箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

リトル・ペブルからの手紙
日本の人々へ − 不一致について −

− 2005年1月19日 −

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】



2005年1月18日


親愛なるジャン・マリー神父、
あなたに平和がありますように。

私は、日本における問題に関して、全員の間に一致をもたらすように、公的書簡を書いているところです。

あなたは、東京で集会を開くための私の許可をもっています。

私はあなたのためにすべての成功を祈ります。

神の祝福を。

〔サイン〕
ザ・リトル・ペブル






日本の善意の人々へ。

 多くの年月にわたって、今もなお、聖母のミッションの幻視者たち、プロモーターたち、および働き手たちの間に大きな不一致が日本にありました − また、聖シャーベル修道会に関連しているそれにおいてさえも。

 聖シャーベル修道会は、私の地域の司教 − 最も敬愛すべきペーター・インガム司教閣下 − から私に対してされた命令による日本の司教たちの迫害のため、その折々に慎重に働く必要がありました。

 しかしながら、このことは決して修道会の、そして天からのミッションの発展を妨げませんでした。

 今こそひとつの心、ひとつの目的をもって一致する時です。そしてそれは日本を救うために、そして日本において聖シャーベル修道会を設立するためです。

 私は、また、はっきりと申し上げます。聖シャーベル修道会がどこで形成されることができるかについて、誰も他の人々の上に権限をもつということはありません。全ての人々は神の仕事をなすことにおいて、自由に彼らの信念を述べることができます。

 私たちは皆、神、救い主イエズスの弟子として、ある幻視者、またあるプロモーターが他の者より偉大であるということはありません。


 それゆえ私は、■■■■(プロモーター)、■■■■(幻視者)、聖シャーベル修道会のジャン・マリー杉浦神父、■■■■、■■■■、そして修道会のためにとても一生懸命に働いている多くの他の人々をサポートします。私は皆さん全てにとても感謝しています。

 私は皆さん全ての上に神の祝福を祈ります。

[サイン]

ウィリアム・カム(モデレータ)
ザ・リトル・ペブル



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】