箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

リトル・ペブルからの手紙
天の母のミッションの世界中のすべての忠実な支持者たちへ
− メアリー・ジェーン・イーブンに関して −

− 2004年11月22日 −

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】


 アメリカ合衆国の幻視者メアリー・ジェーン・イーブン博士が、およそ18年間にわたる私との一致の後に、私たちとの関係を断ち切ったことを皆さんにお知らせすることは私にとって大いなる悲しみです。2004年11月13日に、彼女は彼女が受け取ったと主張するメッセージに関して公の声明をなしました。そして、それは彼女が日本にいる間に公表されました。

 メアリー・ジェーン・イーブンが私たちとの関係を断ったことは非常に明確であり、彼女の最近のメッセージは、以下において明らかにされるように、天からのものではないということが容易に見て取れます。



2004年11月13日のイエズスからのメッセージと称するもの。

私たちの主:
 わが甘美なる子供たちよ。私は今夜、天にとって重要ないくつかのことについてあなたがたに話そうと思う。そしてあなたがたがそれを理解することは必要なことである。それは、リトル・ペブル、ブロウサード神父、フランツ・カイラー、そして何年にもわたってこれらの幻視者たちを支持してきたすべての者たちにかかわることである。

 リトル・ペブルは、あなたがたも知っているように、今苦境に陥っている。そして彼は裁判にかかわってきている。私たちは非常に注意深く裁判の行方を見守っている。そしてもし彼が有罪となるならば、私たちは彼の地位を再考することになるだろう。そして、神秘的教会の指導においては変化が生じるだろう。

 フランツ・カイラーは、次の教皇候補として天にとって常に最も望ましい者でありつづけてきた。私達は、この裁判がリトル・ペブルにとってどのような結果になるのかを待っている。そしてその後に、彼の役目に対して天は彼を受け容れるかどうかを決定するだろう。天はスキャンダルを受け容れることはできない。

 ブロウサード神父は、バチカンにおいて決して司教候補者として言及されたことはないということを私はあなたがたに告げる。そのことは、彼が司教叙階されたと考える者たちは考え直さなければならないということを意味する。現在、このことに疑問を抱いている多くの人々がいる。天は、ブロウサード神父が司教として叙階されることに対して承認を与えたことは決してない。それゆえ、リトル・ペブルの地位や、ブロウサード神父の地位、そして彼が叙階したと主張する司祭たちの地位を人々が理解する仕方は変化するだろう。

 さて今度はあなたがたのお金について話したい。親愛なる子供たちよ、大警告の後には銀行は存在しないであろうということをあなたがたは理解しなければならない。教皇がバチカンを脱出するとき、世界の報道機関やメディアはあなたがたに告げるであろう。私たちは、銀行から預金を引き出すことを試みることができる期間を3カ月から6カ月持っている。すべてが起こらなければならない時を天はあなたがたに告げるだろう。

 あなたがたにこれから発送されるメッセージの中で勧められていることだが、現在のところ、あなたがたは一度に少し引き出すようにするべきだということである。私たちには長い時間は残されていない。指折り数えて13から14カ月、それがあなたがたが持っているすべてである。あなたがたの考慮のために私たちがあなたがたに与えてきたすべてのことを再び注意深く読み通しなさい。メッセージにおいてあなたがたに告げられることになっている多くのことが他にもまだある。そして私たちはそれらをできる限り……届けよう。(訳注:原文欠落)

 私たちはこの黙想会のためにあなたがたとともにここにいることを喜んでいる。私たちは黙想とあなたがたの霊的な奉仕のために、多くのアイデアをあなたがたに与えてきたと思う。

 わが娘があなたがたに愛の贈り物を与えた後に、彼女は立ち上がってあなたがたをその贈り物で祝福するであろう。





 もし話しているのが本当にイエズスであるならば、彼はすでに私の裁判の結果をご存じでしょう。(メアリー・ジェーン博士のメッセージは次のように言います。)

「私たちは注意深く裁判の行方を見守っている。そしてもし彼が有罪となるならば、私たちは彼の地位を再考することになるだろう。そして神秘的教会の指導には変化が生じるだろう。フランツ・カイラーは次の教皇候補として常に天にとってもっと好ましい者であり続けてきた。」

 このメッセージは全く人間のつくりごとです。

 1997年、メアリー・ジェーンはフランツ・カイラーと同様に、リトル・ペブルが最後の教皇になるであろうと公に支持しました。神は決定を変更あるいは放棄なさっていません。

 フランツは現在、死んで天国に行っています。

 メアリー・ジェーンのメッセージの後半にある、18カ月しか残っていないということ、そして預金を引き出す必要があるということもまた正確ではありません。大警告にはまだ何年かありますし、その前にまず数多くの印が予期されています。

 私はすべての支持者たちに、彼女のメッセージを無視し、あるいは非常に注意深くそれらを識別するように告げます。

 神の祝福を皆さんの上に祈りつつ。


〔 署名 〕

リトル・ペブル



[HOME] [戻る]

 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】