マリー・マドレーヌ・ソーンブッシュに与えられたメッセージ

---------------------------
2009年12月4日 08:13
マリー・マドレーヌ・ソーンブッシュに与えられたメッセージ

秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
---------------------------

マリー・マドレーヌ:
 8時54分ぐらいなんですけど、その前に私はアレキサンドリーナ・マリア・ダ・コスタの本を読んでいました。そして8時40分ごろに一回アタックを受けました。匂いによるアタックなんです。で、これはジャン・マリーに話して大天使聖ミカエルに向う祈りを祈って印があるか待ったんですけど全然印が無かったんです。その時「イエズスの御名によって命ずるサタン出て行け」といって追い出しました。そのあとに8時54分ごろなんですけど、「甘えて助けを求めてください」っていう声が聞こえました。マリア様の声だっていうのはすぐ分かったんですけど、ジャン・マリーに言って印を求めました。大天使聖ミカエルに向う祈りを祈りながら印を求めて待っていました。そしたら識別のための印がありました。もう一度誰ですか?って尋ねたところ「聖母です」って答えが返ってきました。
今識別のための印がありました。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

マリア様:
 愛する子供たち、あなた方を祝福します。聖母が話をします。これからいろいろな事で叩かれたりすることがあります。けれど聖母に甘えてください。あなた方の母、慰めの母である私はあなた方をマントで包んで優しく保護します。ロンジン・マリーとフランソワ・マリーはお母さんに話すことにより、ひとつの出来事が待っています。でも聖母が側についていて守りますから勇気を出してください。聖母と一緒に歩む者は、イエズスと一緒に歩みます。イエズスが全てを導き、あなた方を細やかな配慮をもって導き守ります。何から何まで世話をします。恐れないで歩んでください。司祭の祝福をロンジン・マリー、フランソワ・マリー、■■■■にお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とがロンジン・マリー、フランソワ・マリー、■■■■を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今確認の印ありました。他にありますか?って尋ねたんですけど印ありません。

ジャン・マリー神父:
 状況説明。

マリー・マドレーヌ:
 マリア様の声は穏やかで柔らかでよく聞こえてきました。これからの事柄についてすべて委ねるようにっていうことをマリア様が話してくださったので、何があっても委ねて行きたいなぁって思いました。
 マリア様の優しさが今日もまた感じられたメッセージで私自身これから起こることに関して全部をマリアママに委ねていこうって思っています。ロンジン・マリーにもフランソワ・マリーにも愛が示されててマリアママが守っていますよっていうその言葉が伝わってくるようなメッセージでその愛とやさしさが伝わる思いが私の心の中に湧き起ってきました。マリアママの優しさと愛に触れた瞬間でした。このメッセージが終わって確認をしました。これは本当でしょうか?って確認をしたら識別のための印がありました。他にありますか?って尋ねたんですけど何もなかったです。以上です。





--------------------------
2009年12月4日 20:03
マリー・マドレーヌ・ソーンブッシュに与えられたメッセージ

秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------

マリー・マドレーヌ:
 7時49分ごろ私トイレに行っていました。そしたら「糖尿病は治ります」というローキューションが聞こえてきました。ジャン・マリーに話をして印求めたいってトイレから言いました。そして識別のための印があるかどうかを尋ねて大天使聖ミカエルに向う祈りを祈って待ちました。そしたら識別のための印があって誰ですか?って聞いたら「聖母です」っていう声が返ってきました。
今印がありました。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

マリア様:
 愛するマリー・マドレーヌに聖母が話をします。あなたは糖尿病を患い、一つの十字架を負って歩んできました。今、これが一つの守りであるとこの間、イエズスが話しました。あなたは糖尿病になったことで一つの犠牲を捧げてきました。功徳になっています。神の国と神の義を求めたあなたは神の奇跡に預かります。イエズスの受難に一致することで喜びを持つことが出来ると知ったあなたは耐えてきました。これからも捧げものを進んで捧げていく意思を表してくれたあなたに対して聖母は喜んでいます。
 愛する息子と話をしていたあなたは少し悩みました。糖尿病の患いを十字架の一つとして負っていく思いも持ち、捧げていこうと決めたあなたですが、悩みもしたのを聖母は知っています。不安と戦っていたあなたに対して聖母は取り次ぎました。聖母と一緒に歩みたい思いを述べてくれたあなたに聖母の喜びを与えに来ました。不安と恐れを取り去り、平安と喜びで満たします。祝福と恵みを注ぎます。司祭の祝福をマリー・マドレーヌにお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とがマリー・マドレーヌを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今印がありました。他にありますか?って尋ねたんですけど印はありません。

ジャン・マリー神父:
 状況説明。

マリー・マドレーヌ:
 「糖尿病は癒されます。」って言われた後、印を求めて「聖母です」って言われて私は嬉しくてマリア様の像に接吻しました。正直に言って患ってから食べ物の制限っていうのをあって一つずつ段階を踏んで過ごしてきたんですけど、それを全部マリア様が見てくださったのかなぁって言う思いでメッセージを聞いていました。慰めっていうか神様の優しさをまた知った私です。瞬間瞬間善いものを与えてくださったんだなぁって思って、あとはほんとに焦らないでマリア様と歩みたいなぁって思っています。マリア様の声はやっぱり愛情深くって優しくってお母さんだなぁってつくづく思いました。細かいところまで見通してくれるお母さんなんだなぁって思いました。このメッセージがあった後確認をしました。これは本当でしょうか?って尋ねたら識別のための印があって他にありますか?って尋ねたんですけど印はありませんでした。以上です。




[HOME] [戻る]