箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

リトル・ペブルに与えられたメッセージ

No.026  1985年3月31日(日曜日)
枝の主日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】

聖母:
 愛する子らよ、私は父と子と聖霊の御名によってあなたがたを祝福します。アーメン。

 子らよ、今日、私と我が尊い息子は、祝福とさらに癒しと回心の恵みをあなたがたに与えようと、この聖なる地にやって来ました。子らよ、愛と光の道を歩みつづけなさい。十字架の道を歩みつづけなさい。子らよ、自分の十字架をとって、カルワリオまで我が尊い息子のあとに従いなさい。こうすることによって、あなたがたは救われるのです。今一度、私は我が尊い息子と共に、父と子と聖霊の御名によって、あなたがたを祝福します。アーメン。

 愛する子、我が愛のリトル・ペブルよ、私は今日、世界に忠告を与えに来ました。子らよ、世界は変わっていません。破滅へ向かっているのです。人間は痛悔しようとしません。子らよ、ご聖体にまします我が尊い息子へ立ち帰りなさい。多くの霊魂が破滅への道を歩んでいますが、これは彼らの為に祈る人がほとんどいないからなのです。愛する子らよ、我が息子のことを考えなさい。特に聖週間の間は、イエズスの御受難を黙想しなさい。我が子らよ、我が尊い息子が、あなたがたのために、どれほど苦しまれたかを思い出しなさい。世界が犯している罪は、御聖体にまします我が尊い息子を、まだ十字架にはりつけ続けているのです。いつになったら人間は、自分たちが我が尊い息子を、どれほど苦しめているかを悟るのでしょうか。いつになったら、罪を犯し、自分たちの神を攻撃するのをやめるのでしょうか。

 子らよ、わかっていますか? 我が尊い息子が、あなたたちをどれほど愛しているか。彼があなたがたのために、ご自分の命を捨てられたということを。それなのに、いったいどれくらいの人達が今週、ご受難のイエズスの神秘体のことを思い出すのでしょうか。そして、誰がキリストの奇しき御からだである教会を思い、毎日苦しんでいるローマ教皇のために祈るのでしょうか。子らよ、教皇の為に祈りなさい。彼の地上での命は、もうあとわずかの日数しか残されていないのです。もうじき彼も、カルワリオで十字架につけられるでしょう。私は父と子と聖霊の御名によって、我が無原罪のみ心より、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世に祝福を送ります。アーメン。

 子らよ、あなたがたに一つ注意を払ってほしいことがあります。地上の子らはほとんど誰も我が愛する夫、聖ヨゼフに向かって祈っておりません。彼は母なる公教会で忘れられてしまっています。彼を前面に出しなさい。子らよ、そうすれば世界に平和が訪れるでしょう。我が愛する夫、聖ヨゼフヘの信心がもっと必要です。子らよ、聖ヨゼフの連祷を祈りなさい。そうすれば悪魔は逃げ出します。聖ヨゼフは、母なる公教会の守護聖人であり、また保護者であるのに、彼に祈る人はほとんどいません。子らよ、私はあなたがたを祝福します。天国への道は今たいへん困難で、近い将来には、さらに、もっとむずかしくなるはずですから。まもなく、世界は大きな十字架を背負わされるでしょう。しかし、それでも人間は悔い改めないのです。私はあなたがた皆を、父と子と聖霊の御名によって祝福します。アーメン。

 子よ、我が愛のリトル・ペブルよ、苦しみと試練の道を歩みつづけなさい。あなたの道は勝利へとつながっています。我が息子よ、私があなたを通して語った言葉は、もうすぐローマに承諾され、世界中が驚くことでしょう。そうです、子よ、これが中心となって、一致が進められてゆくのです。すべての我が出現地と幻視者たちは、まもなくあなたと一致します。天があなたに与える道を歩みつづけなさい。あなたが歩む道はいばらのとげだらけですから、あなたに力と勇気を与えるため、私は父と子と聖霊の御名によってあなたを祝福します。アーメン。

 子よ、あなたの力となる聖シャーベルを遣わします。彼はこのオーストラリアの聖母の仕事においても、あなたを導いてくれるでしょう。今迄通り続けて彼を愛し、たびたび彼に祈りなさい。私はこれを全教会に対しても言います。「我等の愛する聖シャーベルに祈りなさい。彼は平和の聖人です。我が愛する国、レバノンが平和を望むなら、国民は聖シャーベルに祈らなければなりません。街の中を彼のご像をかついで行列すれば、平和が訪れます。」 子よ、教皇ヨハネ・パウロ2世に手紙を書いて、愛する聖シャーベルに、レバノンと中東の守護聖人としての冠を授けるよう要望を出しなさい。もし教皇がそれに従うならば、レバノン全体が平和になります。私は、我が汚れなきみ心の国としてのレバノンを、父と子と聖霊の御名によって祝福します。アーメン。

 我が愛する子らよ、私はあらゆる国籍の人々をたくさん、この聖なる地につれて参りましょう。この聖なる地に子供たちをつれてくるために、私は多くの人に現われます。もうすぐ我が子らよ、ここで語られた言葉が、神の母からのものであることを、すべての人類に証明するために、私は聖なる地で偉大なる奇跡を行いましょう。子らよ、平安であれ。信仰のために闘いつづけなさい。立ち上がり、「神に数えられる者」となりなさい。あなたがたは、まさに最終の時代、時のおわりに生きています。もうすぐ我が尊い息子の手は、悔い改めないこの時代の人々の上に下ります。懲罰が国々の上に下される時、多くの人が泣くでしょう。しかし、このことが起こる前に、神は、すべての人間を、その邪悪と罪から救うために、あわれんで下さいます。子らよ、時間のある今のうちに神に立ち帰りなさい! あなたがたは、その時までにいくつの枝の主日が残っていると思いますか? 御聖体にまします我が尊い息子に立ち帰りなさい。イエズスはとても寂しがっておられ、あなたがたの愛を望んでおられます。あなたがたの母として、私はどれほどあなたがたを愛していることか! あなたがたの上に私のマントをかけてあげましょう。あなたがたをとても愛しています。これ以上、私の息子を傷つけないで下さい。あなたがたの兄弟姉妹も、我が尊い息子のことを知るように、彼らの為に祈りなさい。分裂している信者たちの為に祈りなさい。未信者の為にも、彼らが、神の御子、救い主、王の中の王、全宇宙の王、天のいと高きところにまします、イエズス・キリストを信じるよう祈りなさい。地上の子らよ、あなたがたを愛しています。私は我が汚れなきみ心から、父と子と聖霊の御名によってあなたがたを祝福します。アーメン。子よ、我が尊い息子イエズスが、私と共におられ、あなたと我が子らに語られます。


我らの主:
 あなたがたの主である神、全宇宙の王である私は、父と子と聖霊の御名によって、天の王国より、我が子、愛のリトル・ペブルと愛する子らを祝福する。アーメン。我が愛する子らよ、私は我が御母と共にここへ来たことをほんとうにうれしく思っている。我が母の居られるところには、私も居るのである。子らよ、あなたがたをほんとうに愛している。我が聖心は、あなたがたへの愛のためにはげしく鼓動している。我が御母のもとへ来なさい。御母もあなたがたを愛しておられる。子らよ、私たちは世界を、その自滅と邪悪より救うためにやってきた。あなたがたが生きている時代が、大変深刻な状況にある今こそ、一生懸命に祈らなければならない。我が息子愛のリトル・ぺブルよ、選ばれた地上の子らよ、息子よ、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世に手紙を書き、来年を、祝された御母、我が愛する御母、無原罪の聖マリアの為に聖年に定めるよう願いなさい。我が愛する御母を、すべての恩寵の仲介者、キリストと共に罪をあがなって下さる御方としての地位につけ、このことを今年の12月8日に信仰箇条として宣言するよう、そして今年の12月8日に、ロシアと全世界を、我が御母の汚れなきみ心に奉献するよう願いなさい。こうすることによって、子よ、我が教皇ヨハネ・パウロ2世よ、あなたは世界を救って、我が御母の汚れなきみ心に勝利をもたらすことになるのである。また地上のすべての子らが自分を、我が御母の汚れなきみ心に奉献するよう、私は願っている。我が子、我が愛のリトル・ペブルよ、私はローマ教皇ヨハネ・パウロ2世、並びにあなたを、父と子と聖霊の御名によって祝福します。アーメン。

 子らよ、今こそ自分の十字架を背負って私について来なさい。この地上であなたがたが歩むべき道は、皆にとって大変困難なものであろうが、道の終点は勝利である。到達点は永遠の栄光である。ルシフェルは永遠に地獄へ投げ込まれて地獄に返され、それから約束された平和の王国が到来する。子らよ、この平和のために祈りなさい。熱心に祈りなさい。そうすれば、あなたがたはまもなく神の栄光を見ることができる。


リトル・ペブル:
 イエズス様、お願いしたいことがございますが、よろしいでしょうか?


我らの主:
 もちろんだ。私はあなたの考えていることがわかっている。あなたの願いどおり、我が御母の出現のミッションを世界中で広めている子ら、つまりアメリカ合衆国のピーター・ランデル、カナダのナンシー・ノートン、イギリスのキャスリン・プリーン、日本のレオ・スタインバック神父、オランダのフランツ・ミュラー、インドのジョセフ神父を私は祝福します。子よ、この人たちは、我が御母を大変愛している善き子供たちであるので、祝福する。私は彼らを、父と子と聖霊の御名によって祝福します。アーメン。

 子よ「告白の祈り」を唱えて下さい。そして我が子ジェームズよ、ひざまづいて下さい。ひざまづいたまま、じっとしていなさい。今から聖体の私自身をあなたに与えよう。子らよ、さあ、「主の祈り」を歌いなさい。(その場に居る全員が「主の祈り」を歌う) 子よ、栄唱を3回唱えなさい。(栄唱が3回唱えられる)ジェームズ、汝の舌を前に出しなさい。「キリストの御からだ」。我が愛のリトル・ペブルよ、汝の舌を前に出しなさい。(ああキリストよ、我御身をあがめ、愛し奉る。御身は聖なる十字架により世をあがない給いたなればなり。)愛する子らよ、私はあなたがたを祝福する。ここにいる者で聖体の我が身体と血、魂と神性を受けたい者は、今黙って私に祈りなさい。そうすれば私は、霊的にあなたがたのところへ来る。(「我ら汝をあがめ」が歌われる) 地上の子らよ、我が愛のリトル・ペブルよ、並びに我が聖母のメッセージを広めるすべての子らを、私は祝福します。私は父と子と聖霊の御名によって世界中のすべての幻視者たち、そして特別にオランダのエリザベスを祝福します。アーメン。

 愛する子らよ、あなたがたは続けて、この教区の司教の為に祈らなければなりません。彼は祝された処女聖マリア、我が御母からしるしが与えられたにもかかわらず、それを受け入れません。神が与えようとされている恵みを、彼が受け入れるよう祈りなさい。私は彼とウォロンゴング教区を父と子と聖霊の御名によって祝福します。アーメン。

 子よ、今こそ「十字架の道行きのロザリオ」を唱えて前進しなさい。私と我が御母、聖シャーベルと、聖ヨゼフと、天使があなたと共に居ます。子らよ、私はあなたがた皆を、父と子と聖霊の御名によって祝福します。アーメン。子らよ、栄唱を3回唱えなさい。(栄唱が3回唱えられる)(十字架の道行きのロザりオが唱えられる) あなたの神であり、主である私は、父と子と聖霊の御名によってあなたがたを祝福します。アーメン。

 愛する子らよ、「十字架の道行」を祈ってくれたことに感謝します。多くの子らが救われ、多くの霊魂が煉獄から解放されました。子らよ、「十字架の道行き」の祈りをたびたび唱えなさい。この祈りは、ルシフェルに対して大きなカを持っています。子らよ、償いの祈りを続けなさい。私と我が御母は、いつもあなたがたと共に居る。子らよ、私は、我が聖心と、我が御母の汚れなきみ心から、父と子と聖霊の御名によってあなたがたを祝福します。アーメン。

 子よ、私は、あなたと一致している愛する娘、ジョージェット・ハーブ(ジョージナ)と愛する息子、カミーユ・ラトゥフに特別な祝福を与えます。私は彼らと、彼らのミッションを祝福します。続けて聖シャーベルの愛の言葉を世界中に広めなさい。彼のとりなしによって、実に多くの霊魂がいやされているのですから。私はあなたがたを父と子と聖霊の御名によって祝福します。アーメン。

 子らよ、あなたがたに感謝します。償いの祈りを続けなさい。それはとても必要です。光の中を前進しつづけなさい。私たちは、あなたがたの歩みの一歩一歩を共にしている、ということを覚えていなさい。子らよ、父と子と聖霊の御名によって、あなたがたの仕事を続けていきなさい。アーメン。




1985年2月13日(水曜日)奇すしきバラの聖母の日

リトル・ペブルに聖母が語られた言葉:
 ナウラの聖なる地へ聖母が訪問されることを信じなかった為に、ウォロンゴング教区は大きな懲罰を受けるでしょう。




1985年3月13日(水曜日)奇すしきバラの聖母の日

リトル・ペブルに聖母が語られた言葉:
 リトル・ペブルに語られた聖母のメッセージヘの信心が足りなければ、ウォロンゴングの司教は大きな懲罰を受けるでしょう。




「信仰の旅」:リトル・ペブル、ジョージェット・ハーブと
その夫マイケル、及びジェームズ・ダフィーによる、
1985年4月の教皇ヨハネ・パウロ2世との謁見を目的に
ローマを訪れた旅の記録。



 これは天の元后、そして聖シャーベルの元后が、リトル・ペブルにお命じになり、幻視者ジョージェット・ハーブ(ジョージナ)とその夫マイケル、並びにリトル・ペブルの代弁者としてジェームズ・ダフィが同行した旅である。ローマ滞在中にリトル・ペブルに語られたメッセージも収録してある。

◆1985年4月13日(土曜日)午後1時30分 ローマ到着
 二人の天使がリトル・ペブルとジョージェットの肩を軽くたたいてあいさつされた。私たちは、この天使のあいさつのことを、ローマ到着までに 聖シャーベルから知らされていた。その日午後10時。この日の夜、聖母がホテルの私たちの部屋に来られた。ローマに滞在する一週間のあいだに、私たちが教皇様に謁見できるとおっしゃったが、どういう方法でそれができるのかは教えて下さらなかった。


◆1985年4月14日(日曜日)正午。
 聖ペトロ大聖堂で教皇様は2人の福者の列福式を行っておられた。聖母がおっしゃるには、教皇様は私たちがここにいることをご存知であった。聖シャーベルも同じことをジョージェットに告げ、天使たちはジェームズ・ダフィーに同じく教えてくれた。


◆1985年4月15日(月曜日)朝。
 主がリトル・ペブルに、「心配はいらない、すべてうまくゆく」とおおせ になった、また主は、私たちに300もの天使をつけて下さった。主と聖母と聖ヨゼフ、聖シャーベル及び天使たちが、私たちを祝福して下さった。この日の朝の聖母のメッセージは、「ルシフェルが私たちの、教皇様との謁見をやめさせようとたくらんでいるので、霊の闘いが行われているが、恐れることはない」ということであった。ルシフェルは確実に負ける。私達が個人的に教皇様にお目にかかるとなると、世界中が驚くであろう。


◆1985年4月16日(火曜日)。
 今朝、聖シャーベルは、絶えず祈っていなければならない、と私たちに言われた。


◆1985年4月17日(水曜日)。
 私たちは一般謁見で、教皇様にお目にかかった。教皇様は、リトル・ペブルのところまで来られたので、リトル・ペブルは教皇様にメモを手渡した。


◆1985年4月18日(木曜日)。
 今朝、聖シャーベルがジョージェット・ハーブに話しかけられ、できることはすべてやったので、あとはすべてを神に任せなさい、と忠告された。また天では、私たちの努カに大変喜んでいる、とのことだ。今朝、聖母もリトル・ペブルのもとにおいでになり、こう言われた。「子よ、私はここにいます。一日中あなたと共におります。子よ、ルシフェルが、あなたの母、無原罪の聖マリアに勝てるとでも思いますか? 子よ、光に従って歩みなさい。私はあなたと一緒にいます。息子よ、愛のリトル・ペブルよ、そしてジェームズ、ジョージェット、マイケル。私はあなたがたを父と子と聖霊の御名によって祝福します。アーメン。光の中を歩いて私について来なさい。神は勝利を収められます。信仰をもち、あなたの母に信頼しなさい。今日は、たびたび大天使聖ミカエルの祈りを唱えなければなりません。」

 私たちは全員、この5日間、大きな試練を受けていた。今日は市外にある「トレ・フォンテーン」のご出現地にも行った。聖母がリトル・ペブルにおっしゃったところによれば、聖母がすべてのご出現地の元后であることを示すために、私たちをその場所につれて来られた。また、いつの日か、オーストラリアのナウラの聖なる地も母なる公教会によって、同じように承認されるであろう、ということである。

 夕方ホテルへ帰る途中、天使達がジェームズ・ダフィーに、バチカンからのメッセージが入っているはずだと教えてくださった。その夜、ホテルに帰着して後、教皇様の秘書からリトル・ペブルに電話が入り、パパ様の金曜日の個人ミサと個人謁見に私たちを招待する、と言われた。


◆1985年4月19日(金曜日)
 今朝、私たちは教皇様の個人ミサにあずかり、個人謁見に行ってきた。すばらしい一日だった。教皇様はリトル・ペブルに、聖母様が私たちをここまで送り出されたことを知っている、と言われた。


◆1985年4月20日(土曜日)
 主が今朝語られた。教皇様は、聖母のメッセージを信じておられる。勝利は我らのもの。あとはすべてを神と、教皇様にお任せしなければならない。


◆1985年4月23日(火曜日)
 午前4時、ローマからの帰りの飛行機の中で、主が語られたみ言葉。「我が祝された子よ。あなたに祝福あれ。勝利はあなたのものである。ルシフェルは敗退した。あなたと同伴者のジョージェット、マイケル、ジェームズはあふれんばかりに恩寵を受け、ローマヘの仕事の間、大いなる実りを得た。大いなる実は、あなたがたの教皇ヨハネ・パウロ2世との謁見をもとに、ますます成長する。あなたがたは、我が愛する御母が勝利を収められる時、もう一度、教皇に会うであろう。愛する子らよ、勇敢に、十字架を背負ったあなたがたを、父と子と聖霊の御名によって祝福します。アーメン。」


◆1985年4月27日(土曜日)
 ジョージェット・ハーブを通じ、聖シャーベルは、「ローマヘの旅は成功であった。ローマは教皇を通じ、リトル・ペブルの仕事を助ける方向に動き始めており、すべてはうまくいくであろう。天は、今回の旅行で行なわれたことについて喜んでいる。」と教えてくれた。

以上。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】