箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

聖母がリトル・ペブルにお与えになったメッセージ

No.77 1984年9月22日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】



三位一体の神様を讃えて栄唱が三回唱えられる。


聖母:
 ありがとう、子どもたち。天国からあなたがたを祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 地上にいる最愛の子らよ、そしてこのへやにいるかわいい子どもたちよ。今夜は我が汚れなき御心よりあなたがたに助言と指導を与えるために、会いに参りました。あなたがたを永遠の御父と御子と聖霊より祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 子どもたちよ、あなたがたのお祈りは私が聞いておりますよ。大勢の者が心配しているようですが、恐れることはありません。天は確かにあなたがたの祈りを聞き、その全部に対して答えるのですが、いつでも自分の思うとおりに答えが返ってくるのではありません。勇気を出して、心静かにしていなさい。

 愛するかわいい子どもたちよ、天の仕事がはかどっているので、私はとても喜んでおります。天が終始導きますから、恐れずに勇気をもちなさい。あなたがたを深く愛しているのですから。私は聖地に出現しますが、ここも聖地と呼ばれます。私がすでに光の王国にまします永遠の御父より、ここを祝福し、今また祝福するからです。あなたがたに約束しますが、私はあなたがたと共におり、今後も常にともにいるでしょう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 このへやにいる最愛の子らは、天の母が各々の生活の一瞬一瞬を見守っているということを知っているでしょう。我が汚れなき御心の勝利はすでに始まっているのです。また全世界の「私の出現地」の一致も始まりました。ルシフェルは踏みにじられ、永遠に地獄へ落とされます。汚れなき御心の勝利は世界中に鳴り響くでしょう。世界中の子らが失われないために、この勝利が早く来るように祈ってください。愛する地上の子どもたちよ、このへやにいる「インナーサークル」の子どもたちよ、あなたがたを祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛する息子よ、もう一つだけジェイムズ(働き手の一人)のことについて言っておきたいのです。彼に、我が汚れなき御心は喜びにあふれていると伝えてください。聖マリアの汚れなき御心は、彼を愛していること、そして彼の働き手について、天は非常に喜んでいることを伝えてください。彼を祝福すると同時に、「インナーサークルの子どもたち」をも、永遠の御父より祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 最愛の子よ、あなたの十字架で、十字架のしるしをしながら、子どもたちを祝福してください。聖バラキエルが救いとイエズス・キリストの贖いのしるしとして、彼らを祝福いたします。ありがとう、我が光の息子よ。天からの使命を続けてください。あなたがたが私に捧げてくれた犠牲に感謝いたします。子どもたちよ、あなたがたを愛しております。我が御心で抱きしめ、それぞれの額と、心に愛の接吻をいたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 ありがとう、息子よ。お祈りを続けてください。





★1983年の新たな夢★
《3月13日》


 今夜、私は夢を見て、すぐこれを書いています。私はレーガン大統領と一緒に、ある群衆の中にいる夢を見ました。レーガン大統領が私のところへ来て、アメリカ政府をはじめ、世界に陰謀があるとおっしゃいました。「霊感を持っていると主張している団体」が原因でした。私は大統領にそのことは知っておりますと言うと、「その団体には注意しなさい」と言われました。それからベイサイドのことを聞いたことがあるかとお尋ねしたところ、聞いたことがないと答えられました。私はベイサイドにいらっしゃるように言ってから、ベイサイドの新聞をわたしました。それから私は数枚のポラロイドの写真を撮りました。全部不思議な写真となり、一枚はレーガン大統領の上に白い十字架が現れていました。


《より詳細に》

 1983年の間、聖母はすべての幻視者グループに伝えるために、リトル・ペブルへ40ものメッセージをお与えになった。このメッセージで聖母が彼に託された使命の全詳細が次第に明らかにされていった。基本的にそのメッセージの主な要点は、次のとおりであった。

・公教会の一致
・暗闇のさ中にあって公教会を導く。
・御子の再臨にあたり、人類に準備させるため、世界中の幻視者とご出現地とマリア様のために働く全ての人々を一致させる。


 聖母はリトル・ペブルに、将来についてたくさんの秘密を打ち明けられ、多くのことに関して指導なさった。聖母が、聖地に関することについてお知らせになったのは、この時期であった。その中で最も重要なことは、聖泉についてであった。聖母はいつかこの泉で多くの者がいやされるでしょう、とおっしゃった。すでに、文書で証明されたいやしが報告されている。又実際その地はルルドと同じような地になる、むしろオーストラリアのルルドになるでしょうとお知らせになったのだった。


《誓いは破られ、迫害が激しくなる》

 前にも述べたように聖母はこの幻視者に、「リトル・ペブル」という名前をつけられた。この幻視者を個人的に知っており、ミッシヨンに関係していた者達は、天の依頼により、神に幻視者の本当の身元を漏らさないように誓いを立てねばならなかった。ところが、初期にこの運動を離れた者たちがこの誓いを破り、幻視者の身元を公に、マスコミや世間に暴露したのである。この結果、多くの問題が起きてしまった。

 世界での迫害は激しくなり出したが、それはメッセージが全部真実であるというしるしであった。迫害で多くの場合、リトル・ペブルは責め苦にさいなまれ、自分は本当に天からのメッセージを受けているのか否か、との疑いに苦しめられた。しかしこのような疑いを、聖母はすぐに取り払って安心させてくださった。


《霊的指導と働き手たち》

 1983年も半ばの頃、聖母はリトル・ペブルに2人の霊的指導者をお付けになった。一人はウォロンゴング教区外からの司教であり、もう一人はペブルの友人である司祭であった。聖母はこの段階で、堕落してしまったメンバーを一新して、新しい働き手たちをお集めになった。聖母がお知らせになったところによると、総勢120人の働き手たちになったということである。又同じ1983年に聖母は、ご希望として祈願する時の御名をリトル・ペブルにお知らせになり、準秘蹟や「償いの日」についての詳細もお伝えになった。

 堕落してしまったメンバーたちからのオーストラリアでの迫害は、この段階で本当に激しくなった。その結果ペブルのグループ内の従う者たちの間の空気はひどく不安定な状態であった。聖母はご自分とリトル・ペブルを手伝っていただくために、一人の司教と、3人の司祭を祈りのグループに集められた。ペブルの霊的指導者達は、天からの使命の指図を彼に与えた。彼らは聖母がお定めになったとおりの役割を受け容れる、という個人的なメッセージを与えられていたのだが、それを信じた。又そのことの信憑性として、聖母から彼にしるしが与えられたのだった。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】