箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

リトル・ペブルからの手紙
教皇ベネディクト16世聖下への手紙

− 2006年5月22日(原文は2006年3月10日に書かれた)−

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】



教皇ベネディクト16世聖下にこの書簡をお届けできる方はご協力ください。この原文は2006年3月10日に書かれたものです。時は迫っています。英文はこちら。
http://www.shoal.net.au/~mwoa/documents/letter_lp_pope_benedictxvi_22may2006.html


【 教皇ベネディクト16世聖下 バチカン市国 ローマ 】

教皇ベネディクト16世聖下、

 私は、私たちの愛する救い主イエズス・キリストと、彼の栄光ある御母、永遠の乙女マリアの御名によって挨拶します。私はあなたと同じく、神の下僕です。私は、神の愛においてあなたが最近書かれた書簡について喜びを申し上げたいと望みます。愛徳の欠如により、世界が冷たくなり、世界が世界革命へと、最終的には戦争の断崖絶壁へと向かい続ける現在、それは非常に時にかなったことでした。

 今こそ、教皇聖下、あなたが神の御母の新しいドグマ、「全ての恵みの仲介者」「共贖者」を宣言する時です。また、教皇聖下、「御託身の祝日(お告げの祝日、3月25日)」を格上げし、それが祝われるべき大祝日にすることをどうか考慮してください。なぜならば、すべての真理において、「全ての恵みの仲介者」「共贖者」のドグマはこの日に始まった、すべての祝日のうちで最も偉大な祝日だからです。

 どうぞ、教皇聖下、祈りとともにこのことを考慮してください。神の最も優れた祝福があなたの上にありますように。

あなたの下僕、しかしまず第一に神の下僕

ウィリアム・カム
また「リトル・ペブル」として知られています


【 「御託身」の書簡 】 

「御託身」は教義的な真実であり、人間の歴史における神の御計画の中で最も偉大な出来事です。それは最も高い儀礼をもって祝われる必要のある祝日で、祝うことを義務づけられた大祝日であるべきです。それはキリストの御降誕、御死去、御復活の祝日と等しいものです。
 神が彼ご自身の創造物である肉体をまとわれたことにまさる偉大な奇跡はありません。彼は、物質と精神の領域の中に入ることをご計画なさることを思し召されました。そして神は、通常の肉体的な性交(すなわち、乙女マリアの卵子に男性の精子を受精させること)無しに、神は乙女マリアに注がれました。なぜならイエズスは(アダムとエバの時からそうであったように)他の全ての人間のように作られたのではなく、イエズスは聖なる乙女マリアのうちに御託身されたからです。なんという神秘なのでしょうか! 「御託身」は、聖なるミサの聖変化の時、パンとぶどう酒がキリストの御体、御血、御霊魂、御神性に全実体変化されるのと同じくらい、力強い神秘なのです。神によってまた創造されたパンとぶどう酒が、司祭の「なれかし(フィアット)」を通して、人間の物質的世界の中でその時までにもう神、そして人になる。ちょうど、最高の女司祭、乙女マリアが、彼女の「なれかし(フィアット)」によって、神の御子を地上にもたらしたように。それゆえあなたたちは、ミサの生贄とイエズスの御託身、御死去、そして御復活の間に密接な関係を見ることができるのです。ここにまさしく、最も聖なる乙女マリアによって「御託身」の時に与えられた言葉があります。(ルカによる福音 第1章26〜38)

「その6ヶ月目に、天使ガブリエルは、ガリラヤのナザレトという町の、ダビド家のヨゼフといいなずけであるマリアという乙女のもとに、神から遣わされた。天使はマリアのところに来て、『あなたにあいさつします、恩寵に満ちたお方。主はあなたとともにおいでになります。あなたは女の中で祝福された方です』と言ったので、マリアはこれを聞いて心乱れ、何のあいさつだろうと考えていると、天使は『恐れるな、マリア。あなたは神の御前に恩寵を得た。あなたは身ごもって子を生む。その子をイエズスと名づけなさい。それは偉大な方で、いと高きものの子と言われます。また、その子は主なる神によって父ダビドの王座を与えられ、永遠にヤコブの家を治め、その国は終わることがない』と言った。
 マリアは『私は男を知りませんが、どうしてそうなるのですか』と聞いた。天使は答えた。『聖霊があなたにくだり、いと高きものの力の影があなたを覆うのです。ですから、生まれる子は聖なるお方で、神の子と言われます。あなたの親族のエリザベトも、老人ながら身ごもったではありませんか。うまずめと言われた人なのに、もう6ヶ月目です。神にはできないことはありません』」

 そして、祝された乙女マリアの口から最も深遠な言葉が出ました − 彼女の神聖な母としての「なれかし(フィアット)」

「そしてマリアは『私は主のはしためです。あなたのみことばのとおりになりますように』と答えた」

 ほとんどの人々は、キリストの御死去と、死からの御復活の時、神が最も偉大なことをなさったと信じています。確かにそのとおりですが、もし神の御母の「なれかし(フィアット)」が与えられなかったなら、御死去と御復活は起こらなかったでしょう。それゆえ、「なれかし(フィアット)」の瞬間、キリストの御託身が人間の歴史の中にやってきたのです。このことは天地創造以来の神の最も偉大なみ業です。それは、神が、神ご自身の被造物に加わり、乙女マリアを通して、神が人間の肉体をまとわれたからです。マリアは彼女だけで聖霊によって奇跡的に懐胎しました。「無原罪の御宿り(Immaculate Conception)」、マリアは罪の汚れなく懐胎したのです。従って、「すべての恵みの仲介者」「共贖者」のドグマが聖母マリアに与えられるべきことは適切なことです。

 私たちが彼女を「神的な母」と呼ぶことができるのは、なぜか? 彼女は本質的に神ではありませんが、彼女が神から来られ、神が「御託身」において彼女から来られたので、また彼女はキリストとともに「共贖者」の役割をはたすという御旨において神的なのです。このようにして、神の霊の力によって、彼女の一点の曇りもない肉体を取り、人となられた人、イエズス・キリストのうちに神性をもたらしたのです。私はキリストの御神性のうちに、マリア様の神性が含まれていると信じます。彼女は神ではありませんが、神の中の第4の位格ではありませんが、彼女は神の「母」「浄配」であり、そして彼女の肉体を通して、彼女の「なれかし(フィアット)」を通して「神の御言葉」を具現化した「婦人」は、神ご自身の完全さにおいて神に創造され、他の被造物にはない完全な類似性をもって神に創造されました。それゆえ、私は「御託身の祝日」が新しい意味をもち、全世界の教会で表現の新しい高所に到達すべきであると言います。それは「神が人となった」、マリア様の「なれかし(フィアット)」を通して、彼女の「全ての恵みの仲介者」「共贖者」の役割を通して、人類がキリストによって救われる「門」を与えられた、最高の祝日として祝われるべきです。
 それは、神の小さな道具としての私の祈りです − 私は鎖につながれたままで、神の神的介入を待っていますが − あなたは、教皇聖下、最後の教皇となるように神に呼ばれた彼(すなわち、取るに足らない私自身のことですが)にこの統治する権威を引き継がせるまでの間、聖にして母なる公教会を導くために神に選ばれたのです。私は「ペトロ・アブラハム2世」、あるいは「ローマ人ペトロ(Petrus Romanus)」と名づけられるでしょう。

 教皇聖下、どうぞ、「全ての恵みの仲介者」「共贖者」の偉大なドグマを宣言し、「ご託身の祝日」を聖にして母なる公教会の最高のレベルの祝日にするという、この私の祈りを考慮してください。

 そしてどうぞ、いまだ刑務所の鎖につながれていて、神の聖なる介入を待っている私をおぼえてください。

 教皇ベネディクト16世聖下、神の祝福があなたの上にありますように。

 私はあなたの卑しい下僕であり続けます。しかしまず第一に神にです。


ウィリアム・カム

シドニー、ニューサウスウェールズ州
オーストラリア



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】