箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

午後4時半にナウラで
聖母がリトル・ペブルにお与えになったメッセージ


No.74  1984年3月4日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】



聖母:
 愛する息子ウィリアムよ、そして子どもたちよ、あなた方に感謝し、祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 最愛の子らよ、私に敬意を表するため、またあなた方が受けたすべての恵みに対して、御子イエズスと私に感謝するために、きょうここに来てくださったことに感謝いたします。私は光の我が子たちに忠告を与えるため、天から再び参りました。おお、最愛の子らよ、私はあなた方をどれほど愛していることでしょう。あなた方の問題のために、私は幾度永遠の御父の御前に行くのでしょうか。永遠の御父は、聖霊の交わりの中で御子と共に、あなた方を祝福なさいます。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛する子らよ、光であり続け、苦しみの道を歩み続けてください。それが困難であることは、分かっております。しかし、あなた方の苦しみや犠牲やお祈りで、たくさんの霊魂が天の道に連れ戻されるのです。この道が険しくとも、あなた方の使命においてくじけてはなりません。私が皆の上にマントをかけ、我が汚れなき御心であなた方を抱きしめるのですから。きょう、ここにいるあなた方が自分の生命を天の御父と天の母に委ねているのを見て、天使たちも喜んでおります。新しくメンバーとなった者たちを祝福し、歓迎したいと思います。あなた方は私の呼びかけを聴いてくれたのですから。あなた方皆を祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛しい光の子らよ、あなた方の天の母に強い信頼を持ちなさい。恐れることはありません。あなた方に必要なことは私には分かっているからです。このミッションにおいては、苦しみが大きいことはわかっています。しかし、何も恐れることはありません。天は、このミッションに必要なこととは何であるかを知っているのです。いつも私を信頼し、確信を持ってください。やがてこのミッションは完成するのですから。おお、子どもたちよ、私はどれほどあなた方を愛していることでしょう! 私のそばにあなた方をおいて置きたいと切望しております。いつかあなた方は皆、私の姿を見ることでしょう。その時はすばらしい日であり、皆にとって喜ばしい日となるでしょう。さあ子らよ、光のうちに続けてください。働き、祈り、犠牲をささげなさい。天はあなた方を深く愛しており、我が謙遜なリトル・ペブルを通してあなた方をずっと導くからです。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 息子ウィリアムよ、我が光と愛の子よ、天はあなたの働きを、非常に喜んでおります。あなたが大いなる苦しみの道を歩んでいることを私は分かっておりますが、いつもあなたのそばにおります。あなたが言ったように、あなたは私の奴隷です。しかし息子よ、私が持っているものは、皆あなたのものなのですよ。いつも私を信頼してください。そして、天の母に確信を持ちなさい。将来、大勢の者があなたを迫害するからです。しかし私によりすがっていなさい。そうすれば、何もかもうまく行きます。息子よ、今から世界の人々に向けてメッセージを与えましょう。ウィリアムよ、子どもたちよ、あなた方を祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

(ここで、オーストラリアと全世界に向けての第四回目の公的メッセージが与えられる。1984年3月4日のメッセージ参照のこと)

 ではお祈りと聖歌を続けてください。私たちは聖歌を聴くと、とても嬉しいからです。我が小さき者よ、あなたを愛しています。では続けてください。





次の夢は1981年のことであった

 私は開放された展示場のような、ある修道院を通り過ぎていました。大勢の司祭たちが裸で、床や机に鎖で縛りつけられておりました。皆、とても悲しそうにしておられました。歩き続けて行くと、とある高いビルに入りました。そして、袋状のようなぼろにくるまった一人の幼い子がいる部屋に出ました。私がぼろを持ち上げると、その子は泣きわめき、神を冒涜し出したのです。私は、わめき散らすままにさせろと私に頼みながら金切り声を上げる悪魔どもが、その子の口から出てくる様子を見ました。それから悪魔どもは、私を呪いだしました。私は悪魔を祓うために自分の「十字架」を使いました。悪魔は、私には力がないと言いました。私はイエズスの御名とその十字架によってこの少年から去れと言うと、彼らは去りました。その後、その少年は輝きだし、彼の心は喜びで満ちあふれました。少年は私を抱擁して感謝しました。私は彼を祝福して、その建物から出て聖母行列に加わりました。


〈第6話〉 1982年〜1983年

 ウィリアムが聖母から内的語らいによって最初のメッセージを受けたのは、1982年3月7日であった。彼は、自宅でそれを受けた。彼はその時点で、まだ何が起こっていたのかよくわからなかったので、聖母からそのメッセージを受けた時、ひどく不安になった。このことは彼の霊を試すためだったので、彼はその声に向かって『私は無原罪の御宿りです』ということと、『十字架の印』という言葉を言ってくれるように頼んだ。聖母は、すぐさまそれを実行なさった。

 そのメッセージの内容には、特別な印を願って聖母に祈っていた一人の司祭のための印が、当然の結果として与えられたのであった。ウィリアムはある友人の助けにより、メッセージをその司祭のところへ持って行った。最初その司祭はメッセージを信じたが、間もなく疑い出した。そして、とうとうまったく信じなくなったのである。




 1982年にウィリアムは次の二つの夢を見た。

 私は、確か聖マリア教会でだったと思いますが、礼拝に出席していました。教会の中には、人が詰めかけていましたが、私はただ傍観者のようでした。祭壇の空所のところには、それぞれカトリックと聖公会とプロテスタントの三人の司教様がおられるようでした。彼らは皆歌っており、十字架の印をする代わりに三角形の印をしていました。それを行っている間、彼らの頭の上では、詠唱歌によって力が発生したかのように、火花が飛び散っていました。司教様の他に、全部白い衣を着た他の司祭のような人々が40人おられました。彼らもまた歌いながら、腕を回して彼らの信仰箇条が書かれたと思われるものを交換していました。私は、自分が見たもので気分をひどく害しましたが、部屋の隅にいた一人の年とった司祭も同じようでした。彼が私のところへいらっしゃって、この儀式を中止させるためにマグニフィカトを歌ってくれませんでしょうか、と頼まれました。私は、やってみましょうと答えましたが、もっていた聖歌集の中から見つけることができませんでした。私は声高らかに歌おうとしましたが、その詠唱歌にはじき出されたようになった自分に気がつきました。

 私は非常に重要な二つのことに気がつきました。一つは御聖櫃の中にあったもので、目のある三角形です。それは、すべてのものを見ている目でした。そして人々は、呪文にかかったようだったのです。

 私はアンに、ここから出なければならないと言いました。私がその教会の扉から一歩踏み出したとき、私の目の前にとても大きな黒い蛇がおり、その周りに巨大な黒い雲がかかっていました。蛇の頭の上にはあの司教達が祈っていた間、私が気がついた時の火花と同じものがあったようでした。蛇は、私たちの方へ向かって来ました。私は、手に「十字架」を持ち.蛇に向かって悪魔祓いの祈りを唱えました。蛇は退き始めました。私はサタンに出て行けと命じました。それからアンと私は隠れました。後に私は、どうなっているかを見るためにその教会に戻りました。彼らは、やはり同じことをしておりましたが、私が見ていると別の司教様が進み出て、このばかげたことはもうたくさんだ!と叫び、鐘を鳴らしました。その鐘はとても大きく鳴り響いたので、私たちの頭に大きく響きました。それから人々の上に深い沈黙が漂い、その司教様が次の言葉をおっしゃいました。『これで終わった。』


証明

 次の1年間、聖母はウィリアムに、彼とのコミュニケーションに関して印や証明を与えるために、たびたびいらっしゃった。一旦ウィリアムが充分な証明を受け、霊的に強められると、聖母はご自分の彼に対する計画について更に詳しくお話しになった。あるウィリアムの友人が、メッセージを信じている別の幻視者を個人的に知っていた。この幻視者はその友人を通してウィリアムに、彼が受けていたメッセージが真のものであることを伝えた。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】