%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年10月12日号 No.431

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年5月27日 AM9:25
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 今、先ほどちょっとしるしがあって、今日の夜、夜っていうかこれ
からのことについての、マリア様のメッセージのことがありました。
昨日、実際アッシジのフランシスコの映画を見たんだけれども、自由に、
こうみんな動いていましたけど、でもやっぱり、コルベ・マリーが
疲れて寝てしまったっていうこともあって、マリア様の今日配慮で、
「今日の映画に関して、マルセリーノを見ている人、何度も何度も
マルセリーノを見る人もいるので、映画を見ることに関しては、見たい
人だけが見てください」って、そういうことになってます。体の状態に
合わせて、みんなが全員見るのではなくって、見たい人だけが見て、
で、ほんとに、時間も、いつ、どのような時に見ても構わないので、
ほんとに見たくって、幼な子になりたい子たちだけが見てくださいって
いうようなことを言われています。
 確認のしるし、とりますけれど・・。

ジャン・マリー神父:
 男だけに伝えろって。

マリー・マドレーヌ:
 で、「これを男性に伝えてください、って。男性の時間をもった時に
言ってください」って言われています。
 今、確認のしるしとって、ローキューションあるみたいです。
 しるし、またくれました。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、聖母があなた方に話をします。‘プログラム’と
いうことにこだわる人がでています。そして、いつ何時、何をどう
したらいいのかを求めたくなる人がでています。ここは、自由な、
何も縛られない共同体にして欲しいので、特に男性の人たちに、この
問題に対し、話し合って欲しいのです。なかなか考えを変えることが
出来ないでいる人がいます。もうわかっているかもしれないけれども、
幼な子になりたい人だけが、マルセリーノの『汚れなき悪戯』を見て
ください。というのは、本当にちっちゃな、ちっちゃな愛するジャン・
マリーが、いたずらをこれからもやるから、それについて行く人たち
のみが残っていきます。「体を駆使して映画を観なきゃ」などと、
一言もそのように考えたなら、それは信心業になってしまいます。
子供たち、信心業ではありません。二つの映画の柱を言っただけです。
昨日、コルベ・マリーは大変疲れて寝てしまいました。このことを、
マリー・マドレーヌは察知して、マリー・マドレーヌも横になる
決意をし、身を引きました。クララ・ヨゼファ・メネンデスは、
ぬいぐるみを持ちながら、映画を最後まで見ましたし、ミッシェル・
マリー・フランソワも、それなりに見てくれました。神の哀れみを、
今日、乞い願ってください。聖霊の恵みが、全員に必要で、幼な子
路線の危機にある多くの子供たちがいます。男性の時間に、この
問題に対処できるようお願いします。これから、北岡家の子供たちが
来たなら、このゆっくりした時間はとれずに、子供たちのケアで
忙しくなります。むしろ、これが第三世代の始まりの子供たちを
預かる第一歩になると思います。全て神の導きのままに、身をゆだね
ようと願う人を、聖母は求めます。自分の考えでする人を、心から
「これではいけない」と気付くまで、静かにさせてあげてください。
神がなそうとするのは、愛であって、押し付けではありません。
神は、全部見通しておられて、生贄の霊魂と全ての神秘家・幻視者の
人たちを、この道に呼びました。神が、体調の悪い愛する息子
(ジャン・マリー神父)を用い、神秘的な苦しみをたくさん与えて
きたのは、体の弱い人たちを思いやるためであり、自分の神秘的と
しての生活をこれから始めるにあたって、全てをなせるようにする
ためです。子供たち、幼な子路線を壊さないようにしましょう。今、
ロザリオが祈れなくなっています。でも、一人一人が聖母に、心で
祈ってくれるだけで十分です。一緒に祈る時間は、ミサによってのみ
です。ほとんど一人一人が、対話をして欲しいのです。愛する息子が
ミサを立てるだけの体力にしか今なっていないことを、心に留めて
ください。愛する息子に、近々大いなる恵みを注がれます。どうか
これからの生活を、神の哀れみに寄りすがって過ごしてください。
本当に幼な子になりたいなら、幼な子になれるように、神の助けを
願ってください。ちっちゃい子は、何も考えないし、「いたずらを
した」という認識もありません。それでも無邪気に振る舞います。
もう大人の路線に入りつつあるくるみを、どうケアするかは、この
愛する子供らのメンバーにかかっています。マリー・マドレーヌは、
痛みを負いはじめました。神が、彼女を子供たちと遊ばせる体力を
与えるかは、その時にならないとわかりませんが、彼女は、
イエズスの受難に入り始めています。イエズスの御心に、マリー・
マドレーヌ、今すぐ入ってください。優しいイエズスが、あなたを
守り、危険から全てを守ってあげます。全ての恵みの仲介者、贖いの
共贖者の聖母が、一人一人を贖い、赦しと恵みを乞い、神に祈りを
捧げていることを覚えてください。神の祝福を、この共同体にお願い
します。少し、聖母は、悲しみを覚えています。コルベ・マリーの
ために、またクララ・ヨゼファ・メネンデスのために祝福を、特に
お願いします。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ: 
 今しるしがありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 今日からもう「リトル・ぺブルさんに伝言」って聞かないからね。
他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあります。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。

聖母マリア様:
 マリー・マドレーヌに、聖母が話します。コルベ・マリーの
デリケートな精神を、あなたは知っていますが、あなたも本当に
たった一言の言葉により、心が乱されてしまう程弱いので、神の
哀れみを強く願ってください。あなたの願いは、赦しと愛を、この
共同体に保たせる、そのことが出来るようになることです。一人一人、
リハビリが必要で、今一番耐えているのは、実にコルベ・マリーで、
愛する息子(ジャン・マリー神父)の助言を一緒に10年間も受け、
そして戦闘モードを開始し、外に対して伝道の意欲を持ち続けて
いますが、今非常に彼は必死に仕事をしないといけない、そんな
苦しみの中で、比重が彼にだけのしかかっている状態になっています。
ミッシェル・マリー・フランソワの場合は、また別の意味で比重が
重いのです。マリー・レベッカに関して、このメッセージは公開
しないでください。彼女のことについて言うと、今はアンの代役に
なっていますが、やはりクララとは一緒に話をするには妨げは感じ
ないけれども、マリー・マドレーヌには、これもあれも、と教えようと
する動きを見せています。彼女の中には、「私が一番苦しんでいる
のに、マリー・マドレーヌは苦しまない。」という思いがどこかに
あるように、そう行動するところがあります。マリー・レベッカの
ために愛情を注ぐ愛する息子(ジャン・マリー神父)は、彼女に
対してのこのメッセージを男性だけ伝え、彼女には伝えないで
ください。「自分が一番苦しめられ、十字架を負っている」その心を
無言で言い表す態度になるときも、またでてき始めました。だから、
マリー・マドレーヌは、前も言われたけれど、一言も話ができなく
なります。神の介入がなければ、この溝は埋まりません。
溝が深くなるだけで、どうしようもない状態に陥り、マリー・マド
レーヌはある意味、十字架を負わされています。もう気にしなくても
よいのです。彼女は、償いのセックスを果たしたことで、十字架を
担いました。今、彼女は、「神よ、どこにいますか?」と探し始めて
います。これは、幻視・幻聴だけで歩くのではないことを、マリー・
マドレーヌに知らせるために、そうしています。昔の神秘家たちが
書いた『イエズスへの受難の回想は、大変に言葉が難しく、マリー・
マドレーヌの心は、少しずつしか聞けないでいますが、聞けるように
なるときには、神の助けを借りて祈りながら聞いています。マリー・
マドレーヌは、独特の道を歩きます。昔の神秘家や幻視者のような
人たちと、マリー・マドレーヌを比較しないでください。そして、
一言たりとも彼女に「神秘家様」と言わないでください。それが
彼女の傷を悪化させてしまいますから。聖母が何故今日こんな
メッセージを持ってきたかと言うと、マリー・マドレーヌにとって、
聖霊が非常に必要であるからです。安心と赦し、恵みと哀れみ、神の
奥深い愛を、彼女は知る必要があります。自分で自分を裁き始める
マリー・マドレーヌの習慣づいた行動は、神の特別な配慮に
よらなければ直ることは出来ません。聖霊が取り去られたといわれる
昔の恐怖が、彼女の心に復活しているのを覚えてください。いつも
聖母は、マリー・マドレーヌを慰めて、励まして、いっぱい
ぬいぐるみを与えたり、いろんな事を、おもちゃを与えたりして
います。それを偶像崇拝だと、悪魔は彼女にささやき、苦しめて
います。マリー・マドレーヌの心の中には、愛が欲しくて、愛情
飢餓で愛にいっぱい飢えています。「人を愛する心を持ちたい」そういう
思いで、全世界を見ています。「何で憎しみあわなきゃならないの?」
彼女はそう叫び始めました。シャーベル修道会の仲間割れが起きて
いく、その様子を見たときに、彼女の心は幻滅しています。
だからこそ、ここの共同体の愛情が必要だし、彼女はもう家が
ありませんから、この共同体から出てしまったなら、彼女の最後が
どうなるか、皆知るべきです。マリー・マドレーヌの孤独感は、
いつもいつも一緒にいられるはずの人がなかなかいられないで、
でも「体力の限界と、他の霊魂への指導のためにしているのだから、
哀れみを持たなきゃ」と思い、聖母によりすがりながら、「お母さん」
と言って祈っています。緊張の続く毎日、マリー・マドレーヌには
たくさんの恵みを与えてきました。今日もそれを与えます。どうか
お願いですから、第三世代には、裁きの神を教えないでください。
哀れみと赦しの神、自分が罪を犯した時に、「神様、こんなこと、
ぼく、しちゃった。」と言って「甘えたいの、赦して。」と言える
ように、親密に神と交われるようにさせてあげてください。そうで
ないと、恐怖が植えつけられ、子供たちは去ってしまいます。
神の祝福を、今いるここの共同体にお願いします。

ジャン・マリー神父:(ここにいるこの共同体に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 「コルベ・マリーの状態を見て、男性の時間をもってください。」
って、しるしが今あったんで、話したんですけど。確認のしるし、
とります。しるしありました。
 それだけです。


--------------------------------
2007年5月27日 AM11:21
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 先ほど、11:20頃なんだけれども、何かマリア様の声で、火曜日に
寺沢に行く人の名前が言われました。「ミッシェル・マリー・
フランソワとジャン・マリーとマリー・レベッカの3人が寺沢に
行ってください。」っていう声が聞こえたので、「しるしありますか?」
って聞いたら、識別のためのしるしがあって、「誰ですか?」って
一応尋ねたんですけど、マリア様でした。で、しるし、今もらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。

聖母マリア様:
 愛する子供たちに、聖母が話します。火曜日に、ミッシェル・
マリー・フランソワとマリー・レベッカ、そして愛する息子
(ジャン・マリー神父)の3人で、今回は寺沢に行ってください。
名古屋の子供たちの状況を見て、彼らも連れて行くことが出来るなら、
その日も与えられると思いますが、状況を見て、預かる日にちが
いつかわからないので、火曜日に寺沢に訪問してください。マリー・
マドレーヌは、今しばらく寺沢に行かないで、このところで静かに
休みます。コルベ・マリーとクララ・ヨゼファ・メネンデスは、
二人の交わりを重視させるために、ここに残ります。愛する息子には、
大変苦しいことかもしれませんが、ミッシェル・マリー・フランソワと
マリー・レベッカの寺沢に対する思いを高め、モチベーションを
高めるために、今回連れて行ってあげて欲しいのです。寺沢の部分が
薄くなると、この共同体の本質が薄くなってしまいます。リトル・
ぺブルの泉が早く湧くよう、釈放のために祈ってきてください。
司祭の祝福を、ミッシェル・マリー・フランソワとマリー・
レベッカにお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「今伝える事はこれだけです。」って言われました。
 「他にありますか?」って聞いたけど、何もないです。




----------------------------------------------------------------
2.お知らせ
----------------------------------------------------------------

◆ マリー・マドレーヌの自叙伝 第一巻発売 ◆
可愛くて手軽な大きさでいつでもどこでも読める
マリー・マドレーヌの自叙伝 第一巻A6版146頁で登場。
各ページに可愛い絵が入って小学生低学年でも読みやすくなりました。
一冊500円(税込み)送料は300円です。
1500円以上で送料無料。


ずっこけ原始者(幻視者)?マリー・マドレーヌの自叙伝
字の大きいA5版100頁も好評発売中。
一冊2400円(送料・税込み)


--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は10月12日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]