箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

イラクの「大量破壊兵器」について、
オーストラリア首相に宛てて

− 2006年4月3日 −

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】


リトル・ペブルからの手紙 2006年4月3日(4月18日に公表された)

イラクの「大量破壊兵器」について、オーストラリア首相に宛てて

親愛なるジョン・ハワード首相

 私は希望のこの新年に、私たちの主イエズス・キリストの御名によってあいさつします。

 ここ数年にわたって、私はイラクと大量破壊兵器についてあなたに手紙を書きました。あなたは親切に応えてくださいました。今、私は、あなたが情報機関が間違いを犯したと信じていることを知っています。このことは、そうでありません。兵器はまだモスクと学校の下にそこにあり、隣接している国によって配置されています。

 首相、あなたへの手紙以来、私は法廷で裁かれて、私が犯したことのない罪状で刑務所に投獄されました。私が潔白であることは間もなく証明されるでしょう。

 イエズスは再びあなたに宛てて、カトリックの幻視者として、手紙を書くように頼まれました。イエズスは、あなたに、イランの問題について用心深くあるように伝えることをお望みです。それは西側世界を、これらの隠された大量破壊兵器が使用されるであろうイランとパレスチナの闘争に引きずり込もうという彼らの計画なのです。オーストラリアと同盟国は、これがイスラム教世界全体を引きずり込むであろうイランのこの問題を受け入れてはなりません。

 首相、オーストラリアは軍隊をゆっくりと引揚げ始める必要があります。イランとの問題はアメリカとその同盟諸国、ヨーロッパにさえ大いなる破壊をもたらすだろうからです。また、インドネシアに警戒してください。彼らはパプア・ニューギニアの紛争にオーストラリアを引きずり込むだろうからです。

イエズスがなさるように、神の祝福がありますように。

敬具

ウィリアム・カム
「リトル・ペブル」、神の下僕としても知られています。

シルバーウォーター刑務所、シドニーNSW、オーストラリア



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】