%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年11月9日号 No.435

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年6月5日 AM1:00
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 ちょうど1時ころに、また内的な語らいを聞きました。それが、聖母
マリア様からのもので、その時にしるしがあるかどうかを尋ねました。
そしたら識別のためのしるしがあったので。内容っていうのは、クララ・
ヨゼファ・メネンデスのことで、妊娠がまず早まるっていうことと、泉が
湧くと同時に妊娠するってこないだまでは言っていたけれども、妊娠が
早まる、そして妊娠したっていうことを愛する息子(ジャン・マリー神父)
に知らせるっていうことなんです。そのことに関して「しるしあります
か?」って聞いたら、識別のためのしるしをもらった、っていう状況です。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父: (マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話ください。

聖母マリア様:
 愛するクララ・ヨゼファ・メネンデスのことで、愛する息子(ジャン・
マリー神父)に聖母がお話します。彼女は、泉が湧く前に妊娠します。
それを愛する息子が知るようになります。これは多くの天の業が褒め称え
られるためのものであることを覚えてください。クララ・ヨゼファ・メネ
ンデスはバロネスです。リトル・ぺブルの輝く聖なる棒から運ばれた種に
より、妊娠し、6ヶ月で子供を産みます。そして次々に子供を産んでいき
ます。今、愛する息子とコルベ・マリーのケアが重要になってきてきます。
ミッシェル・マリー・フランソワも、これを学んでいきます。司祭の
祝福を、コルベ・マリー、ミッシェル・マリー・フランソワにお願いします。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。
 「添い寝のことに関して」って言われたんで、今ちょっとしるし求め
ます。今しるしありました。

ジャン・マリー神父: (マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話ください。

聖母マリア様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)に、聖母が伝えます。添い寝の時間
ですが、夜、今このような時間帯は、マリー・マドレーヌに、そしてミサを
たてて寝る時にはクララ・ヨゼファ・メネンデスのところへ行き、今まで
明け方クララ・ヨゼファ・メネンデスのところに行ってあげたように、そう
してあげてください。昼間の休憩の時間にはコルベ・マリーがケアをして
いますから、マリー・マドレーヌのところでしても構いませんし、もし
コルベ・マリーとでなくて、クララ・ヨゼファ・メネンデスが「愛する
ジャン・マリーと寝たい」と言ったならば、そう動いてください。彼女を
祝福します。彼女を一人にしてはいけません。司祭の祝福を、クララ・
ヨゼファ・メネンデスにお願いします。

ジャン・マリー神父:(クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。
 もう何もないです。


--------------------------------
2007年6月6日 AM3:20
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 3:15過ぎなんですけど、内的語らいをまた聞きました。「マリー・レ
ベッカのことに関して、寺沢でのその同宿院長、女子同宿院長としての
役目もありません」っていう言葉だったんです。その一言があったもん
ですから、しるしがあるかどうか尋ねて求めました。その声がマリア様の
声だったので、「しるしありますか?」って聞きました。そしたら識別の
ためのしるしを、今いただいたので、このことをジャン・マリー司祭に
話しました。

ジャン・マリー神父:
 同宿服を作るだけですって・・

マリー・マドレーヌ:
 「同宿服を作るだけです」っていうことも言われています。
 しるしもらいました。

ジャン・マリー神父: (マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話ください。

マリー・マドレーヌ:
 もう一回しるしくれました。

ジャン・マリー神父: (マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話ください。

聖母マリア様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)に、聖母が伝えます。昨晩観た映画
のあと、マリー・マドレーヌは「恵みを私はいっぱい頂いて感謝してます。
彼女の代わりに、そしてお腹の中にいる赤ちゃんの代わりに、天草に行け
なくても構いません。命をとってください。」と懇願しました。でも、
今回の状況は、マリー・マドレーヌのせいではなくって、本人が従順する
のを拒んだことにあります。ですから、マリー・マドレーヌのこの祈りに
関しての答えとして、今聖母が話したように、前、預言的使命が終わった
ことと、妊娠がないということ、それに付け加えて、寺沢での生活も、
同宿院長としての使命も、彼女にはなく、ただ同宿服を作るだけの生活に
戻ることになります。寺沢では、まず男性が立ち上がるはずです。女性は、
その後起こされます。聖母は、ミッシェル・マリー・フランソワの献身的な
働きを望みます。寺沢の殉教者を愛し、寺沢での北向き観音の土地を守り、
巡礼者をガイドすることが出来るように、寺沢での事業はたくさん待って
います。本当にこの地方の人々、仏像などを彫る人々とのコネクションが
必要になります。男性同士の付き合いで、ミッシェル・マリー・フラン
ソワは、これからは変えられていきます。全く都会とは違う生活で、むしろ
こちらの方で自然に触れながらの生活で、力強く、愛する息子(ジャン・
マリー神父)やコルベ・マリーの支援も受けながら、そして神の賜物を強く
注がれますから、その時には同性愛の傷も癒されます。一人でいても、
たくさんの天使たちが最初大きな事業のために、何をするかを助け、知恵を
与えていきます。女子同宿院の場合は、全く新しい人が立てられますから、
これはあとのことになります。男性がやはり、ここでも立ち上がりますので、
男性の柱として、ミッシェル・マリー・フランソワを、天が立てたことを、
ここで伝えておきます。司祭の祝福を、ミッシェル・マリー・フランソワに
お願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに) 
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。
 
ジャン・マリー神父: (マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるし、今ありました。

ジャン・マリー神父: (マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話ください。

聖母マリア様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)に伝えます。イエズスの御心が決めた、
この使命の果たせなかった、また堅忍できなかった事柄について、いずれ
話すときがきます。そして、マリー・レベッカはどのような態度をとるかを、
コルベ・マリーもミッシェル・マリー・フランソワも、見ながらの状態で、
これからの生活を過ごしていくようにしてください。決して止めないで
ください。強制的な集団であるとますます認識してしまい、「帰ることが
出来ない」と、わめき散らす行動を以前したように、「ここは縛る集団だ」
と言ったこともあります。「出て行く」と言ったときには、本当に自分が
かばんを持って入って、最初は来たように、今度は自ら外に出る意思を
強固にするなら、それが最後の結果になります。イエズスが決めたのは、
選ばせることでした。告解は恵みですから、戦う力を与えますが、彼女の
認識には「告解をしないと裁かれる」認識しか、ずっと持てずにいます。
全然、ここにいるメンバーとの考えが違い、そぐわないのです。いくら
言っても考えが変えられず、意思も弱く、そこを愛する息子が直そうと
しましたが、強固になるばかりで、かたくなにどんどんなり、表面上で変え
ようと変わってきても、内面は、また昔の信心業をしていた時間を同じ
ように、不眠不休の状況を続ける、そんな不安定の生活を始めたマリー・
レベッカです。不安定になりやすく、愛する息子を慕いますが、でも指摘
されるので、拒む、そういう状況で過ごしてきました。アッシジの聖フラン
シスコの到着した2年程前の10月4日、けれども今回は彼女の行動
パターンをよく注意して見てください。いつもマリー・マドレーヌが気に
なります。ですから、マリー・マドレーヌは追い詰められてしまう、そう
いう状態で、彼女には心の安まりが出来ない、そんな環境になりつつある
ので、ですから二人だけにしてナウラに行かせることにしました。ナウラ
では、また別な事情で何かありますが、理解してもらえる人たちがいる
ことを期待し、祈り続けてきましたので、彼女はそこで大きな恵みを受けて
帰ることができます。「ナウラで命がおわりかな?」と彼女は思いました。
でもそれは違います。神の哀れみと慈しみを、もっとマリー・マドレーヌに
知らせたくて、まだ少しの期間、彼女に留まらせることを神は望んでいます。
償えなかったから留まらせるのではなくて、愛のために留まらせます。

 信心業に傾き、考えを何度も言われても変えられないマリー・レベッカに
対する他の3人の避雷針も、手立てがどうしてもつけられない状態です。
愛する息子が必死に彼女の中に入り、愛を注いだにも関わらず、昨日は
機嫌が良かったですが、いつまた機嫌を損ねるかしれない、そんな霊魂で、
いつも自分が中心でいないと落ち着かない、そんな霊魂です。神は哀れみ
たいのですが、憎しみ、恨み、ねたみ、被害妄想を持ち続けるために、そこ
には入れません。ですから、残念ながら、一番大きな恵みと赦しを与えた
にも関わらず、この使命が終わってしまうという悲劇になりました。外に
出てみたら、自分が今まで何をしたのか、やっと気付くはずです。しかし、
どういう状況に置かれるかは、全く想像に値します。まず、家族と一緒に
なり、戻るでしょう。そして家族にこのようなことがあったと話すと思い
ます。聖母は、そのままにします。クララ・ヨゼファ・メネンデスを、
どうか彼女の手から守ってあげてください。第三世代が起こされ始めて
います。慈しみの神、哀れみの神は、あなた方に新しいことを用意されて
いますから、その人たちにも、外に置いて恵みを加えるということになり
ます。しかし、恩寵のラインのど真ん中のリトル・ぺブルの信仰を一番強く
持つ、愛するジャン・マリー司祭から離れたらどうなるのか、それを経験
しないと、この深い痛手はわかりません。内部にいたら全然わからないの
です。「同宿服を作るだけ」と言ったならば、必ず反応がかえってきます。
でも、一番もしかしたらそれだけをするのを望んでいるのかもしれません。

 聖母はイエズスの御心に取り次ぎましたが、この場合、もう三度目なので、
イエズスは彼女をこの責任ある重い十字架をおろされることを決定しました。
全て、□□さんがご主人との離婚の手続きを送ってこないことに原因が
あります。彼女は、もう□□家のもので、ここには過ごせないと思います。
イエズスが、そうされるので、どうかいつかそれを話し、そして最後に
彼女に決めさせて、自由に行動をとらせてあげてください。しかし、一度
出たけれども、痛悔の恵みを外で得て、帰ってくることもあり得ます。神は
何でも出来ますから、外で痛悔の恵みを与えようとされています。司祭の
祝福を、特に男性とマリー・レベッカにお願いします。

ジャン・マリー神父:(特に男性、マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ: 
 今、しるしもらいました。

ジャン・マリー神父: (マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 「一言、最後に」って言われています。
 今、しるしもらいました。

ジャン・マリー神父: (マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話ください。

聖母マリア様:
 一言、最後に、聖母が話します。このことをきっかけに、クララ・ヨゼ
ファ・メネンデスと愛するコルベ・マリーの絆を強く深める、このことを
神は約束されています。どうか、恐れないで、クララとコルベ・マリーの、
本当の愛の交わりをし続けてください。決して引いてはなりません。この
ことを伝えます。二人の、養女のクララ、そして養父になったコルベ・
マリーを祝福します。クララは純朴で、本当に頭の切れる人ですが、だん
だん信仰のことについて学んでいく人でもあります。でも、信仰は意志力
だということも、彼女は学んでいくことになります。司祭の祝福を、この
二人にお願いします。

ジャン・マリー神父:(この二人、コルベ・マリー、クララ・ヨゼファ・
メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今、しるしありました。

ジャン・マリー神父:
 マリア様に、「マリア・ヨゼフ・ガブリエルのお葬式をさせてください」
ってお願いして。

マリー・マドレーヌ:
 わかりました。しるしあります。

ジャン・マリー神父: (マリー・マドレーヌを通して) 
 しもべは聞きます。お話ください。

聖母マリア様:
 今日の夜、帰ってきたときにあげる死者の葬儀に、彼の名を、特に加え
てあげてください。男の子でした。そして、クララ・ヨゼファ・メネン
デスに宿る子は、名前だけ話します。マリア・ガブリエラという女の子に
なります。ガブリエルの名を持つ人、ヨゼフの名を持つ人は、これから
たくさん増えていきます。ここは7大天使に守られているので、その天使の
名を使うこともあります。祝福を、今このクララ・ヨゼファ・メネンデスに
宿る子供に与えてください。

ジャン・マリー神父:(マリア・ガブリエラに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。もう他にはないです。


--------------------------------
2007年6月6日 PM12:25
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様、イエズス様からの
メッセージ
秋田県湯沢市寺沢にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 今寺沢の北向き観音のところにいます。12:24、もうすぐ12:25になろうと
しているところなんですけど、今、ジャン・マリー司祭が一つ祈りを唱えて
いたんですけど、そのときに「小さな子のために祈ってくださいね」って、
すごくこう、ほんとに懇願されるような悲しげな声で、マリア様がおっしゃ
ってました。「しるしがありますか?」って聞いたら、識別のためのしる
しがありました。マリア様の声って、とっても何か美しいんですよね、
言葉で表現できないんですけど。何かほんとに美しくって、耳に聞き取り
やすくって、今日は、ほんとはっきり、「小さな子のために祈ってちょう
だいね。」っていう言葉を聞きました。すごく何か悲しんでらっしゃる
ような感じを受けます。
 確認のしるしを、今とりました。
 
 ジャン・マリーに・・。いいですか?もう一言、言われたんですけど、
しるしがあって、何かこう、お母さんが子供に言い聞かせるっていうか、
説き伏せるっていうんじゃないんですけど、そういうように、「あなた方も
小さくなるんですよ」っていう、そういう呼びかけを聞いています。
 また確認のしるし、とります。今しるしありました。
 
 またしるしがあって、いいですか?「寺沢の殉教者の人たちが、あなた
方が来てくれて、ほんとに喜んでます」って、またマリア様が言われてます。
 しるしありました。
 
 しるしがあって、「ジャン・マリー司祭、何か見えましたか?」って。

ジャン・マリー神父:
 おでこの色の変化があります。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしあって、今私の手に、両手なんですけど、すごい暖かい風が
あります。 
 しるしあって、「ミッシェル・マリー・フランソワ、どうですか?」
って聞かれてますけど。

ミッシェル・マリー・フランソワ:
 ロザリオ祈ってるときに、マリア観音の像に向かって、自分から向かって、
左手に瞬時光るものがあって、ロザリオが終わってから、「イエズスの
御名によって命じる、サタン退け」って祈ってました。それから、マリー・
マドレーヌのあごの辺りにも光のようなものがあって、サタンを退散させて、
決着つけた。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、「大天使聖ミカエルの祈りをみんなで祈ってくだ
さい。」
 
 (大天使聖ミカエルの祈りをする)

 しるしがあって、「今日、夜赤ちゃんのお葬式、お願いします。」って
言われています。

ジャン・マリー神父: 
 「いつ亡くなったか教えてください」って。「昨日ですか?おととい
ですか?命日・・。」

マリー・マドレーヌ:
 6月4日だそうです。

ジャン・マリー神父:
 覚えといて、6月4日が命日。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしがあって、「約10日くらいしかもちませんでした。」
って言われています。
 「ジャン・マリーに伝えます」って聖母が言われてるんですけど。
しるしがあって、言われてますけど。
 
聖母マリア様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)に伝えます。聖母は、大変悲しみで
いっぱいです。マリー・レベッカが買ったベビー用品を、全て回収し、
クララ・ヨゼファ・メネンデスが持つようにしてください。彼女は、もう
子供が産めません。これだけを伝えておきます。神の計画は、この男の子を
通し、祝福をもたらすことでした。しかし、マリー・レベッカが、「私は
一番不幸だ」と言った瞬間に、これがなくなってしまったのを覚えておいて
ください。信じて進むことが出来なかった、この瞬間に彼の命がとられま
した。聖母は悲しくてなりません。辛い苦しいときに、賛美・感謝をする
のは、本当に苦しいことではあるけれども、20年も恵みを受けた人なのに、
このことが理解出来なかった、この大きな痛手を、どうか皆がこれからの
人々に一つの教訓として、教えてあげてください。司祭の祝福を、今避雷
針になって家にいるコルベ・マリーに、特にお願いします。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしがあって、「神の介入と同時に、二人には必ずしるしが与え
られます。」って聖母が言われました。「『もうしるし、ありがとう』って
言ってくれてるので。」って言われてます。確認のしるし、今とりました。

ジャン・マリー神父:
 マリア様にね、聖体の大祝日に、マリー・マドレーヌと鉢合わせさせて
くださったことに感謝します。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、松の木の匂いがしました。

ジャン・マリー神父: (マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話ください。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「イエズス」って言われてます。

ジャン・マリー神父: (マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話ください。

イエズス様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)、そしてミッシェル・マリー・
フランソワ、クララ・ヨゼファ・メネンデス、コルベ・マリー、そして
マリー・マドレーヌを祝福する。明日は、聖体の大祝日。愛する息子と
マリー・マドレーヌが、私の介入で出会うことが出来て、2年目になる。
本当に祝福を与える。司祭の祝福を、子供たちにお願いする。

ジャン・マリー神父:(子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。
 松の木の匂いがまだあって、しるしが続いてます。

ジャン・マリー神父: (マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話ください。

マリー・マドレーヌ:
 手が痛いので・・。腕の方。
 「マリアです」って言われて、しるしもらいました。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、ここを訪問してくれて本当にありがとう。あなた方に、
愛を注ぎ、苦しみのとき、悲しみのとき、また辛いときには、いつも
マントで包み、マリアママが一緒にその辛さ、悲しみ、苦しみ、痛みを
共有します。祝福をおくります。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「クララ・ヨゼファ・メネンデスも含めて、みなさん
何か変化ありましたか?」って聞かれてますけど。

ジャン・マリー神父:
 何にもないです。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、ここに来れたことを感謝して、最後に‘アヴェアヴェ’
を歌って終ってください。確認のしるし、とらせてください。しるしあり
ました。


--------------------------------
2007年6月6日 PM2:30
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市バラ園にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 湯沢のバラ園に来ています。あちこちいろんなバラを見て歩いてたんだ
けれど、途中からものすごい私の目の前に、松の木のにおい、ここには
全く松の木はないんだけれども、木の匂いがすごくって、もう幸せになっ
ちゃう程の匂いが立ち込めてました。「あれ」って思って、やっぱりそれが
ずっと続くもんだから、ジャン・マリーに話をして、しるしがあるか尋ね
ました。そしたら識別のためのしるしがあって、今聞こえた言葉があるん
ですけど、ちょっとその言葉の確認をとります。
 しるしがあって、マリア様で、「あなたたちを慰めます。」って一言、
言われています。
 しるしがあって、またちょっと木の匂いの香りがあります。

ジャン・マリー神父: (マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話ください。

マリー・マドレーヌ:
 愛する子供たち、聖母が話します。まだ、形も見ないうちに、命が宿った
赤ちゃんを亡くすこと、これは今現在一人一人が生きていて、そのうちの
友人が亡くなるのと一緒に重いことです。霊魂が失われる、これを本当に
覚えておいてください。3、4ヶ月すると、お腹の中で形ができ、動き出す
のを、よく耳にすると思います。受胎した瞬間から、霊魂はそこに宿ります。
今回の出来事は、全く全く目に見えない、わからない世界の出来事で、命が
宿ったと言われても、どういうことなのか、それを経験した人でなければ
わからないはずです。あなた方は、信仰を持ってベビー用品を買いました。
それで神は、無限の哀れみをマリー・レベッカに注いだのです。けれども、
赤ちゃんのことを気にかけずに、今回は違う行動にでて、使命まで失う、
そういう悲しい出来事を引き起こしてしまいました。聖母は悲しいですが、
あなた方を慰めるために、愛する息子(ジャン・マリー神父)にインスピ
レーションを起こし、バラ園に連れてきました。もうこの男の子は、洗礼を
授かったので、天国に連れて行かれています。司祭がそのようにしました。
あとは、葬儀だけです。でも、これ以上、もう悲しまないでください。
新しいことが、これからも、もっと起きますから、司祭の祝福を、クララ・
ヨゼファ・メネンデス、ミッシェル・マリー・フランソワ、そしてコルベ・
マリー、マリー・マドレーヌにお願いします。

ジャン・マリー神父:(クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしとれました。「他にありますか?」って聞いたんですけど、
何もないです。


----------------------------------------------------------------
2.お知らせ
----------------------------------------------------------------

◆ マリー・マドレーヌの自叙伝 第一巻発売 ◆

可愛くて手軽な大きさでいつでもどこでも読める
マリー・マドレーヌの自叙伝 第一巻A6版160頁で登場。
各ページに可愛い絵が入って小学生低学年でも読みやすくなりました。
一冊500円(税込み)送料は300円です。
1500円以上で送料無料。

ずっこけ原始者(幻視者)?マリー・マドレーヌの自叙伝
字の大きいA5版100頁も好評発売中。
一冊2400円(送料・税込み)


--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は11月16日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
      Michel-Marie-Francois奥田力
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%




[HOME] [戻る]