マリー・マドレーヌ・ソーンブッシュに与えられたメッセージ

-------------------------------
2009年12月3日 10:26
マリー・マドレーヌ・ソーンブッシュに与えられたメッセージ

秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
-------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 ちょうど11分前なんですけど、私とジャン・マリーが祭壇のところで祈りを捧げてました。イエズスと「挟みうち」って呼んでいるんですけど御聖体を両側から挟んでお祈りしてたんですけど、そのお祈りが終わった後に「最低最悪であることを喜んでください。」っていう声が聞こえてきました。求めたいってすぐジャン・マリーを呼びました。そして大天使聖ミカエルに向う祈りを一緒に祈って印を求めたら識別のためのの印がありました。誰ですか?って尋ねたら「聖母です」って言葉が返ってきました。
今印ありました。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

マリア様:
 愛する子供たちに聖母が話をします。マリー・マドレーヌは超最低最悪な霊魂であると話して以来だいぶ変わってきました。最初なかなか自分が最低最悪だっていうことを認められないで過ごしていたマリー・マドレーヌです。しかし同宿全員が同じ霊魂であることを知った時から少しずつ自分の霊魂の弱さを認めるようになりました。
 一人一人メッセージを聞いたときショックを覚えたという人が多かったと思います。しかし傷物を集めたためです。情緒的に傷を負ったこの共同体は周りが見て弱い霊魂である証しを立てる共同体として神が選んだことをするに至ります。
 子供たち、最低最悪だと周りから言われた時、喜んでください。それが喜びとなるとき、神に栄光を帰すことが出来るようになります。私は人間の中で最高最善であるものとして造られました。罪を免れた私ですが、イエズスの受難を一緒に預かることによって全人類の贖いを一緒に担ったものとなりました。
 子供たち、甘えてください。天は甘えることを子供たちにします。聖母と話してください。祝福を送ります。司祭の祝福を名古屋のメンバー、秋田のコルベ・マリー、クララ・ヨゼファ・メネンデス、マリー・マドレーヌにお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とがロンジン・マリー、フランソワ・マリー、コルベ・マリー、クララ・ヨゼファ・メネンデス、マリー・マドレーヌを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今確認の印もらいました。他にありますか?って尋ねたんですけど印はありません。

ジャン・マリー神父: 
 状況説明。

マリー・マドレーヌ:
 マリア様のメッセージで「超最低最悪の霊魂」と言われてそれを「喜んでください」って言われた時に私の心の中に軽さが与えられました。平安が与えられました。そしてマリア様の声っていうのは穏やかでとっても聞き安くて柔らかで愛がこもっていた声でした。途中何度もパソコンの音が入って声が聞こえなくなりそうだったんですけど、マリア様の声がゆっくりゆっくり明確に聞こえてきたのでこのメッセージをスムーズに聞くことが出来ました。このメッセージを受ける前なんですけど大天使聖ミカエルに向う祈りを祈りながら私はベネディクトの十字架に接吻し続けました。イエズスに全部助けを求めました。このメッセージ中とか守ってくださるようにってお祈りをしました。そして最後にこのメッセージに関して本当でしょうか?って確認をしました。そしたら識別のための印をもらいました。そして他にありますか?って尋ねたんですけど印はありませんでした。以上です。




----------------------------
2009年12月3日 13:53
マリー・マドレーヌ・ソーンブッシュに与えられたメッセージ

秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
----------------------------

マリー・マドレーヌ:
 午後1時39分ごろなんですけど、ジャン・マリーと一緒に寝てて、ゆりを愛撫してもらっていました。その時にジャン・マリーがすごい甘えてきて私のところでゆりを愛撫しながらマリアママと話してるみたいな感じだったのを私は感じてました。そしたら「愛する息子(ジャン・マリー神父)」っていう声が聞こえてきたんです。それをジャン・マリーに話しして印があるか尋ねたいからっていっていうことをジャン・マリーに話しして大天使聖ミカエルに向う祈りを祈りながら印ありますか?って尋ねました。そしたら識別のための印がありました。誰ですか?って尋ねたら「聖母です」っていう声が返って来たんです。
今印ありました。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。
 
マリア様:
 愛する息子に聖母が話をします。あなたは甘え上手でいつも私の乳房を求めて甘えています。過去、沢山の讒言を受け、今も受け続けているあなた、マリー・マドレーヌを通してあなたは私を求めています。愛する息子、また正しいセックスの時に祈りが一つだけになりました。どうしたのですか?甘えていいのですよ。何か思い当たることがあって祈りをやめてしまったのですか?
 あなたは祝福されている司祭です。特別に選ばれた司祭です。あなたの甘える姿を見て女性の多くは反対して去った人もいます。けれどあなたを理解する女性を今3人立てています。クララ・ヨゼファ・メネンデスとマリー・マドレーヌとマリア・アントニアです。特にマリア・アントニアはあなたと深い深い付き合いをしました。男に近い性格を持つマリア・アントニアはあなたを慕い、あなたの言うことを聞いてこれからも進みます。祝福された女性たち、あなた方を聖母は導きます。愛する息子の理解者としてこれからも祈りと理解を増してください。祝福を送ります。父と子と聖霊との御名によりてアーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今確認の印ありました。他にありますか?って尋ねたんですけど印はありません。

ジャン・マリー神父:
 状況説明。

マリー・マドレーヌ:
 マリアママの声なんですけど優しくて柔らかで落ち着いた声です。もうジャン・マリー司祭に対しては愛情いっぱいでしかない声なんだなぁって聞きながら思いました。特に「どうして祈らないのですか?」って感じで迫る声が聞こえてきて、なんかあ〜おかあさんなんだなぁって思いました。それで親密さ、ジャン・マリーとマリアママの関係がよく分かる内容だったんですけど、こんなにも慕ってくれてありがとうって言っているような感じに聞こえてきました。そして私なんかもあーもっとマリアママに甘えればいいんだなぁって思いながらメッセージを聞いていました。で、このメッセージは本当でしょうか?って尋ねたら識別のための印がありました。他にありますか?って尋ねたんですけど印はありませんでした。以上です。




[HOME] [戻る]