箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

聖母がリトル・ペブルにお与えになったメッセージ

No.76 1984年9月15日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】



聖母:
 我が最愛の子、可愛い息子、愛のリトル・ペブルよ、あなたはきょう私の言葉を話し、我が子らによく指導し、助言を与えてくれましたね。我が息子よ、あなたに伝えたそう昔ではない私の言葉を思い出しなさい。あなたの中に生きており、あなたを通して我が子らに話しているのは私なのです。愛する我が息子ウィリアムよ、あなたは愛とは何か、と尋ねましたね。我が聖なる息子イエズスは、私があなた方を愛したように互いに愛し合いなさい、とおっしゃっておられますでしょう。このことが愛の本質です.愛には限界がなく、決して終わりがありません。これが真実の愛です。愛は忍耐強く、寛容であり、理解することです。愛は苦しみと犠牲です。しかし我が愛する子らよ、何よりもあなた方は互いに信頼しなければなりません。天の御父に対して確信をもち、従順でなければならないのです。我が聖なる息子イエズスがあなた方を愛したように愛しなさい。イエズスはどれほどあなたがたを愛していることでしょう。メンバー一人一人の愛や感謝や理解の欠如が原因であるひどい不和のために、イエズスの聖心は引き裂かれています。聖なる息子、イエズスの聖心をもって愛しなさい。あなた方の聖母である私をご覧なさい。あなた方を愛する我が御心をご覧なさい。私は我が子らに全てを与えますが、あなた方は私に全てを与えますか。あなた方の心は良いので、天で最も喜ばれるのです。しかし、あなた方がそれほど互いに裁き合っていることに対して注意し、我が母の心で警告を与えます。

 愛しい子らよ、我が汚れなき御心のこの仕事を新しく始めようとする人のためのノヴェナに関してですが、このノヴェナをすることは、天で受け入れられましたよ。我がリトル・ペブルに、あなた方が祈る人々のために印を与えましょう。本当に新しくやって来る人達のために皆で祈りなさい。ああ我が子らよ、あなた方のために準備されているミッションはとても大きいので、全ての天使たちが畏敬のうちに立っています。このミッションに関わることがどういうことであるのかを、あなた方が判ったなら! どれほどよいでしょう。可愛い子らよ、教会を救うことは小さなことではありません。大きな信仰と愛とを要します。私は愛の子らを祝福します。無原罪の聖マリアなる、あなた方の母に信頼を持ちなさい。子らよ、永遠の御父が愛の心で一人一人を抱擁するために今やって来られました。どうかひれ伏して下さい。


永遠の御父:
 私は在るものである。永遠の神なる私が、光の子らを祝福しよう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 可愛い愛の子らよ、マリアと我が聖なる息子イエズス・キリストを表すようにおまえたちを選んだ我が娘、無原罪のマリアの言うことを聞きなさい。マリアの言葉を聞いて従うのだ。おまえたち皆を愛の胸である我が心で抱きしめよう。私はおまえたちに聖なる息子イエズス・キリストの賜物である我らの愛の霊、すなわち聖霊を遣わそう。しばしば祈り、苦行し、犠牲を献げよ。お前たちは我が娘の弟子として選ばれたのだ。反キリストとその手下どもに対し、世界の子らを一致させよ。子らよ、我が娘は大変おまえたちを愛しているので、彼女に従い、彼女の言う言葉を聞け。話す前に気を付けながら、よく考えて話しなさい。誤って考えるならば、それは、人間の心から来るものであるからだ。このことを忘れてはならない。悪い考えを起こすのなら、それは人間の心から湧き起るのである。そしてそのことで、全ての心の元后である我が娘が、どれほど傷つくであろうか。だから指示によく従え。わたしはいつもおまえたちと一緒にいるからだ。我が聖なる息子イエズス・キリストが偉大な勝利と栄光のうちに地上に再臨した時の平和の統治の時代のために、我が汚れなきマリアを通してわたしはおまえたちを準備しているのである。聖霊の偉大な賜物を、あなたがた皆が受けるであろう。子らよ、従順であれ。では愛しい我が娘、無原罪のマリアの息子たちと娘たちを抱き締め、力強い祝福で祝福しよう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 可愛い愛の子らよ、平和のうちに行け。わたしは世界のために泣いている。彼らは我が娘の言うことに耳を傾けようとしないし、自分たちの神の言うことを聞かぬであろうからだ。子らよ、全ての者を一致させるために、わたしは何をしなければならぬのか。我が息子を十字架にはりつけにするため、もう一度遣わさねばならぬのか。わたしは、おまえたちをとても愛している。もうこれ以上わたしを傷つけず、「全ての心の元后」に従順であれ。ありがとう。愛のリトル・ペブルと子らよ。おまえたちを祝福する。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。愛しい子らよ、もう身を起こしてよい。


聖母:
 無原罪のマリアである私は、世界のために嘆願するよう、永遠の御父の御元に天の諸天使、諸聖人と共に戻ります。子らよ、どうか一致して下さい。永遠なる御父は、世界中の子らが耳を傾けようとしないので、泣いておられます。至聖なる三位一体に栄光を帰して、めでたし3回と栄唱3回を唱えて下さい。ではあなた方を祝福いたしましょう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 ありがとう、小さき者たちよ。では祝福を与えます。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。





次の夢は11月11日にリトル・ペブルが見たものである。

 わたしは大きい野原におり、背景が山脈である夢を見ました。十字架にはりつけにされるという殉教のために、山へと縦列で進まされている私も含めて300人ほどの人々がいました。わたしは彼等の真中におり、列の最後に行くようにと言って下さった、フランシスコ会の司祭が側におりました。わたしは神父様に告白を聞いて下さるかどうかを尋ねました。わたしたちが山に近づくと、わたしは急に連れられて、気がつくとカテドラルの中のような大ホールで、ヨハネ・パウロ2世教皇様の前におりました。教皇様は、赤い教皇のガウンを着ておられました。

 ヨハネ・パウロ2世教皇様の前に立っている間、気が付くとわたしが教皇のガウンを着ており、教皇様はこちらへやって来て、わたしの頭の上に教皇の3重冠を置かれました。他の高位聖職者もおりました。教皇様が、わたしとそこにおられる他の人々に次のようにおっしゃいました。「彼はとても若いね。だが彼を通して教会は浄化され、変わるのだ。」 それからすべてが消えました。


最初の崩壊

 1982年12月、リトル・ペブルは「祈りのグループ」の指導者たちを呼び集め、次のことを明らかにした。

(1)聖母は、彼等に特別な使命がある。

(2)聖母はリトル・ペブルに特別な使命がある。それは、『彼に委ねられた使命とは、全てのマリア様のために働く関係者と世界中のご出現地をつなぎ、天からのメッセージが同じように重要である、と言うことを証明することにある。』ということである。

(3)聖母はリトル・ペブルにメッセージをお与えになっておられる。

 この結果、これらの指導者の何人かは信じず、結局離れて行った。残った人達は多くの恵みを受けた。


最初の公の内的語らい

 1983年2月、聖母はリトル・ペブルを通して、残った支持者に最初の公の内的語らいとメッセージをお与えになった。このメッセージは世界中の人々のためではなく、残った者たちだけのためであった。実際のメッセージは聖地ナウラで与えられたが、それと共に奇跡と印が起こったので、その者たちへの証明となった。リトル・ペブルの霊性はこの段階でロザリオを唱え、他の信心を行うと共に、毎日の御ミサにあづかり、聖体拝領をすることによって成長していった。聖母は、彼に恩寵の中で成長する助けとなる多くのことをお教えになった。


他の夢

 1983年に、リトル・ペブルは次の夢を見た。

 3月8日、昨晩わたしが腕に「奇すしきばらの花」のご像をかかえ、そして聖母が声をたてて泣いておられる夢を見た。わたしはショックであった。そして聖母は、まるでそこへ安らぎを求めるかのようにわたしの方に御頭を動かされた。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】