箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

リトル・ペブルからの手紙
審理の評決

− 2005年7月9日 −

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】



聖母マリアとそのミッションを信奉し、その友人である皆さんへ

 神の御名において、ご挨拶を申し上げます。すでに私の事件と審理について、見聞なされている方もいらっしゃると思います。陪審の評決が昨日なされ、有罪と判断されました。

 このことは、皆さんにとって理解しがたいものでしょう。まず皆さんの愛と祈りに感謝いたします。皆さんがしてくれたミサと捧げ物に感謝します。

 これは苦難の時です。イエズスとマリアも同様のことを経験しました。

 安心して下さい。私は元気です。キリストとともに十字架を担う特権を与えられているからです。

 友である皆さん、全てが失われたかのように見えるかもしれません。でも、そうではありません。このミッションは、神の御言葉を礎として始まったものであって、人の言葉によるものではないからです。

 信頼し、希望を持ってください。なぜなら神の約束は成就するからです。


 判決言渡し手続は、2005年の9月中旬に行われます。ただし、私たちは上訴します。これが効を奏せば、昨日の評決は覆されることになります。

 私を訴えた人たちのために祈って下さい。彼らが真実に改心するように祈って下さい。私と私の子ら、そして神のミッションに害を加えようとする人たちのために祈って下さい。

 世間はいつの日か、事件の真実を知り、不正の重大さを理解するでしょう。

 すべてにおいて神が褒め称えられますように。

 どうか続けて私のために祈って下さい。

 愛と祝福と祈りをもって

神の祝福がありますように。


[署名]

ウィリアム・カム
リトル・ペブル

http://www.shoal.net.au/~mwoa/documents/letter_lp_verdict_trial_9july2005.html



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】