箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

聖母がリトル・ペブルにお与えになったメッセージ
− キリスト信者の助けなる聖マリアの祝日 −

No.87 1986年5月24日土曜日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】



リトル・ペブル:
 この家のちょうどま上で、聖母マリアはほほ笑みつつ、御母の子供達を見回しておいでになります。地球の上に作りものではなく実際に立っておいでになります。オーストラリアの地図の上に立ち、キリスト信者の助けなる聖マリアとして来ていらっしゃるのです。赤ちゃんのイエズス様を抱かれ、イエズス様は大変よろこんでおられます。赤ちゃんのイエズス様は今、父と子と聖霊の御名によって私達を祝福して下さっています。聖母マリアの遠く左方に竜がいます。その竜は全くぞっとするように恐ろしく見えます。父と子と聖霊の御名によって、アーメン。

 竜は十字架の印によって、急いで這いながら逃げて行きますが、竜は口から火炎を出しながら、聖母マリアと赤ちゃんのイエズス様に向ってシューという音をたてています。これは多くの御出現の場でサタンがしている事だとマリア様はおっしゃっています。竜は御出現の場所で、彼のサタンと共に、信仰厚い神の子達の中に交じって、分裂と不和をもたらそうと周囲を取り巻いています。

 マリア様の右に大変大きな白い十字架が有ります。十字架は光り輝き、そのすべての光線は私達の上に下り、そして特別に、或る瞬間、1つの光線がルシフェルを刺し、彼の胸をつらぬき、その時彼は苦痛の身もだえをして大きな苦しみの中にいます。マリア様は「御子は世の救い主であります。そして十字架を通して世は救われます」とおっしゃいました。


聖母:
 私は父と子と聖霊の御名によって、私の愛するリトル・ペブルと優しい子供達を祝します。オーストラリアの私の優しい子供と、子供達、そして世の人々に忠告を与えるべく、今日私は来ています。私の愛する世の子供達よ、神の御子イエズスのもとに来て、あなた方の罪を痛悔しなさい。人類よ、わざわいなるかな。神の声を伝える者達に聞き従おうとしない人達は。間もなく私は神の御子イエズスの温情からのメッセージをすべての世に伝えるべく、もっと多くの神の声を伝える人達を遣わすでしょう。そして彼らは私と私の神の御子が、世に送る最後の神の声を伝える人達となるでしょう。私の愛するリトル・ペブルよ。これらの人達は、大変速やかに母なる教会のうちに、あなたとの一致をもたらすでしょう。

 私の愛する世の子供達よ、あなた方の世は大変短かくなっていますから、今天の声に聞き入らねばなりません。間もなく人類に与えられるメッセージは停止するでしょう。そして大きな天罰が人類の上に下るでしょう。過去においてあなた方は多くの執行猶予が与えられてきています。しかしながら、もうありません。神の御あわれみが人類の上に伸ばされたのに、人類は神を拒絶し、御子イエズス・キリストを拒絶し、御母を拒絶し、更に又神の声を伝えるすべての人々を拒絶し、そして私達が世に送っている預言者達をもです。おお世の人々、あなた方はどうなってしまったのですか。そしてこれからどうなるのでしょう! もしあなた方がメッセージを拒み続けるのなら? たった一つの答があるのみです。人類の破滅という! ルシフェルと共に地獄の火の中に落ちてゆく人類を見るのは、おお何と私の汚れなき御心を悲しませる事か。


リトル・ペブル:
 聖母は大変すすり泣いていらっしゃいます。あまりにも悲しく泣いておられます。私の上にも又、すべての人々の上にも、その御涙が流れ落ちています。私はその御涙を感じています。幼きイエズス様はご自分の御目を拭いていらっしゃいます。「おお優しい御母よ、私の心をとってください。いくらかでも御母をお慰めできますように。私達をあわれみ給わん事を。私達すべてが優しい御母を強くお愛しします」


聖母:
 私の愛する子供リトル・ペブルよ、あなたの愛のささげものをありがとう。それはまことに私の汚れなき御心を慰めてくれます。そしてファティマで話した様に、あなたとブラザー・ジョセフ・フランシス、あなた方2人の心をもって私の汚れなき御心に大きな慰めをもたらします。そしていつの日か、あなた方2人に私の汚れなき御心をもって王冠を授けるでしょう。


リトル・ペブル:
 今、……マリア様の御心によって……いつもは聖母マリアが出現される時には御心は目には見えませんが、しかし今回は御心が見えます。そしてその御心から非常に多くの光線が現れ、美しい色で至る所に来ています。


聖母:
 私の子達よ、これらの光線は人類の為に、三位一体の神から来ている恵みの光線です。人々は今、神の御子イエズスに立ち戻らねばなりません。私は世を罰する御子の御腕を押える事が出来ませんから。何故なら時の中の時が来ていますから。そして時は大変短くなっています。しかし、神の恵みは、願えば頂けます。願いなさい。そうしたらあなたは受けるでしょう。求めなさい。そうしたらあなたは見いだすでしょう。たたきなさい。そうしたら開かれるでしょう。しかし信仰が必要です。私の子供達よ、あなた方の神……私の神……の愛とあわれみに基ずいています。父と子と聖霊との御名によって、私は今、あなた方すべてを祝福します。アーメン。


リトル・ペブル:
 今、背景が変って、巨大なノアの箱舟が見えます。箱舟は空一面を占めています。大変美しいものです。マリア様はもうそこにはいらっしゃいませんが、箱舟の頂上にお立ちになって、お姿が現われています。また、箱舟の両側に、長さの異った2つの巨大な大理石の柱があります。左(マリア様の右)にある柱の頂上には、祝された御聖体があります。それはイエズス様です。突然マリア様は箱舟から移動されて、向かい側の柱の上に立たれて、そして停泊させようと箱舟をこれら2つの柱に鎖で連結しておられます。


聖母:
 私の愛する子供よ、あなたは今、幻しを見ています。御子と聖ドン・ボスコが見た幻しです。


リトル・ペブル:
 今箱舟の上方に1988という数字があります。私は今、箱舟の上に立つ教皇様を見ています。そして妙な事には教皇様のそばに、私自身がいます。聖母マリア様、私は理解出来ません。何故なら、私はここ、下に居ますから。


聖母:
 私の愛する子よ、あなたは後で分かります。永遠の御父があなたの為に用意されている大きな神の恩恵を、全世界の人が知る事ができるようにこの幻しを見たのです。何故なら、時が来ていますから。その時、教会の最も暗黒の時の間中、あなたは教会を指導しなければなりません。


リトル・ペブル:
 教皇様が今、負傷されています。私は横で跪いて教皇様を抱き起し、教皇様は何かおっしゃっていますが、何をおっしゃっているのか、私には分かりません。


聖母:
 あなたは後で分かるでしょう。わが子よ、この時世は、分裂の意味する事を分かるでしょう。しかし後にあなたにもっと知らせるでしょう。


リトル・ペブル:
 さて背景が再び変りました。マリア様は後退され、今小さい雲の上に立っていらっしゃいます。マリア様は地球の上に立っていらっしゃいません。小さい雲の上で移動なさっています。マリア様はお歩きになりません。非常に非常に美しい方です。マリア様は今ほほえんでいらっしゃいます。そしてあなた方皆を御覧になっています。そして光の小さい光線が、御母の御心から出て、ここに居る一人一人の上に届いています。


聖母:
 私の愛する子供と子供達よ、私はあなた方をとてもとても愛している事を知りなさい。私の汚れなき御心をあなた方に与えます。


リトル・ペブル:
 マリア様は今、汚れなき御心を御胸から取り出され、このようにして私達に授けて下さっています。


聖母:
 この私の御心を御覧なさい! 愛する子供達よ、人類の為に如何に苦しんでいるか。私の汚れなき御心を慰めてくれませんか? 父と子と聖霊の御名によって、私の神の御子の聖心で優しい子供達を祝します。アーメン。

 私の優しい子よ、あなたが直ぐにしなければならないある解決に関して、私の息子のウィリアム・プライスがあなたに与えた撰択は、私にとって愉快なものです。しかし私はもう一つのものを付け加えます。私の子よ、あなたは私が意味するものを分かっています。私はワーカー(マリア様の為に働く人々)のすべてのメンバーを喜んでいません。私の子供よ、何故なら、多数の者は私の為に働いているのではありませんから。ある者達は裏切り者でさえあるのです。しかし、私の神の御子は彼等に御母をささげています。今彼等に改心するようにお願いしなさい。悪人を追い出しなさい。


リトル・ペブル:
 マリア様が今おっしゃるインナー・サークルとは、アワー・ワーカース(リトル・ペブルのために働いている人々)をさしています。


聖母:
 あなたがたは永遠の御父から隠れる事は出来ません。ユダのような人であってはなりません。むしろ悔い改めなさい。そして私の神の御子イエズスのあわれみを願いなさい。天の7位の大天使によって彼は大変守られていますから、私の愛するリトル・ペブルをあなたがたは害することは出来ません。ですから、私は母としてあなた方に慈愛に満ちた警告を与えます。今、悔い改めなさい。まだ時がある間に。インナー・サークルに関する私の愛する子リトル・ペブルがする沢山の仕事があります。多くのメンバー達が今、ふるいにかけられるでしょう。何故なら調整する時であり、そして、インナー・サークルの中の一致と強さをもたらす時であるからです。ここオーストラリアのミッションは今促進するので、何万という霊魂が治癒される為に、そして神の恩恵を受ける為にこの聖地に来るでしょう。ですから私の愛する子と子供達よ、インナー・サークルは清められねばなりません。覚えていなさい。あなた方は私の汚れなき御心によって招かれました。あなた方に与えた信頼を裏切らないように。私の神の御子イエズスは、愛するリトル・ペブルに対抗して働く、これらの人々をゆるすでしょう。私の神の御子イエズスの愛とあわれみの中に戻ってくるという機会を与える良い理由の為に、私は今これを公けにします。


リトル・ペブル:
 ありがとうございます御母、あなた方は私の優しい御母を知っています。私は私の愛の心で彼等のすべてをゆるします。


聖母:
 私の子供よ、私は知っていますから、私達はあわれみとゆるしを与えているのです。あなたの前途に、インナー・サークルを調整するという大きな任務をあなたは持っています。あなたに私は物事を明らかにする光を与えます。そしてあなたがする解決は天でも認めています。インナー・サークルの私の子供達は、リトル・ペブルに与えられたこの権能は、天から来たことが分かるでしょう。私の神の御子イエズスの聖心により、私はインナー・サークルのすべての働き人達を祝福します。


リトル・ペブル:
 今、私はイエズスの聖心が見えます。それは非常に、非常に大きいのです。全く壮麗です。そしてイエズスの聖心はあたかも私達すべてを包むかのようです。


聖母:
 父と子と聖霊との御名によって私はあなた方すべてを祝福します。


リトル・ペブル:
 私はちょうどマリア様の後に聖シャーベルが前進して来るのが見えます。彼もまた私達に祝福を与えようとしています。彼は私の霊的指導者であると、マリア様がおっしゃったのを私は知っています。この時聖シャーベルは、私がつけているのと同じスカプラリオを服のように着ています。何故なら、それは聖シャーベルの修道会のものですから。彼はほほ笑み、そして私達すべてを、父と子と聖霊との御名によって祝福しています。アーメン。


聖母:
 私の優しい子供と子供達よ、償いの祈りを続けて下さい。あなた方の国の為の償いと、悔い改めの苦行をするため、ここに来ているあなた方すべてに感謝します。あなた方の国は、本当に沢山の祈りが必要です。沢山の恐ろしい事が間もなく来る事になっていますから。いくつもの大地震が間もなくこの国を揺るがすでしょう。そして何と悲しい事に、大変多くの人を失うのを見るでしょう。それは私の御心を非常に悲しませます。愛する子供よ、しかし永遠の御父は、子供達を御父のもとに呼び戻すために、この方法をお使いにならねばなりません。ああ彼等が聞きさえしたならば。悲しい事です。私のかわいい愛するリトル・ペブルよ、私はあなたを愛しています。あなたは私の天の戦士ですから。


リトル・ペブル:
 今聖母マリアの後に聖ミカエルがいます。他の幻視者が彼を見た時……彼は大変巨大です。彼は空全体を占め、途方もなく大きく、そしてすばらしいのです。聖ミカエルもほほ笑み、巨大な剣を持っています。……この剣を彼は一度私に持たせてくれました。そして彼はそのことを確認しました。

 マリア様は今ほほ笑まれ、お祈りを続けるようにおっしゃって、父と子と聖霊との御名によって皆に祝福を下さっています。アーメン。


聖母:
 私の愛する子供よ、私の子供達の間で本当にあなたは祝福されています。


リトル・ペブル:
 ありがとうございます。優しい御母。

(ファティマの聖歌が歌われています。アヴェ、アヴェ、アヴェ・マリア)





「二本の柱の夢」

 聖ドン・ボスコのいわゆる二本の柱の夢というものがあります。その預言的な夢では、教会を示す教皇の指令艦と、これに従う他の船(教皇に従う司教たちの船)が大変な嵐にあい、そのうえ敵の艦隊に攻撃されていました。この攻撃が政治的なものでなく精神的なものであるというしるしに、その武器として使われているのは、主として各種の書物と印刷物でした。つまり、この攻撃は思想上の攻撃であることが示されているのです。夢では、教皇がうち死にして、次の教皇が選ばれ、戦いがつづきます。そのうち二本の柱が見えはじめましたが、一本の柱の上には無原罪のおんやどりの聖母のご像があって、その下に「キリスト信者の助け」と書かれていました。もう一本の柱は、これよりもずっと大きく高くそびえていて、柱の上に大きなホスティアがあり、その下に「信じる者の救い」と書かれています。この二本の柱をあおぎ見た教皇は、指令艦をその柱の間に導き入れ、両方の柱から出ている鎖で自分の船を安定させました。これに他の司教たちの小さな船もならったのです。すると、たちまち大混乱が起き、それまで教皇の艦隊に戦いをいどんでいた敵の船が、たがいにぶつかり合いはじめました。こうして敵の船は沈没し、そのあとには大なぎの静けさだけがありました。これは、教会をその危機から救うものは、ご聖体と聖母信心であるというしるしなのです。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】