箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

リトル・ペブルに与えられたメッセージ

No.66  1983年10月7日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


 聖母は、1983年から85年までの間に「内輪の働き手たち」に個人的に与えたメッセージを、今、発表してもよいとおっしゃいました。しかしメッセージの中で、個人的な内容のものはある程度まで省かれております。


聖母:
 愛する息子よ、驚かないように。私は神の母、無原罪の聖マリアです。きょうは昨夜と同じ『ロザリオの聖母』の名で来ました。この愛のメッセージを、すべての子どもたちに伝えるようにお願いします。きっと子どもたちの心に、大きな喜びをもたらすことになることでしょうから。

 息子よ、あなたはずっと前から、何度も、オーストラリアに、ルルドやベイサイドのようなところができるかとたずねてきましたね。永遠の御父はその無限なる御計画のうちに、天の恵みがこのオーストラリアの上にくだるように、すでに場所を選ばれております。人間がいやされ、救いの道をたどるように助けられるその地はナウラなのですよ。この御計画を明らかにする時は、たった今来ました。天があなたにもっと以前に明かしていたなら、あなたはひどく混乱し、不安になっていたでしょう。なぜならあなたの肩にかかった『使命』は、今ほんの第一歩を踏み出したにすぎないからです。

 息子よ、泉と洞窟で崇敬されるようにと私が望んでいる御名について、あなたが思いめぐらしていたことは天使によって啓示されました。我が子よ、そして子どもたちよ、その御名を今、明らかにいたします。それは『はこ舟の聖母、我らの聖母マリア、キリスト信者の扶け」です。御絵のデザインは、天も満足しております。あなたに出現している私をよく描いてくれています。

 さて泉に関してですが、昨夜申しましたように、肉体と霊魂のいやしのために、あの水は永遠の御父によって祝福されております。この水を少し飲んで、十字架のしるしをします。また患部にはこの水をつけながら、「はこ舟の聖母、我等の聖母マリア、キリスト信者の扶け」の御名と、至聖なる父と子と聖霊の御名によって祈りなさい。

 来年(1984年)の4月15日から、洞窟と泉の巡礼を始めてもよろしい。その日と、毎月の13日にする『償いと祈りと犠牲』のプログラムを公表してください。泉は聖ヨゼフに奉献し、聖ヨゼフの御像をその近くに置いてください。この泉を『聖ヨゼフのいやしの泉』と名づけなさい。洞窟には、『はこ舟の聖母、我らの聖母マリア、キリスト信者の扶け』の御像を置いてください。洞窟の近くの地面の上に、十字架の道行を立て、泉の近くで終わるようにしなさい。

 『償いの日』は午前6時にお告げの祈りで始め、午後6時にお告げの祈りで終わるようにしなさい。あとの一日にするお祈りは、あなたたちで決めなさい。

 我が子ウィリアムよ、これで終わりです。私が、まもなく来る大きな警告の前にあなたを呼ぶまで、何も大きなメッセージはないでしょう。我が子よ、そして子どもたちよ、天からの使命のために、ずっと頑張って信仰を守り続けなさい。あなたがたをとても愛していますよ。息子イエズスの聖心で祝福いたしましょう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。





☆ 始まり ☆

 『リトル・ペブル』ことウィリアム・カム氏は聖年である1950年5月16日に、西ドイツのケルンで生まれた。この年は聖母被昇天が信仰箇条として定められた年であった。早産だったため、「終油の秘蹟」が3回授けられなければならなかった。この早産のため、彼の幼年時代の健康状態は、おもわしくなかった。

 1954年、カム一家はオーストラリアに移民した。だから彼はほとんどオーストラリアで生活しているわけである。

 ウィリアムの信仰は、もっぱら母から教えられた。7才ぐらいで、簡単な祈りの生活が始まった。幼年時代から十代まで、別に特別変わったことはなかったが、いつも聖母様に傾いていた。いなかに住んでいたので、ミサには時々しか行けなかった。どの教会も家からかなり離れていたからである。しかし可能な時は、必ずあづかっていた。このような生活が14才まで続いた。

 15才の時、自分でカトリック信仰を学びはじめた。彼がファチマのことを聞いたのはこの頃だった。そしてファチマに対する興味は増していった。彼の心の中の火は、ゆっくりと燃え上がっていたのではないかと思われる。この頃、一家は田舎から都会に引越した。教会により近くなったので、ミサにあづかりたい望みは増していった。


☆ 最初の不思議な経験 ☆

 1968年ウィリアムが17才の時、最初の不思議な経験をした。それはご復活の主日の朝、ウォロンゴングのカテドラルでミサのあとに起こった。ウィリアムは心から祈りを捧げていたが、突然強い命令をするような声を聞いたのだった。その声は次のように言った。「その方は天の御父で、彼に使命を委ねられる。ウィリアムは御子イエズスの再臨を見るまで生きるであろう」 そして又こう言った。「そしてわたし(ウィリアム)は反キリストと戦い、ひどく迫害されるだろう」 突然、雲が現れるや否や、その声は消えた。ウィリアムはこのことについてひどく不安になった。彼はまだこの段階で、何が起こったのかを理解するほど十分な信仰についてわからなかった。

 彼がこの経験について良き司祭に話す機会を得たのは、1年ほど後のことだった。よい司祭は、それはたぶんウィリアムが神に近いという意味だろうと助言したが、二人ともその件をそのままにしておいた。

 翌年から、ウィリアムは教会の中でいろいろな会に参加して、積極的に教会とかかわって行った。神に対する愛は、毎日ミサにあづかるというところまで増していった。

 ウィリアムがシドニーのギルロイの枢機卿に会いに行って、1968年に起こった経験のことを話したのは、1970年だった。ギルロイ枢機卿は、このようなことは今の時代には持に起きることで、神に熱心に祈る必要があること、又そのうちに神ご自身が、彼にその全部の意味を示してくださるだろうと、おっしゃったのだった。

「人よ、よいことは何かを、主が何をあなたに求められるかを、主はあなたに告げられた。それは、正しいことを行い、善意を愛し、あなたの神とともに、へりくだって歩むこと、これではないか?」ミカヤ書6章8節



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】