのでしょうか? 愛する子供達よ、私達は疲れ、いやになってきております。子供達は、私達の言うことに耳を貸さないからです!

 第三次世界大戦が勃発したら聴いてくれるのですか? 原子爆弾で国々が消滅してしまったら聴いてくれるのですか? 彗星が地球を襲い、あなた達を打ちのめしたら聴いてくれるというのですか?! そうです。たくさんの人々が、その時初めて聴くでしょう。それから永遠なる御父へ赦しを請うため、ひざやお腹で這い回りながらやって来るでしょう。しかし愛する子らよ、私の聖なる息子が、福音のたとえ話で、『あなた方が求めていることとは、このことなのか?』と仰せられたように、その時ドアは閉じられているでしょう。

 私達が、失われた子羊達を集めるため世界中におもむくに従って、メッセージは日毎に長くなってきております。しかし、光を抱き、光のうちにある私の甘美な子供達よ、あなた方は世界中に行き、あらゆる子供達に話しなさい。私の聖なる息子イエズスは、この世の王であり支配者であること、その方は子供達を愛し、ただ彼らが救われることだけを望んでおられることを。イエズスは彼らを愛し、聖金曜日に十字架上で亡くなられたということを話しなさい。今年の四旬節は、皆が唯、この世の快楽をむさぼることしかしないという、いつもの四旬節のようにしないでください!

 私の聖なる息子イエズスと私の汚れなき御心を信じ、愛している子らよ、あなた方、かわいい子供達に伝えます。私は、私のマントであなた方すべてを包んでおります。私は、あなた方に我が汚れなき御心を差し出します。私と私の聖なる息子イエズスが、あなた方を愛しているということを伝えます。私達は、あなた方を愛撫し、腕に抱きとめます。何も恐れることはないのですよ。

 どんな者をも怖れることはありません! どんな悪をも怖れないで、むしろ、あなた方を迫害している人のために祈りなさい。あなた方をそしり、最高裁判所へ引っ張って行く者を赦しなさい。あなた方は、光の子供でありなさい。全世界の、あらゆる生ける者の光である私の聖なる息子イエズスのために、強く勇敢でありなさい。私の甘美な子供達よ。私は、子らに忠告しなければならないので、今夜のメッセージは長引くというのが分かっております。私の言うことを聞くのを拒否し、そして時間がないということがわかっておりますので、私は一日中泣いています。

 たくさんの子供達が、私達を嘲笑しています。それは、予言が実現されていないと言うためです。が、私の愛する愚かな子供達よ、あなた方に言っておきます。「あなた方は、いつでも気を付けていなさい。いつか、私の聖なる息子が来られますが、その時あなた方は、準備していないのですから! あなた方は、いつも用心していなさい。愛する子供達よ、いつもですよ。私の聖なる息子イエズスの来臨のために、いつも準備しておきなさい。その日は近いのですから!」

 愛する小さき息子、我が愛のリトル・ペブルよ、あなたには近付きつつある苦難の日々について、たくさんのことを明かしてきました。あなたは、時間が短いということを理解するためにここにいる子ら、そして世界中の子供らに啓示する私の承認を得ているのです。私の愛する子供達よ、私の親愛なる子供達よ、世界が変わり、人を屈服させ、目前で瓦礫の山と化するまでに、せいぜいあと6年しかないのです。そして愛する子らよ、その時というのは、もう変わり得ないのです。

 1988年という年は、私の聖なる息子イエズスの来臨の始まりなのです。その年は天国の年、天的な年であり、1988年が過ぎるとほどなく、私の聖なる息子はこの地上に偉大なカと栄光とをたずさえて、もう一度戻って来られるでしょう。あなた方の心に1992年という年を刻みつけておきなさい。そして、私の甘美な子供達よ、あらゆる予言は、祈りを条件(前提)としていることを知りなさい。がしかし、時は近付いているのです。終わりの終わりは近いのです。そして、もう何度も以前より申してきておりますが、あなた方のお祈りによって、数々の予言が取りやめとなってきております。つまり、あらゆる事は、お祈り次第なのです。しかし、あなたの天の母としての私の言う言葉に気を付けなさい。時がなくなってきており、この世へのイエズスの来臨のために、毎日準備しておかねばならないのです。地上のかわいい子らよ、我が愛のリトル・ペブルよ、かわいい娘、小さきバラなるテレサよ、そしてここに集まっているすべての子らよ、あなた方を祝福いたします。神の御名の栄光のため、イエズスと永遠の御父と二位より出で給う愛の聖霊の平安があなた方にくだり、皆さんの心のうちに永遠にとどまりますように。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛する子よ、今年のある時期は、あなたにとって至難でありました。十字架は、日毎に重くなっていきます。私の聖なる息子イエズスと共に、その十字架によく耐えなさい。そして、天の母である私がいつもあなたと共にいるということを、よく知りなさい。意気消沈しているときでさえも。恐れることはありません! 私は、この世での毎日の生活において、それから楽園においてもあなたのそばに立っていますから。というのは、あなたは聖書にしるされた者なのですから。地上における私の聖なる息子の公教会を、まもなく導く愛する子、小さき岩であるあなたなのですから。勇気を起こし、怖れてはなりません! 私の子供よ、ここ二週間に渡って、悪魔が実にあなたを誘惑しており、あなたを失意に陥らせようと試みていたのを知っています。あなたの持っている十字架を取り、その悪魔を追い出しなさい! 悪魔は、あなたに対して何の力もありません。私の聖なる息子イエズスと私が、永遠にあなたのそばにいるからです。日毎、聖金曜日まで受難が増え続けるので、あなたに勇気を与えるために祝福します。そして私の小さきバラ、我が宝よ、あなたも愛であるイエズスヘと日毎に至るごとに試練は増すでしょう。

(テレサヘ)今、私の後ろで輝く、このきらきらした十字架を見なさい。私の子供よ、この十字架はあなたのものですよ。私の聖なる息子の十字架の刑の時が近付いて来るごとに、その十字架は毎日重くなっていくでしょう。しかし私の甘美なバラ、私の小さき花よ、あなたの天の母である私は、いつもあなたの心の中にいることを知りなさい。決して怖れてはなりません。私の名を呼びなさい。そうすれば、助けに来てあげますから。

(リトル・ペブルヘ)私は、あなたの来たるべき旅路を祝福いたします。海外のあなたのミッションは、イエズスの聖心のために、たくさんの成果をあげるでしょう。私は、あなたを祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 私の子供よ、最後の事柄ですが、私は、ジョージェット・ハーブのことであなたがかなり長く、心を悩ましていることを知っています。私と私の聖なる息子イエズスは、彼女にあなた自身を通してだけではなく、カナダにいる私達の愛する息子、ブラザー・ジョセフ・フランシス、及び愛する娘「巡礼者の霊魂」を通して、何度も忠告をしてきました。ジョージェットは、世界中のあらゆる幻視者達のように、私の聖なる息子イエズスが御自分の幻視者達を通して与えられる忠告を聞かねばなりません。万が一、いかなる幻視者であろうとも天からの指示に従わないなら、その者は堕ちる可能性があるのです。愛する子よ、この事は通常は思い上がりを通しておこります。ジョージェットの場合、彼女には与えられた大きなお恵みと、重要な使命がありました。彼女は、今や悪魔にだまされてしまいました。そして、他の数人の幻視者達のように、彼女は私の聖なる息子イエズスの忠告を聞こうとしませんでした。ゆえに、彼女はミッションからもはや解任され、恩寵から堕ちてしまったのです。

 しかし、甘美なる子供達よ、愛する我が子よ、あなた方は彼女のために祈り続けねばなりません。そして、堕ちてしまったあらゆる幻視者達のために、祈り続けねばなりません。なぜなら、幻視者達が堕ちたその理由は、たくさんの子供達が彼らのために祈らないからです。そして、その事で私達の心は深く悲しむのです。それゆえ甘美なる子供達よ、私はあなた方にジョージェットのためだけではなく、高慢の故に堕ち、その使命を失ったすべての幻視者達のために祈るように懇願します。

 我が小さきバラよ、ジョージェットが持っていたこの使命は、今後あなたに与えることになりました。それは、人々に忠告し、神様により近付けるために人々を助けるという使命です。甘美な子供達よ、では祈りを続けなさい。そして、あなた方に、世界中にいる私達の幻視者達のために祈ることを切に願います。なぜならたくさんの人々が彼らを裁き、しかも誤って彼らを裁くためです。彼らは、あなた方皆と同じ人間です。そして、たいていの人以上に祈りを必要としているのです。なぜなら、彼らは世界のために − 公教会のために、そして人類の救いのために大きな責任を担っているからです。そして、もしあなた方が彼らのために祈らないなら、よりいっそう多くの幻視者達が恩寵から堕ち、その使命を失うことになりましょう。その使命は私達にとってとても大切なので、そうなれば私達の心を悲しませるのです。私は、世界のすべての幻視者達を一人残らず、とりわけ心と精神においてあなたと一致している者達を祝福いたします。そして、私は合衆国のトランペッターとブラザー・ルシアンとを特別に祝福いたします。愛する我が子よ、あなたにはもっと話がありますが、あなたの心の中に話したいと思います。そして、私があなたと話している間中、今から祈り続けることを私の子供達に望みます。ではかわいい子よ、先程申しましたすべての幻視者達と私の小さきバラを祝福すると同時に、あなたをも祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 甘美な子供達よ、私達の聖なる代理者、ヨハネ・パウロ2世のために祈ることを忘れないでくださいね。教皇様は、大変苦しんでおられるのですから。


リトル・ペブル:
 私には、ずっとそこに立っていた四位の大きな天使が、まだおられるのが見えます。ロザリオの間中、ずっとそこに立っていらっしゃいました。今、彼らが誰であるかがわかりました。彼らはアメリカの「トランペッター」が、世界に宛てたそのメッセージで述べた「四位のトランペッター」と呼ばれる天使達です。

 さて、空中にはとてもきらきら輝く、白い十字架が現れました。その十字架がとても明るいので、空全体が輝いているほどです。ほんの少し、目が痛くなります。さて、美しい雲に乗って、前へ進んで来られるイエズス様が見えます。彼は、前へと進んで来られ、そしてちょうど、ほんのちょっと天井より高いところ、そこに立っていらっしゃいます。イエズス様は今回、すっかり成長されたお姿です。彼は、バーガンディ色(濃い赤)の肩マントをはおっていらっしゃり、一種の赤みがかったような服をお召しです。御胸の上に、至聖なる聖心が見えます。彼は、このように……手を広げていらっしゃいます。


主:
 我が愛のリトル・ペブルよ、我が甘美な小さきバラよ、そして甘美なる子供達よ、あなた方を祝福する。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 わたしは今夜、あわれみと愛の非常に特別な用事があって、あなた方のところへ来た。以前、わたしは地上のすべての子供達に対して持っている愛を表すために、小さな幼な子として御母と一緒に来た。わたしの幼い頃は純真のしるしである。この純真を世界中のあらゆる子供達が心の中に持ち合わせて欲しいと思う。これはつまり愛であり、子供の単純さのことである。わたしが2000年前に使徒達や弟子達、そしてユダヤを始め、その周囲の田舎の人々に向かって言った言葉を思い出すが良い。『もし、あなた方が小さな子供達のようにならないなら、天におられるわたしの父の御国には入ることができないであろう。』 この言葉を、わたしは再び繰り返す。わたしは、子供達が心も、考えも、霊的にも、子供のようであることを望む。子供のようになるということは、あなた方の天の母と永遠なる御父に信頼することである。子供は決して親に質問をしない。父や母の腕の中に入れば安全だということがわかっているので、信頼と確信を持って腕の中に飛び込むのだ。

 愛する子らよ、あなたの天の父と天の母、我が母であり、あなた方の母なる汚れなき聖マリアと一緒にいる時は、このようになっていてもらいたいのだ。世界が、わたしが子供達に対して抱いている愛や、我が母が抱いている愛をよく理解できさえすれば、この世には平安が訪れるだろうに! 今の世は、憎しみと暴力、犯罪、不道徳、利己主義等、あらゆることによって引き裂かれているのだ。それは、子供達が、自分達は神に優っている、神など必要がない、我が聖なる御母も必要がないと信じているがためだ。このことは又、地上のわたしの教会の聖職者にとっても真実のことである。わたしの聖職者、我が司祭である息子達よ……。あなたが枢機卿であろうと、司教か司祭であろうと、あなた方はやはりわたしの息子達である。わたしは羊達に光と真実と正義の道を示すため、あなた方を司牧者として召し出したのだ。それなのに、司祭である息子達のうちの大勢の牧者は、わたしの言葉を打ち捨てただけではなく、羊達を − わたしの羊達 − わたしの子供達を追い散らしてしまったのだ。ああ、牧者達よ、あなた方は幼な子のようにならなければならない。もしそうならなければ、あなた方の王は地獄にいるルシファーである。彼は、高慢と破壊と憎しみの王であるからだ。

 わたしは、聖にして母なる公教会のすべての子供達、権威者達も、平信徒も、力がある者、ない者にも呼びかけたい。あなた方すべては、わたしの眼の前においては同じであり、わたしの心にはすべての者のための居場所があるのである。あなた方一人一人が、天におられるわたしの父に対して、そしてわたしの母に対して、幼な子のようになれと呼びかけたい。あなた方の神に信頼して、心を謙遜にし、単純にしなさい。神はあなた方を養ってくださるのではないか。わたしは、こう言ったのではなかったか。『自分の子がパンを欲しがっているのに、石を与える父親があろうか。求めよ、そうすれば与えられる。捜せ、そうすれば見いだす。たたけ、そうすれば開かれる。』但し、あなた方の心に信仰を持って、子供のような信頼を持って、愛を持ってそうすべきなのである。わたしはあなた方の神なる主である。真理の父であり、人間の霊魂の創造者である。わたしが父のうちにいるように、御父はわたしのうちにおられ、愛なる聖霊はわたし達のうちに住んでおられる。そして神の御母は、わたしの右に今も、又永遠に座しておられる。御母とわたしは、分かつことができないからだ。

 愛の甘美な子供達よ、だからわたしは、我が母が過去何度もあなた方に与え、又今夜もお与えになった言葉をよく聞き、耳を傾けるよう切に願っている。彼女のおっしゃることをよく聞きなさい。あなた方を愛しておられるからだ。そしてかわいい息子よ、わたしの教会をその上に再建する岩よ、あなたの手に正義の剣を持ち、前へと進みなさい。何者をも怖れることはない。あなたが辿らねばならない道の一歩一歩を導くため、わたしはあなたの前を歩いているのだから。勇気をおこし、いつも真理を守りなさい。あなたを迫害する誰をも怖れることはない。彼らは、あなたを迫害する前にわたしを迫害したのだから。そしてあなたが、わたしの聖なる御母、汚れなきマリアに従う者であること、またあなたがわたしの息子であるということを、あらゆる人に知らせなさい。かわいい子よ、あなたを愛している。永遠にあなたの心に住むために、我が聖心を与えよう。

 そして又、甘美な娘、我が小さきバラよ、あなたへの言葉である。あなたに与えるこの聖心を見なさい。そうすれば、自分の心で十字架を担うことができる。わたしはあなたを愛している。そして、あなたに必要な力を与えよう。我が霊の光のうちに進みなさい。そして世界中の子供達を、神の御言葉へと連れて行きなさい。

 あなた方二人を祝福する。そして同時に、あなた方に必要なすべての力と勇気を与えるため、ここにいるすべての子らを祝福しよう。ムダ話をする時間などない。その日々が近付いて来ているからだ。楽しんでいる時間などないであろう。時の極みが来たのだから! わたしの地上への再臨は近い。だからわたしの言葉と、我が聖なる御母の言葉を心に留めておきなさい。毎日をあなたの最後の日であるかのように準備しておきなさい。では、あなた方全員を祝福する。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 我が子よ、上の方に立っている四位の大きな天使達が見えるか。彼らは、天国の大天使達、この世の四隅にいる四位の天使達で、まことに「トランペッター」と呼ばれている。愛する子よ、彼らは又一日中、あなたを護っているのである。このことは、将来もっとよくわかるだろう。

 次のロザリオの祈りの間、あなたに話すために別の者がやってくるであろう。今夜は、大勢の者にとって長い夜となる。たくさんの霊魂の救いのために、あなた方それぞれ皆に求めているものは苦行である。では、祈り続けなさい。子らが祈り続けている間、今からテレサの心に話しかけよう。


リトル・ペブル:
 ちょうど空中には、トランペッターなる四位の天使達が、まだそこにいらっしゃいますが、最後の一連からずっと、二人の旧約時代の方々もそこに立っていらっしゃいます。そして聖ミカエルが彼らの後ろにおられます。聖ミカエルは、とても巨大な剣を持っていらっしゃいます。お二人はとても背が高く、肩幅が広い方々です。彼らは、とても長くて白いあごひげをたくわえておられます。何百歳にもなっているように見えますが、実際に微笑んでいらっしゃいます。彼らが誰なのかは、わかりません。頭の中ではわかっている気がするのですが、やはりわかりません。


旧約時代の二人(エノクとエリア):
 息子よ、天のリトル・ペブルよ、あなたに挨拶する。小さきバラよ、あなたにも挨拶を贈る。我々は、楽園と呼ばれているところ、エデンの園からやって来た。我々は旧約時代からやって来た者だ。わたしはエノクであり、そばにいる友はエリアである。我らは旧約時代の偉大な預言者である。我らは、人類の救世主イエズス・キリストの御言葉をユダヤ人に伝えるために、間もなくこの世にやって来るのだ。我が子よ、神なる主イエズスは、我らがあなたに話をするため、今夜ここに来るようにと依頼なさったのだ。

 さて、愛する子らよ、子供達よ、あなた方には、神の聖なる御言葉である聖書を読むようにしてもらいたい。御言葉を黙想し、あなた方が今、どのような時代に生きているのかを、心や思いに吹き込んでくださるよう、神なる聖霊に祈りなさい。旧約時代の預言者である我々二人は、間もなくこの世にやってくる。そして、子供達よ、あなた方は、このことが何を意味するのかを知りなさい。

 我々は、十字架に付けられたキリストについて、御教えを説くことになっている。我々はイスラエル国民に、キリストこそ彼らの神であり、救い主であるということを告げるのである。我々は、人類に神の御言葉を公言しながら、この地上で三年半の間説教する。その間は、世界にとっては苦難の日々になろう。我々は、あと一年の後にやって来る。そして、説教し、地獄の頭、つまり悪魔、すなわち反キリストの体に入ったルシファーの手にかかって死ぬのである。

 ああ、人類よ、その日々 − 間もなく、あなた方の上にふりかかるその日のために汝ら、準備せよ。1988年という年は、全人類が覚えておかねばならない。又、1992年も然り。この両年は、「生命の書(ふみ)」において特別な年である。神の御言葉を読みなさい。そして、日々の生活において実行しなさい。旧約の預言者なる我々は、キリスト御自身がこの世をお歩きになった時お説きになった、同じ御言葉を人類に説く。その御言葉とは、世界中の多くの出現を通して、現在皆に説いておられるあなた方の天の母であり、我々の御母のお言葉と同じものなのである。

 「時の時」が来た。苦難はすでに始まった。昨年以来、「悲しみの7年間」が始まったのである。だから、おお人類よ、よく聞きなさい。そして、時間がもはや残り少ないことを知りなさい。「ダニエルの書」の御言葉を読みなさい。我々の兄弟、使徒聖ヨハネに与えられた「黙示録」、つまり啓示の書を読みなさい。そして、今、現代の預言者達を通して与えられている、神の御母のメッセージを読みなさい。そして、永遠なる御父が地上にお遣わしになった、あらゆる時代において一番最後の偉大な預言者の一人である、我らの息子、愛のリトル・ペブルの言うことを聞きなさい。天より来るこれらの御言葉を打ち捨ててはいけない。すでにあなた方は、その時を知ったのだか
ら。

 おお人類よ、あらゆる戦争に終止符を打つような大戦争が、間もなく起こるだろう。そして、我々が地上の国々に現れ、人類が世の罪の償いのため悔い改め、苦行をし、犠牲を捧げなければならないという、神の御言葉を宣べ伝えるのは、まさにこの戦争中である、苦しみの真っ最中になるのだ。キリストの土台を以て世を動揺させるため、つまり、永遠なる御父へと戻る時間がもうほとんどないということを、あなた方に気付かせるようにと、わたしは任命された。兄弟エリアもまた、そうである。

 永遠なる御父は、もう一度地上に福音史家、使徒聖ヨハネをも、地上の全国民にお遣わしになるだろう。よく目を開き、耳を澄ませなさい。多くの預言者が来るだろうが、ある者は偽物で、ある者は本物なのだから! 彼らの実(成果)を見なさい。その実によって判断がつくであろうから。そしてわたしの息子、天の我らのリトル・ペブルよ、我々はあなたを天の石と呼んでいるが、我々が持っている正義と真理の杖を与えよう。祈りの中で、度々我々を呼びなさい。そうすれば、今だけではなく、もう一度、我々が地上を歩く時においても、あなたを助けに来るだろう。12人の偉大なマリアの使徒達は将来、イエズス・キリストの公教会を統治するあなたを助けるために、やって来るだろう。愛する子よ、我々は永遠なる御父から、あなたを祝福しよう。そして、わたし達の甘美な娘、小さきバラと呼ばれている者をも祝福し、又あなたと一致している世界中のすべての幻視者達を祝福する。人類の心にましますイエズス・キリストと汚れなき元后、聖マリアに栄光あれ! では、愛する子よ、そして子供達よ、あなた方を祝福する。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。行きなさい、世の救い主なる主イエズス・キリストの平安のうちに。


リトル・ペブル:
 彼らは今、入っていかれます。天国にお入りになるのではないようです。彼らは、別の次元に入って行かれるように思えます。彼らは、別の場所に一歩さがられています。この地上の別のところのようですが、エリアは「ここは楽園であり、エデンの園である。」と言われます。ちょうど、彼らがそこに入って行かれる時に、ほんのちょっと見えましたが、そこは本当に美しいところのようです。私が思っていた以上に、驚くほどたくさんの人がおられます。エリアが、彼らはイエズス・キリストの再臨の時、この地上に戻って来られる前に、福音を説くため地上へ戻って来る人々なのだと言われています。そこは、本当に美しいところです。何千もの天使が、楽園と呼ばれるその場所を囲んでいるからです。それで、エリアは、いつか私達皆が、そこにいることだろうとおっしゃっておられます。イエズス様を愛し、イエズス様に仕える者は皆、死ぬまでそこにいるのです。

 時の終わりには、この楽園は、再臨の日の後、人間に委ねられるでしょう。もう彼らは、行ってしまいました。彼らは、その特別な場所に行ったのです。私は、彼らと一緒にそこへ飛び込めたら、と思います。まだ四位の天使は、ずっとそこにいらっしゃいます。そして、聖ミカエルは、とても離れたところに立っておられ、私達が最後の祈り、「元后あわれみ深き御母」を唱える時、私達の方に頭を下げていらっしゃいました。……




1987年3月25日、お告げの祝日に、教会でリトル・ペブルに与えられた幻視

 きょう私は、7時45分の御ミサへ行きましたが、神父様は、その(ミサの)予定をその日のもっと遅い時間に変えてしまわれました。私は、他の御ミサへ行くことができませんでしたので、このことで少しいらいらしてしまいました。ほんの少したって、イエズス様が赤と金の祭服を着て、御聖櫃の前に御出現になったのです。彼は、カリスを持っていらっしゃり、崇拝する二位の天使方が、イエズス様の両側にひざまづいていらっしゃいました。主は、使徒信経と主祷文を一回ずつ、天使祝詞を三回、栄唱一回と告白の祈りを一回唱えることによって、聖体拝領の準備をしなさい、と仰せになりました。私がこれらの祈りを唱えたあと、イエズス様の手にはホスチアが現れました。そしてその御聖体を、カリスの上へ掲げられました。さて、私は、全部ブルーのお召し物を着て深い祈りを捧げておられ、主の左側にひざまづいておられる聖母が見えました。イエズス様は、それから「世の罪を除き給うた神の子羊を見よ。そして、それを受ける者は幸い。」と、仰せになりました。私がそれから別のお祈りを唱えたあと、聖バラキエルという名で知られている一位の天使がカリスとホスチアをとり、ホスチアにおられるイエズス様を私にお与えになりました。私は、イエズス様の全体(頭から足まで)が私に入って来られるのが、分かりました。それからイエズス様は、全免償が得られるよう、教皇様と彼の御意向のために祈りなさいと、仰せになりました。

●「たくさんの子供達が、自分自身を清めないで、行って御聖体にまします
 私の聖なる息子を受けております。このことは、天の御父にとって最も
 不愉快なことです……」{1984年3月4日) 神によって制定された
 告解の秘蹟を平気でなおざりにすることは、たぶん、あまり感心できない
 「現代的な」カトリックの習慣である。そして、このことでも又、何回も
 ヨハネ・パウロ2世教皇は嘆き悲しんでこられた。

●「私の司教や司祭達が、聖櫃を祭壇の脇に置き、私の息子がおられるべき
 ところに自分達が居座っているのを見ます。そのようなことが、いったい
 どうしてできるのでしょうか?」(1984年12月11日) 明らかに、
 聖櫃は今までどおり、常にあった場所へそのまま置くべきである。すなわ
 ち聖所、(中央祭壇が置かれている所)背後高く、教会の真中にあるべき
 なのである。

●「私は婦人に申します。聖なるミサヘと行く時には、頭をおおいなさい。」
(1984年2月11日) 女性は教会内において頭をおおい、男性は帽子
 をとるという崇敬の念に満ちた習慣は、初代教会が始まった頃にさかのぼ
 り、1960年代の後半に、不思議にも「取り止めに」なるまで、どこで
 でも見られた。実際、それでもなお聖パウロはコリント前書第一章でこの
 ことを強調しているのである。

●「私は、何度も何度もたくさんの枢機卿、司教や司祭達が、フリーメーソ
 ンのロッジに属していることを警告してきました。」(1984年6月
 13日) フリーメーソンとの接触は、ことさら教会法で禁じられている
 が、たくさんのカトリック高位聖職者が、まことしやかに聞こえる主義に
 よって、だまされている。オーストラリアの内的語らい(リトル・ペブル
 ヘのメッセージ)では、カザローリ枢機卿について言っている。
 (1984年10月26日)

●「たくさんの司教、司祭らが「古いミサ典礼」に関して、教皇様に逆らっ
 てきていることは、最も不愉快なことです。」(1984年12月8日)
 このことは1984年10月にトリエント(ラテン)典礼を教皇が再公認
 したことを示している。この発表は、たくさんの聖職者によって反対され
 た。

●「(司祭達は)私の息子の代理者を表す服装をしなければなりません。」
 (1984年12月11日) ほぼ10年の間、ヨハネ・パウロ2世教皇
 は、カトリックの聖職者はいつも聖職者の服を着なければならないと主張
 し続けておられる。が、彼の言葉は、つんぼにゆきあたり、司祭、修道女
(そして司教でさえ)「ごく普通の人の」服を着て、毎日のつとめについて
 いるという通例の慣習のままである。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】