箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

リトル・ペブルからのニュースレター

2001年12月17日

If you are interested in promoting the Messages to the world, you do not need any special permission to do this. This is left up to your faith, charity and means available to you. If you desire further information on how to do this  -- then please contact our Office.
mwoa@shoal.net.au
The Order of Saint Charbel
161B Koloona Drive Cambewarra, N.S.W. 2540 AUSTRALIA
Tel / Fax: +61 0244 460263
「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】


愛する神の民へ

 もう一度、一年が過ぎてしまい、私たちはクリスマスをまた迎えようとしています。そして飛ぶように過ぎてしまったこの期間にいったい何が起こってきたのだろうと、私たちは知りたいと思っているのです。

 2001年という年は、過去3年と少しも異なるところはありませんでした。苦しみ、悲しみ、十字架の年で、希望がわずかしか見えない年でした。しかし、それが翌年、そしてまた次の年々には違っているのでしょうか? 私は知りたいものです! 善意の人々は皆、大いなる期待のうちに待っています − まさにそうなのです! 歴史の方向を変えるであろう大いなるしるしの幾つかは、今や起こるのでしょうか?

 愛する皆さん、不安になってはいけません! ここ数年間、皆さんの重荷と十字架はずっと重かったこと、そしてここ数ヶ月はなおさらそうだったことを私は知っています。皆さんの顔を神である私達の救い主、イエズス・キリストに向かって上げなさい。なぜなら、本当に大いなる出来事の幾つかが間近に迫っているからです。希望はあります。未来はあります。そして不幸のあの海には果てがあるのです。それは神の約束は堅く立っているからです。平和の黄金時代はもうすぐです。

 つつましい霊魂であるゴッズ・アロウが、私のためにマリア様にある質問をしてくれた時に受け取ったメッセージを皆さんに紹介したいと思います。皆さんがこれを読めば、私達がこれほど熱望し、そして与えられるその平和の前に、私達皆が何をくぐらなければならないかを理解することでしょう。覚えていてください。私達は涙の谷を旅していますが、そこにもまた喜びと、私達の将来の喜びをかいまみるであろうということを。ですから勇気を出してイエズスとマリアと手をつなぎ、信仰と神の愛への信頼のうちに前進しましょう。




マリア様から合衆国の幻視者、ゴッズ・アロウに与えられたメッセージ
2001年12月15日


ゴッズ・アロウ:
 私が朝の祈りを唱えていると、ファティマの聖母のよそおいで、マリア様がいらっしゃいました。

 私はリトル・ペブルから、マリア様が他の幻視者にお与えになったあるメッセージを、私を通して確認して下さるかどうか尋ねてみてくれと頼まれていました。その質問とは「2003年にリトル・ペブルは教皇になるのでしょうか?」というものでした。マリア様は以下のとおり、皆のための公式のメッセージをもってお答えになりました。


聖母:
 私の小さな子よ、私は特定の年または日付によりも、起こる事柄に私の答えを基づかせたいのです。これらは変わりうるし、多くの人に与えられたたくさんの答えは、彼らにこれらの答えが与えられたまさにその時点に基づいたものなのです。多くの事柄がすばやく起こり得ます。−次々にと − 一方、またある時は、それらはもっと間隔をおいて起こるでしょう。

 これは多くのことによって左右されます:− 選ばれた霊魂達、聖職位階、信者の祈り − そして出来事が、次に続く出来事の起こるべき時点をじゅんぐりに決めるでしょうが、そんな出来事と出来事との間の人々の心と霊魂の状態が、これを主に左右することになるのです。

 多くのことは遅らせ、または緩和することができます。そして、その最も重要な理由のひとつは、あまりにも多くの人々の心と霊魂がいまだに準備も用意も整っていないからなのです。この時点に至るまで、私はこれらの霊魂たちと子らのために、首尾よくとりなし続けることができました。しかし御父は、これ以上の引き延ばしを私に与えてくださいません。そして御父の正義の腕は今、人類の上にふりおろされているのです! 私に、あなたたちがよりよく御父のあわれみと愛を理解できるように手伝わさせてください! 御父の子らが後悔し、償いをする時間を与えてくださるはずです。それは大多数の人々の心と霊魂が、いかに応えるかにかかっています。出来事と出来事の間の時間をさらに長く与えていただけるのも、ほとんど時間をいただけないのもなのですよ! 出来事は突然にもたらされ、そして御父からの受けるべき罰であり、多くの出来事と出来事の間に、わずかの時間をともなうものなのです。これはおおむね御父の子らの応え方いかんなのですよ! 

 これをもって私はあなたたちに告げましょう。リトル・ペブルは預言された出来事の後半になるまでは教皇にならないでしょう。そして実際、おそらくは新しい聖なる時代が始まってはじめて教皇になるでしょう。これをあなたたちに説明しましょう。

 ペトロの座が打たれる時、群れは散らされるでしょう。それは私が、あなたたち私の子らに非常に多くの回数、預言してきたとおりにです! 無秩序、混乱、変転きわまりなく、不統一、これらがこの日々の特徴で、これらの事が、この暗黒の日々において支配するでしょう! 羊が山羊から分けられたあとでさえ、羊は彼ら自体の間で、特に残りの者たちの内部において、また、分裂した聖職位階の内部において、それでもまだ分裂し、散らされていることでしょう! これは絶え間なく降り続ける天罰、反キリストの支配、反キリストの支配のあいだ忠実な信者に加えられるひどい迫害、忠実な信者が隠れているのをやめ活躍を始めることを非常に恐れることによって悪化するでしょう。そして、彼らは互いにはなはだしく分離することでしょう! 

 私は、私との私の子らのより大きな一致と、私を通しての相互のより大きな一致を、世界中の散らされているグループの中においては築くことができてきてはいますが、非常に散らされているこれらのグループの全ての子らが皆一緒にということが、その完全な一致には必要だったのです。そしていまだ相互の一致によってひとつにはなっておらず、それはこれらの出来事の後半か、その終わりに至るまで実現することができません! その完全な一致は、残っている聖職位階の各階級においてもまた、同様に皆一緒に一致することを含みます。彼らもまた、絶え間ない混乱状態におちいり、彼ら自体の間で分裂しているでしょう。

 何らかの発表があるまでは、多くの子らが待ちつつ寝続けています。リトル・ペブルをとりまく論争が結論に達するかどうか見ようと待っています! けれども、あなたたちは今、よく理解すべきなのです。これはあなたたちがいつでも、すぐに見れるようなものではないということを。そして多くの出来事がかなり起こり、そして遠く過ぎ去り、手遅れになるまで見れるようなものではないということを! 

 いつものように私は、私の世界中に散っている私の子らの間の、そしてリトル・ペブルとの一致を求め続けます。皆に私の祝福を送ります。ありがとう、私の小さな子よ。

(メッセージ終わり)





 さて皆さんはマリア様の、私達の世界を変えるだろう幾つかの出来事がいま進行中であるというお言葉を読んだことがありますね。ヨハネ・パウロ2世教皇とブッシュ大統領の生命を狙う試みがあるでしょう。アラファト議長の暗殺、そしてエルサレムの岩のドームの爆破があることでしょう。それに「警告」が続くでしょう。

 イエズス様が聖福音でおっしゃるように、「がっかりしてはいけない。これらの出来事は全て、私の再臨の前に起こらねばならないと知りなさい」。元気を出してください、愛する皆さん、私達の神の勝利は近いのですから。私はすべての幻視者との一致、すべての善意の人々との一致が必要です。− そして一緒に世界のために祈りましょう。

 愛する皆さん、この多くの年月にわたる皆さんの愛と親切に、そして経済的援助に、祈りと自己犠牲に、感謝を述べたいと思います。皆さんの報いは預言者に対する報いと等しいでしょう。

 私は私を裏切り、侮辱した全ての人々と、何年にもわたり私を中傷してきた全ての人をゆるします。神のあわれみとゆるしがありますように、そして私はあなたのために祈っています。

 心から私は神の特別な祝福を、特にこのクリスマスに皆さん全ての上に祈ります。そして2002年が皆さんにとって実り豊かな年となりますように。

リトル・ペブル
[リトル・ペブルのサイン]




追伸:
 皆さんの利益になると思います: 「オメガコード」と「メギッド」という映画を見てください。それらはたくさんの光を皆さんにもたらしてくれるでしょう。またベイサイドの奇跡的な写真「Jacinta 1972」を研究してください。



[HOME] [戻る]


 「天からのメッセージ」に版権はありません。コピーして配布しても結構です。できるだけ
多くの方に、「天からのメッセージ」を伝えて下さい。ただし悪用はしないで下さい。
【 オーストラリア・ナウラ承認済 】