箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

午後9時半頃、リトル・ペブルの自宅にて与えられたメッセージ

No102  1986年8月9日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


聖母: 
 祝された最愛の我が子よ、私は今夜あなたと妻と我が汚れなき御心の働き手たらへ助言をするために参りました。子どもたちよ、これ以上口げんかをしないで、お互いに喜ばせ合いなさい。光の子らは決して互いに激しいことばを投げ合ってはいけません。むしろすわって愛と理解の心をもって話すべきです。人間に起こるそのようなけんか(の状態)のまん中には、ろうそくをともすべきです。そうすれば息子イエズス・キリストの平和が戻ってくるでしょう。キリスト信者は決してけんかをしてはなりません。それは悪魔のしわざだからです。さあ我が子よ、このことを「内輪の働き手たち(インナー・サークル)」をはじめ、全世界に知らせなさい。

 我が子よ、あなたと妻と「内輪の働き手たち」と世界中の家族のために、私の平和を贈ります。息子よ、あなたも又、自分自身やまわりの者に対して、もっと忍耐強くならなければなりません。何ごとも時間をかけて一歩一歩かたづけなさい。かわいい子よ、あなたに頼んだするべき償いを果たすことについて、悪魔がとても難かしくさせていることはわかっております。しかしロザリオで戦いなさい。そうすればすべてが良くなります。私が頼んだ「特別な償い」を続けなさい。私がいつもあなたのそばにいるのですから。あなたの良き妻には、彼女の心を私に向けること、そして私が彼女をとても愛していることを伝えてください。あなたと妻のアンの愛すべき家族は、全世界に対して我が母なる愛の模範でありますから、特別なる祝福を与えましょう。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 私の愛する働き手たちには、全員がロザリオ15連を唱えるようにと願っています。これは、私の大きな喜びですから。我が子よ、これからは悪魔の力に打ち勝つために、もっと多くのロザリオを、より熟心に唱えなければなりません。あなたが一還唱える度に、悪魔の力が弱められることを約束いたします。愛する聖なる子よ、ですからロザリオには大いなる力があるのだとわかるでしょう。我が汚れなき御心の働き手たちに、特別な祝福を与えましょう。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 もう一つ、我が子たちに今後していただきたいことがあります。朝と正午と夜に、イエズスの至聖なる聖心を崇めるために、特別なお祈りを捧げてください。これは聖心への大いなる慰めとなるでしょう。さあ我が子よ、ロザりオを続けてください。それをあなたの愛にあふれる心からの贈り物として、永遠の御父のまします天国へ持って行きますから。私がやさしく愛している息子よ、あなたを祝福いたしましょう。勇気を出しなさい。私はいつもあなたとその家族と共にいるのですよ。ではあなたと家族を祝福いたします。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。私がいつも一緒ですよ。私の平和、つまり息子イエズスの平和を与えます。

リトル・ペブル:
 聖母様はお帰りになるほんの少し前に、ベルギーの幻視者であるアンドレから来た、私への質問に答えてくださいました。

聖母:
 我が小さき息子アンドレの質問のことですが、終末の戦士たち、すなわち我が汚れなき御心の戦士達とは、私を愛してくれている者達のことだと伝えてください。彼らは我が汚れなき御心の男女です。(それから聖母様はアンドレを祝福なさいました。)息子アンドレと、ブラザー・ジョゼフ・フランシス(カナダの幻視者)と、愛する娘テレサ(オーストラリア、シドニーの神秘家)に祝福を贈りましょう。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母様は遠く離れ去りながら、「内輪のメンバー」の全員が毎日、聖ヨゼフの連祷を3回唱えるようにとお願いなさいました。




イエズス様と御母が、ィタリアの幻視者パオラ・シモネッティに、マードレ・マリアの命日3月23日に、ASCOLl PICENO県のAPPlGNANO DEL TRONTOにあるマードレ・マリア参詣所で与えられたメッセージ。(マードレ・マリアは神秘家で、偉大な聖性を持つ、聖痕をいただいていた女性であった。)

パオラの説明:
 私達が参詣所に入ると、聖母様の御像がありました。それは私には、まるで生きていらっしゃるように見えました。友人のマリー・デサンクタスが一緒にいた一人の司祭と、数人の人々も一緒にロザリオを始めました。すると突然,私は地面に押し倒されるようなすきま風を感じ、私の腕は大きく広げられて、まるで白い雲の上に乗っているような感じがしました。それから聖母様が幻視のうちに、「あなたは世界が救われることをどのように考えますか?」と私におっしゃいました。この段階で私達が祈っているへやの光景を見ました。この光景は上空から示されたものですが、たった5人しか祈っておりませんでした。あの司祭を含めた他の人々は何か(献金の)取り決めをしていました。それから主が現れ、私に次のようにおっしゃいました。

主イエズス・キリスト:
 わたしの神殿は、商人の住家となった。(そして続けてこう言われました) あなたの教区の司教に、もっと祓魔師を任命するように伝えなさい。

パオラ:
 それから私パオラは突然又聖母様がいらっしゃることを感じました。その御心は、地上にいる子どもたち、特に聖母様をより深く愛している子どもたちには、特別な方法で愛に燃えておられました。

パオラ:
 聖母様はそれからこうおっしゃいました。私達は、もっと信仰と愛を強めなければなりません。特に祈る時にそうするべきです。祈りとは、聖母様と私達との生きた対話であるべきであり、目的に向かう競争ではなく、深い、言い表すことのできない愛がなければなりません。私達はもっと浄くなるべきです。そうすれば、神の国に入れるでしょう。

 それから聖母様は、オーストラリアの幻視者であるウィリアム、すなわちリトル・ペブルのことについてお話なさいました。リトル・ペブルのことを明確になさって、又、イタリアの幻視者であるマリエッタ、つまり聖母様の小さき花についても、そうなさいました。それからちょうど今、ほほえまれました。そしてイタリアの別な幻視者、ルイギ神父様が、聖母様ご自身の御苦しみを見て、苦しんでいるとおっしゃいました。

 聖母様はその後、「ファテマ」の聖歌と「主イエズス来たり給え、世は御身を必要です」を歌うようにお望みになりました。そして私パオラが、どこの病人を見舞う時でも必ずこの二つの聖歌を歌い、ロザリオの祈りを唱えるのならば、聖母様がその病人を助けるために現れてくださるとおっしゃいました。私パオラは又、この幻視の段階でケルビムを見、又イエズス様がその御手にお持ちになった聖心を見ました。聖心はさし貫かれ、傷ついており、御血のしずくがしたたり落ちて、まわりにいばらの冠がありました。私は又、神様(永遠の御父)を見ました。御父はたくさんのあごひげをたくわえられた方で、高い雲から出ていらっしゃいました。それから急にご自身を、全能の見透す目の形となられました。

 脱魂状態から我に返ると、私は右の胸に厳しい痛みを感じました。それはまるで誰かが剣でさし貫いたかのような痛みでした。聖母様は私パオラを祝福されました。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 パオラは祈っている間に、度々幻視するのですが、彼女の前にリトル・ペブルも現われます。すると彼が、彼女のまわりの悪魔の邪魔を消す助けとなっているわけです。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】