箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

神の選ばれた人々へ
1996年2月22日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】


 私はこの短い手紙を皆様にお送りしたいと思っています。それは第一に、皆様が困難にくじけずやり通せるよう勇気づけるためです。第二に、常に神の完全な御旨に従いついて行く重要さを理解するよう助けるためです。特に私たちが理解しようとなかろうと、神の完全な御旨がはっきり示された場合です。

 私たちは非常に弱いことを思いだしてください。私たちへの召し出しがどんなに偉大でも試みを受けるのです。それ故、兄弟姉妹の皆さん、私が明らかにしようとする光りの中で、落胆したり、一人よがりになったりしないでください。神は憐れみ深く正しいのですから。

 これから迎える時は、最も困難な時で、神の助けにより、私たちがこの狭い道に踏み留まるために自分の力のすべてを必要としています。それ故、もしあなたが疑問を持ち始めたら、質問を始めるか、人間的論理を通して理解しようとし、それから天の御母マリアの元へ駆けつけてください。そのまま(疑問を持ったまま)に留まっていてはいけません。祈りを通して神と神の母に助けて頂けるよう呼び続けてください。

 神が私達をいかに扱われるか、なぜこんなことをお選びになるのか、時刻、日付、事柄、使命を啓示されるのかを理解できないということは多くの場合真実です。神は神であり、私たちはちりにすぎません。しかし、もし神がその限りなき全智により、あなたがたに使徒、弟子、女王、プリンセス、バロネス(女男爵)、神秘家、幻視者、ビジョナリー、恵まれた霊魂となる恵みを与えてくださったら、かかる特権と恵みをくださる神を賛美してください。神は自由にお与えになり、自由に取り去ることができます。神の召し出しに目覚めて注意深く、信仰の内に眠らず気を付けていて欲しいのです。

 さて、この手紙の理由です。

 数か月前、私は聖母に使徒について尋ねました。私自身質問し、またカナダの神秘家で主の御傷を受けているソーンブッシュを通して質問しました。使徒の使命は保証されているのでしょうか? 使徒も落ちることがあるのでしょうかと。聖母はお答になりました.「それは正しいです。選ばれた使徒は落ちることはありません。」と。

 それから最近、選ばれた使徒の一人がリトル・ペブルのミッションを攻撃しました。聖母はソーンブッシュを通して、その使徒が落ちたことを明らかにされました。それで私は大層混乱しました。以前、聖母は使徒は落ちることがないと言われたからです。それで私は再び聖母に質問しました。しかし今日は主イエズスがソーンブッシュを通してお答えになりました。どうか真剣に主の御指示を受けとめて主の言われることに全て従ってください。あなたがたを祝福します。私のために祈ってください。

神の祝福を

リトル・ペブル




主がソーンブッシュを通してリトル・ペブルに与えられたもの
(ミサの前、ロザリオ二環目の間に、聖体顕示の前で与えられた主のお答)


ソーンブッシュ:
 私は印を見ました。リトル・ペブルもバイロケーションで来ています。


主:
 わが白き岩よ、私は聖母の汚れなき御心を通して、わが聖心をもってあなたに挨拶する。わが言葉を聞きなさい。

 わが神的、極まりなき憐れみは常に留まり、止むことなく、全ての子供に注がれる。しかし、次のことを心に留めなさい。わが子「小さきペトロ」よ、私は真の正義である。また、終末の時代の使徒の使命についての聖母の言葉も正しい。

 即ち、降りかかる危険など存在しないという言葉の意味は、その使命の中でこそ誤りないものである。そして、この場合はそうではなかったのだ。しかし、彼らは聖寵の範囲内で忍耐できる聖寵を全て与えられている。自分の好きなように進まないようにである。ここが違う。

 わが子(……氏名は伏せられる)は使徒としての使命を受けるべく多くの機会が与えられていた。けれども、彼は「小さきペトロ2世」、とりわけ「小さきアブラハム」としての「白い岩」の使命を否定し、彼自身に与えられた使命を真実に、また完全に受け入れることをしなかった。

 私は全ての子供が自由に決定できるようにしている。だから彼らは自分自身の行為に責任がある。私は、自分への神の完全なる御旨を既に自覚している者に無理強いすることはない。クイーン、プリンセス、バロネス、弟子の使命は勿論のこと、全ての存在しているミッションは、教皇を除いて、無謬ではない。

 「白き岩」よ、心騒がせるな。子らが聖徳のうちに使命を生きるなら、彼らは安全に守られるのである。私はそのことを充分に説明してきたし、これからも母マリアと共に引き続きそうする。それで、わが子ら、特に選ばれた光の子らは、わが御旨に沿って行動をするよう召し出されていることを引き続き理解するだろう。わが御旨とは、天の御父の御旨である。我々は一つだからだ。天より与えられたものは、一つとして許しなく奪い去られることはない。

 わが子どもたちは、聖徳のうちに聖人になるために、自身の霊魂を聖化するために働くよう呼ばれている。選ばれた多くの者は、自分の使命は自分のものと信じたので、受動的になってしまった。彼らは世とその娯しみと情熱によって自ら盲目となり生ぬるくなった。わが真の正義は多くの眼と心を開くだろう、わが小さき子よ。

 「忠実な岩」よ、わが真の正義について、わが真の自由と解放について、あなたの霊魂を教育しよう。あなたを祝福する。未来のペトロ2世よ。わが母の汚れなき聖徳なる御心を通して、†、あなたの神なる王として、憐れみ深き救い主として。

イエズス




[HOME] [戻る]


 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】