箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

「聖シャーべルの平和と一致と和解のための祈りの家」
で与えられたメッセージ


No.101  1986年8月2日(初土曜日)

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


リトル・ペブル: 
 ここにご出現なさっておられる聖母様を賛えて「ああ被造物の中で最も潔き方よ」を歌いましょう。聖母様はもう天井のすぐ上、それよりほんの少し高いところにおられます。今夜はとても近いところにおられます。本当に美しいお姿です。お召し物は全部まっ白です。まったく清らかなお姿で、御足元には二輪の小さなばらがあります。金色のばらで、両足に一輪ずつあるのです。そして、このふわふわした雲の上に立っておられます。その雲は、ふつう私達が見るような空にあるものではなく、もっともっと美しい雲です。右の御手にロザリオを持っておられます。聖母様は今夜、とても速く来られました。となりにはいくつかの天使達がおります。何という天使かはわかりません。聖母様がそれはご自分の守護の天使だとおっしゃいました。聖母様の後方には、他の天使達がおります。いくつかは白い服ですが、他にいろいろな色の服装をしています。大きさもさまざまで、聖母様のまわりにおります。

 聖母様は胸に金の帯を締め、頭には美しい冠をかぶっておられます。ファチマの冠ではなく、先がとがっていて、何か司教様の帽子のようですが、それほど大きなものではありません。それは金の冠で、エメラルドや他の宝石が散りばめてあり、とてもとても美しいものです。沢山の天使達は聖母様のマントのすそをもち上げています。聖母様は「聖なる天使の元后」とおっしゃいましたので、今夜のお召し物はその御名の服装なのでしょう。すべての天使の元后なる聖母様を賛えて「ああ被造物の中でいとも潔き方よ」を続けましょう。聖歌「ああ被造物の中でいとも潔き方よ」が歌われます。今、聖母様の右側に来られたのは、愛すぺき私逮の聖ヨゼフです。とても背が高く、6フィート(180cm)以上でしょう。とても美男子の方です。聖ヨぜフはほほえんでおられます。今、聖母様の左側にば聖シャーベルが来られました。 − 聖シャーベルも、非常に、非常に強そうな顔立ちをしておられます。とても背が高く、又、とても美男でいらっしゃいます。美しいあごひげを持っておられ、聖シャーベルもほほえんでおられます。聖母様は、今夜はとても嬉しそうにしておられます。

聖母:
 我が子よ、そしてここにいる子どもたちよ、又、全世界の子らよ、あなたがたを祝福いたしましょう。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。愛するリトル・ペブルよ、そして又、かわいい子どもたちよ、あなだがたに、イエズスの聖心よりあいさついたします。

リトル・ペブル:
 今、マリア様と諸天使の後方に、イエズス様の至聖なる聖心が、空中に浮かんでいるようにあります。この聖心から、たくさんの愛の光が放たれているのが見えます。光はここにいる私達全員に投げかけられています。

聖母:
 子どもたちよ、イエズスの愛をごらんなさい。地上にいる子らを、どれほど愛しておられることでしょう。ああ、子どもたちよ、イエズスに何をしているのですか? なぜ聖心のまわりにいばらの冠をかぶせるのですか?

リトル・ペブル:
 今、私は聖母様と天使達のうしろにイエズス様の聖心を見ています。その至聖なる聖心の上に、いばらの冠があります。聖心からは血がしたたり、私達と世界の上に落ちているのが見えます。

聖母:
 愛する子らよ、罪や冒とく、いまわしいこと、つまり堕胎や、同性愛など、世のあらゆる罪によって、あなたがたがイエズスにしていることをごらんなさい。あなたがたはイエズスを何度もくり返し、十字架につけているのです。おお、かわいい子どもたちよ、なぜこんなことをするのですか? イエズスはあなたがたにすべてを与えられたのではなかったのですか? あなたがた皆のために、十字架上で亡くなられたのではなかったのですか? イエズスは、充分苦しまれなかったというのですか? それなのにあれ以上に、もっともっと苦しまなければならないのですか? いったい何人が、イエズスを慰めてさしあげているというのでしょうか?

リトル・ペブル:
 もう聖心は消え、今、十字架上のイエズス様がおられます。人間によってひどく落胆され、拒絶されておられるようです。イエズス様は哀願なさるように私の方をごらんになり、次のようにおっしゃいます。「我が子よ、手遅れにならないうちに、羊を集める手伝いをしてくれないだろうか?」「愛するイエズス様、私の持っているものは皆、あなたのものだということはご存知です。命も霊魂も、すべての持物は全部あなたのものでございます。」

主イエズス:
 わが子よ、あなたをとおしてたくさんの霊魂がわたしのところへ来ることは、わかっている。あなたは罪人のための犠牲(いけにえ)の霊魂なのだから。

リトル・ペブル:
 今、イエズス様は聖心と御頭をテレサの方へ動かされました。

主イエズス:
 小さなばらよ、我が小さき花よ、おまえにあいさつしよう。おまえも又、我が聖心の犠牲(いけにえ)の霊魂なのだよ。おまえをとおして、たくさんの霊魂がわたしの聖心に来る。つまり、わたしを愛するようになるのだよ。リトル・ペブルよ、そしてかわいいばらよ、おまえたちの犠牲に感謝する。おまえたちには、今まで以上に頼みたいのだが、それは世界中の多くの者が十字架を拒絶し、正義と愛の道からはずれてしまっているからだ。それ故、この者たちが愛といつくしみの道 − 希望の道に戻るように、彼らのために罪を償い、犠牲を捧げてくれる者を探し求めているのである。

リトル・ペブル:
 二本の光線が見えます。その光線は金色と黄色です。イエズス様の聖心から出ており、私とテレサの心に突き刺っています。今,他の光線も聖心から出て浮いており、皆様に注がれております。

主イエズス:
 我が子よ、この光線を受けた心は、わが聖心より大いなる恵みを受けているのである。かわいい子らよ、あなたがたを祝福する。

リトル・ペブル:
 どうやってかわかりませんが、イエズス様は十字架上におられるのに、私達を祝福なさいます。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 今、聖母様は、全世界に与えておられるお願いとメッセージを聞き容れるように,嘆願なさっているかのようです。今、とても落胆しておられるようです。前はとても嬉しそうにしておられたのですが、今は悲しんでおられるようです。

聖母:
 愛する子どもたちよ、今年の8月22日に私が頼みました奉献は、今のところ無理でしょう。それは充分なお析りがなかったからです。しかし、愛する息子ヨハネ・パウロ2世教皇様がまもなくローマにおける司教会議で、ロシアを我が汚れなき御心に奉献してくださるように祈ってください。時間は本当になくなってきているので、人間は今、祈らなければならないのです。それは、私が人類に何度も警告してきたとおり、まもなく大天罰が世にくだるからです。人類への愛といつくしみのメッセージを与えるために、国から国を回って、私は本当に疲労困ばいしております。しかしイエズスの聖心や、我が汚れなき御心よりのメッセージに心を留める子らはほとんどいないので、私の心を悲しませております。おお、世界の子どもたちよ、我が汚れなき御心の苦しみをあわれに思ってくださいませんか?

リトル・ペブル:
 今、聖母様の御胸に御心があり、これも又、いばらで囲まれています。

聖母:
 我が子よ、この心を慰めてくれませんか? 慰めてくれる者は、ほとんどいないのです。

リトル・ペブル:
 愛するおかあさま、お望みのままになさってください。

聖母:
 あなたは確かに慰めてくれていますよ。

リトル・ペブル:
 今、聖母様は御心を御胸から取り出されます。どうやってかは問わないでください! こちらに近づいていらっしやいます。乗っていらっしゃる小さな雲は、ちょうどここにあります。ちょうどそこに立っておられます。

聖母:
 我が子よ、この御心を取ってくれませんか?

リトル・ペブル:
 はい、おかあさま。

聖母:
 それをあなたの胸に置いてください。私はあなたを愛しており、あなたの心は私を愛してくれております。いつか私があなたに頼んだ意味がわかることでしょう。ありがどう、我が子よ。

リトル・ペブル:
 聖母様は今,もとへ戻られます。歩いておられるのでなく、すべるように進んでおられます。悲しんでおられるのですが、最高に美しいお姿です。

聖母:
 我が子よ、私があなたの心をいつも司っているように、あなたも私の御心をいつも動かすでしょう。私があなたの口をとおして世界に語るとき、そのことばは、世に向けて我が御心より出るのです。ですから子どもたちは、そのことばを理解し、聞き容れなければなりません。それは重要だからです。全部心に刻みつけておかなければなりません。おお世の子どもだちよ、我が小さき息子、我が愛するリトル・ペブルをとおして、又、世界中の幻視者たちをとおして与えていることばを、心に受け容れてください。私は世につかわされたイエズスの大使です。

 ああ、世の子どもたちよ、しかしあなたがたは私を排斥するのです。私は神の御子イエズスの母です。しかしあなたがたは私の言うことに耳を貸さず、逆に多くの者はあなどり、あざける者に耳を貸しているのです。いったい今の時代の人々はどうなっているのですか? 愛する我が子よ、さあよく注意して、私が見せるものをよく見ておきなさい。以前にも見たことがあるでしょうが、世界の人々が、まもなく起こるべきことを知らねばならないのです。

リトル・ペブル:
 今、聖母様は、わきへおいでになりました。地球が見えます。私は地球の外にいるのです。宇宙の、どこかわからないところにいます。聖母様は今、私を地球に近づくように、つれていかれます。

 南アメリカが見えます。チリです。もっともっと近づいてきました。チリの、ある大都会に来ました。今,地球は震動しています。大地震です。大変な震動なので、国全体が粉砕しているかのようです。その都市は,ほとんど平らにくつがえされてしまい、大勢の死んだ人を見ています。今、聖母様はもっと遠い他の国へつれていらっしゃいます。愛するおかあさま、このように大勢の人が死ぬのを見るのは、本当につらいです。

聖母:
 でも、あなたはしっかり見ていなければなりませんよ。

リトル・ペブル:
 今、イタリアが見えます。ローマが見えました。ローマでも地震が起こっているのを見ています。バチカンも見えます。バチカンは火の海らしく、美しいバジリカの石が落ちています。いたるところ、道ばたでさえ人間の大殺りくです。バチカンの広場で、大勢の司祭や修道女が倒れて死んでいます。今、教皇様が見えます。聖母様が教皇様を導いてくださっているようです。聖母様がバチカンから教皇様をつれ出され、教皇様はいくつもの死体の上を走って乗り越えて行かれます。どこに逃げて行かれるのかわかりませんが、ご無事であるのは確かです。今、バチカンの上に「もうまもなく」ど書かれています。それから聖母様は私を、又、他の国へ連れていってくださいます。

 今、オランダに来ました。砂浜の近くにいますが、ものすごい大波が来ています。ちょっとわかりませんが、とてつもない大波です。まるで国全体をのみこむかのようです。波全体、とにかく水が、そのようにものすごく高く上がってきているのです。そこはアムステルダムだとわかりました。アムステルダムが、たった今、水の下に消えてしまいました。水は、内陸に何百キロとおし寄せています。人々が死体となって水に浮かんでいます。子どもも大人も大勢います。今、聖母様は海を渡って私を連れていかれます。ニューヨークに来ました。以前にも来たことがありますが、たくさんの天に届くような高いビル(摩天楼)があるところですが、今とても恐しい、すさまじい大爆発が起きています。あまりにひどいので、まるでニューヨークの半分が消え去るかのようです。そうしてビル街ば消えてしまいました。ニューヨークの周囲に建っているビル街も全部くずれつつあります。人々は、あちこちで金切り声をあげています。皆、通りに走って行きます。まるでアメリカ全体が、実際、この大爆発で混乱しているかのようです。地球全体が、カリフォルニアに向かって動いているかのようです。

 また、今、聖母様は、ある島へ連れていってくださいます。それはアジアのどこかです。香港という文字が見えました。そこでも恐ろしい大爆発です。地が爆音をたてて動いています。ものすごい爆発なので、まるで都市全体がたった今消え去ったかのようです。そうして、又「もうまもなく」という字が見えます。もう何もかも消えていきます。そうして聖母様はまた、こちらに向かって来られます。

聖母:
 愛する子よ、このような光景を見ているのはつらいことだどわかっています。しかし世界は、時間がなくなってきていることを知らねばならないのです。まもなく、世界中のメッセージージはなくなり、天罰がひき続いてくだされるでしょう。

 我が子よ、ですから私は全世界で眠っている人々を呼ぴ覚ますために、あなたのところに、このように何度も来ており、また他の大勢の幻視者のところへも行かなければならないのです。神の御手がふりおろされると、もう悔い改める時間はないのです。多くの者は、それ故神に泣き叫び、御あわれみを乞うでしょうが、もう遅すぎるのです。大勢の者が地獄へ投げ落とされるのです。その理由は、あなたがたが私達の言うことを聞かなかったからなのですよ。

リトル・ペブル:
 聖母様はうわずった声を出しておられますが、とても興奮していらっしゃるからです。それは、誰もその御ことばに耳を領けようとしないからです。

聖母:
 人間が信しるようになるまで、いったい私はどれほどたくさんの「しるし」を与えなければならないのですか? おお世の子どもたちよ、以前に何回も与えたこの「警告」を、今一度与えます。私が言っていることを心に刻みつけておきなさい。さもなければ、今年が終らないうちに、神の御怒りを経験するのですよ。おお、地上のかわいい子どもだちよ、私達があなたがたを愛しているのがわからないのですか? なぜ天の私達が、このようにひんぱんにあなたがだのところへ来ると思っているのですか? それは私達があなたがたを愛しているからなのですよ。愛する子どもたちよ、たびたびロザリオの祈りを唱えてください。これこそが人類のための唯一のいやしだからです。この頼みは、多すぎるのですか?

リトル・ペブル:
 そうです、おかあさま。(スティーブがテープを裏返す。)スティーブ、聖母様は待っておられます。

聖母:
 そうですね、人間の限界はよくわかっていますよ。世界中の子どもたちよ、私はあなたがたを寄せ集めようと、我がマントを広げております。しかし、大勢の者は悪魔の餌食となってしまうこともわかっております。ですから光の子らよ、光のうちに前進し、暗闇にいる者を集め、神の御子イエズスの光を与えてください。手遅れにならないうちに世界中にメッセージを広めてください。まだ時間はあるのですよ。

リトル・ペブル:
 今、聖母様はマントをこのように広げて、すべての子どもたちを寄せ集められます。

聖母:
 私は、子どもたちを愛する母ではないのですか? あなたがたをとても愛しているのですよ。ただ一つの霊魂さえも失われるのを見たくはありません。我が子よ、ここからあなたの愛するブラザー・ジョゼフ・フランシスが見えます。彼は世のために大変苦しんでいるのです。子どもだちは、大勢の霊魂を救うために、大試練を受けている幻視者たちのために、もっとひんぱんに祈らなければなりません。彼らは救霊のための、まことの犠牲(いけにえ)です。かわいい子どもたちよ、あなたがた皆を、特にここにいる者たちを祝福いたしましょう。私はあなたがたを大変愛しているのですよ。あなたがたへの愛のしるしとして、我が汚れなき御心を授けましょう。あなたがた皆を祝福いたします。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛する子よ、あなたの心の中にあるたくさんの質問に答えるために、ロザリオの間、もっとあなたに話しましょう。あなたを特に愛しておりますよ。道はけわしく、迫害は増える一方であることは、わかっていますよ。しかし迫害はまもなく終わり、勝利は天のものとなるのですよ。

 子どもたちよ、天が関与している場合は、悪魔は決して勝てないのです。かわいい子よ、あなたとイエズスのために苦しんでいる「小さきばら」を祝福いたします。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 はい,おかあさま。

聖母:
 お祈りが終わりましたら、あなたが子どもたちの上に十字架のしるしをしなさい。この祝福は、まもなく彼らの上にのしかかる十字架を担うために、再び、ここにいる一人一人を助けるように、御子イエズスからくださるものです。子どもたちよ、全世界のすべての子らよ、聖父ヨハネ・パウロ2世教皇様をはじめ、すべての枢機卿、司教、司祭たちが皆、神の光を受け、神の警告を聞き容れるように、彼らのために祈ってください。

 聖父と聖子と聖霊との御名によって。アーメン。

 かわいい子よ、私の願いにいつも従ってくれて感謝しております。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】