%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年10月26日号 No.433

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年6月2日 AM6:20
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 昨日の午後、ちょうど旅行のことのために出かけてたんですけど、何
かこう内的に語られるような思いのようなものがあって、「ナウラであ
なたは何かを体験する」っていう風に言われたんですけど。その何かっ
ていうか、よくわからなかったんですけど、それで先ほど、告解した時
に「しるし求められなくて」って言ったら、単純にインスピレーション
なのか聞くように言われたので、「これってインスピレーションなんで
すか?」って聞きました。そしたら、識別のためのしるしがあったので、
今そういう状況です。
 今識別のためのしるしがあって、イエズス様ですね。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 もう一度しるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

イエズス様:
 愛するわが子よ、イエズスが話をする。あなたが受けてきた出現に
関し、事実であることをナウラではっきりと知らされる。特に、今回
メアリーとクライブ、マザー・マリー・テレーズから強力な恵みを受け
るであろう。リトル・ぺブルにも会えるように、チャンスを与えられれ
ば行けることになるが、共同体の中では、大変な大きな出来事になるで
あろう。二人が同宿服を着ているので、彼らは何故このようなことが
起きたのかを聞いたら、特に3人は理解を示し、暖かく迎えてくれる
はずである。悪魔は、あなたを行かせまいとして、攻撃をかけているけ
れども、今オーストラリアのナウラの人々の救いのために、あなたの頭
にある茨の冠の痛みが強く増していて、そして嘔吐に関しても、普通の
状態であるならば、そういうことは起きないが、神秘家であることを
表すために、ここでの激しい戦いにあなたは身を置いた。天使たちが
昨日の事を全て守り、全て上手くいかせた。それを悪魔がねたみ、集中
的にあなたに攻撃をかけたことを、ここに伝えておく。イエズスはあな
たを愛し、十字架を負わされているあなたに対し、心から愛を強く増し、
祝福を加える。

 本当に人との会話で、表面しか見えないところにあるけれども、でも
何かを知りたがる一人の女性に関し、赦してあげて欲しい。彼女はどう
して添い寝をこんなにしてもらっているのか、まだ照らされていないし、
犠牲者が、しかも避雷針がどんなに苦しみを負って、その自分のために
捧げてくれているのかを理解できずに、前のアンとベッティーナのよう
な状態で、とにかく自分の祝福だけを望む、そういう状態になってし
まっている。外に出て帰ってきても、何か不満そうな心を抱えたまま
帰ってくる。何をしても、どのようなストレスコントロールをしても、
何も残らずに、「苦しみを受け入れます。捧げます」とは言っているか
も知れないけれども、やはり自分の祈りと生活に対し、考えが変えられ
ないために、愛する息子(ジャン・マリー神父)が、また情熱をかたむ
けて必死に話さなければならない状況に置かれている。

 残念ながら、悪魔の誘導に従ってしまう女性であり、第二世代の考え
がまだ抜けきれないで、無意識のうちによく賛美の歌を歌ったりするけ
れども、すべて「私は神を愛しています」と人に知らせたくてやってい
る。それが自然であるかは、私は話さないけれども、彼女の性格そのも
のとあなたの全く幼子の性格ではギャップが大きすぎて、あなたは大人
路線にひかれそうになる。そういう危険性をはらんでいて、帰ると戦い
になることを知らされる。外でも、もちろん大人として見られてしまう
が、昨日はクララ・ヨゼファ・メネンデスが、まだあの明るい状況を
保ちながら、ぬいぐるみで二人で遊んだりしたことも、だいぶ変化して
きた。

 クララ・ヨゼファ・メネンデスは、たくさん今与えられている本を
読むことにより、苦しみと犠牲、愛を学んでいくはずである。はっきり
と、ジャン・マリー司祭が彼女に伝えたので、彼女はそれを心に留めて、
進んで読んでいくはずである。そこにはコルベ・マリーの存在があるか
ら、彼女としては彼が慰めになり、愛する息子と全く同じ視点で物事を
言うようになる。血縁の情愛に関して、はっきり愛する息子が彼女に
告げたので、コルベ・マリーも同じように話すだろう。

 マリー・レベッカとミッシェル・マリー・フランソワ、この二人は
大変に話しにくい中で、本当に少ししか話ができない状態でいる。寺沢
組であるけれども、神の介入がなければ、二人は心を割って話すことが
出来ないのである。

 残念ながら、マリー・レベッカの一言、軽めの一言がみんな、ここに
いる人全員を傷つけてしまっている。イエズスが、これをゆるしてあわ
れむのは、一人も悪魔にやられないよう、たくさんの天使と聖人を送り、
一人一人の弱さに免じて、苦しみが捧げられるようにさせるために、今
一番きつい状況でこれから旅行に行こうとする、この二人の生贄に関し、
特に悪魔が嫌がっている。イエズスが全てを支え、慰め、励まし、ゆる
しの神であることを、マリー・マドレーヌに直接に教え始めた。裁く神
ではなくて、自分にとがめがあった時には、それを素直に話し、不安で
ある時も、それを素直に話させ、「でも、イエズス、一緒にいてくれる
んだもんね。」と言えるようにさせている。内的な生活は、少しずつ
少しずつ変化してきているから、恐れないで、これから起こる身のこと
について、イエズスに全部を任せて欲しい。司祭の祝福を、マリー・マ
ドレーヌに、そして避雷針となったコルベ・マリー、ミッシェル・マ
リー・フランソワ、そして生贄の霊魂とされたクララ・ヨゼファ・メネ
ンデスにお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (避雷針のミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。 
          (避雷針のコルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (生贄のクララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、「特にこれをコルベ・マリーに見せるように」
って言われてます。

ジャン・マリー神父:
 はい。そして確認ね。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、「何故かと言うと、クララのことがあるから」
って言われています。もう一度、それで確認します。確認のしるしが
あって、もう一言「愛する息子から、これを話して欲しい。」って言わ
れてます。今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「マリー・マドレーヌは、メアリーと、あとクライ
ブもそうだけれども、マザー・マリー・テレーズの胸で抱かれて、おお
いに泣きなさい。」って言われてます。「言葉にならない苦しみを、
彼女らに訴えなさい。」って言われてます。しるし確認します。しるし
ありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、北岡直樹さんに対するメッセージがありますね。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしくれました。

イエズス様:
 愛する子、マリア・ヨゼフ・天草四郎・直樹北岡、イエズスがあなた
に話をする。あなたは、大変な攻撃にあいながら、子供たちをこちらに
預ける決心を、よくした。あなたに祝福をおくる。あなた自身も、休み
が必要だし、マリア・アントニア・理枝を愛し、祝福し、そして優しく
見守ってあげる時間が必要である。あなたの優しさで、マリア・アント
ニア・理枝は、本当に最初、結婚するときに魅かれたのである。しかし、
人は生活をしていく度に、どんどんその人の状況がよくわかってくるも
のである。マリア・アントニア・理枝は、自分が男っぽい女性として
しか振舞えないことに嫌悪感を感じ、逆にマリア・ヨゼフ・天草四郎・
直樹北岡は、自分の優しさが、男性でなくて、女性のような優しさを
持った男性として見られたのを嫌悪感に感じた。この二人が結ばれた。
大変に深い夫婦のつながりを持つよう、神が定めている。二人が助け
合える部分、それを気にしないで、これを一つの長所としてお互いに
お互いが、受け止められるように願っている。だから、あまり心配事が
あったら、それを打ち明け、気にさわることが多くなったら、気持ちを
リラックスさせるようにして欲しい。ロンジン・マリーとフランソワ・
マリーに相談をいつもし、友情を保つよう、心からイエズスがあなたに
助言する。司祭の祝福を、北岡ファミリーにお願いする。

ジャン・マリー神父:(北岡ファミリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ: 
 しるしあって、「名古屋にすぐ伝えて欲しい。」って言われてます。
 確認のしるし、とります。確認のしるし、今もらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、一言付け加えるそうです。

イエズス様:
 ロンジン・マリーの働きを、豊かに祝福する。これを付け加えておく。
そして、フランソワ・マリーの心の悩みを、どうか皆で分かち合って、
彼をその悩みから解いて欲しい。祝福をおくる。フランソワ・マリーに、
司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:(フランソワ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、もうないです。


--------------------------------
2007年6月2日 PM10:00
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様、
天使ケルビムからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 第二ミサが終わって、夜10時を過ぎました。聖体拝領が終わって、
避雷針の話を、ジャン・マリーがクララ・ヨゼファ・メネンデスに話し
てたところで、しばらくして、カリスの洗浄のときに、「マルーのため」
っていうような言葉が聞こえてきました。で、「誰ですか?」って聞い
たら、識別のためのしるしがあって、もう、すぐそれが聖母マリア様
だっていうのがわかりました。 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 もう一度くれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

聖母マリア様:
 愛するマリー・マドレーヌ、あなたを愛し、祝福し、恵みに恵みを
加えます。昨日の夜、あなたの一つの神秘的現象は、マルーのために
苦しみました。そして、ナウラの人々のためのものでもありました。あ
なたは、最初嘔吐が始まる時に、自分の罪があってそうなるのか、最初
に悲しみながらしています。神秘家は、悲しみ、苦しみ、痛み、非常に
嘆きを経験します。しかし、あなたの自分の心を調べるのと同時に、
「これは誰かが何かあって、私にそれが起きたんだ」と昨日あなたは
思いました。トイレの中でも、「神のあわれみをたたえる人は裁かれま
せん。そうだよね、イエズス」と話していました。この避雷針の役割は、
少し広がったのを、あなたに伝えます。異常な頭の痛み、そして吐き気、
嘔吐は、特別に神秘家の召し出しに預かった人たちが、いつも経験して
きたものです。しかし、頭の痛みに関することですが、これはイエズス
の受難の一つのことで、茨の冠が押し当てられた時の、激しい激痛の
状態です。マリー・マドレーヌは、昔から頭痛持ちでした。でも、この
1ヶ月ほど前の時から、茨の冠を、あなたは受けました。最低最悪な
霊魂のマリー・マドレーヌは、ついにイエズスの受難の道に入り始め、
愛する息子(ジャン・マリー神父)に導かれながら進んでいきます。

 聖母が、イエズスを産むと知らされた時、それ以来すべて天主にフィ
アットを言ってきました。イエズスが生まれた時、大変な寒さで、誰も
家を貸してくれる人はおらず、馬小屋で産むという、人としては最低の
場所と見なされる所で生まれました。もうそこからイエズスの受難が
始まったのです。イエズスが生まれてじきに、王になる救い主が生まれ
たことを、ヘロデが聞き、2歳以下の子供たちを殺した虐殺の時にも、
見知らぬ土地へ逃げねばならなかった、これも受難です。いつも聖母と
イエズスは、受難の生涯を歩いてきました。あなたは、今は愛する息子
と直接に触れることが出来ませんが、それでもイエズスの受難に預かり
ながら、イエズスに導かれ続けています。

 あなたは手紙を書いてくれるのが、本当に聖母にとって嬉しくてたま
りません。その日にあった出来事を、あなたしか書けない調子で、手紙
にし、日記として保存を始めて、だいぶ経ちました。あなたの心の中に
あることを、文で書く、これが内的な会話になっていて、イエズスも
喜んで、それを聞いていますし、あなたの率直で純粋な話し方、幼さが
可愛くてなりません。

 マルーを、あなたは愛し始めました。どうか引き続き、彼女の苦しみ
のために祈ってあげて下さい。ブロサード司教とその仲間たちのための
避雷針になったことを、あなたに伝えておきます。幼い赤ちゃんのまま、
これから旅行をします。哺乳瓶で牛乳を飲むのを皆が見たら、どう思う
でしょうか? これは、かなり衝撃的な出来事になると思います。しか
し、わかる人はわかります。幼な子のようにならなければ、神の国に
決して入ることは出来ない。これの実践です。何を言われようが、牛乳
を携え、哺乳瓶で飲んで下さい。この旅行は、たくさんの天使の守りと、
そして神の慈しみの中で行われます。

 愛する息子(ジャン・マリー神父)に、話します。今、残念ながら
避雷針になれていない、一人の女性をあわれんで、何が望みであるのか
を聞いてあげて下さい。しかし、それが神の御旨と合致していなければ、
聞かないで、それをあなたの指導に任せます。本当に残念ながら楽しく
何でもすることが出来ずに、義務で義務で、自分を縛り続けてしまって
います。内的に話す、これは誰もが難しくって、マリー・マドレーヌも
一時的に混乱して、出来ない時を過ごしました。本当に内的に、お母さ
んと子供と話すように、天使と聖人、そして聖母とヨゼフ、イエズスと
御父に話すのは、大変に暗夜の中で行われる人の方が多いのです。幻視・
幻聴をまだ味わいたいと思うなら、それはその人の執着になってしまい
ます。残念ながら、それを抜けないまでにいたっています。幻視者・
神秘家、自分にはそれがあると、昔言われたのかも知れません。しかし、
神の一方的な恵み、それはいつ与えられるか、またいつどの時にその
使命が終わり、堅忍できる人が、それを終えることが出来るか、本当に
これは祈りと犠牲にかかっています。クララ・ヨゼファ・メネンデスが
避雷針として加わったことにより、この愛の共同体が非常に燃え盛るよ
うになります。

 しかし残念ながら、マリー・レベッカに関しては、病気があるので、
本人は認めていませんし、意識できないで、無意識、脱魂
もすごく望む傾向が強いです。脱魂が大変よいものであるかのように、
第一世代、第二世代の人々は教えられ、それを実践した人もいました。
しかしマリー・マドレーヌの聖母によって語られる内容のものは、脱魂
のものではありません。全く普通の環境の中で、何もかもが聞こえる
状態で受けます。神のあわれみを、マリー・レベッカに注ぎます。スト
レスがたまっていて、何がどうしたらいいか、わからないでいる彼女の
霊魂は窮地に追い込まれているのを、皆に知らせます。また、男性3人
に、またクララには、このことを少し語るようにして下さい。

 クララ・ヨゼファ・メネンデスは、意志力を持つ人ですので、神が
その彼女の霊魂に働きかけ、一人一人を神の恩寵で変えていったように、
クララをも変えていきます。今、あのようにはしゃぎ続けて、赤ちゃん
のような状態ですが、コルベ・マリーに教えられ、そして導かれていき
ます。コルベ・マリーが非常な助け手になりますから、クララについて
は、コルベ・マリーに伝えます。

 ただ、このことを伝えて欲しいと、天が願う時に、愛する息子(ジャ
ン・マリー神父)、どうかコルベ・マリーとミッシェル・マリー・フラ
ンソワに告げてあげて下さい。神に対して、「私は何をしたでしょう」、
これが本当の謙遜なはずなのですが、「私はこんなにたくさん苦しんで
いるのに、何故神は聞いて下さらないのですか」、これが、今彼女の
陥っている状態です。神のあわれみを、マリー・レベッカに、今司祭が
お願いします。祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 神のあわれみを取り次ぎます。長として伝えます。
 (マリー・レベッカに)全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わ
んことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「聞いて欲しいことは……。『何が不満なのですか?
って聖母が聞いてます。』って言って下さい」って言われたんです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 「何が不満なのか?」って、マリー・レベッカにね……

マリー・マドレーヌ:
 一人の、一対一の時に、聞いてくださいって。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しるし求めて……。何か説明がありますか?って聞いてみて……。
まず、しるし求めてから。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しるし求めて……。 ない? いいんだよ、なかったら。「他に
ありますか?」って言ってみて。

マリー・マドレーヌ:
 ローキューションはないですけど。「他にありますか?」
ケルビムちゃんがまた来た。「歓迎しますね」 しるしありました。
すいません。一回、聖水まいて下さい。 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。

天使ケルビム: 
 ケルビムちゃんで〜す。やったね。名古屋の人、何倍にも返して僕た
ちの絵を描いてくれたんだね。それに、イエズスくんのポーズも天使く
んたちのポーズも、いっぱい送ってきたよ〜。さあ、今度はこちらは
どうする? 「励ます」って、さっきコルベ・マリーが言ってたけど、
「はげます」は、フランソワ・マリーの今の一番悩みの円形脱毛症のこ
とになっちゃうかな? ちょっと、それでも彼は「うるせー、ばかやろ
う!」って言ったみたいだから、まあいいかもしれないけれども、実に
フランソワ・マリーとロンジン・マリー、北岡家たちを励ます意味で、
天使くんたちをいっぱい描いてあげて欲しいな。そうすると、彼らは
喜んでまた送ってくれるはずだよ。今日も北岡家では、何かあったと
思うから、ロンジン・マリーとフランソワ・マリーの二人の人格の面白
さに、これから秋田の共同体も巻き込まれていくので、堂々とそれを
広めて欲しいな。まず、車にそれをやったでしょ。絵をいっぱいはっつ
けて、「箱舟の聖母社」っていう名前をつけて、彼らが生み出したもの
を、ジャン・マリーが横取りしたけど、彼らは全然怒らずに、「いいよ。
いいよ。」ってくれたでしょ。ここが彼らの優しさなんだよねぇ。今は、
たくさんお金が入ったから、とっても彼らは喜んでるはず。北岡家も、
すごく祝福されてるから、ジェンマお姉さんとイメルダ・ランベルティー
ニちゃんに、いっぱい取次ぎをお願いするように、名古屋の人に伝えて
ね。IP電話になったからさ、いつでも話せるでしょ。まあ、このへんで、
ケルビムちゃんからのメッセージは終わりにします。祝福して下さい。
特に名古屋の人たちを。 

ジャン・マリー神父:(特に名古屋の人たち)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、特にないです。




--------------------------------
2007年6月3日 PM5:50
マリー・マドレーヌに与えられた、ジェンマ・ガルガーニ、
聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 さっきまで、午後からものすごい、ももの痛みとふくらはぎの痛み
が激しくって、告解をした後、一つのことで、私が最近またちょっと
「幼な子路線をはずれかけてる」ってことを指摘されて、ジャン・マ
リーのその指摘を心に留めてて、「ちっちゃい子になるんだぁ」って
そう思っていっぱい遊びまくってたんだけれども、何かジェンマ・ガル
ガーニの話を聞きたくなって聞いてて、しばらくしたら、ちょっとやっ
ぱり一段落して、CDを止めて、何かこう「イエズス大好き」って言いた
くなったから、行って聖体訪問してたんだけれども、最初は何でもな
くって、「イエズス大好き、マリアママ大好き、ヨゼフパパ大好き」
ってみんな言ってたんだけれど、その後、第4章の途中なんだけれども、
『愛を学ぶ』ってところで聞いてて、しばらくちょっと聞いてたんだけ
れど、CDを止めて、何かイエズスの十字架に接吻したくなって、イエズ
スの十字架に接吻して、茨の冠と5つの傷と、ずっと接吻してたんだけ
ど、茨の冠でこうやって、こういう風な、顔を、ずうっと接吻してたら、
急にすっごく悲しみが湧いてきちゃって、何か涙が止まんなくなっちゃっ
て、聖体の所に行こうと思って、聖体の所に行ったんだけども、余計
すごい悲しくなってきちゃって、で、もう声をあげる程になっちゃって、
何が何だかわかんなくって、でも寂しさみたいのがあったから、そうい
うのも含まれてるのかなぁと思って、ここに哺乳瓶残ってたんで、牛乳
飲んで終わったら、またすっごい悲しくって、「何でこんなに悲しまな
きゃならないの?」っていう状態の悲しさでいっぱいで、そしたらミッ
シェル・マリー・フランソワが私の泣き声を聞いてとんで来てくれて、
「今あったことを、しるし求めて」って、「ジャン・マリー呼んで」
って私がお願いしたんで、しるしを求めたら、ローキューションがあっ
て、「心に穴が開いてます。」って。何かすごいそういう風に言われた
んで、「誰の心なのかなぁ?」ってよくわからなかったんだけど、その
言葉を聞いて、その時にもうちょうど、それと同時に識別のためのしる
しがあったので、ジャン・マリーに話をしました。「誰か聞いて」って
聞いたら「ジェンマです。」って言われて、ほんとにもうびっくりして
ます。

ジャン・マリー神父:
 しるしを求めてね。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 もう一回しるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、今クララ・ヨゼファ・メネンデスとコルベ・マリー、
ミッシェル・マリー・フランソワを呼んで下さいって。

ジャン・マリー神父:
 ミッシェル・マリー・フランソワいる? クララ・ヨゼファ・メネン
デスとコルベ・マリー、呼んで。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました、今。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

ジェンマ・ガルガーニ:
 愛する避雷針のみなさん、ジェンマ・ガルガーニが挨拶します。マ
リー・マドレーヌは、今日、ももとふくらはぎの痛みで苦しみ、そして
非常に苦しいところを通らされています。一人一人の心の中に穴が開い
ているのを、マリー・マドレーヌに教えました。特にマリー・マドレー
ヌは、幼い頃からの空間の中、親との関係も良くなく、絶えず穴の埋め
合わせをしようと、一人で過ごしてきました。兄弟が3人いましたが、
姉は何も彼女を助ける事はしなかったし、むしろ障害を持つ妹がいるの
を嫌がる行動をしてきました。今、悪魔は大変なことをしようとしてい
ます。愛する息子(ジャン・マリー神父)とマリー・マドレーヌの仲を
引き裂こうとしています。それは、マリー・レベッカの添い寝を通し、
だんだん不満になる彼女の病気が悪化していて、添い寝をしたならば、
普通よくなっていくはずなのに、自我がどんどん出ています。非常に
危険な状態です。

 幼な子路線がはずれそうになっているので、特に敬語を使うのをやめ
て下さい。クララ・ヨゼファ・メネンデスはこれを学ぶべきです。しか
し、巡礼者やたくさんの人がここの土地を訪れた際は、愛らしく振る舞
い、皆を優しく世話します。男の人たちも、なかなか幼な子になれない、
でも自分の子供時代の、なんとなく無邪気な感情を覚えて、思い出して、
遊ぶのをしているので、それでどんどん進んでいきます。

 マリー・マドレーヌは、今日哺乳瓶でミルクを飲みましたが、初めて
泣き出してしまいました。ミルクがなくなったのを知ったとたんに、ま
た涙が出たのです。悪魔の糸口は、愛する息子とマリー・マドレーヌを
離すことにあります。緊急に伝えます。このことについて、意識してな
いマリー・レベッカには全く全くわかっていません。添い寝が必要であ
るマリー・マドレーヌの犠牲は、非常に大きく、今日が限界かのように、
もう朝頃から涙であふれていました。イエズスの茨の冠に接吻した彼女
は、激しく涙しはじめ、本人もよくわからず、ただ聖体訪問をした後、
座り込み、泣きじゃくる状態になりました。これは芝居ではなくて、
本当のことです。ジェンマの本を読んで、愛することを学び、受難の花
になるように、前にイエズスがマリー・マドレーヌに話したのを覚えて
いると思います。オーストラリアに旅行に行く前、大変な受難があるの
を、彼女は見ています。

 マリー・レベッカの不安定な行動を、どうかみんな気付いて、何がし
か手助けをし、一人一人に与えられた能力に従い、行動をしてあげて
下さい。マリー・レベッカは、心の穴が大きく開きすぎていて、自分が
一番苦しんでいることを人に知らせたくて、それでも喜んでるように
見せたくて、表情で楽しげにするかのように、歌い続けます。そして、
仕事をし続けます。しかし、愛する息子は、マリー・マドレーヌとマ
リー・レベッカに挟まれ、窮地に追い込まれています。一番幼な子路線
を嫌うマリー・レベッカに対し、「絶対敬語を使わないで」と言っても
無理な状況になっています。

 お願いですから、幼な子路線をはずさないで下さい。日本の場合は、
たくさんの黙想会とか聖時間とかしている修道会は外にいくらでもあり
ます。でも、ここは大変にゆるく、同宿会ですし、仲間と仲間が励まし
あう場でなければならないのに、誰かを落とそうとする憎しみが一つ
入るだけで、混乱状態に陥ります。イエズスは、憎しみのある場所には
おいでになりません。残念ながら今のままだと、憎しみが増大し、みん
なここで祝福されているのに、「なぜ私だけ」という感情が誰がしか
から起こりかねない状況になります。せっかくベビーベットを用意し、
「赤ちゃんを妊娠しました」と発表したのに、マリー・マドレーヌの
出現に関し、マリー・レベッカは決して受け入れていません。最初に
ナウラのマザーとシスターが、マリー・レベッカに吹き込んだ悪い影響
を、彼女は今も引きずり、誘導されているのです。「実現しっこない」
と。

 悲しみの聖母マリア様が今、これから話をされます。ジェンマも一緒
に苦しんでいたので、マリー・マドレーヌの苦しみながらのもだえを
聞き入れました。一人一人、心の傷が深いのを見て、マリー・マドレー
ヌは「イエズスからそれを受け取ったのだ」と感じたために涙しました。
自由でもちろん構いません。でも、一人一人が愛し合い、ゆるし合える
場所を、皆が求めているはずです。マリー・レベッカの愛情の取り違い
は、大変に悲しいものがあります。ミッシェル・マリー・フランソワと
マリー・マドレーヌに対し、いつも警戒心を強めているのです。これを
告げておきます。司祭が、後で話をしてあげて下さい。認識がどうして
ずれてしまうのかを言っておかなければ、避雷針としての愛は燃え上が
りません。彼女を解放しなければならないのです。泉の奇跡が必要です
が、皆にも知ってもらわなければならないことがあります。彼女が二人
に対して悪魔だと見る限り、奇跡は起きません。彼女がそのように誘導
されたのは、第二世代の影響で、大きな傷を負ったからです。司祭の
あわれみと祝福を、マリー・レベッカに、そしてここの避雷針の皆に
お願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ここの避雷針の皆に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。 しるしがあって、「聖母マリアが話します。」
って言われました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、悲しみの聖母が話をします。コルベ・マリーが以前、
マリー・マドレーヌに「聖母マリア様が悲しみを共有してくれる」とい
う助言をしました。マリー・マドレーヌは、それによって変えられたこ
とを、ここに話します。一緒に泣いてくれる人がいる、それが聖母マリ
アだとわかった時から、だいぶ気持ちに変化が起きてきました。でも、
今日の悲しみについては、イエズスが全世界のために泣いているように、
マリー・マドレーヌに与えたものの一つになりました。茨の冠のことに
ついて、昨日話をしましたが、マリー・マドレーヌが十字架の自分の
もっているものに接吻した時、激しく泣き出したのは、今までにない
経験になります。ここの集められた子供たち、一人一人は責められてい
ません。罪はゆるされています。しかし、先程のジェンマが言ったよう
に、愛する息子(ジャン・マリー神父)が愛情を注げば注ぐほど、かみ
合わない状況ができてしまっているのを、みんなに知って欲しくてここ
に呼びました。司祭の祝福を、この避雷針の上に、また名古屋の共同体
の上にお願いします。

ジャン・マリー神父:(この避雷針たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
          (名古屋の共同体のメンバーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、もう一言……

聖母マリア様:
 皆に、聖母が話します。幻視者・神秘家・恵みの霊魂は、これを受け
なければ救われない存在なので、決して特別視で見るようなことはしな
いのです。しかし、第一世代・第二世代は、特別視をしました。あくま
でも、助言を聞くのは司祭に聞いて下さい。神秘家と幻視者の一致の輪
を強固なものにし、自分が識別できないこと、そして相談をして、司祭
とよく話し合うように心がけて欲しいのです。自分で出来ると思ったら、
たちまち倒されてしまいます。これだけを伝えておきます。祝福します。
父と、子と、聖霊との御名によりて、アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 聖母マリア様が、「後は司祭の助言を聞いて下さい。」って。確認の
しるし、とります。 今しるしありました。



----------------------------------------------------------------
2.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ マリー・マドレーヌの自叙伝 第一巻発売 ◆

可愛くて手軽な大きさでいつでもどこでも読める
マリー・マドレーヌの自叙伝 第一巻A6版146頁で登場。
各ページに可愛い絵が入って小学生低学年でも読みやすくなりました。
一冊500円(税込み)送料は300円です。
1500円以上で送料無料。

ずっこけ原始者(幻視者)?マリー・マドレーヌの自叙伝
字の大きいA5版100頁も好評発売中。
一冊2400円(送料・税込み)


--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は11月2日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
      Michel-Marie-Francois奥田力
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%




[HOME] [戻る]