箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

リトル・ペブルに与えられたメッセージ

No.025  1985年1月22日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】

聖母:
 子よ、私は、我が尊い息子のもとから、父と子と聖霊の御名によって平安をあなたに送ります。アーメン。子よ、謙遜な息子よ、あなたの母であり、無原罪の聖マリアである私は、今日、人類に忠告を与えるために来ました。子よ、心安らかにしていなさい。我が愛のリトル・ペブルよ、そして世界中の子らよ、私は今一度、あなたがたを父と子と聖霊との御名によって祝福します。アーメン。

 子よ、あなたが、私の願いどおり断食しているのでとてもうれしく思っています。この償いの行いを通して、多くの霊魂が救われました。ああ、子らよ、もっと多くの子らが断食さえしてくれたら、地獄の火、破滅に向っている多くの霊魂を救えるのです。この偉大な祈り、断食という折りを実行する子らは、ほんとうに少ないのです。断食することによって、子よ、あなたは悪魔を飢死させることになります。我が愛する息子イエズスが、断食の力について、この世では罪びとの多くが悪魔にとりつかれているが、断食がいかに罪びとからルシフェルと悪魔を追い出すことができるか、ということを話さなかったでしょうか? 子らよ、断食しなさい。天のためにこれを実行する子らには、大いなるむくいが用意されています。子よ、断食をしてくれていることと、あなたの犠性を、アメリカの幻視者で私の愛する娘であるアン・ベネットと一致させてささげてくれていることに対し、感謝し、もう一度あなたを祝福します。子らよ、今日私は、聖なる幼な子たちのための、祈りの特別な日を設けるようお願いします。人間は、ただちに堕胎をやめなければなりません。この犯罪の罰は、死と地獄です。子らよ、こんな残虐行為を犯しているかわいそうな罪びとのために祈りなさい。人間がこの重い罪を痛悔しないならば、世に対して下される罰は恐ろしいものとなります。

 地上の子らよ、あなたたちはどうなったのですか? 自分たちがどこから来たのかを忘れてしまったのですか? 天にまします永遠なる御父からでしょう! この地上で死なずに永遠に生きるとでも思っているのですか? 永遠なる御父がいのちと死の鍵を持っておられるのです。あなたがたの身体はいつかは死にますが、魂は生き続けます。愛する子らよ、今日の人間のように悔い改めずに罪のうちにとどまるならば、霊魂はどこへ行くのか考えてみたことがありますか? 地獄、永遠に地獄へ行くのですよ。子らよ、地上での生活がほんとうに短かく、そのあとには永遠があるということを考えなさい。これがあなたがたの望んでいることなのですか? 自分の自由意志で望まない限り、誰も地獄へは落ちません。誰一人として、清くない者は天国へ入れませんし、人間の夢と想像をはるかに超える喜びと幸福が存在する天国で、永遠なる御父と御子と聖霊と共に永遠に生きるよう強制される者も一人として居ません。子らよ、地上では時間を有効に使いなさい。愛が鍵となります。人間の幸福の為に、モーゼに手渡された十戒を守りなさい。子らよ、今こそ祈りに十分な時間を捧げなさい。時は、人間が思っているよりはずっと少ないのです。

 太陽と、月と、星の動きに気をつけていなさい。それらの内に大いなる印が現われて、人間に「その時」を知らせるでしょう。すぐに、我が尊い息子イエズスの、地上への再臨を告げ知らせる大きい星が、人間の前に現われるでしょう。子らよ、準備はできていますか。我が尊い息子を本当に愛し従う者なら、いつでも準備は整っているでしょうから、何も恐れることはありません。

 子よ、今私は、リンディー・チャンバーレインに特別な祝福を送りたいと思います。子よ、彼女に彼女の天の母、無原罪の聖マリア、天地万物の王イエズスの母が、天の愛と祝福を送ります、と伝えて下さい。彼女は父と子と聖霊の御名によってすぐに解放され、大きな喜びが彼女の霊魂を満たすであろう、と彼女に伝えて下さい。アーメン。

 我が尊い息子イエズス・キリストの、最も謙兼そんな使徒、我が愛のリトル・ペブルよ、天からの使命のうちに、歩みつづけなさい。すべての子らが今、大警告の前に、ロザリオ15連を唱えるようお願いします。ロザリオ全玄義を唱える者は、すべて彼らの家族を救える、ということを約束します。子らよ、覚えていなさい。私は、すべての人間の母であり、天にいる私たちは、子らを大変愛しています。

 子よ、私はもう一度、父と子と聖霊との御名によってあなたを祝福します。アーメン。世界中の私たちの代弁者たちを一致させる使命を続けなさい。あなたと一致している代弁者たち、つまりノラ・アーサーズ、ジュネヴィエーヴ、フランツ、マイケル、M.A.(T)、アン・ベネット、マリアンヌ、ベランジャー、小さき魂のマルゲリーテ、ゴッビ神父、ジョルジェット・ハーブ(ジョルジーナ)、それにもうすぐ天の元后の小さき霊魂の軍勢に加わるはずの代弁者たちに、特別な祝福を送ります。子よ、父と子と聖霊との御名によって祈りを続けなさい。アーメン。子よ、感謝します。天はあなたと、あなたの偉大な使命についてほんとうに喜んでいます。私は、地上のすべての働き手たちと、子らを、父と子と聖霊との御名によって祝福します。アーメン。


リトル・ペブル:
 最近、私たちとの一致のうちに、新しく出現地が加えられました。アメリカ・ウィスコンシン州のネセダという所です。みなさん、これらの聖地とメッセージを世に広めて下さい。




メッセージの続き。
1985年1月25日(金曜日)



聖母:
 我が愛する子よ、私、無原罪の聖マリアは、今週初めにあなたに伝えた忠告の続きを述べるために、今日来ました。心安らかにしていなさい。私は永遠なる御父のもとから父と子と聖霊との御名によってあなたを祝福します。
アーメン。

 子よ、私はこの冷淡な世界を、その眠りから目覚めさせるために来ました。なぜなら、子らがもっと多くの祈りをしないならば、世界は犯した罪のために自滅への道を歩むことになるからです。子よ、今年の初めにあなたに言ったように、現代は聖霊の時代です。多くの人たちが幻を見、夢を見、そして偉大なすばらしいものを見るでしょう。子らよ、聖霊、つまり父と子の霊の時代が地上に訪れました。それは、神の光で人類を照らすため、そして人間に、我が尊い息子イエズス・キリストの再臨、つまり2つの汚れなき聖心 − イエズスの聖心と聖マリアの汚れなき御心 − の王国に備えさせるためなのです。子らよ、悔い改めなさい。そしてこの偉大なる歴史的出来事のために準備しなさい。

 子らよ、すべての出現地におけるメッセージを広めるために全力をあげて下さい。そして、私の特別な恩寵の地、アメリカのネセダのことを世に知らせてくれるよう特にお願いします。聖地ネセダを支持してくれている子らよ、失望しないで下さい。私がなお母なる公教会の祝日に聖地に出現し、そしてまもなく多くの人たちが、その地で再び、驚くべきことを目のあたりにするであろうと、世の子らに告げなさい。そうです、子らよ、謙遜な幻視者メアリー・ヴァン・フーフは天国に召されましたが、それでもなお引き続き私はそこに出現します。子らよ、あなたがたの心を上げ、ネセダでのメッセージを広めなさい。メッセージはあなたがたが読まなければなりません。

 子らよ、ほかの出現地と、そこでのメッセージも人類みんなに知らせなければなりません。我が愛する娘、「アメリカの聖母のご出現」のシスター・ミルドレッド・メアリーに告げた祝福されたメッセージも述べ伝えなければなりません。また、アメリカの聖母のメダイも、世界中の子らに配布しなければなりません。もっと多くの人がこれらのメッセージ(アメリカ、オハイオ洲フォストリア)のことを知る必要があります。また、子らよ、私は、愛する子、ベトナムのホー・ゴック・アン(ステファン)に特別な祝福を与えます。子よ、私はあなたと共にいますよ。子らよ、私がファチマの聖母の名によってベトナムの人たちに与えたメッセージを広めなさい。アジアのすべての子らよ、聖堂へ来なさい。そうすれば多くの人々がいやされ、回心するでしょう。(聖堂の所在地は、南ベトナムのビン・ロイ)

 さて、子よ、X神父を神に立ち返らせるために、あなたがどのように協力できるかについてですが、このことは、ほんの数日前、あなたを通じて彼に与えた指示の中に示されています。X神父はただちにこの指示に従わなければなりません。さもないと彼の使命は失われるでしょう。子らよ、彼のためにさらに多くの祈りが必要です。

 子よ、アメリカのレズリー・ガレイに関してですが、彼は聖霊から霊感を受けています。しかし、カリスマ的要素に気をつけるよう、彼に警告しなければなりません。子らよ、再生運動または聖霊降臨運動とか、カリスマ運動は、神からのものではありません。悪魔ルシフェルがあなたがたを暗闇へ引き込もうと、光の天使を装い、この運動を始めさせたのです。この運動に加わっている人たちは善い人たちですが、子よ、彼らは、まちがった方向へと導かれているのです。子らよ、使徒行録を読みなさい。そうすれば、カリスマを持つとはどういう意味なのかが、すっかり理解できるでしょう。子らよ、確かに多くの人達がこの運動を支持しています。しかし、これは聖霊からのものではない、ということを知っておきなさい。時が来れば、人間はこれを悟るでしょう。この類の事がらに関しては、母なる公教会の教えを読みとらねばなりません。もっとたくさんの折りが、すべての子らによって唱えられなければなりません。そうすれば教会及び世界をおおっている、この大混乱が一掃されます。このことは、まぢかにせまった我が汚れなき御心の勝利と共に起こります。

 子らよ、もっとしばしばロザリオの祈りを唱えなさい。もっとひんぱんに御聖体の我が尊い息子を受けなさい。啓示が与えられるように聖霊に祈りなさい。そうすれば道が示されるでしょう。子よ、感謝します。償いの祈りを続けて行なって下さい。そしてあなたの天の母を信頼しなさい。子よ、ルシフェルはあなたと、あなたが私から受けた偉大な使命を滅ぼそうとしています。しかし、子よ、彼にはどちらも滅ぼすことはできません。子よ、私があなたに与えるこの使命を通して、あなたは聖別され、試練と苦しみの長い道のりの終点で私、汚れなき聖マリアは、我が小さき子らと共に独裁者の頭を永遠に踏みくだき、ルシフェルは二度と人間を誘惑できないように、底のない永遠の死の地獄へ投げ込まれるのです。子らよ、私はあなたがたを父と子と聖霊との御名によって祝福します。アーメン。

 ユーゴスラビアのメジュゴリエの幻視者たちのために祈りなさい。彼らは我が汚れなき御心のために、大きな試練を受けています。他のすべての天の代弁者と同じように、私は彼らを祝福します。一致しなさい。子らよ、一致しなさい。私は、アメリカの聖母の聖なる布教団の小さき白鳩、我が子ミルドレッド・メアリーを祝福します。今私は、父と子と聖霊との御名によってすべての者を祝福します。アーメン。聖霊の光に照らされて前進しなさい。子よ、感謝します。




聖母のご要請が成就される。
1984年5月13日(日曜日)
ファチマの聖母の初めてのご出現の祝日


 我が子、リトル・ペブルよ、もう一度教皇ヨハネ・パウロ2世に手紙を書いて下さい。彼に告げなさい。「私は、すべての使徒の元后、司祭たちの元后、すべての人類の元后として、今こそ、私の忠告に従うよう命令します」

 子よ、リトル・ペブルよ、手紙には、次の言葉を書いて下さい。

「我が愛する教皇ヨハネ・パウロ2世、我が御心の息子、光の王国にまします永遠なる御父に選ばれた者、地上においては我が息子の家の教皇、我が愛する子よ、私は、次のことを、特別に私のために行ってくれるようにお願いします。まず、世界中のすべての司教に、今年の12月8日ローマに集まるよう命令を出しなさい。すべての司教達に、世界、とりわけロシアを我が汚れなき御心に奉献するよう命じなさい。聖体拝領はひざまずいて、舌の上でだけ受けるように命じなさい。」


【記事1】
ザ・カトリック・ウィークリー1985年1月30日号
教皇、特別会議を召集

 特別会議は、今年11月25日から12月8日までローマで行われる。

【記事2】
ザ・ウィークエンド・オーストラリアン紙1985年2月23日
教皇の、時代逆行に教会は危惧の念。

 ローマ教会は、両形色による聖体拝領と、手で聖体拝領することを禁じた。




聖母は言われた。「我が息子の体を手で受けてはなりません」


敬虔なる聖体拝領

 手で聖体拝領することは、初代教会の時代以来認められていない。これについては、教皇聖ユティキアン(在位275〜283年)、聖大バジル司教(在職330〜379年)、ルーエン会議(650年)が文書を残している。御聖体は叙階された司祭だけが、ひざまずいた信者の舌の上にのせて与えることができる、ということが、トリエント公会議(1545〜1563年S13、C8)で再確認され、またこれは、第2バチカン公会議でも変更はなかった。最近では、教皇ヨハネ・パウロ2世は、全司教に送付した同文通達(Inaestimable Donum、1980年4月17日付)の中で、「ご聖体は、最大の敬意を払い、かつ伝統的な方法で、準備され、与えられ、受けなければならない、」と述べている。「信者自身が、奉献されたパンと聖なるカリスを手でとり上げることは許されていないし、ましてや信者同志で、ご聖体を手渡すなどはもってのほかである。」

 さらに平信者の奉仕者の役割についても言及している。「ご聖体についてだけ特別に承認を受けた聖職者は、司祭が一人も居ない場合に限り、ご聖体を与えることができる」 また、聖体拝領の方法に関しては、教会は信者に、敬意と敬虔さを求めている。「信者は、ひざまずくか立ったままで聖体拝領することができる。信者が、ひざまずいて聖体拝領するなら、ひざまずくこと自体、崇敬を表しているので、それ以上、聖体に対する敬虔さを表すしるしはする必要はない」 ご聖体のイエズスを拝領する際、「信者は、ミサ中、またはミサ終了後も、できればしばらくの間、後方で祈って、感謝をささげることが望ましい。」

 聖パウロによる、時代を超越した次の言葉を黙想しましょう。「だから、ふさわしい心を持たずに主のパンを食べ、そのさかずきを飲む者は、主のおんからだとおん血を犯す。だから、そのパンを食べ、そのさかずきを飲むごとに、おのおの自分をしらべなければならない。主のおん体をわきまえずに飲食する者は、自分自身への裁きを飲食することである」(コリント人への前の手紙11章27〜29節)

 全ての人が罪を赦されてから、敬けんな態度でイエズス様のご聖体を拝領するよう祈りなさい。



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】