%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年11月2日号 No.434

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.なごや にゅ〜す
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年6月4日 AM2:30
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 『パッション』を聞きながら、もう一度イエズス様と一致をしたくて、
ずっと昨日のことも考えて祈ってたんですけど、何かこう私の中にあった
のを見た心の穴っていうのが、自分のこう今まできた、その聖霊からも
見捨てられるっていうような、そのような恐怖感をも味わったような、
あとはその放棄みたいな感じをこう、受けたっていうような感覚で・・。
ずっとそれを、こう「イエズス、そうなんですか?」って聞いてたん
ですけど。御父から何もなかったんです。ただ昨日、もうただ泣きじゃく
るだけで、突然のぽっかりした穴みたいな感じで、イエズスが十字架の
最後に、こう「何故私をお見捨てになったのですか?」っていう心境に
似たもの・・それよりもっと軽いとは思うんですけど、そんなところに
感じをこう動かされてたので、まだその鞭打ち刑とかその場面を聞いて
たんだけれども、「ああ、ほんとに私たち毎日冒涜してるのかなぁ」って
思ったら、また悲しくなっちゃって、「イエズスごめんなさい」って言っ
てました。で、そしたら、しばらくして、十字架にかけられた場面で、
マリア様がイエズスに近寄って、「私がここにいるわ」っていう叫びを
イエズスに発するんですよね。で、その時に「あなたのお母さんは私です
よ」っていう語りかけを聞きました。で、そこで「誰なの?」って聞い
たんですけど、そしたらすぐ「聖母マリア」って言われて、識別のための
しるしをもらっています。先ほども、ジャン・マリーに伝えるためにそれを、
「働きかけがあるんだけど」って話をして、ジャン・マリーに話をしたら
「しるしもう一回求めて」って言われたので、識別のためのしるしを求め
たら、そのところでもらいました。
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話ください。

マリー・マドレーヌ:
 もう一度くれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話ください。

聖母マリア様:
 愛するマリー・マドレーヌと愛する息子(ジャン・マリー神父)に、
聖母が話をします。ここにいる清水小屋の共同体は、コルベ・マリーと
ミッシェル・マリー・フランソワ、そして愛する息子(ジャン・マリー
神父)、マリー・マドレーヌは全くこの世の家族から絶縁状態になって
おり、イエズスが父で、聖母マリアが母です。このことを伝えに来ました。
クララ・ヨゼファ・メネンデスは、じきにこれがわかるようになります。
まだ実母との完全な接触がなく、裁判を控えているように、今何も動いて
いません。

 聖母はイエズスの十字架の一部始終を見、鞭打ちも見ました。
世界中で、このように残酷にあしらわれ、激しく責め打たれた人はイエ
ズスしかいません。しかも、神がこの世を愛し、遣わした独り子を十字架に
つけて死なせるほどまでに、人間を愛し、罪の赦しを宣言する、その犠牲を
イエズスに負わせました。

 今、現代の苦しみを負っているのはリトル・ぺブルですが、次に
その苦しみを一緒に担っているのは、神秘家の立場で
マルーとマリー・マドレーヌです。この徳の面から話すのではなく、
マリー・マドレーヌは誰からも相手にしてもらえず、自分の部屋に引き
こもり、イエズスと一対一で向き合い、観想の生活に入りましたが、
これが一つの山でした。神秘家にとってイエズスとの対話は、どれほどに
慰めになるかしれません。マリー・マドレーヌには、昨日自分の心の中を
見せられたショックで大泣きしましたし、それを通し、全世界の人々が
むなしいものを求め、この清水小屋の共同体でさえも愛が冷えきろうと
する状況で、ものすごい心の穴を見て泣いたのです。マリー・マドレーヌは、
何がそこに起きているのかさっぱりわからず、ただ悲しんで泣きじゃくる
だけでした。イエズスが、これから介入を始め、一人一人に働きかけを
します。もうマリー・マドレーヌの生涯は、今度何かの形で失敗して
しまったなら、彼女をこの世から取り去り、聖母の所で休ませます。それ
ほどまでに、マリー・マドレーヌの心の苦しみ、マリー・マドレーヌが
負えるだけの苦しみの限界を超えました。十字架がこのようなものでは
ないとは言え、もうネットの世界では完全に、マリー・マドレーヌと愛する
息子はなぶり者にされ、現代の性的な事柄に関するおもちゃかのように
あしらわれ、あざ笑われ、踏みつけられ、そして辱められています。

 今度ナウラに行ったとき、マリー・マドレーヌはメアリーとマザー・マリー・
テレーズの前に会った際、またレレークラ夫妻が来た際は、たぶん大泣き
すると思います。日本で‘償いのセックス’が行われ、愛する息子は誰の
助言もなしに、天からの直接のインスピレーションのまま動きましたから、
これが誤解に誤解を生んだ行動になったことを、彼らは理解します。
リトル・ぺブルにさえも誤解された愛する息子(ジャン・マリー神父)の
この悲しみは、イエズスの悲しみと一緒で、苦しみも同じく一緒です。
ミサも本当に少ししか立てることが出来ず、今まで歌って香を焚き、祈りも
増やしたりしましたが、今は最高に限界に達しています。しかし、天は
このまま放ってはおきません。必ず救い出し、この二人の生贄の霊魂の
ために助け手を与えます。二人の生贄の霊魂は離れることはできません。
もし、離れてしまうなら、マリー・マドレーヌの行く場所はどこでしょうか。
愛する息子はマリー・レベッカともつながっていましたが、マリー・マド
レーヌとの結びつきが大変に強いのを知ってください。聖母は、父親の
いない彼女を愛する息子に託し、聖母が母となり、イエズスが天上での花婿、
そして父親の役割をしています。ジェンマ・ガルガーニが助け手となり
ますし、アレキサンドリーナ・マリア・ダ・コスタも彼女のために取次ぎを
しています。今日の一日、体の変化はもう何か起きると思います。一応、
車椅子を持参し、出かけて下さい。

 マリー・レベッカのことに関しては、他のコルベ・マリーとミッシェル・
マリー・フランソワ、そしてクララ・ヨゼファ・メネンデスにかかっています。
この二人の生贄の霊魂、すなわち愛する息子とマリー・マドレーヌは
限界に達しています。でも、司祭の立場からなおも愛する息子は、
マリー・レベッカに愛情を注ぎ続けていく、その行動をとるのを、
聖母は知って見ていますが、「もう十分です」と言いたいくらい、
よくやってくれています。祝福は、この共同体にかかっています。

 寺沢のこともありますし、この仲間一人一人の集まり方が、全て
奇跡により集められたのを思い出してください。皆ジャン・マリーが迎えに
行ったように感じられるでしょうが、全て神の奇跡の計らいによるもので
あります。マリー・レベッカでさえも、自分から出てきましたし、それで
ジャン・マリーの指導を仰ぎ始めました。でも、やはり前の考えに固執した
のを、この時になって本人が知らされてパニックした時、何をするのか、
何度も何度も愛する息子はその行動により、心が引き裂かれてきました。
一人一人の愛する息子に対する信頼度はそれぞれで、それぞれによって
愛する息子は傷ついてきました。マリー・マドレーヌは、父として、また
司祭として長の望みを果たせるよう、祈りながら生活しますが、ちっちゃい
子なので、何度も傷つけてしまうのを悲しんでいます。でも、愛する息子に
対する愛着は、ますますこれで強められています。イエズスが永遠の御父を
慕った、あの十字架の時にもそうですが、マリー・マドレーヌが接触が
出来なければ出来ないほど、愛する息子を愛し、慕い続けているのを、今
知らせます。でも「イエズスとの一対一なのかな」と思い、静かに耐え
ながら、他の人との会話をあまり耳に入れないように、そしてなるべく
受難に一致できるように願いながら過ごしています。近づけば近づくほど、
受難の経験は深まっていきますし、本当に痛みの大きなものを、マリー・
マドレーヌは負いました。昨日涙を流して、本当に泣いたときに、ももの
痛みも、他の痛みも、すぐにイエズスが取り去るような状態に入りました。
涙を流せば流すほど、受難に深入りすればするほど、イエズスが導く
方法があり、マリー・マドレーヌはそこに静かに導かれていっています。
マリー・マドレーヌでさえどういう方法で、イエズスが何をしてくれて
いるのかわからないで、そのまま静かに従っています。でも「愛したい、
聖体を愛したい」という思いが強められているのを、ここに伝えておき
ます。イエズスなしでは生きていられないのを、昨日まさに、マリー・
マドレーヌは実感し、身をもって体験しました。「イエズスがすべて
なんだ」ということを理解したのです。体で全部受け止めたのです。
司祭の祝福を、この共同体にお願いします。

ジャン・マリー神父:(この共同体に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。ちょっと手が痛いです。
 
ジャン・マリー神父:
 吹き込むことあったら言って。今の状況・・。

マリー・マドレーヌ:
 今、十字架を左手に持ってたんですけど、左手の甲が痛くなってます。
 しるしがあって、一言だけ・・。
 もう一回、しるしくれました。

聖母マリア様:
 聖母がミッシェル・マリー・フランソワに呼びかけます。一言だけです。
説明はしません。お願いです。勇気を出し、言うべき時には、はっきり
言えるようにしてください。あなたの心の意思にかかっています。
祝福をします。司祭の祝福を、ミッシェル・マリー・フランソワにお願い
します。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ: 
 しるしがありました。ごめんなさい、今右ももがすごく痛いです。あと、
右手の甲がちょっと痛くなったりとかしてます。痛い・・。

ジャン・マリー神父:
 そのまま説明続けてね。状況・・。

マリー・マドレーヌ:
 今、ここ、こちらが痛いです。頭ですね。足の裏、足の裏が痛いです。
土踏まずの右足です。
 「今、一つ言っておきます」って、しるしがあったと同時に、マリア様が
言われてます。
 しるし、ありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話ください。

マリー・マドレーヌ:
 もう一回、しるしをくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して) 
 しもべは聞きます。お話ください。

聖母マリア様:
 改めて聖母が話をします。マリー・レベッカのことで、このような
ことを言わなければならないのは、非常に悲しいことです。実は、愛する
自分の姪が、コルベ・マリーの養子になったことから、憎しみがコルベ・
マリーに向けられた、ということを言わねばならなくなりました。「何故、
私のクララをとったのですか?」そこに、そういう思いがつのっています。
これは、非常にクララにとっては板ばさみの状態にされています。
クララは喜んでコルベ・マリーと話し、いろいろクララの夢を話し、パソ
コンで幼子路線に走ろうとして、自分なりの童謡などのようなものを書き、
歌詞をつけるなど、クララコレクションなどと言って、コルベ・マリーと
和気あいあいと話をしています。ところが、これがマリー・レベッカの
ねたみを引き起こしました。コルベ・マリーもそれを覚悟しての養子縁組を
したと思います。彼は感じやすい人ですから、マリー・レベッカには、
あまりもう言わないようにしていました。言っても、聞いてもらえないから
です。自己嫌悪感に、本当に落ちてしまい、寂しさと悲しさを、コルベ・
マリーは抱えています。これは、コルベ・マリーを慰めるために与えたもの
です。バロネスは、本当に守る人がいないと、すぐに道がはずれてしまう、
大変な道のりです。クララ・ヨゼファ・メネンデスにも赤ちゃんが生まれ
ますが、「マリー・レベッカを先に」と言ったにも関わらず、『祝福された』
という思いどころが、クララを何故そのままにしなかったのか、マリー・
レベッカには疑問でならなかったと思います。しかし、取り上げる父親が
いない、そういう中で、コルベ・マリーが勇気を奮い起こし、自分の娘とし、
また妻のように彼女を愛し、本当に傷を一緒に共有したい、愛の芽生えが
出てきています。クララとコルベ・マリーも、切ることが出来ない、その
存在になります。ちょうど、愛する息子とマリー・マドレーヌのように。
司祭の祝福をクララ・ヨゼファ・メネンデスとコルベ・マリーにお願い
します。

ジャン・マリー神父:(クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました、今。左足の土踏まずが、今痛いです。痛い・・。
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話ください。

聖母マリア様:
 聖母が話します。今、マリー・レベッカのことで言及します。何度も
メッセージで話しているように、彼女は自分だけが苦しんで、「私、一人
だけが苦しんでいて、一生懸命仕えているのに」という頭があることを
覚えておいてください。発言に注意し、そこにいつも焦点が合います。
「自分一人だけ苦しんでいて、他の人は祝福されているんだ」と悲しい
ことを言わなければなりません。もし、マリー・レベッカがまた同じ過ちで
人を憎んだり、そして何かの執着心で捕らわれるなら、赤ちゃんは出て
きません。そして流産になってしまいます。せっかくベビーベットを彼女も
買い、赤ちゃんの用品を買ったにもかかわらず、また使命を失う、その
ような状態にきています。哀れみを注ぎます。マリー・レベッカは旅行前に、
一番ひどく揺れ、そして悪魔の誘導に従うので、自分から悪魔と手を切ら
ない、切る意思がないのです。そんな状態の中で、ヨゼフに取次ぎをお願い
してください。ヨゼフはこの鎮圧のような騒動を静めることをします。
激しくなることを、ここに知らせておきます。今回オーストラリアに、
愛する二人が行きますから、自分が外に出かける時には、彼女の性格も
あって、あっさり「行ってくるね。」と言いますが、他に・・

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 正しいところから戻ってお話ください

マリー・マドレーヌ:
 しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 正しいところから戻ってお願いします。

聖母マリア様:
 外に出かける時、自分が行くときにはあっさりとした性格で「行って
くるね」という言葉を残し、 他の人たちが行く場合、その言葉は少し、
表情が変わります。そして、マリー・レベッカは、今散歩が出来ない
ことに不満をもっています。今まで散歩が出来たのに、コルベ・マリーと
クララの関係により、それがなくなりました。気晴らしを求めていて、
不満をぶちまけたのです。「私はストレスが多い」とこれはもう予想済み
だったと思います。しかし、彼女には、やはりストレスコントロールが
出来ないために、全部信心業、そしてたくさんの祈りへと走らざるを得な
い、一人の部屋での引きこもりに、どうしてもなりがちになっています。
同宿服を作る、手伝う人がクララである、と彼女は認識していたと思いま
す。しかし、男性が女性同士の会話を禁じたために、マリー・レベッカは
心の中で怒りを持ちました。何故そのような事をするのか、パニクッて
いるのです。もう愛する息子(ジャン・マリー神父)が説明をしたと思い
ます。コルベ・マリーとクララの会話は、大変に、この家を明るくさせ、
二人の似たような性格で、二人は互いに慰めあって、互いの傷を二人が
癒しあえる場所になってきています。神は、彼女たちを決して見捨てま
せん。責めていません。特にクララとコルベ・マリーにはぴったりの場所
です。「いつもそれを続けて欲しい」それが願いのようで、神は彼女た
ちを祝福しています。コルベ・マリーは、絶対前の失敗をしたくない、
それで必死に愛情を傾けています。彼のどこまでも愛するジャン・マリー
に従う献身的な思いを、神は祝福します。神の祝福を、コルベ・マリーに、
新たに強められるように、そのためにお願いします。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリー、新たに強められるように)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるし、今ありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?
 マリア様にね、「ジャン・マリー神父はね、全然苦しみ足りません」
って。「マリー・レベッカのために。まだ全然苦しみ足りません。もっともっと
苦しみください」って。「彼女は病気です」って。

マリー・マドレーヌ:
 何もしるしがないんですけど。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 うん、いいよ。他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 もうしるし、ないです。


--------------------------------
2007年6月4日 PM6:00
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 先ほど、ジャン・マリーとちょっと話したときに、語りかけを聞いたの
で、しるしを求めました。そしたらマリア様も声だったんだけれど、識別
のためのしるしをもらったので、その語りかけっていうのが何だったのか
っていうのをちょっと話すと、「水曜日に、ミッシェル・マリー・フラン
ソワとマリー・レベッカ、そして行けるのであれば、愛する息子(ジャン・
マリー神父)が一緒に寺沢に行ってください」っていう一言の声が聞こえ
ました。
 今しるしもらいました。今しるしもらいました。 

聖母マリア様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)に聖母が伝えます。来週は旅行の
準備で時間がとられるので、今週水曜日に、またミッシェル・マリー・
フランソワとマリー・レベッカだけを連れて、寺沢に行ってください。
あなたの体調次第で、コルベ・マリーが運転し、あなたがこの場所に留
まることも構いません。そうして欲しければ、コルベ・マリーに頼み、
コルベ・マリーとミッシェル・マリー・フランソワ、マリー・レベッカの
3人が寺沢に行くことも、天は受け入れます。愛する子供たち、寺沢の
殉教者たちが、あなた方を喜んでいます。取り次いでくれているのを、
ここに伝えます。聖母が全てを取り成し、永遠の御父である神に、哀れ
みと恵みをくださるよう、お願いしています。聖母は、クララ・ヨゼファ・
メネンデスとコルベ・マリーをなるべく離したくありません。ですから、
出来るならば、あさっての寺沢行きを愛する息子の運転で行って欲しい
のですが、その状況に任せます。祝福をおくります。ミッシェル・マリー・
フランソワとマリー・レベッカにお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるし、もらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、もうないです。


--------------------------------
2007年6月4日 PM9:00
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 今ミサの途中だったんだけれども、インスピレーションがあったので、
緊急の事態のインスピレーションがあったので、これ、ほんとなのか、
これ言うの、私ちょっと嫌だったんですけど、でもジャン・マリー司祭に
打ち明けました。で、そのインスピレーションに関して、「まずゆっくり
慌てないでしるしを求めて」って言われたので、識別のためのしるし
あるのかどうか、これ天のものなのかっていうのを尋ねるために、しるしを
求めました。そしたら、識別のためのしるしがあって、声が後で聞こえて
きました。その声は女性で、マリア様だっていうことも判りました。その
インスピレーションっていうのは、聖職剥奪されたジャン・マリー司祭を、
マリー・レベッカが司祭として今は認めていないっていうことです。で、
聞こえてきた声に関してなんですけど、「ジャン・マリー司祭を捨てる
なら、マリア司教とその仲間たちと同じ道に行きます。」って、ちょっと
強い口調で言われてる声が聞こえてきました。
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話ください。

マリー・マドレーヌ:
 もう一回しるしくれました。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、聖母があなた方に話します。マリー・レベッカがいろ
いろな指摘に対し、叱られている、そのことが嫌なために、自分の小さい頃、
怒られなかったことを心に思い、自分を正当化していこうとしています。
溺愛されて育って、小さい頃に誉められて育った子供たちが大人になり
子供を育てる、そして直接指導司祭に会い、初めて激怒された、この経験が
マリー・レベッカの心の激しい大きな壁を作りました。自分の殻にこもる、
という壁です。つまり、溺愛の方にいく直接的な回避です。小さい頃に
たくさん怒られて育っていって大人になった人たちは、それぞれの傷を抱え、
苦しみながらも、でも従うことを知っていました。ですから従いやすいの
ですが、愛するジャン・マリー司祭が一番愛している一人の女性は、小さい
頃に怒られた経験が全くなく、そのために今になってこの歳になって怒られ
たので、激しく抵抗しています。‘償いのセックス’に関しても、全て
自分の責任ではないかのように、人に変えてしまいましたし、本当に無意識
という状況を長年続けて、そう過ごしてきました。脱魂と無意識を間違えた
のです。神の賜物は哀れみなのに、もう意思の段階にきています。

 自由意志で選ぶ、これは病気の人もそうなのですが、最後には自由意志が、
神は残しています。本人には気付かないのですが、自由意志を残した神の
計画、そのものをどう見るか、本人がそこにいて決めます。自由意志というのは、
本当に良心がそれをとがめるのですが、マリー・レベッカには、良心の声が
耳に届きません。ですから病気だと言ったのですが、自分からもう出て行く
と何度か言うなら、これは神がそうしたのであるとしか言えない、そう心に
留めておいてください。パードレピオが結局ジャン・マリーの意思を受け
入れなかったように、彼女は外に出る方が、ここで暮らすより裕福に暮ら
せる、それを目の当たりにしたので、ここの暮らしを嫌うようになりました。

 聖母は言います。ブロサード司教とマリア司教の文章を受け入れた人たちは、
同じ道を歩みます。ジャン・マリー司祭を、この聖職剥奪という文書が出て
いるにも関わらず、司祭として認め、進む人たちは、本当に愛する息子
(ジャン・マリー神父)を信頼します。北岡直樹氏にはこれがありました。
彼は精神病にも関わらず、無垢なままで、最初子供をこちらに預けるのを
抵抗しましたが、周りの愛の助言により、助けられ、子供を預けることが
出来ました。しかし、マリー・レベッカは、もう遅すぎました。神の
哀れみを一番受けていたのに、もう十分というところまできてしまいま
した。ベビーベットは、二つともクララ・ヨゼファ・メネンデスのものに
なります。しかし、オーストラリアの旅行はこれから行われるでしょう。
神の哀れみ、赦しを最後まで拒むなら、どういう結果になるのかを、また
愛する息子は目にすることになりました。軽い言葉だけで神を侮辱した、
その思い、一生懸命心でいおうとしたけれども、口に出して自分の耳に
聞こえるように出すのを嫌がった彼女でした。神の哀れみは、全てクララ・
ヨゼファ・メネンデスに移されます。祝福を、クララ・ヨゼファ・メネン
デスにお願いします。

ジャン・マリー神父:(クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して) 
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話ください。

聖母マリア様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)、新しいシナリオをここに用意しま
した。寺沢のことは、ミッシェル・マリー・フランソワが引き受けること
になります。彼は殉教者を愛し、その歴史を一生懸命研究して、地元の
秋田の人間の一人として彼らを愛し、祝福をお願いする立派な司祭になり
ます。彼も一生懸命、この場に立ち会い、加わって、言うべきことを言い
ました。彼の心の傷のものがあっても、「そうじゃない」と言うことが
出来ました。神はそれを喜んでいます。あさって寺沢に行くのは、ミッ
シェル・マリー・フランソワとクララ・ヨゼファ・メネンデス、そして
マリー・マドレーヌと変更します。司祭の祝福を、今特にミッシェル・
マリー・フランソワにお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して) 
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 またしるしがあって、マリア様です。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話ください。

聖母マリア様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)、あなたを慰めます。もう十分に
十字架を負いました。あなたは愛の限りを尽くして一人の霊魂を世話しま
したが、もうこれ以上無理です。聖母は、「あなたにここまでしてくれ
たの」というほどまでに、涙をもって、あなたをマントで包んでいます。
一人の霊魂を失うのは、ここが終わりを告げるのではありません。実に、
クララ・ヨゼファ・メネンデスへの環境が変わることを意味します。
バロネスの役目を負う彼女にとって、これが一番大事になります。です
から、預言的使命のことは忘れてください。十分にその愛は報いられます
から。愛する息子よ、もう「何千倍も罰してください」と言わないでくだ
さい。あなたは十分にやり遂げました。聖母は、あなたを祝福し、全てを
祝福の源である御父に嘆願し、これからの計画を全てよいものに変えて
いきます。だから、「もう出たい」と言ったなら、強制をしないでくだ
さい。彼女は裁判が怖いのです。自分にはそれを答える力がないからです。
もう十分です。聖母はあなたを祝福します。父と、子と、聖霊との御名に
よりて、アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。
 しるしがあって、「今、コルベ・マリーにこれを伝えてください」って
言われています。
 「シナリオが変わったことも」と言われてますけど。確認のしるし、
とります。
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 正しいセックスはどうしますか?二人に対して・・。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって・・

聖母マリア様:
 ベッティーナの役割とされたクララ・ヨゼファ・メネンデスは、完全に
男性の精液からではなく、リトル・ぺブルの輝く聖なる棒から妊娠する
ので、もう二人のセックスは終わりです。しかし、クララ・ヨゼファ・
メネンデスが愛する息子(ジャン・マリー神父)を求めているなら、その
ときに添い寝をする方向でしてあげてください。彼女は預言的使命につい
ての知識はまだ浅いので、セックスをすることが出来なくなる寂しさを
抱えると思います。しかし、もう天はこの預言的使命に関することをこれ
以上させません。司祭の祝福を、クララ・ヨゼファ・メネンデスにお願い
します。そして、添い寝は、マリー・マドレーヌとクララ・ヨゼファ・
メネンデス、この二人にしてあげてください。祝福をおくります。

ジャン・マリー神父:(クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、「最後に」って言われてるんで。

ジャン・マリー神父:
 マリア様にね、二人のおっぱい飲んでいいか?って聞きたいの。
クララ・ヨゼファ・メネンデスとマリー・マドレーヌ・・

マリー・マドレーヌ:
 二人って?

ジャン・マリー神父:
 クララ・ヨゼファ・メネンデスとマリー・マドレーヌ。触っていい?
って。どこでも触っていい?って。同じ様に、マリー・マドレーヌにも。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、今「甘えなさい」って言われてるので。

ジャン・マリー神父:
 説明おねがいします。裸で添い寝していい?って聞いて。どこまで
やっていいのかな?

マリー・マドレーヌ:
 「洋服を着たまま添い寝です」って。
 しるしがあって、「飲んでください。」って。

ジャン・マリー神父:
 どこでも触っていい?って。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「あなたの悲しみ、苦悩を慰めますから。」って。
「大丈夫です。」って。

ジャン・マリー神父:
 深くキスしていい?

マリー・マドレーヌ:
 「もちろんです。」って。しるしがあったと同時に。

ジャン・マリー神父:
 ありがとう。従います、喜んで。

マリー・マドレーヌ:
 「最後に」って言われたんで。
 しるしがあって、「もうこのことで泣いたり、ミサ中に苦悩があったり
しても、忘れてください。」って言われました。

ジャン・マリー神父:
 マリー・マドレーヌの命は、言ったように守られますか?今しるし求めて。

 
マリー・マドレーヌ:
 確認のしるし求める。しるしありました。

ジャン・マリー神父:
 今、マリー・マドレーヌの命、天草でまっとうするまで守られますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「約束の通り、守ります。」って言われました。
 確認のしるし、とります。しるしありました、今。
 「他にありますか?」って聞きましたけど、何もないので、これで
終わりです。
 

----------------------------------------------------------------
2.なごや にゅ〜す
----------------------------------------------------------------

 インターネットのグーグル(Google)のYou Tubeで動画が見れます。
「リトル・ペブル」で検索してね。
 内容は今年の8月31日にロンジン・マリーとフランソワ・マリーと
ラファエル・ヨハネ3人で横浜に遊びに行った編(変?ぎゃぉ~。)です。
横向きなので許してね。 誰かが ど、アップ!(あっびっくりした)



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------

◆ マリー・マドレーヌの自叙伝 第一巻発売 ◆

可愛くて手軽な大きさでいつでもどこでも読める
マリー・マドレーヌの自叙伝 第一巻A6版160頁で登場。
各ページに可愛い絵が入って小学生低学年でも読みやすくなりました。
一冊500円(税込み)送料は300円です。
1500円以上で送料無料。

ずっこけ原始者(幻視者)?マリー・マドレーヌの自叙伝
字の大きいA5版100頁も好評発売中。
一冊2400円(送料・税込み)



--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は11月9日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
      Michel-Marie-Francois奥田力
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]