箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

はこ舟の聖母、我らが御母聖マリア、
キリスト信者の扶けなるマリア様の事務所にて
与えられたメッセージ


No.98 1986年7月23日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】



リトル・ペブル:
 皆様に申し上げたとおり、天使達が、聖母のご到来に備えて、すでにここへ来ておりました。左側 − 私の左側と、聖母が右側には私達と、聖母マリア様へあいさつするために天使がおります。聖母はすでにここにおられます。空中の15フィート(約4.5m)ぐらい、というよりもっと − そうですね20フィート(6m)はあるでしょうが、ここからあまり遠くないところにおられます。

 聖母はきょうは白い長い衣を着ておられますが、肩に黒いケープをかけていらっしゃいます。今、右側から珠のロザリオを取り出されました。そしてここにいる一人一人のメンバーを見ておられます。ゆっくりと頭を動かされて、ほほえんでおられ、御心より皆様にあいさつしておられます。聖母は今度は私の方へ向き通られましたが、本当にとても悲しそうにしておられます。お美しいのですが、とても悲しそうなのです。

 今、聖母のうしろから大勢の天使達が来ました。まるで聖母のうしろに虹ができたようです。まったく美しい光景です。そこはまぶしくて輝いています。それを見ていると私の目は、何かとても激しい痛みを覚えています。今聖母の右側に、一人の美しい婦人が来られました。この方は、今まで見たことがありません。18世紀ぐらい昔の(そのように見えるのですが。もっと前かもしれません) 長い衣を着ておられます。髪は金髪のようです。とても、とてもかわいらしいかたです。手に、小さな教会を持っておられます。どこかの御絵で見たことがあると思います。そう、聖ビルジッタだと思います − 聖母がうなづかれました。

 聖母は今、ご自分のロザリオを見せてくださいます。きょうのロザリオは黒い珠です。黒い珠のロザリオを持っていらっしゃるのは、今まで見たことがありません。それがどういう意味なのかわかりません。聖母は「世界中で、このロザリオの祈りがまだ充分唱えられておりません」とおっしゃいました。今、ロザリオを持ち、御腕を上げて十字架のしるしをなさり、私達を祝福されます。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。「甘美なるおかあさま……」


聖母:
 我が子よ、愛するリトル・ペブルよ、そしてここに集まっている子どもたちよ、又全世界の子どもたちよ、あなたがたにあいさついたします。

 きょう私はとても悲しい、涙にみちた知らせを持って参りました。我が御心は悲嘆にくれています。それは、この教区をはじめ、全世界の子らのうち、ほんの少数の者だけしか、私の声に耳を傾けていないからです。


リトル・ペブル:
 今聖母の御心が見えます。御心は傷ついています。七つの短剣が御心に突き刺さっています。聖母は頭を低く垂れ、とても悲しそうにしておられます。


聖母:
 息子よ、子どもたちよ、いくつの剣がこの御心を刺し貫いていることがわかりますか? これは私が全世界につかわして来た幻視者たちをとおしての、私の声に子どもたちが耳を傾けないからです。神の御子の聖心は裂けています。とても深く傷ついております。子どもたちが、自分たちの母のことば、御子の母のことばに耳を傾けようとしないからです。ああ地上の子どもたちよ、天に向かって、全能なる神があなたがたのためにしてくださったすべてのことに対して、声を上げて賛美の歌を歌ってください。声を上げてロザリオの祈りを唱えてください。そうすればいろいろの天罰が世にくだる前に、たくさんの霊魂が救われるのです。


リトル・ペブル:
 聖ビルジッタが近づいて来られます。本当にとても近いところに来られ今、ここにおりて来られました。私からほんの3フィート(1m)ぐらいのところにおられます。とても背の高い方です。聖ビルジッタは小冊子を私に見せましたが、そこには『聖ビルジッタの祈り』と書かれており、15の祈りがのっていました。そして私に、この15の祈りは神様の御前にとても力があるので、もっと多くの人がこの祈りを唱えるべきですと、知らせてくださっています。今、聖ビルジッタは聖母のとなりに戻られました。聖母は私に耳を傾けるようにと合図なさいました。


聖母:
 愛する子よ、そして全世界の子らよ、聖ビルジッタが人類に与えた息子イエズスからのお祈りを、もっとしばしば唱えなければなりません。この祈りを唱える者には、たくさんの御恵みが与えられるからです。イエズスもその母である私も、天国へ入るためのたくさんの贈り物、御恵み、準秘蹟やいろいろの方法を人間に与えてきましたのに、全世界のほとんどの子らがそれらを捨ててしまっているのです! 私達のことばに耳を傾けない子どもたちに、いったいどうすればよいのですか? 私は大きな祝福をすべての人に送りますが、この「聖ビルジッタの祈り」を唱える人には特別な祝福を送ります。又、私たちが全世界につかわしてきている幻視者たちに耳を傾ける者たちにも大いなる祝福を与えます。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛する子よ、子どもたちよ、私がどれほどひんぱんに十字架のしるしを、いかにゆっくりとするかをごらんなさい。全世界の子どもたちは、このことに注意せねばなりません。十字架は救いと真実の確かな印です。全世界の子どもたちが一日に何回もこの十字架のしるしを、尊敬をもって、ゆっくりとしなければなりません。このすばらしい息子イエズスの十字架への信心を行う全ての者に、たくさんの御恵みが与えられるでしょう。

 ところで、我が子よ、ウォロンゴング教区のために、又やがては公教会のために、重大なことを伝えたいと思います。このメッセージを伝えると、あなたはとてもひどく迫害されるでしょう。お願いですから愛する息子、ウォロンゴングのウィリアム・マーリ司教に手紙を書いて、彼が18か月前に出した声明を撤回する、これが最後の警告であることを伝えてください。彼は心の中で自分がまちがっていることをわかっています。全世界でイエズスやその御母の出現に反対している、他の司教たちの運命をも伝えてください。全世界の出現を非難する司教達の前には、大いなる裁きがあるのです。永遠の御父はあわれみ深く待っておられます。ウォロンゴングの司教に、今年中に教会調査団を発足させ、以前に行った決定をくつがえすように伝えてください。もしこれが行われなかったならば (リトル・ペブル:聖母は下を向いて……とても悲しそうにしておられます。) 私が以前申したとおり、他の司教達と同じような運命が、彼を待っているでしょうと言ってください。これが何を意味するかを伝えてください。全世界のあらゆる出現に反対してきた大勢の枢機卿、司教たちは今、地獄の火の中にいるのですよ! 今現在も大勢の聖職者たちが破滅の道を辿っています。彼らが悔い改めて永遠の御父に従わないならば、大勢の者が失われるでしょう。もしマーリ司教に信仰があるならば、彼にしるしを与えましょう。彼がけんそんに、この聖地へ来て祈るならば、求めている「しるし」を与えると伝えてください。しかし、これは彼の信仰の条件次第です。

 今私は、ウォロンゴング教区の司祭達に自ら話したいと思います。我が子よ、あなたは手紙で次のように書いて下さい。

『私、汚れなきマリアである神の母、又全世界の子らの母は、司祭達に償いをし、このウォロンゴング教区に私がつかわした幻視者に耳を傾けるようにと呼びかけるけんそんな嘆願を持って参りました。私は悲しんでいる母です。それは、息子である司祭達が天の声に耳を傾けないからです。天のメッセージを捨てるのです。私がつかわしている者達を迫害しているのです。あなたがたは羊の中の狼なのですか? ああ息子である司祭達よ、なぜあなたがたは私を迫害するのですか? 私がつかわしている者達を迫害することは、私を迫害していることになるのがわからないのですか? 

 私の心には七つの剣が突き刺さっておりますが、そのうちの一つは息子たる司祭達が刺したものです。あなたがたはこの地上で、イエズスを代表するために永遠の御父より選ばれたのです。それなのに、あなたがたは衣を汚しているのです。あなたがたは主イエズス・キリストの母である私が、あなたがたを愛していることがわからないのですか? 私がこの地上に来るのは、羊を集める以外に何のためだと思っているのですか? 彼らのうちの大勢の者が堕落してしまい迷っています。なぜですか? それは羊たちに対するあなたがたの悪い模範のためなのです! 私はすべての羊を集めるために、又特別な方法で、私がとても愛している息子である司祭のために、我がマントを広げております。あなたがたは、天の子どもたちを真理に導くために選ばれたのですよ。あなたがたのうちの多くの者は、子らを見捨ててしまいました。まだ時間のあるうちに戻ってきなさい。小教区内で、もっとしばしばロザリオの祈りを捧げてください。こ聖体にましますイエズスに、もっと信心を持つようにしなさい。神に対して償いをしてください。羊の群れをイエズスの神殿に集め、償いの祈りを一緒に唱えなさい。

 羊飼いと羊の群れを目覚めさせるために、つかわしている者達を、あざけらないでください。羊飼いを目覚めさせるため、彼ら幻視者のために祈り、聖霊の光を願いなさい。そうすれば神なる聖霊は光をくださり、あなたがたはわかるようになるでしょう。私はこの『招き』を、ウォロンゴング教区の司祭達をはじめ、世界中の全ての司祭に与えます。悪魔を追い出しなさい! 犠牲と祈りによって、すべての子らを呼び戻してください。御ミサをもっと魂をこめて捧げ、イエズスのまことの信仰を教え、ヨハネ・パウロ2世教皇様に従順でありなさい。大勢の司祭達が教皇様に対して不従順であるので、教皇様はあなたがた一人一人のためにひどく苦しんでおられるのですから。ウォロンゴング教区の全司祭をはじめ、世界中の司祭を祝福いたしましょう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。』

 愛する我が子よ、このメッセージは、多くの司祭たちにはよくつうじないでしょう。しかし人間に残されている時間は非常に短いので、伝えなければならないのです。手遅れにならないうちに、私達の子らを救うために、私はムチを使わなければならないのです。

 今後はナウラ小教区の司祭たちに話したいと思います。

『愛する司祭たちよ、我が息子たちよ、いったいあなたがたは何をしているのですか? なぜ羊を分散させているのですか? 私を信じて愛してくれている者達を、なぜ迫害するのですか? 神に対する愛と奉献はどこへいったのですか? 偽善者達よ、我が汚れなき御心への愛はどこにあるというのですか? イエズスは福音書で偽善について何と言っておられますか? 彼らは神の掟に従わないので、イエズスは毒ヘビとして追い出してしまいましたでしょう。あなたがたは自分の行為によって、イエズスをだましているのです。このようなことはやめて、イエズスがすべての弟子達に呼びかけられたような模範となってください。あなたがたは神の掌中の珠なのですよ。なぜ神の御恵みの賜物を捨てるのですか? 耳を開き、目を開いて真実を語りなさい! 償いをして罪深い状態を悔い改めなさい! 母であり、汚れなきマリアである私は、あなたがたを愛しております。あなたがたをこらしめるために私はムチを持って参りました。あなたがたを愛するが故にです。私の声に耳を傾けて、愛のメッセージを排斥しないでください。今、イエズスの聖心よりあなたがたを祝福いたしましょう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。』


リトル・ペブル:
 神のおかあさま、私の心はひどく痛んでいます。


聖母:
 我が子よ、その痛みは今の私の痛みです。私が言うことを子どもたちは聞かないからです。ですからきょう私は、世界中の司祭たち、特にこの教区の司祭たちのために、この厳しいメッセージを伝えるために、来なければならなかったのです。


リトル・ペブル:
 聖母は − 泣いておられます。「神のおかあさま、私達はきょうここにほんの少ししか集っておりませんが、私達の心を取って、慰めにしてくださいませんか?」


聖母:
 愛する我が子よ、あなたの愛と、ここにいるかわいい子どもたちの与えてくれる愛で、私は慰めを受けましたよ。


リトル・ペブル:
 聖ビルジッタはもう行ってしまわれました。二位の天使はまだそこにおります。


聖母:
 愛する我が子よ、あなたにもっと話しがあります。メッセージが長くなりますが、あなたと話し合わなければならないことがたくさんあるからです。愛する娘、ベロニカ・ルーケンに、彼女の働き手たちについて、一掃しなければならないと手紙を書かねばなりません。大勢の働き手たちが、彼女やあなたの仕事に害を加えているからです。彼女に、公にあなたと一致するように伝えなさい。すでに霊的には一致しています。又、ベロニカの代弁者たるフランク・アルバスにも手紙を書かなければなりません。彼に、心を清めて時間のまだ残っている間に、真実を語るように伝えてください。彼はオーストラリアのこのミッションをはじめ、他の幻視者たちに対して、多くの不正なことばを語っているからです。彼は口を閉じなければなりません。天は怒っているからです。彼はただちに世界が真実を知るように、私がベロニカをとおしてあなたに示したメッセージの中で、自分が隠してきたところを印刷しなければなりません。愛する息子フランクに、これをただちに行うように言ってください。さもないと、彼はベイサイドのミッションから排除されます。我が子よ、恐れることはありません。あなたの手紙はベロニカの手元に届きます。ベロニカとフランクに祝福を与えましょう。彼らが私のことばを実行しますように。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛する子どもたちよ、答えていただきたい質問がいくつかありますね。その答を小さき息子の心に植えつけますので、彼があとで言うことでしょう。愛する娘ベラよ、我が汚れなき御心よりあなたを祝福いたします。私の使節となって母国に帰ってから、ベルリカムの出現地へ行き、幻視者のエリザベスと話をしてください。クリスマスまでに我が息子リトル・ペブルについて真実を語り、又彼と一致するようにと伝えて下さい。もし私が決めたとおりの時までに、彼女が実行しなければ、彼女は倒れ、ミッションは失われることでしょう。我が子ベラよ、あなたが帰国する時、勇気と力を与えるために祝福いたしましょう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 それから娘トゥルーディにも、メジュゴルジェヘの使節として我が愛のメッセージを伝え、又聖にして母なる公教会のために、私が望んでいる大いなる一致として、そこの子どもたちはオーストラリアの我が愛するリトル・ペブルと、皆で一致しなければならないと伝えねばなりません。小さき娘トゥルーディを祝福いたしましょう。父と子と聖霊との御名によりて。
アーメン。

 そしてもうすぐ帰国するアニタにも特別な祝福を与えます。彼女は母国の子らに「私のことば」を公言しなければなりません。彼女には神の母である私がドイツの子らを愛し、救霊を望んでいるということを皆に告げるように伝えてください。彼女をも祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛する娘メアリーよ、私の小さき息子と、我が汚れなき御心のために書いてくれているあなたの本について私は喜んでおります。あなたを助けてくださるように、しばしば天使達に祈りなさい。この本によって、たくさんの霊魂が救われ、多くの御恵みが世に与えられるでしょう。我が子よ、あなたを祝福し、又もうすぐできるこの愛の本も祝福いたしましょう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 我が子よ、祝福するように頼んだすべての準秘蹟は、私の存在によって今祝福されました。又、チリで聖ミカエルを見ている娘に特別な愛と祝福を与えましょう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 かわいい子どもたちよ、お祈りをよくしてくださり、又私の声をよく注意して聞いてくださったことに感謝いたします。あなたがたをとても愛しているのですよ。我が汚れなき御心は、常にあなたがたの心に向かって開かれております。あなたがたを祝福すると同時に、あなたがたの家族や愛している人々のためにも祝福いたします。それから我が娘テレサにも特別な愛と祝福を贈ります。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 我が子よ、そして子どもたちよ、さあロザリオを続けて、私が愛する小さき息子、リトル・ペブルをつうじて与えているメッセージを、この教区の司教と司祭たちが受け容れるように、それを捧げなければなりません。ではあなたがた皆を祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


リトル・ペブル:
 今聖母は空に戻られます。廊下のようなものが現われました。二つの廊下に天使達があふれており、聖母がこの光の上をすべるようにして天へ帰られる間、歌っています。

 私の左側の天使が持っている板には、「天のいと高きところには神に栄光」と書いてあり、天使達は美しい聖歌を歌っています。実際それは私達が歌う聖歌で、ファチマの聖歌です。全ての天使と、あの二位の天使は今、さらに空の彼方に帰っていきました。「はい、おかあさま」 雲は今すべてのものをおおい、消えて見えなくなりました。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】