箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

リトル・ペブルに聖母から与えられたメッセージ

No.016-2  1984年9月6日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【オーストラリア・ナウラ承認済】


聖母:

 子よ、大天使聖ミカエルの祈りを唱えなさい。愛する子よ、もう一度あいさつします。

 今日来たのはあなたにこの前の晩伝えたメッセージを続けるためです。子よ、そしてすべての子どもたちよ、償いの祈りを続けなさい。この償いの祈りが今何をおいても必要なのです。小さき子よ、私は聖父と聖子と聖霊の御名によってあなたを祝福します。アーメン。

 私、無原罪の聖マリアは、世界中の私達の子どもたちに,繰り返して何度も懇願します。世界中で与えられている天からのメッセージをよく聞きなさい。我が子よ、我が子らよ、私はすべての私達の子らを、我が翼のもとに集めることができるまで語り続けます。我が息子イエズスがかつて言い、あらゆる時代を通して繰り返し語ったように。そして又、めん鳥がひなを羽の下に集めるように。これこそ神が切に望んでおられることなのです。我が最愛の子よ、あなたの天の母が深くあなたを愛していることをわかって下さい。子よ、聖霊が聖パウロをとおして『私は生きているがもう私ではなく、キリストが私のうちに生きておられる』と語ったようにあなたの内に住み、あなたを通して、我が子らに語っているのは、あなたの母であるこの私なのです。

 おお子よ、子ども達よ、あなた方の兄弟姉妹に呼びかけなさい。神の御怒りである最終の日がくるまでに呼びかけなさい。呼びかけなければならない者がたくさんいるからです。子らよ、大天罰の前までに、多くの者が安全に「天上の喜び」(天)に連れられるでしょうが、全部の者ではないのです。なせなら、多くの者は天国の雲におられる我が息子イエズスの到来を、カタコンブの中にかくれて待つことになるからです。

 世界中の大勢の私達の子達が終末のことの順序を聞いています。子らよ、あなたがわかるために、今からそれについて言いましょう。

1. まず
パパ様の命が奪おうとされ、パパ様は負傷なさいます。

2. このあと大革命が起ります。この革命は世界中の国々に及びます。ローマでも起り、永遠の都にさえ起ります。その都では悪魔の赤い軍団である反キリストの軍団がバチカンに侵入し、サンピエトロ大聖堂にまで入りこみ、

3. 従ってパパ様は逃げられま
す。

4. 子よ、我が子らよ、このあと「大警告」があるのてす。

5. 「大警告」のあと、第三次世界大戦が始まります。

6. その後、「大奇跡」が起ります。

7. 「大奇跡」のあと起こることは猛烈きわまりないものとなります。にせキリストが自分の預言者であるにせ教皇を選び出し、総支配するからです。

8. これらのことに伴い、国
どうしの侵入も起きます。

9. 「けものの印」が起こるのはもっと後におきる事がらの最中です。

10.我が子よ、それから悲劇中の悲劇が来ます。第三次世界大戦で、最後に原子爆弾とミサイルが使われ、そのあとに「救いの球」が来るのです。

11.「救いの球」が来るのは「暗黒の3日間」の時です。この3日間の前に「天上につかまえられる」ことが起こります。我が子よ、子ども達よ、大変な悲しみです。
人間がもし祈るならば、これら全ての苦しみは和らげることができるのです。

12.我が子よ、子供達よ、この「暗黒の3日間」のあと主イエズス・キリストが大勝利のうちに来られて再臨となり、全ての悪と悪人はほろび去ります。子よ、このキリストの再臨が悔い改めない世代に起こるということは悲しむべきことです。我が子よ、子ども達よ、償いを果たし、犠牲を捧げなさい。そうすれば、この世がこれまでも、そして今後も見ること
のないほど大勢の私達の子らがこのような恐怖をまぬがれるでしょう。

13.我が息子が地上に戻ってこられた後は「二つの聖心」の時代が始まります。それが長い間待たれていた「平和の時代」なのです。天の楽園は再び私達の子らの手にわたり、もはや罪も死も涙も苦しみもなく、ただ喜びと平和と幸福のみがあるのです。


 子らよ、このためにこそ働き、そして祈る価値があるのではないのですか?
 天にいる私達は、すべての人間を愛しており、一人として迷うことなく、天国での永遠である至上の幸福を得るために救われることを望んでいるのです。我が子ども達よ、今現在、日々死んで行く人々のうちで天国へ行く者は、極めて少ないのです。たった5%しか天国へ直通の者はなく、15%が煉獄行きで、…… 愛する子らよ、残りの者はどこへ行くかわかりますね。人間にとって祈ることがどれほど緊急に必要かわかるでしょう? 子ども達がもし私達の声に耳を傾けるならば、すべての人間には、まだ大きな希望があります。我が子リトル・ペブルよ、私は聖父と聖子と聖霊の御名によってあなたを祝福します。アーメン。天にいる私達は、その子供達をよく見守っていることを知りなさい。

 我が子よ、私が天に帰るまえに最後の指示です。『公けの償いの日』に聖地へ巡礼に行く者に対して、しかるべき服装で来るようにと強く言わなければなりません。我が子よ、かぶりものをしない女性は聖地に来させないように警告しなさい。すけて見える服や、ショートスカート、スラックス、半袖やショートパンツもいけません。男性で半ズボンやきゅうくつな服を着る者もいけません。子らよ、このような服装は罪を招くからです。永遠の御父によって祝福された聖地へ巡礼に来る者はすべて、けんそんな心をもって、全人類の罪のつぐないのだめに祈り、かつ犠牲を捧げなければなりません。これらの地は神に捧げられた聖なる地であり、神へのぼうとくは許されません。子よ、あなたはこのことを聖地の入口に表示しておかねばなりません。私が以前約束したように、罪人のよりどころなる我らが御母聖マリア、キリスト信者の助けである聖地に来る者の多くが、精神的、肉体的にいやされるでしょう。

 ありがとう我が小さき子よ、メッセージが長くなりましたが、すべては私達の子らに必要なことです。私は聖父と聖子と聖霊の御名によってあなたを祝福します。アーメン。子よ、祈りと使命を続けなさい。では、さようなら。あなたの母であるマリアより。





 1984年6月29日に「はこ舟の聖母、キリスト信者の助けなる我らが御母聖マリア」のご依頼により、次のことを公表します。「子よ、時が再び来ました。ベイサイドの私の参詣所で取られたヤシンタ(ファチマ)の奇跡の写真を広めるのです。」

 ファチマ ヤシンタ1972「この写真の内に大天罰の起こる年月日と時間が書かれている」

ベイサイドで撮られたヤシンタの奇跡の写真

 ヤシンタの1972年の預言、1971年9月4日、一人の男性がポラロイドカメラで聖母像をとった。ポラロイドなのでネガはなく、ただちに現像されたものである。うすきみわるい超自然的な、なぐり書きがその写真の表面全体を横ぎり、それが「ヤシンタ1972」という文字であった。「1972」の上に現れている「ヤシンタ」の文字はこの写真の両面に並べてあるが、これは写真をそのように読みとるようにであり、従って線や数字や文宇を、わかりやすくさせるためである。

左からヤチンタ、フランシスコ、ルチア

 ヤシンタがリスボンのシスター・ゴディンホー(ヤシンタの臨終の時に世話をしていた修道女)に伝えたことによると、彼女の命令は「……常にバチカンと一致するものであり、バチカンは1972年に起こることのために準備しなければならない」なぜならこのような罰が世界をおそうのは、人間の罪によるものであり、「かわいそうな」パパ様は非常に苦しまれる。我々は今、ベイサイドのメッセージで、教皇パウロ6世が1972年から、ずっとバチカンで捕虜となっておられることを知っているのである。

 1978年11月25日の聖母のメッセージ「我が子よ、この写真の”ヤシンタ”は、この地上のすべての子らが読むべきことです。子よ、すべての子らに、なすべきことを教えなさい。もし彼らが真実を知る御恵を永遠の御父よりいただけるなら、充分に写真を調べて、不思議な文字、”ヤシンタ・1972”を見い出すでしょう。”ヤシンタ”という文字を読みとり、線や文字や数字をよく読むのです。この不思議な写真の内に、天の御父である神が人類にくだされる大天罰の日付が与えられているのです。すべては人類の返答いかんにかかっているのです。あなたはこの写真について我が息子が世に与え給うた次のみことばを思い出さなければなりません。「この写真が何を意味するか、パズルとしてよく考えよ」「……私はファチマの幻視者であるヤシンタ・マルトの代母です。ヤシンタは次にのべる秘密を私に言いましたが、それを私は何年もの間、信心のために公表しないで守ってきましたが、自分の死期もま近なようなので、教皇様に伝えたいと思います。

 以下はヤシンタが言ったことをそのまま引用してあります。この証は私の秘密でまったく私が聞いた、実際のヤシンタご自身のことばのみであることを誓います。『代母様、世界か混乱しており、世が犯しつづけている罪のために、愛する御子に大きく背いているので、マリア様は御子の腕をとめることはもうてきなくなってきていることをパパ様に伝えて下さい。しかしもし、世界が罪の償いをして、改心すると約束するなら、マリア様は救いの手をさしのべるために来られます。しかし、改心しないなら、天罰は絶対に免れられません。パパ様に不忠実だったからです。』(ヤシンタのさいごのことばより)」

「……ヤシンタは又、私に次のように懇願しました。『この修道会のシスターたち』は、バチカンと常に一致協力し、1972年のために、しっかり準備しなければなりません。けがれた罪と途方もないぜいたくのむなしさ故に、このような罰がくだされるので、このことで教皇様は非常に苦しまれるでしょう。……かわいそうなパパ様(と、強張した) ヤシンタは次のように言いました。「み主の勝利は必らずきますが、それまでには何年もの年月がかかるでしょう。神のみ旨がこの世にはまだ成就されていなからです。」 ヤシンタは、自分を説明するのにどうしてよいかわからないことで非常に悲しんでいるが、できるだけ一生懸命努力していると言いました。

 次は又、ヤシンタのことばです。「天にはある秘密があり、地にも別な秘密があります。そして地のそれは恐しいものです。それは、あたかも世の終りが来たかのようでしょう。そしてこの大天罰(大異変)により、すべてのものは空と二つに分かれ、雪のように白く変わるでしょう。マリア様は又、こうもおっしゃいました。よく祈り、犠牲をたくさん捧げなければなりません。このことによって、み主が非常にお喜びになるのです。それから司祭達を尊敬しなければなりません。彼らは地の塩であり、天国の道をたどる霊魂を導く司牧にあたっているのです……。(これでマザー・コディンホーの手紙にあるヤシンタのことばが終わっている。)



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】