箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の助け

最新のメッセージ、情報が知りたい方へ!


メールマガジン 「 箱舟の聖母 」

毎週1回発行 : Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)



最新のメッセージ
はこちら





【 「箱舟の聖母」宣教誌 休刊 】

2000年5月31日創刊号から10年。
長い間、「箱舟の聖母」宣教誌を愛読くださりありがとうございます。

近年、インターネット環境や携帯電話の発達にともない、
ホームページ、ブログ、YouTube などで、
ほぼリアルタイムで天の方々の御出現、最新のお知らせなどを
配信することが出来るようになりました。

その反面、E-mail版や郵送版の限られた紙面で、
これら莫大な情報量をリアルタイムでお伝えすることが、
きわめて困難になってきました。

そこで、今号2010年2月7日号 No.500をもちまして、
「箱舟の聖母」宣教誌Eメール版、郵送版を休刊いたします。

今後、天からのメッセージや情報などは
リトル・ペブル同宿会ホームページをごらんになり
皆さんが愛する人の救いのためにお役立てください。

長い間 ありがとうございました。
皆さんの上にマリアママの祝福が豊かにありますように!

2009年2月7日 スタッフ一同。





「 箱舟の聖母 」 バックナンバー
皆様の霊的利益のために公開いたします。どうぞ、コピーして友人・知人にお配りください。当方への報告は不要です。
No.001  No.002 No.003 No.004 No.005 No.006 No.007 No.008 No.009 No.010
No.011 No.012 No.013 No.014 No.015 No.016 No.017 No.018 No.019 No.020
No.021 No.022 No.023 No.024 No.025 No.026 No.027 No.028 No.029 No.030
No.031 No.032 No.033 No.034 No.035 No.036 No.037 No.038 No.039 No.040
No.041 No.042 No.043 No.044 No.045 No.046 No.047 No.048 No.049 No.050
No.051 No.052 No.053 No.054 No.055 No.056 No.057 No.058 No.059 No.060
No.061 No.062 No.063 No.064 No.065 No.066 No.067 No.068 No.069 No.070
No.071 No.072 No.073 No.074 No.075 No.076 No.077 No.078 No.079 No.080
No.081 No.082 No.083 No.084 No.085 No.086 No.087 No.088 No.089 No.090
No.091 No.092 No.093 No.094 No.095 No.096 No.097 No.098 No.099 No.100
No.101  No.102 No.103 No.104 No.105 No.106 No.107 No.108 No.109 No.110
No.111 No.112 No.113 No.114 No.115 No.116 No.117 No.118 No.119 No.120
No.121 No.122 No.123 No.124 No.125 No.126 No.127 No.128 No.129 No.130
No.131 No.132 No.133 No.134 No.135 No.136 No.137 No.138 No.139 No.140
No.141 No.142 No.143 No.144 No.145 No.146 No.147 No.148 No.149 No.150
No.151 No.152 No.153 No.154 No.155 No.156 No.157 No.158 No.159 No.160
No.161 No.162 No.163 No.164 No.165 No.166 No.167 No.168 No.169 No.170
No.171 No.172 No.173 No.174 No.175 No.176 No.177 No.178 No.179 No.180
No.181 No.182 No.183 No.184 No.185 No.186 No.187 No.188 No.189 No.190
No.191 No.192 No.193 No.194 No.195 No.196 No.197 No.198 No.199 No.200
No.201  No.202 No.203 No.204 No.205 No.206 No.207 No.208 No.209 No.210
No.211 No.212 No.213 No.214 No.215 No.216 No.217 No.218 No.219 No.220
No.221 No.222 No.223 No.224 No.225 No.226 No.227 No.228 No.229 No.230
No.231 No.232 No.233 No.234 No.235 No.236 No.237 No.238 No.239 No.240
No.241 No.242 No.243 No.244 No.245 No.246 No.247 No.248 No.249 No.250
No.251 No.252 No.253 No.254 No.255 No.256 No.257 No.258 No.259 No.260
No.261 No.262 No.263 No.264 No.265 No.266 No.267 No.268 No.269 No.270
No.271 No.272 No.273 No.274 No.275 No.276 No.277 No.278 No.279 No.280
No.281 No.282 No.283 No.284 No.285 No.286 No.287 No.288 No.289 No.290
No.291 No.292 No.293 No.294 No.295 No.296 No.297 No.298 No.299 No.300
No.301  No.302 No.303 No.304 No.305 No.306 No.307 No.308 No.309 No.310
No.311 No.312 No.313 No.314 No.315 No.316 No.317 No.318 No.319 No.320
No.321 No.322 No.323 No.324 No.325 No.326 No.327 No.328 No.329 No.330
No.331 No.332 No.333 No.334 No.335 No.336 No.337 No.338 No.339 No.340
No.341 No.342 No.343 No.344 No.345 No.346 No.347 No.348 No.349 No.350
No.351 No.352 No.353 No.354 No.355 No.356 No.357 No.358 No.359 No.360
No.361 No.362 No.363 No.364 No.365 No.366 No.367 No.368 No.369 No.370
No.371 No.372 No.373 No.374 No.375 No.376 No.377 No.378 No.379 No.380
No.381 No.382 No.383 No.384 No.385 No.386 No.387 No.388 No.389 No.390
No.391 No.392 No.393 No.394 No.395 No.396 No.397 No.398 No.399 No.400
No.401   No.402 No.403 No.404 No.405 No.406 No.407 No.408 No.409 No.410
No.411 No.412 No.413 No.414 No.415 No.416 No.417 No.418 No.419 No.420
No.421 No.422 No.423 No.424 No.425 No.426 No.427 No.428 No.429 No.430
No.431 No.432 No.433 No.434 No.435

 号 外  2001年9月14日 2005年4月7日



 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。

■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。



[HOME]



箱舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶け

箱舟の聖母
我らが御母聖マリア
キリスト信者の助け

箱舟の聖母社
出版物




新発売!「マリー・マドレーヌの自叙伝 第2巻」 
New!

 可愛くて手軽な大きさで、いつでもどこでも読める文庫版で登場。各ページに可愛い絵が入って、小学生低学年でも読みやすくなりました。


「マリー・マドレーヌの自叙伝 第2巻」 文庫


リトル・ペブルさん、「最低最悪」の私なの!

第2弾。2005年7月〜2005年10月の秋田への引越しまでの御出現とエピソード!

イエズス様、マリア様、ヨゼフ様、天の方々から「かわいい子」「ちっちゃい子」「過去にも未来にもいない最低最悪の霊魂」と呼ばれている! 「秋田の聖母の第2出現」の神秘家、ローキューショニスト(内的語らいを受ける人) マリー・マドレーヌ杉浦律子のずっこけ自叙伝。

マリー・マドレーヌ杉浦律子 著
文庫 124頁 500円(税込)


「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」 文庫

リトル・ペブルさん、「最低最悪」の私なの!

幼少期の思い出、2004年8月のジャン・マリー神父との出会いと神秘的体験のはじまり、2005年7月までの御出現とエピソード!

イエズス様、マリア様、ヨゼフ様、天の方々から「かわいい子」「ちっちゃい子」「過去にも未来にもいない最低最悪の霊魂」と呼ばれている! 「秋田の聖母の第2出現」の神秘家、ローキューショニスト(内的語らいを受ける人) マリー・マドレーヌ杉浦律子のずっこけ自叙伝。

マリー・マドレーヌ杉浦律子 著
文庫 146頁 500円(税込)





「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版発売

 聖シャーベル修道会の創立者にして歴史上「最後の教皇」となるリトル・ペブル − ウィリアム・カムとは、いったいどんな人物なのか? そこには彼自身の手で、皆さんの知らない彼の本当の姿が赤裸々に描き出されています。原題のサブタイトルには「つまずきの人 − ペトルス・ロマーヌス −罪人か聖人か?」とあります。ちょうどイエズスご自身がそうであられたように……。皆さんはこの著書を通して、リトル・ペブルの真実を知るでしょう。そして皆さん自身が歴史の目撃者となったことに戦慄をおぼえることでしょう。


罪人か聖人か? ローマ・カトリック使徒教会
最後の教皇「ペトロ2世」になると預言されている
「リトル・ペブル」- ウィリアム・カムの自伝。
1994年の相次ぐ裏切りから2000年10月の
不誠実な「教会調査」、2005年4月のヨハネ・
パウロ2世の死去まで。



【 第3巻の目次 】

 永遠の御父への献辞
 著者の序文
 第一章 うち続く裏切り
     ブレ神父の離反
     トランペッターの離反(日本から
      起こった神秘的教会の世界的な大分裂)
     ブロサード神父による擁護
     シスター・グアダルーぺ
     (幻視者が過ちに陥る典型的な実例)
 第二章 聖シャーベル修道会
 第三章 天国からの対話。神からの賜物。続き
     (日本語版の注記「教皇ヨハネ・
      パウロ2世のご死去」について、
      リトル・ペブルからの手紙2005年4月)
 第四章 新しい千年期と聖シャーベル修道会
     (正義はどこにあるのか?
      不誠実な「教会調査」の記録)

 日本語版の謝辞

ウィリアム・カム(リトル・ペブル)著 
「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻
 − ウィリアム・カムの証言と神秘的生活」
(第1刷)A5判 300頁 5000円(税込



罪人か聖人か? ローマ・カトリック使徒教会
最後の教皇「ペトロ2世」になると預言されている
「リトル・ペブル」- ウィリアム・カムの自伝。
1991年の「神秘的婚姻」から2000年の
「教会調査開始」まで。



【 第2巻の目次 】

 永遠の御父への献辞
 著者の序文
 第一章 神秘的結婚
 第二章 第二の裏切り
 第三章 ダビド王家
 第四章 契約の預言者
 第五章 天国の援助者たち
 第六章 聖母のための勝利
 第七章 天からの賜物と対話
 著者の注記
 日本語版の謝辞
ウィリアム・カム(リトル・ペブル)著 
「リトル・ペブル 最後の教皇 第2巻
 − ウィリアム・カムの証言と神秘的生活」
(第1刷)A5判 298頁 5000円(税込



罪人か聖人か? ローマ・カトリック使徒教会
最後の教皇「ペトロ2世」になると預言されている
「リトル・ペブル」- ウィリアム・カムの自伝。
若い頃のエピソード、神秘的体験とミッションの
始まり、そして1988年の最初の「裏切り」まで。



【 第1巻の目次 】

 永遠の御父への献辞
 著者の前書
 リトル・ペブルに関する聖書の言及と預言
 マルコム・ブロサード神父による序論
 第一章 若い頃 (抜粋:クリック)
 第二章 最初の神秘的経験
 第三章 私の初恋とそのトラウマ的な結果
 第四章 リトル・ペブルとしての私のミッションが始まる
 第五章 迫害が始まる
 第六章 最初の世界旅行 − 1986年
 第七章 教会が意見を述べる
 第八章 貧しい人々への援助
 第九章 預言
 第十章 天からの対話。賜物と苦しみ
 第十一章 私の生活における典型的な一日
 第十二章 ナウラで見られた奇跡
 第十三章 さらなる世界旅行
 第十四章 ポーランドへの旅。1988年。裏切り
 付録
 謝辞
 日本語版の謝辞


ウィリアム・カム(リトル・ペブル)著 
「リトル・ペブル 最後の教皇 第1巻
 − ウィリアム・カムの証言と神秘的生活」
(第2刷)A5判 298頁 5000円(送料・税込




◆ 「リトル・ペブル 最後の教皇」日本語版は、各一冊5000円(税込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。ご入金を確認後、発送いたします。






【 箱舟の聖母社の既刊 】
公式ホームページhttp://hakobune.cart.fc2.com/


「リトル・ペブル 最後の教皇 第1巻」
 A5判 298頁 5,000円(税込)
 
 罪人か聖人か? ローマ・カトリック使徒教会最後の教皇「ペトロ2世」になると預言されている「リトル・ペブル」- ウィリアム・カムの自伝。若い頃のエピソード、神秘的体験とミッションの始まり、そして1988年の最初の「裏切り」まで。



「リトル・ペブル 最後の教皇 第2巻」
 A5判 298頁 5,000円(税込)
  
1991年の神秘的婚姻から2000年の「教会調査」開始まで。



「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」
 A5判 300頁 5,000円(税込)
  
1994年の「相次ぐ裏切り」から、2000年10月の不誠実な「教会調査」、2005年4月のヨハネ・パウロ2世の死去まで。



「153本のマリアさまのバラ」
 A5判 170頁 2,000円(税込)
  
ジャン・マリー杉浦洋神父 著: あなたはマリア様がどのようなお方かご存知ですか? 全世界での御出現で、マリア様は何をおっしゃりたいのでしょうか? マリア様のメッセージを正しく理解するために必読の本です。初心者の方にお勧めです。



「153本の聖ヨゼフの百合」
 A5判 316頁 3,000円(税込)
  
ジャン・マリー杉浦洋神父 著:  マリア様が望まれる「幼な子の霊魂」になるために、ヨゼフ様を模範としてどのようにあなたの土台を建て直すべきか(第1〜81章)。 「祈り」の根本である「内的生活」の勧め(第82〜117章)。メッセージの「識別」と「実践」について(第118〜153章)。特に、幻視者、神秘家、恵みの霊魂は、必ずこの本を読み、理解してください。



「 リトル・ペブルへのメッセージ集 」
 A5判 233頁 3,000円(税込)
  
2000年6月〜2003年4月までのリトル・ペブルへのメッセージNo.599〜No.619、および他の幻視者へのメッセージ、報道機関への公式声明を収録。



「聖シャーベル修道会の会則会憲
− オーストラリアでの創立 −」
  A5判 143頁 2,000円(税込)ジャン・マリー杉浦洋神父 訳
  
リトル・ペブルが創立した「聖シャーベル修道会」の1996年1月に発行された第8版会則会憲(現在発行されている最新版)の日本語版です。この会則会憲はバチカンに提出され認可を待っています。



お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。ご入金を確認後、発送します。
 〒012−0106
秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
箱舟の聖母社

 電話・FAX: 0183−42−2762
 Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp
 郵便振替 02260−0−91200

◆またインターネット上で、こちらでも購入できます。

箱舟の聖母社 FC2店

http://hakobune.cart.fc2.com/

【 「リトル・ペブル 最後の教皇 第1巻」日本語版の謝辞 】

 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利をリトル・ペブルさんからいただきました。契約については、ここをクリックしてください) どんな天からのメッセージにも版権はありませんが、リトル・ペブルさん自身の著述に関しては版権があります。この日本語版「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」の著作権は「箱舟の聖母社」にあります。この重要な本を発行するにあたり、寛大なご寄付をくださった皆様、また翻訳のために膨大な時間と労力をささげてくださったU氏、N氏に、あつく感謝いたします。
2006年1月
箱舟の聖母社
Kolbe-Marie 阿部哲朗

--------------------------------
原題: "Petrus Romanus" - The Last Pope - Volume 1
    The Manuscript is Copyright (c) 1999 by William Kamm.
William Kamm, P.O.Box 815, Nowra, N.S.W. Australia
--------------------------------
「リトル・ペブル 最後の教皇 第一巻」日本語版
--------------------------------
2006年1月 第1刷発行
著 者 ウィリアム・カム
編 集 Kolbe-Marie 阿部哲朗
発行者 Rongin-Marie馬場勝吉
発行所 箱舟の聖母社
--------------------------------
(c) 2006 in Japan by Hakobune-no-Seibo-Sha
Printed in Japan
--------------------------------


[HOME]