箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の扶け

日本語版 真理の同盟メーリングリスト(JAOTML)


 日本語版 真理の同盟メーリングリスト(以下JAOTML)は、ローマ・カトリック使徒教会の「聖シャーベル修道会」第4部門会員が運営する、超教派の、Eメールを用いた会議室です。あなたのEメールアドレスを登録
(無料)することで、数百人の同様な信念をもつ人々と文通することができる、双方向のコミュニケーション手段です。カトリック信者に限らず、どなたでも参加できます。

 JAOTMLでは、あなたの考え、あなたの夢、預言そしてメッセージ、祈りのリクエスト、あなたの興味深い質問、あなたの疑いとおそれ、証しと、イエズス・キリストの教会である「キリストの神秘体」の人間生活のすみずみに関連する全ての他の事柄の多くを表現することができるフォーラム(会議室)です。

 私達は、私達のローマ・カトリックのアイデンティティーを公言しているとは言っても、私達がすべての善意の人々を歓迎するということを知ってほしいのです。私達はあなたがJAOTMLに参加し、私達があなたにもたらしたい希望と真の平和と理解の世界に踏み込むようにお招きします。


モデレーターからの御挨拶

 JAOTML(Japanese Alliance of Truth)は、日本の福音宣教のための超教派の対話型コミュニケーション手段です。イエズス・キリストの再臨を間近に、私達が日常経験する様々なことをディスカッションし、未知の人々と新しい友情を結び、情熱と刺激を与えあい、愛徳のうちに支えあう場としてのフォーラム(会議室)です。

 神様はこの終わりの時、洗礼を受けている者、受けていない者を問わず、私的な啓示を与えています。あなたが個人的に経験したそれらの示しの投稿も歓迎します。私達「日本における聖シャーベル修道会」は、再臨の直前に起こることに備えるよう呼びかける、国外からの私的啓示の情報を多く、皆様にお届けいたします。どうぞディスカッションをお楽しみください。

2001年1月19日
モデレーター:Jean-Marie 杉浦洋

◆使徒行録2章17節
「主はこう仰せられる。末の日になれば、私の霊をすべての人の上に注ごう。するとおまえたちの息子や娘たちは預言し、若者は幻を見、老人は夢を見るであろう」

付記:
 このメーリングリストを始めるにあたって、2000年12月26日に、私達の長上であるマルコム・ブロサード神父様から許可と祝福をいただいております。




JAOTML参加の手順

 JAOTMLに参加するには、二通りの手順があります。すべて無料です。「JAOTMLの規約」をよくお読みの上、お申込みください。

1.Eメールで申し込む方法
 「JAOTML参加申し込み」と明記の上、送信してほしいあなたのEメールアドレスを下記まで御連絡ください。

     参加(自動処理): JAOTML-subscribe@yahoogroups.jp

 ご本人の御意志の確認のために、eグループからの確認メールが来ますので、そのメールを何も記入せずそのまま「返信(replay)」すれば登録完了です。

 登録完了後、メンバーからの投稿があるたび、ご指定のEメールアドレスに送信されます。投稿、退会などは、下記メールアドレス宛にお願いいたします。

     投稿アドレス   : JAOTML@yahoogroups.jp
     参加(自動処理) : JAOTML-subscribe@yahoogroups.jp
     退会(自動処理) : JAOTML-unsubscribe@yahoogroups.jp
     グループオーナー: JAOTML-owner@yahoogroups.jp
     グループページのURL:
http://groups.yahoo.co.jp/group/JAOTML




2.eグループのホームページから申し込む方法
 下記ボックスの白枠内に、あなたのEメールアドレスを記入してから「join eGroups」をクリックして下さい。そうすると「eグループ」の「JAOTML登録画面」に飛びます。「eグループ」の会員としてユーザー登録(無料)してから、画面の指示従って「JAOTML」への登録手続を行なってください。
JAOTMLグループに参加しませんか?
 ご本人の御意志の確認のために、eグループからの確認メールが来ますので、そのメールを何も記入せずそのまま「返信(replay)」すれば登録完了です。

 登録完了後、メンバーからの投稿があるたび、ご指定のEメールアドレスに送信されます。投稿、退会などは、下記メールアドレス宛にお願いいたします。

     投稿アドレス   : JAOTML@yahoogroups.jp
     参加(自動処理) : JAOTML-subscribe@yahoogroups.jp
     退会(自動処理) : JAOTML-unsubscribe@yahoogroups.jp
     グループオーナー: JAOTML-owner@yahoogroups.jp
     グループページのURL:
http://groups.yahoo.co.jp/group/JAOTML



JAOTMLの規約

 JAOTMLにおいて、モデレーターはすべての寄稿されたメッセージを読み、それらが投稿される前に審査します。モデレーターは、下記の基準にしたがって警告・削除の権限を行使します。

◆投稿基準
 基本的に実名で投稿してください。ハンドルネームを用いる場合、事前にモデレーターまで申し出てください。

 投稿は、テキストのみとさせていただきます。

 投稿する際、必ず「件名(subject)」欄に題名を記入してください。例えば、ある人の投稿「幼きイエズスの聖テレジアについて」に対する返事を投稿する場合、「件名(subject)」欄に「Re:幼きイエズスの聖テレジアについて」と記入してください。こうしておけば、様々なテーマでディスカッションが行なわれる中で、何に対する返事なのかわかります。

 投稿内容は、カトリック教会の教えに対して、ふさわしい敬意と尊敬が守られなければなりません。攻撃的な言葉、愛徳に背く、そして異端のメッセージは排除されます。カトリック信仰vs他の宗教に関しての討論は全く許されません。しかしながら、カトリック信者以外の人々を歓迎します。私達は、たとえどんな人種・信条であろうと、すべてのメンバーに大変喜んで迎えられていると感じてもらいたいのです。

 今現在、議論、あるいは非難されている私的啓示について、モデレーターと同僚による検閲基準は未定です。あなたが個人的に受けた、または経験したメッセージ、幻視、夢の場合は、それらを歓迎します。そのことであなたは偏見を持たれたりはしません。これら私的啓示に関して、何がディスカッションされるかについては全く限界を定めません。なぜなら人は、カトリック教会員でさえ、私的啓示に関する判断において間違えることが知られているからです。(例えば、シスター・ファウスチナのメッセージは非難されました。マリア・ワルトルタの本は、ヴァチカンの禁書目録にのっていました。フィリピンのリパの御出現は強く非難されましたが、今、調査が再開されました。同じことはスペインのガラバンダルの御出現にもあてはまります)

◆プライバシー保護について
 このメーリングリスト宛ではなく、あなたに私的・個人的に送られたEメールは、本人の許可がある場合を除いて、このメーリングリストで引用してはいけません。

 このメーリングリストのメンバーのEメールアドレスについて、あなた自身のデータベースを作成してはいけません。

 もしあなたがモデレーターと接触する必要がある場合は、下記アドレスにEメールを送ってください。

     Jean-Marie 杉浦 洋: charbeljapan@nifty.ne.jp




聖シャーベル修道会からの御挨拶 − 英語版AOTML宛 −

2000年8月1日

 この修道会の使徒職へのインターネットの導入は、ウェブサーファーの地平線を、キリスト教的精神の無限の富に広げることにおいて、教皇様の目的に調和して、一つの大きな道をもたらしました。このキリスト教の再福音宣教のテーマは、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世の大多数の教皇回勅を通して繰り返し述べられました。聖シャーベル修道会はその基本的な目的を、神の栄光のために、この同じ再福音宣教の道具として役立つことであると見ています。教皇パウロ6世が聖母について言及したように、神の母は「福音宣教の星」です。マリア様は今日、世界中で彼女の多くの御出現を通して、善意のすべての霊魂に活発に再福音宣教をなさっています。

 この精神のうちに、私達はこの修道会のホームページを作り、リトル・ペブルが何年もの間、天から受けているほとんどのメッセージを公表するために働いてきています。私達はすばらしい反応を友人たちから受け取り、訪問者は殺到し続けています。私達はさらにいっそう前進し − 私達がアライアンス・オブ・トゥルース・ディスカッション・グループ(AOT:真理の同盟)と呼ぶ、対話型通信の方法に達しようとしています。それはあなたが、あなたの考え、あなたの夢、預言そしてメッセージ、あなたの大望、祈りの請願、ミサの意向、あなたの興味深い質問、あなたの疑いとおそれ、証しと、イエズス・キリストの教会である「キリストの神秘体」の人間生活のすみずみに関連する全ての他の事柄の多くを表現することができるフォーラム(会議室)です。

 私達は、私達のローマ・カトリックのアイデンティティーを公言しているとは言っても、あなたが、個人的な方法で、私達がすべての善意の人々を歓迎するということを知ってほしいのです。私達はあなたをアライアンス・オブ・トゥルース・ディスカッション・グループ(AOT:真理の同盟)に参加し、私達があなたにもたらしたい希望と真の平和と理解の世界に踏み込むようにお招きします。

 アライアンス・オブ・トゥルース・ディスカッション・グループ(AOT:真理の同盟)は、グレン・タロー氏によって調整されます。彼のバックグラウンドと過去の職歴によって、私達は、私達のメンバーがうまく管理されるだろうとわかっています。彼は外交問題を専攻、卒業後、父のたどった道と同じく国連でキャリアを開始しようとしていました。しかしイエズス・キリストは彼の教会のための外交官になるように彼を選びました。グレン氏は、枢機卿・司教・様々な修道会と聖母信心組織を推薦するため、教会の諸問題において幅広く働きました。グレン氏は、「バチカン宮殿」「吹きさらしの家」などのベストセラー小説の著者、故マラキ・マーティン神父のアジアにおけるコネクションでした。グレン氏の最後の国際的なプロジェクトは、1999年ニューヨークにおいて開催された世界マリアン平和レガッタでした。

 リトル・ペブル(ウィリアム・カム氏)聖シャーベル修道会創立者を代表して、私はグレン・タロー氏をアライアンス・オブ・トゥルース・ディスカッション・グループ(AOT:真理の同盟)のモデレーターとしての職務に歓迎し、善意のすべての人々を、このディスカッション・グループに申し込まれるようにと、心からお招きいたします。私達はあなたが、このディスカッションと、あなたがきずく友情によって豊かにされると思います。三位一体の神があなたを祝し、あなたに報いてくださいますように祈ります。

キリストにおいて、あなたの誠実な友
マルコム・L・ブロサード・Jr神父(共同体の長)

ゲッセマニ共同体
キャンベワラ N.S.W. オーストラリア



[HOME]