箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

午後3時にリトル・ペブルの自宅にて
聖母が彼にお与えになったメッセージ


No.73  1984年2月11日(ルルドの聖母の祝日)

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】



聖母:
 我が子ウィリアムよ、そして子どもたちよ、あなたがたを祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛する我が子ウィリアムよ、そして「インナーサークル」の子どもたちよ、私はきょう、ルルドで、小さなベルナデッタに出現したこの大いなる祝日に参りましたが、同様に、指導と助言のメッセージを与えるために、息子のあなたのところへ来ているのです。

 あなたがたを今日呼び集めたわけは、天国に関することのためです。「インナーサークル」の光の子らよ、イエズスがあなたがたにお与えになっている十字架が重いことは、私にはわかっております。しかし信仰と愛をもって、この十字架を受けなければ、御恵みがいただけないのですよ。それは天国への道はトゲやアザミだらけの狭い道だからですが、その道にはたくさんの御恵みと愛があり、その報いは光と愛なる永遠の御父のまします王国での、終わりなき光なのです。

 愛する息子ウィリアムよ、あなたが病気のことを心配していることも、多くの子どもたちの病気のこともわかっております。しかし心配せずに、忍耐をもって十字架を担って<ださい。神様の御旨は、神様の決められた時に行われるのですから。……

 あなたがたの愛と犠牲の仕事を毎日続けてください。また日々神様の望みを果たせば、あなたがたは他人の霊魂を救うことができるのだ、ということを覚えておきなさい。くじけずに、人間の罪の償いのため、いけにえとなって、日々神様に自分の命を捧げながら、償いの祈りを続けてください。

 愛するウィリアムよ、今からきょうの私の祝日に世界へ向けて又、もう1つのメッセージを与えたいと思います。

(ここでオーストラリアをはじめ、全世界に向けての第二回目のメッセージが与えられる。1984年2月11日のメッセージを参照のこと。このメッセージの間、ルシフェルが防害しようとした。テープがレコーダーの中でからまり、レコーダーを分解してからやっと元どおりになったのだった)

 ウィリアム、心配することはありません。ルシフェルは時々私の働きを防害するのです。恐れる必要はありません。今からこのメッセージを、また続けます。ルシフェルが私のことばを止めさせようと挑んでいるからです。

 では息子よ、続けてください。恐れないで。私があなたと一緒にいるのですから。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛する息子ウィリアムよ、感謝いたします。以前に起ったことについて心配することはありません。すぐに愛の仕事を続けなさい。信仰をもって。

 この前私はあなたが、「大いなるメッセージ」まであまりたくさんメッセージは受けないでしょうと申しましたが、子どもたちを救うために、あなたの助けが必要です。では子どもたちよ、続けてください。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。





★ 熱心を快復する ★

〈 1979年 〉

 ウィリアムが信仰を取り戻したのは1979年だった。主なきっかけは、その年の10月に起こったことである。10月6日、彼はベイサイドで聖母から一片のばらのはなびらを受けたのだった。

 又、同じ10月にウィリアムは次のような夢を見た。

 私は緑の平地を見ており、その中に二軒の家が建っていました。向かって右側の家の中では、大勢の人が楽しんでいました。左側の家は黒い煙突の他は皆、地に焼け落ちていました。私は木の十字架を持って、焼け跡に行ってみました。私が着くと突然太く低い声が聞こえ、もう一軒の家にいる人々は自分のものだから立ち去れと私に言うサタンの顔を見たのです。私はサタンに決して立ち去らないと言い、イエズス様の御名によって悪魔払いを始め、地獄に行けと命じました。こう言っている間に、大地震が起こり、気味の悪いサタンの叫び声はまったくぞっとするものでした。次の瞬間に、私はもっと高い平地におり、そこでずっと空高い雲の中にいらっしゃるイエズス様とマリア様と聖ミカエルを見たのです。私は巨大な木の十字架を担っており、私の守護の天使がとなりにおりました。私の後ろには何千人もの人がいました。そして最も力強い声が、私に叫ぶのが聞こえました。「おまえのうしろにいる人々は、おまえの苦しみによって救われた者たちである。子よ、だからおまえは苦しんでいるのだよ」それからすべてのものが消え去りました。


〈 ベイサイド 〉

 11月に、聖母はウィリアムにローキューション(内的語らい)によって30回話された。毎回同じメッセージで、「ベイサイドへ行きなさい」とおっしゃた。

 12月28日に彼はベイサイドに着いた。働き手の一人から、一輪のばらの花をもらったのは、実際に「フラッシングズ・メドウ」の場所であった。聖母は、そのばらの花は特別に彼のためにあげたものだとおっしゃった。ウィリアムは数週間ベイサイドにおり、この間ベイサイドの働きと深くかかわった。


〈メッセージを広める − 1980年〉

 全般的に何事も、幸先よく行くようであった。ウィリアムはシドニーに1980年が明けてまもなく戻り、直ちにベイサイドのメッセージを広め始めた。この初期の段階で、ウィリアムはベイサイドのメッセージについて何千人もの大勢の人々と話をすることができた。しかし良いことのあとには悪いことが来るものである。この場合、それは迫害であった。それは雪だるまのようにふくれ上がり、みるみるうちに来た。その頃の十字架はとても重いものであった。


〈ゴッビ神父〉

 1980年10月、ウィリアムはシドニーにおけるゴッビ神父のチェナクルムに出席した。ゴッビ神父は、あるグループの人々に話しかけていたのだが、突然聖母から導かれてその人々のところからウィリアムのところへ来て、特別な祝福を与えたのだった。

 メッセージと聖母信心を広めながら、ウィリアムの生活は普通に過ぎていった。


く夢>

 次の幻視は1985年5月に起きた。

 聖ミカエルが、自分の剣を私にくださり、この剣によって誰も私を打ち負かすことはできないとおっしゃいました。このことが起こる前に、私は霊的に悪魔どもから攻撃を受けておりました。それから爆発のような、ドーンという音が部屋に起こったのです。そこら中まっ白でした。聖ミカエルが「誰が神と等しい者か?」と言いながら轟くような音を立てていたのです。彼は天使ケルビムと一緒でした。彼は剣で悪魔どもを突き刺し、その剣を私に手わたしました。


 次の夢は1981年のものである。

 私は自分がジャングルの中にいて、軍服を着て、戦争で戦っているのを見ました。空中にヘリコプターがあり、その中にパウロ6世教皇様が乗っておられました。ヘリコプターは、ゆっくりと降りて来ました。私が教皇様の方へ走り寄ると、教皇様は出ていらして、私を引き上げてくださいました。教皇様は深い笑みを浮かべておられました。そして私を引き寄せられ、抱きしめてくださり、額に接吻なさってから、そこに十字架の印をなさいました。それから又私を戦争の中に戻されてから、「戦い続けなさい」とおっしゃったのです。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】