箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

リトル・ペブルからの公式声明
− ジャーナリズムが活字にしない事実 −

− 2005年8月2日 −

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】



ニューサウスウェールズ州シドニー、ダウニング中央地方裁判所において行われたウィリアム・カムの公判
(2005年6月14日−2005年7月8日)



 ウィリアム・カムのバリスタであるグレッグ・スタントン氏は、6月3日、地方裁判所に出廷し、3か月から6か月の間、公判を停止するよう求めました。これは「カレント・アフェアーズ(Current Affairs)」という番組でメディアがリトル・ペブルに対して繰り広げていた中傷のためです。この番組は、リトル・ペブルが犯罪に関わっていることを示唆していたため、陪審の判断に影響しかねないものでした。シャドボルト判事は、この申立てを却下しました。

 控訴裁判所(Appeals Court)の3人の判事は、6月10日、同申立てを却下し、6月14日に審理を開始する旨を命じました。

その前日である6月13日の夜、別の審理が開始。「カレント・アフェアーズ」が再度放映されました。それは前回の番組と間接的に関連しており、陪審の判断に再び影響を及ぼすものでした。

 カム氏の代理人であるスタントン氏は、6月14日、審理の開始にあたり、メディアの中傷が続いていたため、公判の停止を再度要求。ジョン・ウィリアムス判事はこれを斥け、公判が開始されました。

 被害者とされているのは、ガブリエル・オーショネッシー(Gabrielle O'Shaughnessy)です。

起訴内容の詳細は報道されませんでした。その代わりに加重強制わいせつ罪(Aggravated Indecent Assault)、加重強姦罪(Aggravated Sexual Assault)と書かれました。警察はより重い犯罪事実を負わせ、上級裁判所や地方裁判所に送り、有罪になった時に刑を重くするため、このように罪名を特定した表現を法に基づいてします。そして、このような場合、大抵の人が加重暴行(aggravated assault)という表現から、性行為の強要があったと考えるのです。

実際の起訴内容は次の通りです。

【 被欺事実1--1993年7月5日--1993年9月 】
 ウィリアムは、事務所で、舌を使い唇に接吻した。さらに、体を同女に押しつけた。

【 被欺事実2--1993年7月5日--1993年8月30日 】
 ウィリアムは、事務所でガブリエルに接吻した。胸と肩を衣服の上から触った。

【 被欺事実3--1993年8月1日--1993年9月30日 】
 ウィリアムは、テイフ(TAFE)でガブリエルを車に乗せ、ウロンゴング(Wollongong)まで連れて行った。運転中、股間あたりの衣服で覆われて いない脚部を触った。給油するために停車した際、同女に接吻し、胸部を愛撫した。

【 被欺事実4--1993年9月1日--1993年9月30日 】
 ウィリアムは、ボマデリー・テイフ(Bomaderry TAFE)でカブリエルを車に乗せた。その後、ナウラ駐車場あたりで車を停めた。ウィリアムは、ガブリエルに接吻し、脚部を撫で、その後、指を膣に挿入した(15分)。カブリエルは、証人尋問で、次のように証言しています。ウィリアムは、テイフで私を車に乗せました。これが午後3時半から4時くらいのことだったと思います。そして、その後、4時から5時くらいにナウラのテイフで、アレクサンドラ(Alexandra)を車に乗せました。性的暴行が行われたのは、午後4時から5時までの間でした。

【 被欺事実5--1993年9月1日 】
 ウィリアムは、ガブリエルの家に行った。家にはガブリエルの父と母がいた。ウィリアムは、ガブリエルの寝室に入り、同女に接吻し、体の着衣のない部分を触った。


 起訴内容と証拠が法廷で明らかにされました。事件は1993年に起きたとされていました。起訴されたのは2002年であり、約9年後のことでした。

 ガブリエルは、警察に行く前に、「カレント・アフェアーズ」という番組に話を持っていきました。チャンネル・セブン(Channel 7)との間で契約の署名がなされました。この契約を締結したのはシェーン・クーンブリッジというブローカーであり、この男は、ガブリエルが受領した倍額の金銭を受け取っています。ガブリエルは、自分とチャンネル・セブンが契約を失ったと述べています。


【 ジャーナリズムが活字にしていない事実--証拠 】
 ウィリアム判事が事件概要の説示をおこない、これは十分なものでしたが、報道は活字にしませんでした。同判事は次のように述べています。カム氏は起訴が遅れたため、相当な不利益を被っている。さらに次のように言っています。カム氏がガブリエルに対して書いた手紙は、単にカム氏の言ったことに対してカブリエルが答えたものであり、それ自体評価が難しい。ただし、時および出来事から、ガブリエルの主張を証明するものであり得る。


【 被欺事実1 - 証拠なし -- ウィリアムに対するカブリエルの言葉 】
 ガブリエルは証人尋問で、セックスについて何も知らないと証言しました。しかし、ガブリエルは、15歳の誕生日の日に、アレクサンドラ(カム氏側の証人)と一緒に「幸福の条件(Indecent Proposal)」を見に行った。このことはスタントン氏がガブリエルに言ったことです。訴追者は、パラマウント映画を調べ、この映画が上映されたのは1993年の4月から5月であることを確認しました。ガブリエルは、記憶に無いと述べています。

 ガブリエルは、セックスのことは何も知らないと重ねて言っていましたが、スタントン氏はガブリエルに向けて、3通の手紙を朗読しました。そのうちの2通はガブリエルがカム氏に宛てて書いたものであり、その中で、ガブリエルはカム氏に対して、自分がカム氏と一緒に寝ることができるか尋ねています。また、もう1つの手紙で、ガブリエルは、カムの子供を持つことができるかどうかを尋ねています。この三つ目の手紙はクリスティーヌ・ドノフュー(Chritine Donoghue)に宛てた手紙です。ガブリエルは、その中で、次のように書いています。自分がウイリアムを相手に処女を失うこと、それを母は望んでいます。


【 被欺事実2,3,5 -- 証拠なし 】
 訴追者が正式起訴状の日付けの変更を求めましたが、これは犯罪が行われた時が上記の三つの被欺事実と整合性がなかったからです。ウィリアムス判事は、変更を認めました。


【 被欺事実4 -- カブリエルがテイフに行った事実を除き、証拠なし 】
 ガブリエルは、ウィリアムは自分を車に乗せ、その後アレクサンドラを車に乗せた、と陳述しました。アレクサンドラは、被告人側の証人ですが、宣誓の上、テイフの夜間の授業に行ったと証言しました。

以下の証拠書類が提出されました。

 1.テイフ過程証明書(TAFE Course Certificate)
 2.テイフ登録証(TAFE Registration)
 3.テイフ講座一覧表(TAFE Calendaria)
 4.サウス・コースと・レジスター紙の広告
   (「夜間過程(evening course)」のみを紹介するもの)

 さらに、ウィリアムがガブリエルに宛てた手紙(車を修理に出さなければならないので、テイフでガブリエルを車に乗せる旨をその内容とするもの)

 この被欺事実は、法律上、66c(4)に関わるものです。しかし、スタントン氏と訴追者は、判事に対して、1993年当時法律が存在せず、この種の被欺事実の起訴は無効である旨を告げました。法の欠缺であり、この被欺事実についてはカム氏に対して免訴(または無罪)を言渡すべきでした。

 ウィリアムス判事は2004年7月1日、正式起訴状を66c(2)に変更しました。スタントン氏は、刑事訴訟法20条(Section 20 of the Criminal Procedure Act)により、瑕疵のある訴因(a defective charge)の変更は許されない旨を主張しました。


【 被欺事実3 -- ガブリエルは、ウィリアムが自分を車に乗せてウロンゴンまで連れて行った旨を主張 】
 ウィリアムは、前妻の子を訪ねる予定でした。その子供たちは、午後はデイケアセンターにいました。スタントン氏は、ガブリエルに次のように言いました。ウィリアムが子らに会ったのは、午後ではなく、宵の内であった。また、子供たちはデイケアセンターにいたのではない。そして、ウィリアムはいつも、ケンタッキー・フライドチキンかマクドナルドなどで子供たちと会っていた。

 訴追者は、ウィリアムの前妻が署名した文書を提出しました。その手紙によれば、ウィリアムが子供たちに会ったのは、晩早くの午後5時から6時までの間であり、場所はケンタッキー・フライドチキンかマクドナルドであるとされていました。

 性的被害者のカウンセラーであるムーン氏の判断によると、キスや接触を含めて、暴行(assault)が行われた機会は1回だということでした。しかし、ウィリアムがガフリエルニ宛てた20通あまりの手紙が法廷で朗読されましたが、ムーン氏の説明に符合する事実はありませんでした。ガブリエルはムーン氏に、自分は14歳だと言いました。しかし、法廷に提出された証拠によると、15歳でした。

 スタントン氏は、4週間の公判を通じて、判事に対し、あることを繰返し述べました。それは、陪審員の1人が審理に集中せず卑猥なしぐさをして、傍聴人に対してもそれを見せていた、ということです。こんなことが4回ありました。報道関係者もこの振舞いに気付き、16通の宣誓供述書が傍聴人から判事に対して提出されました。判事は、何かを記し、それを脇に置いたのです。

 カム氏は、公判の終りに、最後の証人に対する尋問を求めました。その証人はジャッキー・トピア(Jacquie Topia)といいます。彼女は、「トゥデイ・トゥナイト」という番組に関連しているチャンネル7の契約について、共謀の事実があったという証言をしました。その共謀に加わらないかと誘われたが、ジャッキー・トピアはそれを断ったというのです。その証言によると、一人当たり6万ドル、有罪判決が出たらボーナスとしてさらに6万ドルという契約があったそうです。判事は、この証言を考慮に入れませんでした。

 ウィリアムス判事は、ここに書いてあることの大部分について、非公開とする決定(Non-Publication Order)を下しました。報道機関が在廷していたにもかかわらずです。このことには注意が払われるべきだと思います。

 陪審は、これらの事実が争われていたとき、ほとんど法廷にいなかったのです。したがって、どのようなことがあったかを知りません。

 ウィリアムス判事は、最後に事件を要約しました。それは、陪審がどのように判断を下すべきかを述べるものです。判事は陪審に言いました。もし合理的な疑いを超える確信が得られず、日付および場所が被害者の主張と一致しない場合には、カム氏を無罪とするように。

 陪審員は木曜の午後3時に別室に移りました。陪審は水曜日に戻り、事実が一致しない旨を述べたのです。判事は無罪の評決を下すように言いました。

 判事は木曜の朝、陪審が午後3時までに結論に至らない場合には、陪審員を罷免する旨を告げました。陪審がさらに時間を要する旨を告げたため、判事は、金曜の午前まで猶予を与えました。

 陪審は、判事による要約(summary)の反訳記録(transcript)を求め、判事は、それには2週間かかるため、不可能であると告げました。しかし、前日の公判手続の反訳記録は常に、翌日、陪審員が利用できたのです。

 評決は、金曜日の午後2時に下されました。有罪の評決が読み上げられたとき、陪審員の1人が泣いていました。事件は上訴審に移審します。


ウィリアム・カム
2005年8月25日

[顧問弁護士による検討、承認済み]

http://www.shoal.net.au/~mwoa/in_defence/statement_little_pebble_2august2005.html



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】