箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

リトル・ペブルに与えられたメッセージ

No.36  1985年8月15日 聖母の被昇天

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】



聖母:
 無原罪のマリア、神の母であり人類の母なる私が、この聖地において再びあなた方のところへまいりました。愛する子らよ、私はあなた方に勇気と力を与え、あなた方を祝福するために我が息子と共に来たのです。

 私はあなた方のお祈りを心から喜んでおります。あなた方は数少いですが、天の目から見ると、心は真実を語り、そしてその心は又、私達を愛している故に、それは、大勢でしていることになるのです。ですから私は、息子イエズスによって聖霊と、父なる神のうちに、あなた方を父と子と聖霊の御名によって祝福いたします。アーメン。

 愛する息子よ、そして子どもたちよ、数日前起きた航空機の大事故では、ルシフェルのしわざにも拘ず、全員無事だったので、あなた方は安心したでしょうね。あの事故は今、世界中で起きているものとはちがいました。しかし、永遠の御父はすべてを御存知なのです。天は大勝利を賭けて戦い、そして勝ったのです。

 地上の子どもたちよ、あなた方を祝福いたします。償いの祈りを続けて下さい。人類の救霊のためにこの祈りこそが必要なのですから。私は又、遠くクィーンズランド州から来た子どもたちをも歓迎し、祝福いたします。神の御母が、あなた方を歓迎し、我が汚れなき御心より、父と子と聖霊の御名によってあなた方を祝福するのです。アーメン。

 我が愛する息子と子どもたちよ、今から全世界の王であり宇宙の王、天と地の王、人類の支配者なる息子イエズスヘ、讃美の聖歌を捧げて下さい。我が息子があなた方を非常に愛しておられることを思いなさい。そして又、あなた方のこの母も同じように愛しており、我がマントであなた方を包んでいるのです。それは、あなた方が私達の愛の子らだからです。愛する子らよ、信仰を守りなさい。真実のために戦い、強くなりなさい。まもなく霊的な大暴風や大嵐が人類を試るでしょう。愛する子よ、そして子らよ、ですから祈り続け、讃美の聖歌を歌い続けなさい。私達はその祈りや聖歌を、神の永遠の玉座、すなわち光の国にまします永遠の御父のもとへとどけるために、ここで待っているからです。

 愛する子よ、あとで、きょうここにいる人々に、あることを話します。息子よ、そして子らよ、私は、父と子と聖霊の御名によって、あなた方を祝福いたします。アーメン。




奇跡的な旅 − 聖シャーベルと共に:

 この使命は主にシドニーの幻視者であるジョージェット・ハーブ夫人に与えられたが、リトル・ペブルにも部分的に与えられたものである。聖シャーベルは、リトル・ペブルが今年の4月、ローマでパパ様との掲見に際し、援助された故、その感謝を表すためレバノンに行くように約束したことを思い出させた。リトル・ペブルは、ジョージェット・ハーブ夫人とその夫と仲間達とで、去る8月29日にレバノンへ発ったことにより、この約束を果たしたのだった。この旅は当時、レバノンの状況が最も危険な状態にあったことから考えても、まったく思いがけないものであった。実際、彼らの生命の危険性は充分あったのだが、まさにその出発の始めから、この旅は奇跡的であった。

 一行は一睡もせず、48時間もの長旅に疲れ切って、8月31日にレバノンへ到着した。ジョージェットの主な使命は、レバノンの人々に勇気と聖シャーベルの直接の助言を与えて、彼らを助けることにあった。これを彼女は、大いなる愛と忍耐をもってやりとげた。レバノン中の人々が各地より、聖シャーベルによる助けを求めて来た。レバノン滞在中、ベイルートでは内乱がなおも激しく、難民達が聖シャーベルの翼のもとに安全を求めて、山の方へ逃げていた。レバノンの状況は、最も不幸なものだが、人々の信仰は厚いのである。

 ジョージェットが同志を助けている間、リトル・ベブルと一行は、山奥の修道院にある聖シャーベルの墓参りをした。それは、この偉大な東方典礼の聖人に敬意を払い、又ヨハネ・パウロ2世教皇との掲見のため、ローマヘの旅が大成功を治めたことへの感謝を表わすためであった。1985年9月3日火曜日、午後4時に聖シャーベルの墓の前で、リトル・ペブルが祈っていると、『レバノンの聖母』の御名で、聖母のご出現を受けた。マリア様は、レバノンのためにメッセージを与えられた。

(旅の話は後ほど又続く。)



1985年9月3日火曜日午後4時、
レバノンの聖シャーベルの基において、リトル・ペブルに与えられた
『レバノンの聖母』のメッセージ。


聖母:
 我が息子、リトル・ペブルよ。そして愛する子らと息子よ、あなた方を祝福いたします。(祝福が与えられる) 愛する子どもたちよ、私は、天の愛する息子、聖シャーベルの墓において、あなた方に現れました。私だけでなく息子、聖シャーベルもあなた方と共におります。私は『レバノンの聖母』として来ております。

 私は、このレバノンの国のために祈るために来ているのです。私があなた方をとこに連れて来たのは、あなた方の苦しみや祈りによって、この国が持続するからです。この国が破滅と荒廃の中にあっても、私は我がレバノンの子どもたちのために涙を流しております。彼らは、我が汚れなき御心に避難所を求め、又、聖シャーベルの参詣所にも避難所を求めなければなりません。

 愛する子らよ、そしてリトル・ペブルよ、あなた方の道はずっと困難な道でした。我がリトル・ペブルも、ジョージェットも、又愛する友人・仲間達も、大きく、重い十字架をずっとになわなければなりませんでした。この十字架はレバノンのためでした。

 愛する子、リトル・ペブル、ジョージェットと同志の者達よ、私はあなた方を祝福いたします。心配することはありません。私と聖シャーベルがあなた方を守り、あなた方を家まで安全に導くからです。この大いなる信仰と希望と愛の旅をして、ここまで来てくれたあなた方に私達は感謝いたします。私は、レバノンと聖シャーベルの参詣所と、この我が愛する息子、聖シャーベルを愛する人々を、祝福いたします。

 かわいい子よ、以前約束したように、聖シャーベルの御取次により、大いなる御恵とカをあなたに与えます。両手を前にさし出しなさい。(リトル・ペブルは言われたとおりにさし出す。)永遠の御父は汚れなき童貞聖マリアと聖シャーベルの取次により、あなたに和解といやしと奇跡を行うカ、それに永遠の御父からの大いなる知恵をお与えになります。私はあなたの両手と額に接吻し、大きなカを与えます。あなたには、この永遠の神からの大いなるカを、いつ使ったらよいのか指図いたします。私はこの両手を永遠なる父と子と聖霊より祝福し、油を注いで清めます。そして、あなたを父と子と聖霊の御名によって祝福いたします。アーメン。

 無原罪の御宿りなる聖マリアの汚れなき清き御心を通して、三位一体なる神の力によりて、肉(ひと)となり給いし神の御言葉のカによりて、聖霊の力によりて、永遠なる御父の力によりて、聖シャーベルの取次によりて、私は永遠なる御者のみ旨により、いやすためにあなたを祝福いたします。額に十字を切りなさい。それから頭の上に両手をのせなさい。聖シャーベルの油を使い、額に十字を切りながらその油をつけるのです。それから大天使聖ミカエルのお祈りをして、天使祝詞を3回唱え、その後、もしできれば香をたき、聖水をまきなさい。我が子よ、以上です。私と聖シャーベルがあなたについていることを覚えておきなさい。父と子と聖霊の御名によって。アーメン。

 私は又、ジョージェットと、あなたについて来ている人々を特別な御恵をもって、父と子と聖霊の御名によって祝福いたします。アーメン。さあ、主の平和のうちに行きなさい。汚れなきマリアより、あなた方を皆祝福いたします。




(旅の話の続き)

 そうこうしている間、我々は帰途につくため、飛行機の座席予約の再確認をしなければならなかった。しかし、ベイルート内での砲撃や電線の破壊のためにそれはできなかった。戦争が激しくなるにつれて状況は危険になり、恐怖とろうばいが皆を襲った。キプロス島に行く途中で、ジョージェットは死にかけた。あとでわかったことだが、聖シャーベルは、皆が天の計画をやりとげなかったため、お怒りになっておられたということである。ジョージェットはその間、聖シャーベルの指導を失ったと思っていました。

 9月5日と6日、キプロス島でも座席がとれなかった。メッカの聖週間のため満席だったからである。皆は非常に心配し、6日、空港の座席予約事務所からひき返してから、ホテルの部屋で午後3時に祈った。もし飛行機の便がとれなければ、チケットは9月6日で無効になるのであった。その日の午後3時半に、聖母がリトル・ペブルに、聖シャーベルがジョージェットにご出現になった。この二人の幻視者にメッセージが与えられたのだが、聖シャーベルはジョージェットにレバノンヘもどるようにとの助言を与えた。

(続く)



1985年9月6日金曜日午後3時30分、
キプロス島のホテルの部屋で
聖母がリトル・ペブルに与えたメッセージ。

聖母:
 平安あれ、汚れなきマリア、神の御母、全ての者の心なる汚れなき御母である私が、大変困っているあなた方のもとへやって来ました。心配することはありません。私にも聖シャーベルにもあなた方の苦しい祈りと心が届きました。何も心配することはないのです。私達が見守っているのですから。あなた方が、自分達の罪と弱さを痛悔していることはわかっております。天の元后と聖シャーベルの言うことをよく聞き、これに従いなさい。あなた方は、皆根気よく言われたことを聞き、確認し、紙に書きとめて、祈らなければなりません。あなた方は聖シャーベルの墓で祈りと償いを果たさなければならない。私があなた方を見守らず、保護していないと思っているのですか? あなた方は、神様の時間と御計画において、あなたの目的につくでしょう。聖シャーベルのおっしゃることをよく聞いて、それに従いなさい。

 我が娘ジョージェットはそのカを失うことはなく(……)、聖シャーベルと(…中断…)あなた方が従わなかったので、聖シャーベルがお怒りになったことは本当です。まだ反省がたりないようですね。先へ進んではいけません。私達にたずねない先に進んではいけません。何事においても的確にし、祈って、祈りなさい。あなた方を見捨てるようなことはしません。私達は、あなた方を最高に愛しているのですから。

 あなた方が行った犠牲も、わかっております。汚れなきマリア、神の御母、人類の御母であり、あなた方の母である私と、聖シャーベルが導きます。あなた方の上に我がマントをかけているのですよ。私があなた方の祈りを、聖シャーベルと永遠の御父のもとへ持って行きました。ですから、待たなければなりません。そして、もう恐れないことです。あなた方は赦されました。

 私は、我が息子イエズスの聖心と、聖シャーべルより、あなた方を祝福いたします。ジョージェットは、聖シャーべルからメッセージを受けるでしょう。(このメッセージは同時に与えられていた)

 子どもたちよ。否、私達はあなた方を見捨てません。もっと熱心に祈って、祈り続けなさい。天の時間と場所によって、すべてがうまくいくでしょう。(ここでロザリオが唱えられた)

 かわいい我が子と愛する子どもたちよ、さきほども言いましたが、私達の言うことをよく聞いて従いなさい。祈って、待ち、従いなさい。子らよ、あなた方にカと勇気を与えるために、祝福いたします。ですから、もう恐れることはありません。私と聖シャーベルがついているのです。何も恐れることはありません。辛抱して、主の平和のうちに行きなさい。私は、父と子と聖霊の御名によって、あなた方を祝福いたします。アーメン。

(ジョージェット・ハーブも、同じようなメッセージを受けたが、その上、又、聖シャーベルは、我々がこの旅においてイエズス様と共に苦しむために、いばらの冠をかむらなければならないとおっしゃった。)




(旅の話の続き)

 次の週、彼らは敵軍を背に航空券を再予約しなければならなかった。睡眠不足や不安、食事の変化、それに高度が高いため全員が病気になってしまった。彼らが帰途につく前の日、この時点において行き詰まっていると、聖シャーベルが計画を啓示された。彼らはベイルート経由で帰らなければならず、それはとりもなおさす、戦争地域を通らなければならないことだった。

 9月13日(この日はオーストラリアのナウラにおける「償いの日」にあたっていた)の午前4時にホテルを出た彼らは、オーストラリア帰国のために、ベイルート空港へ向かった。護衛として4台のタクシーに守られて、戦線をくぐりぬけて行ったのだった。彼らのすぐ前についていたタクシーは、ゲリラ隊によって誘拐されたが、彼らが乗った車は、無事通過した。

 9月13日午後6時、疲労こんぱいで精力を使いきった旅の後、彼らの飛行機はレバノンから離陸した。かくて彼らがこの旅で天から与えられた十字架を数えてみると、なんと全部で70個もあった。

 この旅で聖シャーベルは、数多くの奇跡を彼らにあらわされたので、危険状態のさ中、彼らを助けられたこの偉大なる不思議な聖人に、全員が感謝している。感謝といえば、特にジョージェットとマイケル・ハーブ夫妻に捧げられるべきであろう。彼らは大きな苦しみと努力によって、オーストラリアヘの切符を予約するために、三度も敵陣をとおりぬけなければならなかった上、より早く帰国できるように、ペブルと他の仲間のために、自分達の切符を犠牲にまでしたのであった。又、レバノンの人々の上にも、感謝は及んでいる。彼らが助けを必要としている時、帰国のために結集して助けたからである。

 神の祝福がレバノンと、レバノンの人々の上にあらんことを! そして「レバノンの聖母」が純粋な人々をお護りくださり、偉大な聖シャーベルが人々を苦しみから救ってくださらんことを! 勝利は常に神のものである。



1985年10月9日(水)サース・コースト・レジスター新聞
〈 ナウラ住民の奇跡の旅 〉

【 過日、友人達とレバノンへ行ったナウラのジェイムズ・ダフィ氏によると、旅行は奇跡的であったということである。】

 友人達というのは、リトル・ペブルとして知られているウォロンゴングの幻視者、ウィリアム・カム氏、マティソン夫妻、レバノン系オーストラリア人の幻視者ジョージェット・ハーブ夫人、その夫マイケルと3人の子どもたち、それに一人の友人であった。ダフィ氏は旅行について次のように述べた。

「我々は、8月29日に飛行機でシドニーを発ち、キプロス経由でレバノンまで行き、9月15日に帰国しました。この旅行の目的は、偉大なレバノンの聖人、聖シャーベルの墓への巡礼と、天からいやしと治癒、それに奇跡を行う特別な力をいただくためだったのです。ジョージェットの使命は、特に感謝と、大変な状態にあるレバノンの人々を助けるためでした。戦後10年、レバノンは水や電気、通信といった公共事業もなく、荒廃しています。要するに軍用基地でしかないのです。人々は清潔で服装も良く、友好的で、よく助けてくださったし、正直ですし、車などメルセデス・ベンツをよく見かけました。1マイルごとに軍の検査所がありました。それから至るところに破壊されたピルや車を見ました。

 我々は天から啓示を受けたのですが、シリア、トリポリ、ベイルート空港には行かずに、北方の高さ約1300メートル級の山々がある安全地帯へ行くようにということで、その理由は軍隊がキリスト教徒を襲い、アメリカ人を殺し、荷物やパスポート、お金を盗むからだったのです。

 キリスト教徒に近づく唯一の方法は、良き交流を持つことですが、お金はボートでしか行けない、隣のキプロス島からしか手に入りません。

 私達がレバノンに着く15日前に、泊まっていたホテルから500発ほどの砲弾が飛ぶのが聞こえていました。銃弾や砲弾の爆音は一日中うなっていました。」

【 御恵と賜物 】

「私達は聖シャーベルのお墓へ行きました。そこでリトル・ペブルは天からの御恵と賜物を受け、又、治癒と、奇跡を行うためのいやし、そして永遠の御父からの御恵を、より多く受けたのです。

 帰国の途についたのは、9月13日金曜日の午後4時で、4台の護街車がついてくれました。軍の菅治下の宿泊駐屯地まで行った私達は、それからタクシーを3回も乗り換えなければなりませんでした。夜、10時50分に、軍隊がしばらくの間だけ引きあげて、私達が通れるようにする、という空襲解除のサイレンが鳴り響きました。私達はベイルート東部にある20フィートの狙撃防止用の土壁がある検査所を、5カ所通りました。このような危険な旅の後、夜の11時45分に空港に着きましたが、水もトイレも食物も、冷房もなかったのです。空港というのはきたなくて、砲弾によってほとんどの窓がこわれていました。7時間も侍って、私達はようやくシドニーへ帰る飛行機に乗れました。

 9月15日、日曜日の朝、懐しいオーストラリアに帰ってこられて、本当にうれしかったです。旅行中は、たくさんお祈りをしました。私にとってこの旅行は、やはり奇跡的でした。」



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】