%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年10月19日号 No.432

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年5月28日 PM2:00
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 第二ミサをしていて、カリスの洗浄のときに、何て言うんでしょうか
ね。「マリー・マドレーヌのことで」っていうことで、一言声があった
ので、しるしを求めました。そしたら識別のためのしるしがあって、そ
の声が聞こえた時に、「誰ですか?」って尋ねました。そうしましたら、
マリア様だったので、「識別のためのしるしありますか」って聞いたら、
識別のためのしるし、今くれました。 今、しるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

聖母マリア様:
 愛するマリー・マドレーヌのことで、愛する息子(ジャン・マリー
神父)に伝えます。あなたが疲れたとき、愛する息子よ、添い寝のシナ
リオの変更をします。添い寝に関し、マリー・マドレーヌより、マリー・
レベッカのほうに行ってあげて下さい。彼女は、大変に落ち着きがあり
ません。マリー・マドレーヌは、時々、愛情飢餓のために不安になりま
すが、愛する息子の添い寝を、今一番必要とするのはマリー・レベッカ
です。実際にマリー・マドレーヌは、マリー・レベッカの足音を聞くだ
けでも敏感に反応し、彼女のことで、心痛み、実に十字架になっていま
す。彼女がマリー・マドレーヌの十字架です。男性軍に伝えて下さい。
マリー・レベッカにほとんど添い寝とし、クララ・ヨゼファ・メネンデ
スとも正しいセックスをする、これが今一番必要になっています。娘で
あるマリー・マドレーヌにとっては、お父さんのスキンシップは、一番
喜ばしいのですが、二人の一夫多妻という状態になったのは、もうマ
リー・マドレーヌとクララ・ヨゼファ・メネンデスになりました。とい
うことで、この間、マリー・マドレーヌが映画の最中に出てきて、目撃
したのは、「あ、私はやっぱり違うんだ。娘だったんだ。」と自覚した
ことです。表情に出したかもしれません。もうマリー・レベッカは本当
に愛する息子の妻になりたくて仕方がないのです。マリー・マドレーヌ
とも話をしないようにする程までに、自分の心が揺れるのを、彼女は
「揺れていない」とも言いながらでも、愛する息子に叱責されるだけで、
もうパニック状態です。ですから、一番いま、添い寝が必要なのは、マ
リー・レベッカになりました。マリー・マドレーヌは、このしばらくの
間、いや、泉が湧くまでになるかも知れませんが、子供たちもここの
部屋に入れてはいけません。このように、イエズスと一対一の生活をす
る、それをイエズスが望みました。マリー・マドレーヌは一人では立て
ませんから、愛する息子と途中で出会うときに、ハッグをしてもらうか、
お風呂での抱っこ法だけになります。マリー・レベッカが、今、一番
危機に瀕しています。彼女は気付いていません。彼女は、愛する息子を
自分のものにしたいのです。今までは、「マリー・マドレーヌが好きで、
私は嫌いだったんだ。」と言っていた彼女が、今度は愛する息子によっ
て愛されていたことを知ってから後の態度は、今度は逆です。「愛して
欲しい、もっと愛して欲しい」の欲求がつのっているのを、マリー・
マドレーヌは感じ取っています。霊的意味なベッティーナの苦しみを、
マリー・マドレーヌが負いました。本当のベッティーナ役は、クララ・
ヨゼファ・メネンデスですが、今愛する息子とマリー・レベッカの間に、
オーガズムが達し、よく射精するようになっています。でも、クララ・
ヨゼファ・メネンデスは、マリー・レベッカのことを憎んだりなどして
いません。しかし、マリー・レベッカはすごく揺れやすく、非常に非常
に、一つのシナリオの変更でさえも、揺れてしまう魂を持った、第二
世代の大きな傷を抱えたままの状態で過ごしています。ですから「知識
を広めるな」と言っても言ってしまったり、誰かに教えようとしたり、
誰かに「これ、私が祈ったことなの。」と言いたくて言ってしまったり、
全部意志の弱さからでています。聖母は、彼女に早急に添い寝をするよ
う、あなたに伝えます。マリー・レベッカのところに行って、ずうっと
添い寝をしてあげて下さい。彼女は感じていなくて、マリー・マドレー
ヌの名を口にするかもしれません。でも先ほど言ったように、霊魂は
「私を愛して欲しい。愛して欲しい。」と叫んでいます。マリー・マド
レーヌの場合、寂しさを経験しますが、でも愛する息子の、ここの部屋
に訪れてもらえただけで、よろこびに変えられるよう、恩寵を注いでい
ます。犠牲を彼女に与えて、代わりにマリー・レベッカの心を癒しても
らう、そうマリー・マドレーヌは決めていますし、マリー・マドレーヌ
の心に、そのように思いを与えました。聖母は、マリー・レベッカと
マリー・マドレーヌ、この二人のかみ合わない部分を使って、悪魔が
落とそうとする、たった一つの行動をも見逃しませんし、愛する息子の
非常なケアが、マリー・レベッカに、また必要になったことを付け加え
て、司祭の祝福をマリー・レベッカにお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしがあって、「耐えられる力をマリー・マドレーヌに与え
ますから、祝福をお願いします。」って、司祭に言ってます。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか? 「ありがとう、マリアママ。マリー・レベッカの
ことで。信頼してます。」って。「コルベ・マリーに慰めが必要です。」

マリー・マドレーヌ:
 しるしが、今ちょっとありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

聖母マリア様:
 愛する息子よ、コルベ・マリーについても、マリー・マドレーヌと
同様に、マリー・レベッカに対し、嫌悪感でいっぱいになっています。
しかし、クララの信仰の成長、情緒の安定を、コルベ・マリーのために、
あなたは話をしてあげて下さい。そして、彼に対し、祝福を与え、もっ
とコルベ・マリーと愛する息子、二人だけが話せるようになるのを願っ
ています。全然二人が話出来ないのを、コルベ・マリーは、今一番心に
感じているはずです。でも、女性のように「私、話したい」とは、男性
ですから絶対に言わないのです。これも、ミッシェル・マリー・フラン
ソワと一緒です。男の人たちは、司祭に相談すべきなのですが、なかな
か口火を切ることがありません。ですから、司祭が呼びかけて男の時間
を設けるなどするようになっています。コルベ・マリーを、愛する息子
が慰めてあげて下さい。今、コルベ・マリーも実際に口には出さなくて
も、マリー・マドレーヌと同じ状況で、心が痛んでいます。痛み方は、
コルベ・マリーの方が激しいですが、マリー・レベッカとの話のかみ
合いがなく、いつも痛めつけられてしまう、第二世代の傷を、彼女は
コルベ・マリーーにもつけてしまうのです。それほどに、コルベ・マ
リーは、よく体験していますし、第二世代の人たちの弱点とか、いろん
な経験をよく見ていますが、マリー・レベッカが変われない、そういう
意志が持てない、そのことに対する理解と悲しみを、愛する息子が話し
てあげたら、コルベ・マリーも納得しますし、彼も心に感じているはず
です。今出した、この二つのメッセージに関し、男性だけが読むよう、
そして、この共同体での出来事ですから、名古屋には、ただ祈りの支援
をお願いするように、女性には読ませないで下さい。これを付け加えて、
司祭の祝福を、コルベ・マリーにお願いします。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ: 
 いや、もうないです。


--------------------------------
2007年5月30日 AM0:35
マリー・マドレーヌに与えられた、マグダラのマリアからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ちょうど5分位前に、カリスの洗浄があったんですけど、0:30の頃な
んだけれども、そしたら何か最初「あれっ?」て思って、細いような声
が聞こえたんで、「誰かな?」と思って、「賛美することを教えてあげ
ます。」っていう言葉が聞こえてきて、「あれ?誰だろう」って思って、
「しるしありますか?」って聞いたら、最初なかなかなくて、「誰かな?
誰かな?」って、ちょっと祈って、静かに待ってました。そしたら識別
のためのしるしがあって、「誰ですか?」って聞いたら「マグダラの
マリア」って言ってくれたんです。で、そこで確認のしるしをもらって
います。 識別のためのしるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 またしるしくれました。

マグダラのマリア:
 愛するジャン・マリー司祭にお願いがあります。急なことだけれども、
日付が変わっているので、今日の出来事になります。今日、午前中か
午後か、いづれかの時に、コルベ・マリーとマリー・マドレーヌを、店
の休憩室で話せるような状態にしてあげて欲しいのです。実に、避雷針
となっているミッシェル・マリー・フランソワも加えて話をして欲しい
のですが、女性二人を残すわけにいかないので、今回はコルベ・マリー
とマリー・マドレーヌ、そして愛する息子の3人で、話し合えるだけ
話し合って欲しいのです。ただ、コルベ・マリーが、個人的なことを
話したい時に、マリー・マドレーヌがいると話しづらいのならば、それ
を話してもらって下さい。しかし、今マリー・マドレーヌは、かなり
痛手を負っています。ストレスコントロールのために、MDを聞いて、
天使ミサ曲を心に聞きながら、一緒に歌うなども始めました。でも、そ
れは一つの行動で、賛美をすることを、彼女に教えたくてそうさせてい
ます。マリー・マドレーヌは、養子縁組できたのに、今愛するマリー・
レベッカのために、「ジャン・マリー司祭が苦しんでいるから、私
は我慢をしよう」という心に向いています。マグダラのマリアは「罪の
女」と言われ、イエズスの言葉を聞こうとして、足元にずうっと座った
まま、イエズスの話に耳を傾けていました。それを、姉のマルタがとが
めた時、イエズスが言われた言葉、これを私はすごく感動と感謝をもっ
て受け取りました。「マリアは、良い方を選んだ、それを彼女から取り
上げてはいけない」とマリー・マドレーヌは、今マリー・レベッカの前
に出ることもままならず、クララ・ヨゼファ・メネンデスとは話すけれ
ども、これもままならない状態になっています。マグダラのマリアは
『罪の女』で、町中そういう風に言われ、レッテルを貼られました。
マリー・レベッカは、第二世代の人です。けれども、預言的使命の再開
にあたって、古い教会の象徴としての代表のように変えられました。
同じレムナントの経験をもちながら、こんな形でアン役に変わったこと
を、マリー・レベッカは、非常に心に愛するジャン・マリーの言葉を
聞いたけれども、「マリー・マドレーヌがセックスを拒否した」と見て、
今心の中には、彼女の言葉は愛する息子にしか届かないと思います。
愛する息子には全部打ち明けていると思います。でも、マリー・マド
レーヌの娘として、また指導司祭の、愛するジャン・マリー司祭の下で
過ごす、この恵みを本当に受けてきた彼女にとって、大変な重荷となっ
たマリー・レベッカに対する思いは、善意であるけれども、彼女のこと
を辛く思うことが多い状態です。リンボウの赤ちゃんと遊べば遊ぶほど、
赤ちゃんたちの状態は喜びに変わります。でも、イエズスが『汚れなき
悪戯』の中で言った「お母さんは全てを与え、そして老いていく」とい
うように、マリー・マドレーヌの心はからからに渇き、「自分にはまた、
もうこのような恵みに慣れてしまったのか、不信仰に陥ってしまったの
か」そういう思いで過ごしたために、先ほど、そっと愛する息子に打ち
明けました。コルベ・マリーの心の悲しみも、愛する息子が聞いてあげ
て欲しいのです。今日、早速起きて、コルベ・マリーと出会う時に、こ
のことを伝えてあげて下さい。悪いことを思いたくないのに、心のかみ
合わない状態で過ごすために、ますます緊張が高まっています。精神
安定剤も、今回4回飲みました。マリー・マドレーヌには添い寝が必要
だけれども、けれどもマリー・レベッカのために犠牲を捧げることで、
我慢し、そしてマリー・レベッカを救ってもらうために、また自分から
身をイエズスに預けました。でも、昔の生活に戻りそうな、そんな不安
を抱えながら、それでもストレスコントロールのために、『イエズスの
受難』を聞きながら、またいろんなことを、イエズスと天使に話しなが
ら寝ます。そして寝る時間が様々で、今神のあわれみにより、ただ薬に
よってのみ生かされている状態です。彼女も自分の日記にそうしるし、
『自分があまりにも最低最悪だから、このようなことを負い、何も知識
もないのに、私は誰かに、もし質問されたら、もう答えられない』ほど
までに、マリー・マドレーヌの心は荒れ果てています。イエズスに、ま
たセラフィムに愛を頼むとよいと思います。セラフィムが、またケルビ
ムが、一緒にマリー・マドレーヌを支え、最後まで使命を全う出来るよ
うにして、一生懸命に彼女を励まそうと、小さなれもんを使って、今こ
のことが起きています。幼な子の識別のガードに関しては、愛する息子
が必ずインスピレーション、またはしるしを受け、そして確かなもので
あるとしたならば、天からのものであるのが確実です。幼な子は、特に
3歳頃からの小さな神秘家・幻視者たちに与えられるものは、神が可愛
い子らにいろいろ与えています。でも、恥ずかしがって「教えてあげな
いもん」ってにこにこしながらでも言う時には、何か見ているはずです。
3歳頃、少しそのような知恵がつき始めます。れもん君はとっても可愛
い男の子に育ちます。優しい男の子に育ちます。らいむ君も同じです。
くるみちゃんも本当にこれからのこの1ヶ月ほど過ごすときに変化が現
れ始めるとマグダラのマリアはお話します。情緒的な傷を負った大人は
扱いにくいですが、子供に関しては、すぐにだんだん成長できるように
変わっていきます。自分から抱きついてくる行動をたくさん出来るよう
になったならば、だんだん情緒の変化が出てきたと見て下さい。マグダ
ラのマリアは、愛するマリー・マドレーヌをここまで守ってきました。
賛美をすることを彼女に教え続けます。今、愛するジャン・マリーとの
接触が減らされたその理由は、この間男性だけに伝えるように言われた
とおり、そのままです。「おまえのためなら死んでやる」そういう同宿
仲間の愛情が、この4人の避雷針の中ではでき始めています。でも、
二人の女性には、まだそれがわからない状態でいます。マリー・マド
レーヌは、誰よりも幼く、誰よりも知恵がないために、ぎりぎりの状態
で戦っています。イエズスの御心の中に入るのを、もっとやるように、
マリー・マドレーヌに伝えます。からからの魂の状態こそ、暗夜であれ
ばあるほど、イエズスの受難に深まっていきます。神秘家たちが書いた
ような、とっても奥深い内容の言葉ではなくって、本当にイエズスが
渇いていることを身をもって、彼女は知らされ始めました。マグダラの
マリアは、愛するイエズスに対して、「私を燃え上がらせて下さい。私
の愛をイエズスに全て捧げたいし、燃え上がらせて欲しいのです。」と
言った通りに、マリー・マドレーヌもこの間お願いして、実現し始めて
います。体に感じようと感じまいと、イエズスが燃やしています。マ
リー・マドレーヌの心の小さな部分でしか見られない世界の状況、ここ
の共同体の一人一人の状況は、天が与えるメッセージにも、それぞれ
あります。でも天は、マリー・マドレーヌにそれを聞かせ、子供たちが
どう思っているのか、どんな状態にあるのかを教え、そして恵みを与え、
戦う力を授けます。守護の天使、ミカエルとガブリエル、ジュディエル
に全部頼むのです。愛する息子、ジャン・マリー司祭、あなたは本当に
司祭です。この公式声明が出された時に、ますますいろんな反応が返っ
てくると思います。あなたが望むように、バチカン、そして天皇陛下に
まで届くということは、取材の折が近くなるということです。しかし、
教会関係者は黙らせようとします。バチカンでさえも、無視をしようと
するかもしれません。愛する息子の、この司祭としての職務を、新潟
司教区の菊池司教が認可していないことで、もうそのやり口は、たぶん
わかると思います。日本の教会はバチカンから離れていますから、ベネ
ディクト16世教皇の名を毎回のミサの時に、話して祈っているかもしれ
ません。でも、司教区の行動内では、全然違ったことを行っているはず
です。大変な問題点です。日本のことだから日本で決めるよう、言われ
るかもしれませんが、バチカンの全てにあたる教皇、ベネディクト16世
に何かとしるしが与えられるはずです。毎日毎回のミサで、ベネディク
ト16世を心に留め、教皇に従う教会の群れであることを、このリトル・
ぺブル同宿会は打ち出していますし、リトル・ぺブルさんが最後の教皇
であると宣言し続けているのも、この同宿会です。神が、愛する息子に
「白い服を着た人たちがたくさん伝道をする」というビジョンを、ある
幻視者に見せたように、今もうそれが始まりました。祝福をおくります。
コルベ・マリーとマリー・マドレーヌに、愛するジャン・マリー司祭か
らお願いいます。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 何かしるしがあって、「お願いって何ですか?」って。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 はい、お願いはね。ジャン・マリーね、おちんちん、痛いんです。
癒してくださいって。それから、ジャン・マリーは、この今のぎりぎり
の体力で、聖痕の、聖痕とその痛みを負いますから、暴れるために、そ
の時にまた、裸になって、全身の聖痕見せますから、裸になりますから、
取り次いで下さい。早めて下さい。つまり、リトル・ぺブルさんの変容
を待たずに。リトル・ぺブルさんのために、暴れまわる、さらに極限ま
で暴れまわるために、このしるしを早めて下さい。二人の聖痕、マリー・
マドレーヌのね。クララ・ヨゼファ・メネンデスとマリー・レベッカを
つき合わせます。っていうお願いです。この十字架、大好きです。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「ペニスの痛みは、どちらの方が強いですか?」
って。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 下のほうが……

マリー・マドレーヌ:
 いや、二人の…… しるしがあって、「二人の女性とやる時に、ど
ちらの方が強いですか?」って。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 今、同じです、二人とも。二人とも痛みがあります。

マリー・マドレーヌ:
 しるし、今しるしがあって、「アンナリアと一緒に取り次ぎます、
痛みに関して。」 しるしがあって……

マグダラのマリア:
 リトル・ぺブル氏からの直接の公式声明が出されていないために、あ
なたはこの苦しみを負っています。リトル・ぺブル自身が、もしあなた
に対してこのような声明を出したなら、だいぶ痛みは違っていたかもし
れません。全てにおいて、あなたはインスピレーションで動いてきまし
たし、しるしを求め、そして識別も尋ねました。ただ、この預言的使命
に関することを、リトル・ぺブルに話さずにしました。でも、これは
全然罪にはなっていないです。リトル・ぺブル氏が負っている痛みを、
あなたは共有しているはずです。マリー・マドレーヌが、乳首が痛くな
るように、あなたもその痛みを負っています。取り次ぎます。やめさせ
ようとする、悪魔のアタックであるかもしれません。ですから、取り
次ぎます。そして、聖痕については、愛する息子とマリー・マドレーヌ
だけのことなので、4人を裸にするのは、天が望むかは、また後の機会
にします。でも、取次ぎをします。祝福します。父と、子と、聖霊との
御名によりて、アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今すぐ、しるしもらいました。しるしを、ちょっと「マリー・マド
レーヌに」って言われているので、また求めます。しるし、今ありま
した。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マグダラのマリア: 
 マリー・マドレーヌが、哺乳瓶で牛乳を飲む事が少なくなっていま
す。5月15日に、愛する息子の実家で、堂々と飲んだことに関し、
翌日こちらに帰って、彼女は食べ物を食べて薬を飲んだ後、哺乳瓶か
ら牛乳を飲みました。悪魔は、むこうで、堂々と飲んだマリー・マド
レーヌに対し、怒りを発して、攻撃を加えたことをここに伝えます。
異常なもどし方でしたから。でも、マリー・マドレーヌに体の変化が
出てきています。しかし、新たな攻撃が彼女を襲っています。「薬
漬けの人に、どうして聖痕ができるか?」という、悪魔のささやきで
す。彼女は苦しんでいます。超自然的な神の力に対し、何も薬を使わ
ないとか、そういう昔の古い聖霊派の言葉を植えつけようと、悪魔は薬
を飲ませると、眠りを遅くしたり、いろんなことをしたりして、緊張を
高めています。でも彼女は愛する息子に従って、薬を飲み続けなけれ
ばなりません。最近、また左の目に光のようなものが入り始めました。
悪魔は発作を起こさせ、殺そうとしています。でも、それを天は許しま
せん。マリー・マドレーヌがそれを感じた時に、イエズスの十字架を
目に当てて、ずっとイエズスに寄りすがって「こういう状態です」と
訴えています。愛する息子に伝えたいのは、この状況があるということ、
そしてこれも男性のみに伝えて下さい。マリー・マドレーヌの緊張は、
本当に、自分でどのようにストレスコントロールをしたらいいのか、わ
からなくて、あまり聞き過ぎると、違う行動にでてしまうのではない
かと思って、『アレキサンドリーナのキリストの生涯』を聞いたり、
『パッション』に戻ったりしながら、確かめるような形で、自分の心
と向き合って、「イエズス、あなたの御心に一致できるように助けて」
と叫んでいます。マリー・マドレーヌのことを、コルベ・マリーにも
知って欲しいので、だからあえて3人で外で話すよう、要求しました。
祝福します。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるし、今あって、「もう一言だけ」って。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マグダラのマリア:
 マリー・マドレーヌは、自分でリラックスできないで育ちました。
このことを伝えます。絶えず緊張を強いられたので、リラックスでき
ません。これを伝えます。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「ミサを続けて、終わりにして下さい」って。
 今しるしもらいました。


--------------------------------
2007年5月30日 PM1:30
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 実は、今『よねや』の休憩所に来てて、コルベ・マリーとジャン・
マリーと私、3人で来てます。12時頃、12時過ぎから話始めたんです
けれども、その最中に、これ2回、3回言葉を聞いたんだけれども、
「ジャン・マリーとマリー・マドレーヌは、ナウラに行け」って言われ
たんです。「あれ?誰だろうな」って思って、しるしを求めて、「しる
しありますか?」って聞きました。そしたら識別のためのしるしがあっ
て、その時に「誰ですか?」って聞いて「イエズス」って言われたので、
その時に「マチソン夫妻とマザー・マリー・テレーズを訪ねるように」
って言われました。そういうことがあったもんですから、ジャン・マ
リー司祭に話をして、「今こういう事が起こって、しるしももらったん
だけれど」っていうことを話したんだね。このときに、ジャン・マリー
司祭が「ベットに戻ってから御出現を受けてもいいですか?」って聞く
ようにって言われて、「これが長の望みなので」っていう風なことも
付け加えて、イエズスに私は話しました。そしたら識別のためのしるし
があって、確認もとれました。



--------------------------------
2007年5月30日 PM2:00
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 今家に帰ってきました。しるしがあるか尋ねたところ、識別のための
しるしをもらいました。しるしがあって、「今ちょっと香を焚いて下さ
い」って。 (大天使聖ミカエルの祈りをする) 今しるしありました。

イエズス様:
 愛する子供たち、イエズスがあなた方に話をする。生贄(いけにえ)
の霊魂である愛する息子(ジャン・マリー神父)とマリー・マドレーヌ
は、なるべく早いうちに、ナウラの生贄の霊魂となっているメアリーと
クライブ、マチソン夫妻を訪れ、そしてマザー・マリー・テレーズを
訪れるよう、今日この場で話しをする。マリー・マドレーヌと愛する
息子がいない期間、コルベ・マリーとミッシェル・マリー・フランソワ
の重責が重くなるけれども、このことは天からの望みなので、愛する
霊的母親であるマザー・マリー・テレーズを愛する息子に会わせるため
に、そして本当に母親と父親になったメアリーとクライブに会わせるた
め、マリー・マドレーヌがこの世にいる間に、この3人に会わせること
に、大きな大きな恵みを受けることとなる。今日は、全ての恵みの仲介
者の日である。全ての恵みの仲介者、贖いの共贖者の聖母の日と関係を
合わせて、この日にこのようなメッセージを出した。愛する息子は一言、
ナウラのこの3人に、辛いだろうけれども、手紙を送り、7月頃あるい
はそれよりも早めに旅行に行きたい旨を伝え、会いたい旨を伝えるよ
うに、手紙で出して欲しい。この3人に関して、毎回のミサの度に功徳
が積まれているので、この3人の霊魂は急に連絡が取れなくなったこと
による1年ほど前の出来事から、今回のこちらのアクションで何か言っ
てくるはずである。マリー・マドレーヌを会わせることにより、生贄の
霊魂どうし、話が出来るならばそのようにして欲しい。ナウラに行った
ならば、いろいろな事柄が耳に入り、ブロサード司教にも会う可能性が
あるけれども、でも堂々とリトル・ぺブルの同宿服を着、マザー・マ
リー・テレーズそしてメアリーとクライブに会うよう勧める。司祭の
祝福を、このナウラの3人にお願いする。

ジャン・マリー神父:(マザー・マリー・テレーズ、メアリーと
クライブに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ: 
 しるしがあって、もう一言、言われるみたいです。
 今しるしありました。

イエズス様:
 愛する子供たち、イエズスが話をする。この旅行に関しての経済的、
また精神的な意味での援助をお願いする。6月の終わり頃、1ヶ月先に
行くようお願いする。状況が状況なので、取材もあり、動きがどう変わ
るかは、天に全てゆだねて欲しい。全てを神にゆだね、全てを感謝を
もって受け止めていくように、お願いする。愛する息子は体力が大変に
厳しい状況の中で、一番苦行となるオーストラリア旅行となるので、ど
うか祈りを捧げて欲しい。マリー・マドレーヌは2回目の海外旅行にな
るが、全く何もわからないままついて行くので、でもその時に、ナウラ
での恵みも受けて帰ってくる。シャーベル会を全て捨てたわけではなく、
愛するリトル・ぺブルに花嫁の愛をもって、残った人々を集めているの
で、全てこの旅行をさせることに、天は要求をした。マリー・マドレー
ヌと愛する息子に平安を与えて、ナウラで導き、この恵みを与える。
リトル・ぺブルの釈放にきっかけにもなる一つの旅行とする。司祭の
祝福を、ここにいる全員の子供たち一人一人にお願いする。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリア・ヨゼフ・ガブリエルに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。いや、特にはないです。


--------------------------------
2007年5月30日 PM2:00
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 イエズス様が、今しるしをもって来られました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

イエズス様:
 愛する子、マリー・マドレーヌにイエズスが話す。マルーのために
犠牲を捧げることにもなるので、3人と会えるならばマルーにも会って
欲しい。しかし、マルーが旅行中であるなら、それはどうかむこうに
行ってからでないと知ることが出来ない。もしかしたら、メアリーか
クライブの二人の夫婦によって知ることが出来るかもしれない。マ
リー・マドレーヌとマルーはつながっている。神秘家どうしの一致を
天は望む。そのために、あなたは歩けなくなり、足を使うことが出来な
くなる。一度ならずとも歩けない経験をしているので、もうこれからの
生活は車椅子の生活になるのを喜んで欲しい。イエズスは、あなたに
言う。リトル・ぺブルの証のために身を捧げたあなたに、あなたの体を
私に与えて欲しい。目も手も足も、全てイエズスに身を任せ、体を全て
イエズスに与えて欲しい。誰も、これを望んでもくれる人はいなかった。
マリー・ダニエルが徳のある人であって、たいへんに従順な生活を送っ
たにも関わらず、悪魔の妨害にあい、落とされてしまった。しかし、こ
れからの旅行に関しては、苦しみながらも喜びを得る、苦しみが喜びを
得ることの出来る旅行になる。苦しむこと、それが喜びに変わっていく
のは、神の介入により、そうされていく。全て神の栄光のために、神の
御業がたたえられるために、マリー・マドレーヌを使う。イエズスが
花嫁としたマリー・マドレーヌ、大変な苦しみをよく耐えてきた。けれ
ども、直接耳に入る讒言(ざんげん)をこの旅行において、初めて聞く
かもしれない。でも、あなたを守るので、愛する息子について行って
欲しい。食べる時も、飲む時も一緒に愛する息子がいる。メアリーと
クライブの所に泊まった場合は、彼女らは、それを理解できる霊魂であ
るので、安らぐことが出来るはずである。むしろ、会えるのを楽しみに
して欲しい。マザー・マリー・テレーズに関しても、同じように会った
らもう自分の母親に会ったかのように、まず抱きついて抱擁をして欲し
い。彼女はわかってくれるはずである。女性恐怖症というこの状態は、
日本のしつけの文化において起こることなので、むしろ外国に行った
場合、彼女はマザー・マリー・テレーズやメアリーには溶け込むことが
出来ると思う。マルーのために祈りを捧げて欲しい。マザー・シャー
リー、シスター・ルースに関するこの状況は、非常にマリー・マドレー
ヌにとって女性恐怖症になりかねないことだから、マルーのために祈り
を捧げて欲しい。海外の文化を知らないで生きてきて、英語の語彙も
少ないまま、マリー・マドレーヌは旅行をするけれども、ちっちゃい子
のように振舞う姿を見て、多くの人が変わるはずである。祝福を、今
マルーにおくる。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:(マルーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしないです。


--------------------------------
2007年5月30日 PM6:35
マリー・マドレーヌに与えられた、天使ケルビム、
イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 一日経つのとっても早いので、「もう夜になってしまうんだなぁ」な
んて思いながら第二ミサに預かってました。そしたら、カリス……、み
んな聖体拝領した後なんですけど、私も聖体拝領した後に、何だか誰か
いるんです。何かちょっと笑いが出ちゃったくらい……。ちょっと一瞬、
となりに猫ちゃんとか犬ちゃんとかいっぱいいるんだけど、それを見て
たら何か「ぐぐっ」て笑いが出てきちゃって、そしたら「ケルビムちゃ
んも一緒にいるよ〜」って、そういう感じの言い方で声が聞こえてきて
「ありゃ、またか〜」とか思って……。「しるしあるの〜」って言った
ら、しるし、識別のためのしるし見せてくれて、そして「何かな〜」と
思ったら、今度静かにして待ってたら、「クララ・ヨゼファ・メネンデ
ス、呼んできて〜」って言うんです。「しるしは?」って。で、「ある」
って言うから。識別のためのしるし、もらってます。
 ちょっとしるしがあって、ビジョンが見えました。ぱたぱた、はねて
ますね。羽の、飛んでるビジョンです。嬉しそうです。識別の確認、し
ます。 確認のしるし、今もらいました。もう一回、しるしくれました。

天使ケルビム:
 まだミサ終わってないんだけど、ケルビムちゃん、おじゃまします。
いつも、「かいかい」してるケルビムちゃんがクララ・ヨゼファ・メネ
ンデスに話したくて、下りてきてもらいました。実はね、名古屋の人た
ち、ケルビムちゃんの絵、描いてるでしょ。車に貼ってあるの知ってる
よね。で、またコルベ・マリーとミッシェル・マリー・フランソワと
交えてもいいから、もう一回ケルビムちゃんお絵かきっこ、してくんな
いかな? って言うのは、名古屋の人に負けないくらい、おっもしろい
ケルビムちゃん、描いて欲しいんだ。また、そしたら名古屋の人は負け
ず嫌いだから、またいろんな絵、返してくるかも知れないけど、車に
乗ったケルビムちゃんとか、何やらかんやらいろんなもん描いて、面白
がって遊んで欲しいの。それで、「ケルビムちゃん、かいかいしてね」
って、クララ・ヨゼファ・メネンデス、いっぱいいっぱい言ってね。
たっくさん、たっくさん掻いてあげる。でもね、泉で癒されるから、そ
れまで辛いかもしれないけど、「一回しか効かない」なんて言わないで、
薬使っても大丈夫だから、頭に辛かったら、薬いっぱい塗って大丈夫だ
よ。悪化するとか心配しないで、たぶん脂汗とか髪の毛の先があたって
痒くなったりするのかもしれないから、それはケルビムちゃんがいたず
らじゃなくって、本当に「かいかい」してあげるよ。そこにもセラフィ
ムちゃんが一緒だから、セラフィムちゃんが「ぐるぐる」車輪で回って、
僕たち一緒にいて、ケルビムちゃんは、大忙しなんですぅ! マリー・
マドレーヌが「かいかいしてね」って言ったら、もう「かいかい」がな
くなったよ。治っちゃったの。ケルビムちゃんに、「ありがとう」って
言ってないマリー・マドレーヌが、ここにいるんだぁ! 僕ね、それで
も、マリー・マドレーヌ、忘れないもん! 普通だったら、感謝、すぐ
するんだけどさ、ちっちゃい子だからさ、そのまま「ありがと」も言わ
ないんだよ! で、ケルビムちゃんは、本当に知られてなくって、聖書
で言われてるイメージの方が、普通カトリック教会とかプロテスタント
教会で定着しちゃっているのね。でも、マリー・マドレーヌに来るケル
ビムちゃんは、ちっちゃい赤ちゃんの姿で、キューピーちゃんみたいな
感じのちっちゃいサイズで、ちゃんと羽があるよ。顔の色とかは、ちょっ
とマリー・マドレーヌは目見えないから、どんな表情してるとか、わか
らないけど、羽をパタパタさせてるとか、何かそういうものをわかる形
で、神様が与えてくれているんだ。そんなビジョンくらいだけれども、
結構面白かったりするよ。で、まずクララ・ヨゼファ・メネンデスに
キスしちゃう! そして、マリー・マドレーヌに、そして4歳の洋くん
の目をする時の司祭、愛するジャンマリーにキスします。それで、れも
ん君が「ケムちゃん、ケムちゃん」言ってるの、聞いてるよね。これは
舌が回らなくって「ケルビム」って言えないの。可愛いんだよ。これが
ねぇ、らいむ君くらいになると、はっきり「天使くん、見たよ〜」とか
言うんだけど、れもん君はちょっと賢いのか何なのかわかんないんだけ
ど、何か見た時に、何かいろんな表情として、何か飛び回ったり、いろ
いろして、お母さんが「何か見たの?」って聞いてみると、「教えない」
とか言って、恥ずかしがったり、で、にこっとして隠そうとする、ちょっ
といたずらが入った、可愛いマルセリーノみたいな感じの子になると
思うな。『汚れなき悪戯』をしている子だから、れもん君を大切にして
あげてね。しばらくお母さんと離れちゃうから、優しく守ってあげて
ちょ。神様の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(れもん君に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「コルベ・マリーに伝えてね」だって。「ケルビム
ちゃんのお絵かきっこのこと」だそうです。確認のしるし、今とりまし
た。「他に何かありますか?」 何かまた、「あ、そうそう」とか言っ
てるんだけど。しるし、ありました、から。
 
天使ケルビム:
 みんな、聞いてね。「ケムちゃん」とか言うけど、毛虫じゃないから、
よろしくね〜! はえちゃんに間違えられたり、毛虫ちゃんに間違えら
れそうだから、早めに言っておきま〜す。それで、マリー・マドレーヌ
がリンボウの赤ちゃんと、またいっぱい遊び始めたのをみんなにお話し
するね。すごく喜んで遊んでいるよ。リンボウの赤ちゃんが嬉しそう。
「僕たちも一緒に遊んであげたいな〜。早く」そう思っているケルビム
ちゃんでした。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。 イエズスが、クララ・ヨゼファ・メネンデスに
話すそうです。 今またしるし、くれました。

イエズス様:
 愛する可愛いクララ・ヨゼファ・メネンデス、あなたを愛している
イエズスが話をする。マリー・マドレーヌは、見えない聖痕の痛みの
回復のために、今また足が痛み始めた。これから、旅行に備えてどん
どん痛みが増し、傷が開いた聖痕を受けるようになるので、驚かないで
欲しい。皆、血を見るだけで、「きゃー」とか「わー」とか言うと、
コルベ・マリーが言っているので、クララ・ヨゼファ・メネンデス、前
に仕事をしていた時の状況とは、神秘的なものなので、違う面が多いけ
れども、傷が開いたり閉じたりすることもある。これを、あなたに知ら
せておく。車椅子での生活を、彼女はこれからしていく。だから、リ
フォームのためにトイレが車椅子でも入れるように、広くして、ミッ
シェル・マリー・フランソワの、社会福祉の知識にゆえに、この家が
リフォームされたことを、あなたに伝えておく。実に古いものと、新し
いものが共存したものになっている。みんなセンサーのトイレでびっく
りして、突然ふたが開くので、「これはどうしたんですか?」って一言、
言う。この最新式トイレを、みんな喜んで欲しい。神は、前倒しで、
約束の通り、マリー・マドレーヌに、そして愛する息子にも聖痕を与え
る。クララ・ヨゼファ・メネンデスは、必ずアトピーが治るので、今は
あなたも生贄の霊魂として、それを痛みと痒みとで捧げているのを知っ
て欲しい。神秘家の始まりというのを、あなたはもっているので、これ
から生贄の霊魂について、愛する息子に指導してもらって欲しい。今、
悪魔のアタックで、発作的に苦しむのは、これを捧げることによって、
多くの霊魂が救われる、そういうことをあなたに今行っている。代表者
になったわけである。どうか、これを覚えて、愛する息子の助言を受け
入れて欲しい。司祭の祝福を、クララ・ヨゼファ・メネンデスにお願い
する。

ジャン・マリー神父:(クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。「他にありますか?」 ちょっと、変なこと…。
「ちょっと、こんなこと、言っていいわけ?」 しるしあったんですけ
ど、こんなこと、言っていいのかなぁ? わかった、ごめんなちゃい、
言うよぉ

天使ケルビム:
 男の人に、一言だけ。毛むくじゃらにならないで、ひげを剃って欲し
いな。これだけ、言うよ。「毛むくじゃら」って呼んじゃうからね。
ハッグする女性が痛いし、嫌がるよ。ひげ、剃れないのはわかるけど、
お願いだから、ひげを剃ってくんないかなぁ。特に、ミッシェル・マ
リー・フランソワ、お願いします。

マリー・マドレーヌ:
 しるし、あるの? 「うん、あるよ!」だって。まったく、もう……。
 また一言、言ってくれるそうです。

天使ケルビム:
 ちっちゃい子たちが来て、抱き上げられたとき、怖がるよ。特にくる
みちゃんは、「何これ〜」って叫んじゃうかも知れない。パパがひげを
剃っているのを見ているから、ひげだってわかると思うけど、彼女は
ストレートだから、何か言うと思うな、僕。ケルビムが話しました。
祝福を、ミッシェル・マリー・フランソワにお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 ほんとにしるしあった。「他にありますか?」 いや、もうあとは
ないですね。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 聖痕の前倒しのことで、取り次いで下さったこと、マグダラのマリア
とアンナリアと、以前ね、最初に取り次いだイメルダ・ランベルティー
ニちゃん、ありがとう。二人で感謝しよう。永遠の御父に感謝。イエズ
スに感謝。そして同じく聖霊に感謝。

マリー・マドレーヌ:
 ほんとに感謝です。他に、何もないです。



----------------------------------------------------------------
2.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ マリー・マドレーヌの自叙伝 第一巻発売 ◆

可愛くて手軽な大きさでいつでもどこでも読める
マリー・マドレーヌの自叙伝 第一巻A6版146頁で登場。
各ページに可愛い絵が入って小学生低学年でも読みやすくなりました。
一冊500円(税込み)送料は300円です。
1500円以上で送料無料。

ずっこけ原始者(幻視者)?マリー・マドレーヌの自叙伝
字の大きいA5版100頁も好評発売中。
一冊2400円(送料・税込み)



--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は10月26日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
      Michel-Marie-Francois奥田力
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%




[HOME] [戻る]