箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

リトル・ペブルからの手紙
聖なるローマ・カトリック使徒教会の教父たちへのアピール


2002年7月1日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】


 リトル・ペブルからのこの手紙は、全世界のカトリック司教たちにあてられたものです。これは支援を求めるアピールです。

 この手紙を読む一般信徒へ − どうかこの手紙をあなたの地域のカトリック司教に、私のために転送してください。私は真心込めて、あなたの祈りと支えに感謝します。神があなたを祝福してくださいますように。

ウィリアム・カム
リトル・ペブル



聖なるローマ・カトリック使徒教会の教父たちへのアピール
私たちの愛する救い主イエズス・キリストのいと貴き御血の祝日
− 2002年7月1日 −


親愛なる、私たちの教父の信仰の保護者たち − 
拝啓、閣下、猊下、

 私、皆様の卑しい臣下、そして神の従僕は、皆様にむけて、− そして全く心を開きつつ、書いております。それは神が皆様にご自分の「群れ」を救い、保護する重大な責任を任せてこられたからで、私は神が同様に私にもある特別な職務を任せてこられたと誓って申します。それはすなわち、神の神的目的と御言葉をすべての神の民に説明することです。

 私はこれを、ある意味では、神の御言葉が皆さんに命令として与えられたのと似た方法で告げられました。神はおっしゃいました。「全ての民に私の言葉を説教しなさい……父と子と聖霊との御名によって、ア−メン」と。

 1982年、ペトロの座を − そして使徒として神の奉仕職を共に担っている全ての人々を治めていらっしゃる神は、ご自分の最も祝された母マリアを通して、ご自分の全能のご意志とご要求をご自分の民に届けるために私のもとにいらっしゃいました。アブラハムがそうだったように、私は新しい名を与えられました。− そしてその名はリトル・ペブルでした。15才の時、私は毎日聖体拝領するようになりました。私は今52才です。

 私たちの聖母が初めて私のもとにおいでになったその時から、私は聖母が与えてくださった多くの指導にずっと従順であり続けています。私は公的出現を受ける前に、教区において長い間とても活動的なカトリック教徒であり続けました。それで私は皆に良く知られていました。私は幾人かの司祭と共に働いていました。− 特にその中の一人、レオ・スティブンス神父様は皆から非常に愛された優れた人でした。

 1984年の5月に、聖母は私に、私の教区の司教であるウィリアム・ムレイ司教様のもとに行くように指示なさいました。私はその時までに受けていた3つのメッセージ全てをその司教様に手渡しました。それらが彼にとって調査を開始するのに十分な証拠となることを私は期待していました。

 1984年11月にムレイ司教様は、私に会いに来るようにと求めました。そして私は彼と30分くらい話しました。彼はその3つのメッセージは神学者たちによって調べられた。そして何の超自然的な特性もその中に見出せなかったと言いました。彼はまた、天はご自分の子らに舌で聖体拝領するように呼びかけることは決してない。なぜならそれは今の教会の規範に反しているからだと断言しました。− そしてまさにこの理由で、それらのメッセージは神からのものであるはずがないと主張しました。

 彼は私にメッセージを配布することをやめるように命令し、そして、もし私がやめなかったら1984年の12月2日に、人々に私と関係をもつことを禁止する公けの通知を出すと脅迫しました。彼の行為は教会法に詳述されているような調査という性質のものではないということに基づいて、私は彼が指示したように行なうことをお断りしました。

 1985年4月に、聖母は私をパパ様に会うようにとローマに送りました。どうやってそれを成し遂げるのかの確信もないまま、私はローマに行きました。− そして到着後7日以内に、私はパパ様に会い、そして彼に彼の私的ミサに来るように招かれました。私は彼に助けを求めました。教皇聖下は、自分は、私が誰であるか知っているとおっしゃり、私がローマにいる間に、再度、彼にお会いする許可を私に下さいました。不幸にも、その会合が行なわれるのを、一人の秘書が妨げました。その時以来、一般謁見において7回、教皇聖下の前に出ました。私のローマ訪問の目的は、アピールを提出することによって、助けを求めることでした。

 1986年に、私は4部門から − そして司祭、修道女、修道士、家族、および独身者の俗人からなる修道会を創立しました。この修道会に結ばれた祈りのグループを編成する外部会員もまた存在します。この修道会は聖シャーベル修道会と呼ばれ、それは奉献生活の新しい形式です。(”Vita Consecrata”− 教皇ヨハネ・パウロ2世 − 1996年) 

 私は最初のローマへの訪問の後に続いて、無数のアピールをローマへ − 様々な団体、枢機卿、司教たちを通して − 教会調査を、この修道会と私が行なっている仕事の認可のために開始するように出してきました。しかしながら、私のミッションが様々な教区の司教に紹介されると、彼らはそれをムレイ司教閣下の司教教書のゆえに非難するのが常です。ウィリアム・ムレイ司教はまた、調査を開始することも、彼が既にそれをしたと主張して、拒絶しました。

■ 1989年12月に、ザイールのモケ・モツリ司教閣下は、彼の教区のために私たちの仕事を認可しました。

■ 1992年6月にトゥク大司教の後継者の司教たちの一人、パリのミゲ司教閣下は、聖シャーベルの祈りのグループとこのミッションを認可しました。 
■ 1992年11月に、インドのエルナクラム大司教区のアントニー・パディヤラ枢機卿は、私たちの仕事を支援しました。

■ 1994年4月に、マロン典礼のレバノンのナッセル・スフェイル枢機卿教父は、私たちの祈りのグループに彼の公けの認可を与えました。

■ 1994年1月に、レバノンのベイルートのギリシャ・メルキート典礼のハビブ・バッカ司教は、同様に聖シャーベルの祈りのグループに認可を与えました。

■ 同じく1994年に、マロン典礼のレバノンのアラドのフランシス・ネメ・バイッサリ司教は彼の認可を与えました。

■ 1998年7月に、ベネズエラのメリダのバルタザル・エンリケ・ポルラス大司教は、シスター・マリア・ロドリゲスを通して私たちの仕事を支援しました。

■ 1999年5月に、トゥク大司教の後継者、ドイツのシュナイダー司教は、この修道会を認可しました。

■ 1999年9月に、フィリピンのマニラのシン枢機卿は、彼の教区内にあるこの修道会を認可しました。

■ 1999年に、ナイジェリアのフレデリック・エツォウ−ンザビ−バムングワビ枢機卿とムランドゥ・マイイ司教は聖シャーベル修道会の仕事を認可しました。

■ 2001年5月に、アンティポロのグンゴン司教は彼の教区内で、この修道会が設立されるのを認可しました。


 これらの方々と他の多くの方々が、ウィリアム・ムレイ司教と、彼の後任者、フィリップ・ウィルソン司教閣下から手紙を受け取るまで、私たちを快く助けて下さっていました。− こうしてその人たちに彼らは私たちのミッションのサポートから手を引かせました。


■ 1998年9月11日に、新任の司教フィリップ・ウィルソン閣下は、公式の調査が行なわれると告知しました。

■ 1999年9月27日に、− 1年後ですが − 調査をすることのないまま、ウィルソン司教閣下は私たちに反対する「法令」を出し、私たちに閉鎖せよと求めました。


■ 1999年9月30日に、私はローマとウィルソン司教に上告しました。

■ 2000年の5月に、フィリップ・ウィルソン司教は、私の上告を調査するための委員会の開会が間近だとメディアに通知しました。

■ 【注意】: 私の「上告」は完全に無視されてしまいました。

■ 2000年8月7日に、一人の教会法学者が私の弁護人として指定されました。− これを私が要求した後にです。

■ 2000年10月21日、委員会は私を呼んで、そこで私は二人の教会法学者の委員から質問されました。− 一人は私の弁護人でした。− そして書記が二人いました。私の霊的指導者で聴罪司祭のマルコム・ブロサード神父は、発言できない証人としてそこにいました。これらの詳細の全ては私たちのホームページで見ることができます。



 私の「上告」は認められるどころか、単にほったらかされました。私は以下のことを指摘したいと思います。教会の代表者として、いっさい誰も私の共同体に来ていません。そして共同体の証言者からの聴取をそのたった一人からも教会からの人物誰一人も行なっていないばかりか、証言、証拠の全てをもいっさい考慮していません。私の「上告」が聞かれず、ローマにも送られなかったので、私は2001年1月に私の弁護人のアドヴァイスによって、さらなる「上告」をしました。


■ 2001年の7月に、私たちの教区に新任の司教が任命されました − ピーター・インガム閣下です。そして2002年6月16日に、インガム司教もまた、私たちに反対する「法令」を出しました。私の調査はそれでもまだなされませんでした。

■ 2002年6月22日、私はローマとウォロンゴング教区に、私の3回目の「上告」を提出しました。



 親愛なる教会の教父の皆様、これが長たらしい手紙だとはわかっていますが、私は皆様の支援を必要としています。私は真理と正義には奉仕しなければならないと信じています。私は皆様に訴えます。皆様が持つ権能を通して、全ての人が神の御業からまことに益せられるために調査を開始してください。

 私の信念は以下の通りです。地獄は決して教会に勝つことはないでしょう。そして神の「闘士」が真理と正義のために戦うために進み出るでしょう。私は神のあわれみと、神の教会がわについています。聖フランシスコ、そして新しく修道会をたてた全ての創立者が、一人の枢機卿または王が、彼らを救いに現れるまでは、最初は非難を受け、あるいは認可されませんでした。私は希望のうちに生き、祈っています。

【参考資料】: 聖シャーベル修道会は現在、160ヶ国に様々な形態で存在しています。共同体が30あり、30,000の祈りのグループ、50人の司祭、600人の修道女、300人の修道士、1,000人の信徒会員、500,000人の支持者がいます。私たちはバーソロミュー・シュナイダー司教によって創立された隠遁のフランシスコ会(Congregation of Franciscan Hermitage)と連合しています。


 皆様の御好意とお祈りに感謝申し上げます。大きな期待と希望をもって待ちつつ、私は神の従順なしもべであり続けます。


[サイン]
ウィリアム・カム
モデレーター/創立者 [またリトル・ペブルとして知られています]



[HOME] [戻る]


 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】