箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

リトル・ペブルに与えられたメッセージ

No.67  1983年9月25日 日曜日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】



聖母:
 我が子ウィリアムよ、そして子どもたちよ、私は今回悲しい知らせをもって、天から再び参りました。子どもたちに注意を与えるために来るのは、これで4回目です。もう一度かかわっている者たちにはっきりさせておきますが、神の母、至聖なるマリアである私は、一人一人のメンバーを各々名まえで選んだのです。彼らを選んだのはその愛と信仰と不屈の精神があるためです。どうか子どもたちよ、あなたがたに与えたメッセージを、もう一度読み返してください。一つ一つのメッセージは、明確、かつ単刀直入です。私が言っていることをなぜ理解できないのでしょうか? ですから今一度指図を与え、一人一人のメンバーが読んで、祈って、私のことばに耳を傾けるようにお願いします。前にも申しましたように、この運動内には、無情ということばは禁物です。あなたがたはお互いに神に仕えるように、愛し合い、仕え合わなければなりません。各々が毎日天から助けを請うために、毎日絶えず祈らなければならないのです。数人のメンバーに、はっきり言っておきますが、一人一人が天の仕事のために役に立つ才能を与えられているのです。以前に言った私のことばを思い出しなさい……。

 「インナーサークル」の子どもたちに、天の母はその汚れなき御心で一人一人をだきしめていることと、神様の愛と祝福のうちにしごとを続けなければならず、愛と平和と平静をもって、この仕事にたずさわることにより、神に仕えなければならないと伝えてください……。まもなく私はメンバーの一人一人に、仰天するような大いなる恵みを与えましょう。これはあなたがたに勇気を与えるためです。

 トラィアリングスとメノラウティスとバラキエル(守護の天使たち)があなたがたを抱きしめております。彼らによく祈りなさい。彼らはあの一つの計画も含めて、すべての計画の守護者たちだからです。

 ありがとう、息子ウィリアムよ、では主の平和のうちに行きなさい。お祈りを唱えなさい。そうすれば今すぐに私があなたの祈りやすべての祈願を永遠の御父の御前に運びますから。あなたがたを深く愛していますよ。神様の光で、「インナーサークル」のすべての子どもたちを祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


リトル・ペブル:
 ありがとうございます、おかあさま、聖なるおかあさま、どうか私達にあわれみ深くなさってください。あなたの汚れなき御心を傷つけるようなことは、したくないのですから。


聖母:
 わかっておりますよ。ですから今日こうして来たのです。子どもたちが心の奥深いところでは、私を愛してくれているとわかっているからです。息子よ、私の御心を見てください。この御心は私のものであり、又あなたと子どもたちのものなのですよ。ありがとう、かわいい子よ。




1983年9月22日のリトル・ペブルヘのメッセージ。

聖母:
 愛する光の子たちよ、あいさついたします。いと高き御者のまします天より、再び参りました。あなたがたを祝福いたしましょう。又、仕事がはかどっているようですので感謝いたします。

 愛する光の子らよ、愛の子どもたちよ、私はもう何日もあなたがたと共におります。天使達はずっとよく活動しております。…… 天使トラィアリングスが何か言いたいそうです。


天使トラィアリングス:
 天の大天使トラィアリングスであるわたしは、汚れなき聖マリアの取り次ぎにより、永遠の御父よりつかわされ、至聖なる三位一体のうちに、あなたがたを祝福し、神の汚れなき聖心にあなたがたを奉献します。今あなたがたは神に奉献された。御子とその御母に常に忠実でいなさい。心を平静にして、物事が結局どのようになるのかなど心配してはいけない。わたしは天では『平和の天使』、又『三位一体の天使』である。……では愛する三位一体の子どもたちよ、あなたがたを祝福する。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


聖母:
 では愛する子どもたちよ、最後のお祈りを続けてください。そしていつもするように聖歌を歌ってくださいね……子どもたちが永遠の御父なる全能の神様に対して、自ら反抗して行くのを見て、私は泣いており、我が汚れなき御心も悲しんでおります。どうかそのような哀れな者たちのために祈るように、一人一人のインナーサークルのメンバーたちに伝えてください。我が汚れなき御心から言っていることに耳を傾けない者たちのために、私はよく涙を流しているのです。大勢の者が救われるようによく祈ってくださいね。

 ありがとう、ウィリアム。心静かにしていなさい。世の救い主、我が聖き息子の御名によってあなたを祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。





☆ 1970年〜1974年 ☆

 ウィリアムにとって、この5年間は何事もなかった。数回司祭になろうかとも思ったが、断念した。次に掲げるのは、この期間に起こった、いくつかの重大と思われるできごとである。


《十字架の道行のロザリオ》
 1970年から71年にかけてウィリアムはイエズスから最初の内的語らいを受けた。この語らいの中でイエズスは「十字架の道行のロザリオ」という祈りのことを申された。彼がメキシコの幻視者、ポルタボーズに手紙を書いて、自分がイエズスから受けたことが真実であるかどうか − つまり幻視と十字架の道行のロザリオが、真のものであるか否かを聞いたのは1973年のことであった。イエズスとマリアと聖ヨゼフはポルタボーズを通じてお答えになり、ウィリアムに、その不思議な経験もお祈りも、真のものであると助言された。


《驚くべき出会い》
 1972年、フランシスコ会の第3会員として、ウィリアムは他の30人の会員達と共に修道女を訪問のため、フランシスコ会女子修道院に行った。この日彼は自分と同じぐらいの背丈の修道女に出会った。彼女は非常に美しかったので、実際彼は彼女から目を離すことができなかった。彼女は他の20人の修道女と一緒に、こうしのうしろに立っていた。

 ウィリアムは、順番に各修道女と個別に話した。その修道女の番が来た時、『彼女』はその『両手』で彼の手をとり、自分の名まえはマリアであると告げた。『彼女』はウィリアムに、彼のことと彼の神様のための仕事のことを全て知っている、と言ったのだった。

 さてウィリアムは、この人がどうやって自分のことについて全部知り得たのだろうかと思い始めた。『彼女』が彼に話しかけた時、その声は心に大きな喜びをもたらした。彼は自分の回りにいた人々は皆互いに話し合うのに夢中で、彼がその修道女と話をしていることに、誰も注意を払うものはいなかったことに気がついた。彼は自分が天国にいるかのような気がした。

 修道院を去った後も、彼はやはりあの美しい修道女との出会いを忘れることができなかった。『彼女』のことと、あの経験が脳裏に焼きついて離れなかった。結局、もう一度あの修道女に会わなければならないということになった。そこで彼は修道院に電話して、院長と話をした。院長はマリアという名の修道女はいないと言った。ウィリアムはたった二日前に『彼女』を見たと言い張ったが、やはりそんな名前の者はいないと言われたのだった。

 このことは13年間も、ウィリアムにとって謎であった。しかし1985年に、聖シャーベルはジョーゼット・ハーブに話しかけられて、手を握られたのは肉体をまとった聖母様であったと、リトル・ペブル(ウィリアム)に伝えるように話したのであった。(このことを知った時の、彼の喜びは想像がつくであろう。)



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】