マリー・マドレーヌ・ソーンブッシュに与えられたメッセージ

-------------------------------
2009年11月30日 午前8:55
マリー・マドレーヌ・ソーンブッシュに与えられたメッセージ
 
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
-------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 今8時50分なんですけど8時34分ごろに「クララ」っていう声が聞こえました。で、ジャン・マリーに識別のための印があるか確認したいって話しました。識別のための印があるか尋ねました。その時に大天使聖ミカエルに向う祈りもしました。印があるか尋ねたところ35分に識別のための印をもらいました。
今印がありました。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

クララ:
 愛するクララ・ヨゼファ・メネンデスあなたにあいさつをします。クララが話をします。あなたはアトピーで苦しんでいて今、お捧げしてくれています。もう少しでアトピーが治ります。クララはこのことを伝えに来ました。あかねとやよいの誕生もまじかです。楽しみにしてください。あなたが普段話をする時に「クララがねクララがね」っていうとき自分の名前が気にいってくれて私も嬉しく思います。そのかわいらしさで過ごしてください。あなたを愛しています。
 同宿会のメンバーはかわいらしさいっぱいのメンバーです。愛しています。アシジの聖フランシスコと一緒に同宿会を支え、守ります。司祭の祝福をクララ・ヨゼファ・メネンデスにそして名古屋のロンジン・マリーとフランソワ・マリーにお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とがクララ・ヨゼファ・メネンデス、ロンジン・マリー、フランソワ・マリーを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今確認の印もらいました。他にありますか?って尋ねたんですけど印はありません。

ジャン・マリー神父:
 状況説明。

マリー・マドレーヌ:
 ご出現があるときに今日は聖水を沢山撒いてくれました。ジャン・マリー司祭が聖水を沢山撒いてくれたんですけど、クララさんの声は中音域よりちょっと高めで声がかわいいんですね。クララ・ヨゼファ・メネンデスのしゃべり方によく似てたかなぁって感じがするんでちょっと微笑ましくなっちゃったんですけど、なんかかわいい声でしたすごく。聞いてて落ち着く声っていうか、親しみがわきますね。この声は。クララさんの声はとってもかわいい声で言葉もはっきり聞こえてきました。クララを愛していますよていう愛が深まってきて私にぐって迫ってくるような感じがしました。そんな感じでメッセージを聞いてたんですけど、今日のメッセージは同宿会もふくめて「かわいいメンバーです」って言われたのでなんかうれしいなっと思っています。このメッセージは本当でしょうか?って確認の印を求めました。そしたら識別のための印をもらいました。最後に他にありますか?って尋ねたんですけど印がありませんでした。以上です。



--------------------------------
2009年11月30日 23:21
マリー・マドレーヌ・ソーンブッシュに与えられたメッセージ

秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 午後11時8分ごろなんですけど、女性の声が聞こえました。「嘘つき呼ばわりされます」っていう声が聞こえたので、ジャン・マリー司祭にすぐ印を求めたいって言って印を求めました。そしてジャン・マリー司祭と一緒に大天使聖ミカエルに向う祈りを祈って印を求めたら識別のための印をもらいました。女性の声はマリア様です。
今印がありました。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話し下さい。

マリア様:
 愛する子供たちに聖母が話します。公式声明をアップしてくれたことに対して、聖母は嬉しく思います。コルベ・マリーを祝福します。この内容に関して、しばらくの間あなた方の通る道は嘘つき呼ばわりされるようになることを伝えます。旧約の預言者が辱められたようにまた新約の人々も辱められたように、リトル・ぺブル同宿会は一時の間辱めの道を通ります。しかし神が用意している道は、人が計り知れないもので、まずあかねとやよいの誕生、それから泉がわく、そしてクララ・ヨゼファ・メネンデスの体の癒しなど、またマリー・マドレーヌの聖痕、愛する息子(ジャン・マリー神父)の聖痕と奇跡が続きます。そのためにみな一致して愛と喜びに喜んで日々を過ごしてください。天は毎日あなた方を励まし、祝福し、一緒に居ることを皆に味あわせて過ごさせます。祝福を送ります。マリア・アントニアも祝福します。司祭の祝福を名古屋のロンジン・マリー、フランソワ・マリー、秋田のコルベ・マリー、クララ・ヨゼファ・メネンデス、マリー・マドレーヌにお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが名古屋のロンジン・マリーとフランソワ・マリー、秋田のコルベ・マリー、クララ・ヨゼファ・メネンデス、マリー・マドレーヌを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今確認の印もらいました。他にありますか?って尋ねたら印を頂いて「司祭が説明してげて下さい」って一言言われています。

ジャン・マリー神父:
 これは「神様の裏ワザ」ってジャンマリー呼んでいます。まず、辱めの道をイエズスと完全に一致して通る、喜びに溢れて通る。そのことによって私たちが多くの人の改心のための功徳をまず十分に積まなければいけないんです。功徳によって全ては天が行ってくれるからです。
 そして説明するのも、証明するのも、弁解するのも私たちではなくってただ私たちは濡れ衣を着る事、喜んで大喜びで着る事、イエズスと同じ運命に預かることを花嫁の愛で求めること。そして戦い、証明し、説明し、弁解するのは誰も反駁できない奇跡という証し、見える証しによって神様がなさいます。旧約の預言者たちも何千年も変わらない神様のやり方なんです。
 私たちが預言的使命を果たすように召されていますから、預言者たちと同じ扱いを受け、同じ分け前を受けます。そして狭い道、茨の道、これを私たちが真っ先に行かなければ、どうして天国に行く唯一の道に他の人を導くことが出来るでしょうか。
 ですから今言われたことに平安を失わないようにね。唯一の正しい道、イエズスの道、安心できる道なんです。もしこれ以外の栄光とかこの世のほめ言葉とか、すんなり受け入れてくれることとか起こったら、その時こそ心配すべきです。
 そしてこのプロセスを通ることは実りを大きくします。なぜなら多くの人により多くの衝撃を与える事になるから。自分たちの判断が間違っていたと多くの人が判断した後で思い知らされます。神様のそれが優しい優しい咎めというものなんです。誰も咎めません。自分で自分を優しくその時の咎めによって咎める、そして謙遜と神に対する愛に目が覚める、これが神様のやり方です。
 神様の裏ワザ、とっても優しい優しい神様らしいやり方です。そしてそのために進んで生贄になる私たちは前に言ったようにそれを補うほどに十分な霊魂の奥深くにイエズスの道を行ってイエズスに一致しているという喜びを保ちながら歩けるんでほんとに。私たちも私たちに好きなことをするでしょうけど、みんなもこれで利益をえるのです。誰一人損しません。だから喜びと平安を保ちましょう。
(天に)よく説明できたでしょうか?

マリー・マドレーヌ:
 今印ありました。

ジャン・マリー神父:
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 印ありません。

ジャン・マリー神父:
 状況説明。

マリー・マドレーヌ:
 マリア様の声はやはり柔らかくってとても優しく語ってくださいました。そして励ましを私たちに下さいました。一言一言ゆっくりと語ってくださってそこにまた愛を感じました。このメッセージの後これは本当でしょうか?って尋ねたら識別のための印がありました。他にありますか?って聞いたときに印があって「司祭に説明をしてもらってください」っていう一言があったんです。で、司祭が話をしてくださった後に「これでよろしいでしょうか?」という司祭の質問があったのでよろしいでしょうか?って尋ねたら印がありました。他にありますか?って尋ねたんですけど印ありません。以上です。





[HOME] [戻る]