箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

リトル・ペブルの公式声明
  世界的リーダーたち、国家元首たち
そして、報道と法的権力を行使できる人々へ

− プレス・リリース 2005年6月1日 水曜日 −

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】



 あなたたちは歴史の流れを変える力を持っています!

 2005年5月27日に、オーストラリア人、シャペリー・コービー(Schapelle Corby)は麻薬売買の罪で20年の禁固刑を有罪宣告されました。

「彼女は無実です!!」

 示された唯一の証拠は、彼らが彼女のブギバッグ(鍵のかけられていないバッグ)の中で麻薬を発見したことでした。弁護の証拠は退けられました。

 裁判官リントン・シライト(Linton Sirait)は、彼が500人の麻薬の運び人に有罪宣告し、一人も無実ではないことを自慢しました。彼は、コービーがオーストラリア人であったので、彼女に対して偏見を持っていました。そして彼は、どのような証拠があろうとも問題ではなく、彼女に有罪宣告することを決定されていました。

 他のオーストラリア人と同様に、私は、そこで示された司法制度への侮辱に驚かされました。コービーが解放され、判決が破棄されるまで、バリ島とインドネシアをボイコットするために世界中で叫び声が上げられるべきです。

 アブ・バカール・バシル(バリ島爆弾事件の指導者)、彼が約200人の人々を殺した時、同じ裁判所はたった2年半の禁固刑の有罪宣告だったのはなぜですか? 

「それなのに、有罪の証拠がないコービーが20年の禁固刑を受ける? 正義はどこにありますか?」

 インドネシア政府は裁判官たちを調査するべきです!

 私たちが皆、沈黙を守って、上訴における司法制度の進行を認めるべきであると主張した何人かの政治家を含めて、ある新聞編集者と「専門家」の弁護士は判決と裁判についての彼らの意見を表明しました。幾人かは、上訴を進めることが、より重い刑期の判決を受ける危険にさらしていると主張しさえしました。控えめに言ってもなんという冗談なのでしょうか!

「この女性は無実です!!」

 そして、27歳の若い女性にとって20年の禁固刑は、バリ島のそのような刑務所では「終身刑」に等しいものです。それは未来の誰かに、あなたたちが発狂して死んでしまった世界に住んでいたことを思い出させること
でしょう。

【私は、高い権力を持ったあなたたちすべてに尋ねます:】
 あなたたちは、自分の子供たちがそのような判決のもとに置かれたならば、何をするでしょうか? 単に、そんなもんだと言ってそれを認めますか?

【1つの最近の問題:】
 オーストラリア政府は、人々に、彼らの憤りをインドネシア当局者または政府機関にぶちまけることのないように、冷静であり続けるように頼んでいます。何ですって、私たちは「臆病者」になってしまったのですか? オーストラリア憲法は、オーストラリア人に、彼らの意見 − 彼らの憤りを表明する権利を与えていないのですか? 私達の隣人を怒らせないために、オーストラリア政府は沈黙を要求します − それがコービーの裁判に悪影響を与えるでしょう。まったくもう、完全にナンセンスです!! 裁判はすでにインドネシア司法制度によって傷つけられているではありませんか? 

 まず第一に、ハワード政権を選出したのはオーストラリアの人々の声ではありませんでしたか? 人々の92パーセントはシャペリー・コービー事件に関する判決について、そしてよりいっそう、政府が外交的に介入しなかったので憤慨しています。

 そして今でさえ、インドネシア大使館が脅威にさらされている − それ自体は非常に悪く、悲しいことです − しかし誰が、両国間に緊張と分裂をけしかけている犯人がインドネシアの過激論者ではなく、そのように思わされるのが市民の不安をけしかけているオーストラリア人だと言うのでしょうか?

 9人のオーストラリア人 − 彼らは今、麻薬売買の罪で刑務所にいます− が死刑判決を受けるならば、何が起こるでしょうか? それから、何が?

 私の言葉があなたたちの良心に届くようにしてください!

 今こそ人類が「真実」と「真の正義」のために立ち上がる時です! 

 私は神の預言者であり続けます。

 神の祝福を

[ サイン ]

「リトル・ペブル」

ウィリアム・カム
Website: http://www.shoal.net.au/~mwoa/index.html

P.O. Box 3076
North Nowra
161B Koloona Drive
CAMBEWARRA, NSW 2540
Australia

治安判事
1978年以来の司法省メンバー
会員No.4359
Phone: (02)44 460263
Ph/Fax: (02)44 460832
Email: mwoa@shoal.net.au



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】