箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

リトル・ペブルから神の子供たちへ
− 教皇に関する預言について −

− 2005年5月3日 −

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】


神の子供たちへ

 私は、私たちの主にして救い主、イエズスの御名において、あなたたちにあいさつします。

 過去の6週間かそこらの間に、世界は、教皇ヨハネ・パウロ2世のニュース − 彼の続いた体の不調、そして死 − その後おこなわれた教皇ベネディクト16世の選挙を知ることで呆然とさせられています。

 信仰深いレムナント・チャーチのような、世界中の幻視者たちは、また私たちの最愛のパパ様が亡くなられたこと知ることに放心状態になるほどのショックを受けました。約30年の間に世界に広まっていた数千の私的啓示− 天が明らかにした教皇ヨハネ・パウロ2世の使命についての大きな期待とともに、そして天が彼を連れて行く前に遂行することを、彼らが望んだことにによって、よりそうなりました。そして、一瞬にして、すべてはなくなりました − 多くの者が驚いたように。そして、誰が教皇ヨハネ・パウロ2世の後継者になるのかについて混乱が起こりました − (教皇ペトロ2世としての)リトル・ペブルなのか、反教皇なのか。多くの預言は反教皇がヨハネ・パウロ2世に続き、その間、教皇ペトロ2世という名の真実の教皇が統治すると、記述しています。

 さて、私は預言に間違いがないことをあなたたちに説明することを望みます − しかし、それは神秘に囲まれています。

 第一に、多くの人々が死んだと信じていますが、教皇ヨハネ・パウロ2世は死んでいません。彼は神において眠っているのです。そして適切な時がきたら眠りからさめるのです。教皇ベネディクト16世、彼は「オリーブの栄光」 − 最後から2番目の教皇ですが、真実の教皇です。彼は教皇ヨハネ・パウロ2世の仕事を完遂するでしょう。ベネディクト16世が死ぬとき − そして反教皇は崇められるでしょう。そして教皇ヨハネ・パウロ2世は、反教皇を弾劾するために戻るでしょう。

 覚えていなさい、反教皇が来るためには、ペトロの玉座の上にまた一人の真実の教皇が来なければなりません。教皇ヨハネ・パウロ2世は戻るでしょう、そしていったん彼が去ったなら − 反教皇の治世の間に教皇ヨハネ・パウロ2世の後で私がペトロの座に昇るという預言が果たされて、私は真実の教皇の場所につくでしょう。

 私は信じます、教皇ベネディクト16世が、神が教皇ヨハネ・パウロ2世に望まれた全てを果たすことを。すなわち、聖母のドグマ(教義)「全ての恵みの仲介者、そして共贖者である聖母」において祝された乙女マリアの戴冠をおこなうでしょう。新しい会議を召集するでしょう − 聖にして母なる公教会の間違いを正すために。そして、可能ならば、ファティマの聖母によって頼まれたロシアの奉献。そして最後に、私たちのミッションの調査を命じて、聖シャーベル修道会を認可し、そして私を司祭に叙階することを。

 これは私たちの祈りであり、私はまたあなたたちにもお願いします。どうぞ、私がレムナント・チャーチを準備する神の仕事を続けることができるように、法廷での私の勝利が今来ることを祈ってください。

 私は神の下僕として、そしてマリア様の愛の奴隷としてとどまります。


ザ・リトル・ペブル
[ サイン ]
ペトロ・アブラハム2世



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】