箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

リトル・ペブルに与えられたメッセージ

No.56  1986年3月23日 枝の主日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】



聖母:
 かわいい我が子よ、そして愛する子どもたちよ、私は至聖なるイエズスの聖心より、父と子と聖霊の御名によって、あなたがた全員を祝福いたします。アーメン。

 我が愛のリトル・ペブルよ……(ことばがとぎれている)……神の民に、我が愛と平和と一致のメッセージを広めている、全世界への旅です。あなたをとおして全世界で私が広めているメッセージは、多くの実を結んでおります。たくさんの霊魂が救われ、大勢が真実へと回心しているのですよ。わたしはあなたに感謝し、あなたの勇気を祝福いたします。

 息子よ、あなたの十字架は大変重くなってきたことを、私はわかっていますよ。この十字架をイエズスと一緒に、カルワリオまで担い続けてください。十字架は聖金曜日後、軽くなるでしょう。ですからすべての人々に、我が愛と平和のメッセージを伝えるために、前進し続けてください。今年の御復活節に、全世界のすべての子どもたちのために祈ってください。もし、来たる聖週間中に祈りも償いもしなければ、今年の御復活節中に警告が世に与えられるでしょう。この警告は、私が話している大警告のことではなく、小さなものです。ですからあなたがたいかんにかかっているのですよ。もし、祈って償いをするならば、この罰は先へ延ばされるでしょうが、全世界で十分なお祈りが捧げられなければ、この罰は御復活節中にくだるでしょう。ですから光の子らよ、祈って償いを捧げなさい。私が汚れなきマリアであることを知りなさい。あなたがたを見守り、我がマントをかぶせて包んでいるのですよ。私を愛し、全世界をつうじて私が与えているメッセージを信じている子どもたちを、特別に見守り、マントで包んでいるのです。

 愛する我が子と子どもたちよ、今、世界中で大勢の幻視者が迫害されて非常に苦しんでおります。かなり以前に私が予言したように、我が子よ、あなたも又、教会の内側から迫害されております。今や教会の最高位職からでさえ迫害されております。カザローリ枢機卿が言うことに耳を貸す必要はありません。彼は、いつわりを語っているので、あなたに反する声明については苦い水を飲むことでしょう。私は以前、永遠の御父の前でカザローリ枢機卿に警告しましたが、今再びいたします。彼は、悔い改めなければ底なしの地獄に投げられるでしょう。(注:神様が、私達の祈りによって時を遅らせてくださらなかったならば、カザローリが反教皇になっていたところでしたが、彼は死に、別の者が反教皇として用意されています)

 そうです。愛する子よ、私は考えがあって、あなたが教皇様を訪問するのを遅らせております。まもなく教皇様に会うために、あなたは又、ローマへ呼ばれ、教皇様から祝福していただけるでしょう。世界中の幻視者、幻聴者を悪く言う者には災いあれ! 私のメッセージを横に放っておく者には災いあれ! ああ人類よ、神の御前にあなた方の時間は少ないのです。まもなくメッセージはなくなるでしょう。もうすぐ、そこに時の終りの時が来ているからです。ここの聖地をはじめ、世界中の聖地で与えられている全ての予言は、文字どおりに成就されます。愛する子どもたちよ、今、神に立ちもどりなさい。時間がまだ残っているうちに。

 さて、私は全世界の数人の幻視者へ、私自身から話しましたが、もし十分なお祈りが彼らのためになされなかったなら、倒れてしまうかもしれないのです。愛するアメリカの娘たち、ジェネヴィエーヴとアン・ベネットよ、あなたたちは霊を試されるために、数回我が平和の道具によって警告されました。(〔注1〕あなた方のメッセージには、悪魔がはいりこんでしまいました) 今すぐに追い出しなさい。そしてよく注意しなさい。前にも警告しましたでしょう。子どもたちよ、この二人の最近のメッセージは、我が汚れなき御心から来たものではありません。それは子どもたちの間に分裂と混乱を引き起こしました。ですから私から来たはずのものではありません。あなた方はこのような幻視者のために祈らなければなりません。もし十分な祈りがなされなければ、彼らは倒れてしまうからです。ここでもう一度くり返します。地上の全ての幻視者に警告します。あなた方が一致して、天のもとに一つとならなければ、倒れてしまうのですよ。

〔注1〕
 参考 − マリア様がここで言っておられるメッセージは、次の通り。
    ジェネヴィエーヴ:1986年2月1日付・第3巻・No.1と
    アン・ベネット :にせ教皇に関して − ローマにおける大いなるあざむき。

 さて愛する子よ、あなたはオランダのエリザベスに手紙を書いて、この警告を我が汚れなき御心からだと伝えてください。〔注2〕2月9日(1986年)以来、彼女が受けたメッセージは、私から来たものではなく、我が幻視者達にもっと混乱を引き起こさせようとする悪魔からのものです。彼女は霊を試さなければならないと伝えてください。もし彼女が我が汚れなき御心からのものに耳を傾けなければ、自分が倒れるのです。この警告は全ての天に不従順な幻視者にあてはまることです。

〔注2〕
  マリア様はベルリクム(オランダ)のエリザベスのことをおっしゃっておられる。

 私は我がすべての幻視者を、本当に愛しておりますが、あなた方は霊を試さなければなりません。これは私が以前から口ぐせのように言ってきたことです。今私は、私と息子イエズスがすべての幻視者達に課している至難の旅を行く上での助けとして、勇気と力を、父と子と聖霊の御名によって与えます。アーメン。

 地上にいるかわいい子どもたちよ、あなたがたは天の愛する息子、ポーランドのドマンスキーのために祈らなければなりません。彼は私のメッセージを公言したために投獄されているからです。全世界の子らは、彼の釈放のために祈らなければなりません。わかるでしょう? 子どもたちよ、あなた方がどれほど立ち上がって真理のために戦わなければならないことかを。あなた方のうちの大勢も、真理のために投獄されることでしょう。命をかけても、私の神なる息子イエズスを守らなければなりません。自分の十字架を担わなければならないために、今や世界中のキリスト信者の裁判が増えてきております。あなたがたはこの地上で、休日のために生きているのではなく、息子イエズスと共に、自分の十字架を担うためにいるのです。

 愛する我が子よ、子どもたちよ、ポーランドの幻視者達のために祈ってください。現在激しい迫害を受けているからです。我が子よ、教皇様に手紙を書いてください。そうすればこのポーランドの幻視者達のことを知って、助けてくださるでしょう。私はこの愛する息子と、すべてのポーランドの幻視者達に勇気と御めぐみを与えるために、父と子と聖霊の御名によって祝福いたします。アーメン。

 我が子よ、子どもたちよ、償いのお祈りを続けてください。祈りは今や世界中の、天の子らを救うために必要だからです。愛する子よ、あなたはたくさんの霊魂を救うために、全世界にメッセージを広め続けてください。あなたを祝福しましょう。あなたは私の特別な愛し子だからです。あなたには、光のうちに前進する大きな力と勇気があります。私のことばに耳を傾けるように、世の子どもたちに呼びかけてください。私はあなたを父と子と聖霊の御名によって祝福します。アーメン。

 愛するこのオーストラリアの子どもたちよ、私はあなたがたの母です。私はあなた方のよりどころであり、力となりましょう。私のもとへいらっしゃい。恐れることはありません。あなたがたを深く愛しているのです。地上の子どもたちよ、一致して、全世界で唯一の力強い聖なるローマ・カトリック信仰者となってください。他の人達への模範となるのです。そうすればあなた方のお祈りと苦しみによって、全人類を救うことができるのです。

 もはや私は天罰を止めることはできません。聖なるロザリオをよく唱え、しばしば御ミサにあずかって、息子イエズスがましますご聖体を拝領してください。力を得るために、イエズスの御体と御血を拝領しなければならないからです。私は今ここにいるすべての人々、及びオーストラリアと全世界の人々を、父と子と聖霊の御名によって祝福いたします。アーメン。

 カメラをもっている子どもたちよ、今、写真を撮ってください。小さな参詣所の上の方を撮りなさい。私が祝福しているあいだに2枚とりなさい。この写真を父と子と聖霊の御名によって祝福いたします。アーメン。

 多くの子どもたちが“しるし”を受けるでしょう。まもなくねむっている子らを起こすために、この聖地に大いなるしるしが与えられるでしょう。私はかわいい娘、ジョーゼット・ハーブを祝福いたします。娘よ、聖シャーベルの愛の使命を続けてください。神の母があなたと共にいます。父と子と聖霊の御名によって。アーメン。

 我が子よ、償いの祈りを続けてください。私はいつもあなたと共におります。あなたが我が愛する息子、ブラザー・ジョゼフ・フランシスに思いを馳せているのを知っております。彼はあなたの心の兄弟です。あなたは心と霊魂で彼と一致しているからです。私は父と子と聖霊の御名によって彼を祝福いたします。アーメン。

 ありがとう。かわいい我が子よ、愛する子どもたちよ、お祈りを続けてください。愛する子よ、ではあなたに小さな声で話します。(ここで個人的なメッセージが与えられる)

 そうです。彼はポーランドのために犠牲となった愛すべき息子である司祭です。いつか彼はポーランドの偉大な殉教者として、母なる公教会において掲げられるでしょう。愛する子どもたちよ、彼にしばしば取次を祈りなさい。私はこの写真〔注3〕で多くの御めぐみが与えられるように、父と子と聖霊の御名によって祝福いたします。アーメン。


リトル・ペブル:
 聖母様はまだそこにおられます。もう一つ聖歌を歌いましょう。聖母様はきょう、この聖地で私達と一緒にいることができて、とても嬉しいそうです。拘置されているポーランドのドマンスキーをはじめ、その他の幻視者たちのために祈りましょう。聖母様が仲におはいりになって、彼らを解放してくださるように、又彼らのために教皇様が、一日も早くなんとかしてくださるようにお願いいたしましょう。その次に、又私達と共にいてくださっている聖母様を讃えて、あと一つ聖歌を歌いましょう。ところできょうは、聖母様のとなりに何人かの預言者がおられました。一人は福音史家聖ヨハネです。又、旧約聖書の預言者エノクとエリヤ、それからグラント・ダフィも一緒に祈っておりましたし、その他に大勢の天使達もおりました。ご出現時の聖母様は青と白の服をお召しになっていらっしゃいました。そして皆様に御愛をおくられます。皆様をとても深く愛しておられ、今は強くならなければなりません。強くなって御子イエズス様に従ってください、とおっしゃっておられます。皆、自分の十字架をとって、イエズス様に従わなければならないのです。新聞の聖地に反対する宣伝文句のことなど気にしないでください。ただ神の御母に耳を傾けて、ひたすら祈り続けてください。マリア様はすでにこの聖地や、全世界で出現されておられるのですから、ご自身で、いつかこの聖地で語られているメッセージを証明なさるでしょう。

 このロザリオの一連の祈りのあと、又聖歌を歌ってから、きょうは枝の主日ですから、丘の上まで十字架の道行のロザリオを唱えて参りましょう。そしてこの祈りを全世界のご出現地とすべての幻視者のため、特に聖母様がおっしゃった力と勇気を与えて、倒れないように支えなければならない幻視者達のために捧げましょう。それからまた聖父、ヨハネ・パウロ2世教皇様のためにも、特にお祈りいたします。またウォロンゴングの司教とシドニーのレバノン系司教のためにも。そして、聖母様のメッセージを信じることができるように、神がオーストラリアのすべての司教、司祭に光を与えてくださるように、お祈りいたします。愛する皆様、きょうは皆様のお祈りや犠牲をお捧げするためにここに来てくださって、ありがとうございました。また私が不在の間も、お祈りいただき感謝しております。

〔注3〕かかげられた写真は1984年に殉教したポーランドのジェルズィ・ポピェルズコ神父のもの。




ジェルズィ・ポピェルズコ神父について

 彼は1947年9月14日、ポーランドのオコピーという小さな村に生まれた。18才でワルシャワの神学校に入学後、1年で軍隊に召集され、2年間兵役に服した。この時代にしはしば軍に反抗して迫害され、一度などロザリオを踏みつけるのを拒否したため、残虐に殴られ、投獄された。

 1972年5月28日、彼はポーランドの主席司教であるステファノ・ヴィジンスキー枢機卿により叙階された。ワルシャワ近郊の教会を転々とした後、1980年5月、聖スタニスラウ・コスツカ教会の司祭となった。ジェルズィ神父が労働者と手をつなぐようになったのは1980年8月、自由貿易連合(ソリダリティ − 連帯 −)ができてからであった。彼はストライキをしている労働者達のためにミサを捧げ、告解を聴いて助けることに同意した。このような介入が彼をまもなく殉教に至らしめることになったのである。

 健康を害していたにもかかわらず、彼はストライキの間中、労働者達と日夜を共にし、危険、かつ衝動的行動について警告していた。労働者の裁判に出廷し、刑務所を訪れて、監禁されている者のために祈り、その家族の世話をして、食物や着物など物質的援助も行った。彼は、司祭は第一の義務として、良きにつけ悪しきにつけ、人々と共にいることであると信じていた。彼の声は人民の声となり、「善をもって悪に打ち勝て」とのことばにより、ポーランド人に希望をもたらしたのであった。

 1983年後半、政府は彼に反対するキャンペーンを開始し、活動を中止せよとの命令をくだした。彼は監禁され、数回その命をねらわれた。1984年10月19日、北ポーランドで特別ミサを捧げてワルシャワヘの帰途中に誘拐された。11日後、貯水池でめった打ちにされ、むごたらしく拷問にかけられた彼のからだがみつかった。彼は1984年11月3日、ワルシャワの聖スタニスラウ・コスツカ教会の墓地に葬られた。こうして全人類の、輝ける愛と希望の模範者となった。



〈参考〉
 カナダのモントリオール市、聖マルタ・スーレ・ラックにある、奇すしきバラの花の聖母像の涙は偽物。マリア様は、この涙をながすご像は偽物であると、ブラザー・ジョゼフ・フランシス(カナダの幻視者)に明かされた。このことは又、今年の4月、マリア様がリトル・ペブルにもおっしゃったことである。リトル・ペブルヘのメッセージは次のとおり。「あれは偽物です。カナダにおける本物の涙を流すファチアの私の像、つまり、我が愛する息子ブラザー・ジョゼフ・フランシスが持っている像の涙に疑いをもたせるために、サタンがしかけたことです。」



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】