%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年10月5日号 No.430

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年5月26日 AM1:25
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 まだこれは、実は25日の第二ミサをしていて、イエズスの御心の
ミサをしていました。第一ミサは、私はほとんど寝てしまっていて、
何にもわかんなかったんだけど、第二ミサは、もう何かいろいろ緊張
とか、静かに起きてて、興奮状態っていうのか、よくわからないんだ
けれども、少し不安も入り混じった状態で、ミサにあずかりました。
でも、リンボウの赤ちゃんといっぱい遊んであずかってたんです。
で、先ほどカリスの洗浄の後、カリスの洗浄の時に、しるしがあったので、
「何かなぁ?」と思って、最初すぐしるしが示されたんで、その後
「誰ですか?」って聞くようにって、ジャン・マリー司祭から言われて
「誰?」って聞いたら、「イエズス」って、とっても優しい声で言わ
れたので、何か緊張がとけました。
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。

マリー・マドレーヌ: 
 もう一回しるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。

イエズス様:
 愛する可愛いちっちゃい子、いつも聖体のそばにいる、可愛い
マリー・マドレーヌ、イエズスがあなたに話をする。あなたの神秘家と
しての悩みは、私がよく聞いている。愛する息子(ジャン・マリー
神父)に、今彼女が何を苦しんでいるか伝える。彼女は文法的な知識、
言葉の知っている数の少なさにおろおろしていて、適切にこの言葉が
使われているかどうかわからなく、パニック状態に陥る時がしばしば
出始めている。多くの幻視者・神秘家たちは、言葉も神学的によく
使われる単語を使い、難しい言葉で、また大人の路線で語り、口調も
聖母の話す「可愛い子らよ」とかいうのは、一緒に残ってマリー・
マドレーヌに話されるけれども、‘てにをは’などの文法について、
抜け落ちたり、本当にこの言葉でちゃんと意味が通じているかなどを、
彼女が混乱し、司祭に止められて、本人も気付いて十字をきった時に、
心に痛みを覚えて、また勝手に口が動いて、しゃべらされるような
ことになってるのではないか、などという悩みを抱え始めている。
彼女の出現の状態は、やはり緊張度の高い状態にもっていかれていて、
イエズスの言葉、天使の言葉、聖母の言葉などを聞くときに、かなり
耳をすまして、神経を集中させるために、リラックスして受けられる
状況が少なくなっている。でも、その緊張度を解くために、前代未聞の
出現を、ケルビム、セラフィム、他の天使たち、聖人たちが話し、
まるで、すぐそばにいるように感じさせるほど、みんなにやわらかい
言葉で、わかりやすい言葉で話をさせている。彼女は、『153本の聖
ヨゼフの百合』に書かれている幻視者・神秘家の陥りやすい過ちに、
今非常に敏感になってきていて、幻視者が天からのものを受け始め、
しばらくすると、その語調に変化が現れる、と記述されているところに、
今彼女が心を痛め、「もう一度読み直したほうがいいかなあ」という
思いでこのミサに預かり、「イエズス、助けて」と言っていた。愛する
息子(ジャン・マリー神父)よ、彼女の本当に敏感な神経の対応に
対して理解をし、正しい道に導いてあげて欲しい。彼女は、愛する
息子が好きでたまらなくて、もう一度、『聖ヨゼフの百合』を読み
直そうとしている。幼な子路線には、小さな子もわかりやすい言葉を
もって、天が語ることを、よく理解しなければならないし、愛する
息子、そのものが幼な子であるので、一番の理解者として、あなたの
ことをよく理解する、つまり、マリー・マドレーヌにとって、一番の
味方、それは愛する息子(ジャン・マリー神父)である。これからの
出現は、まだ公的出現という大きなことになっていないけれども、
人数が7、8人、いや10人くらいいた時には、やはり彼女は緊張を
強いられていた。神の言葉を的確に聞き取り、一つも落とさない
ようにしようとして、イエズスの話す速度を、よく聞いて話していた。
よく聞こえる時には、本当に早く話し、真剣に重要なメッセージの
ときには、一つも聞き逃さないようにするために、彼女は一層集中
させていた。昨日の夜、彼女が体が少し固まっているのに、最後
気がついた。緊張をしていたのだと知らされたように感じる。彼女は、
手に十字架を持つ、あるいはちっちゃな‘がらがら’を持ったり、
何かを触れながら、今も出現を受けている状態である。このような
神秘家を、神は選んだ。彼女が一つでも間違えたりすると、それを
責め、「間違ってはいけない」などと悪魔に吹き込ませるように、
罪責感を刺激するようにさせて、それでも彼女は自分の間違いを正直に
言い表す、その心構えで話を続ける意志力を持っているので、イエ
ズスは彼女を励ましに来ているし、これからの動きに関して、どう
しても愛する息子との接点が必要になる。マリー・レベッカは、まだ
心にひっかかりを覚えているのか、メッセージに執着をしようとする
のか、マリー・マドレーヌに対する心が開けないままでいて、それ
でも少しずつ変わってきている。でも、マリー・マドレーヌの場合、
ガードをおろさないでいる。クララ・ヨゼファ・メネンデスは、
メッセージを聞くけれども、まだ信仰が浅く、情緒の傷の方が大きい
ので、そのケアが必要なために、自分に与えられたメッセージの深い
識別に関して、コルベ・マリーのケアを頼まねばならない。これは、
安心すべきことである。しかし、危ないのは、マリー・レベッカなので、
愛する息子(ジャン・マリー神父)、ミッシェル・マリー・フランソワ、
二人がケアをし、マリー・レベッカのメッセージに対する聞き方や
執着度のことを良く話すようにして欲しい。神が、時としてシナリオを
変更する場合、一番慌てたのは実にマリー・レベッカであり、他の人は、
そのまま神の御手にゆだねて、それを受け入れた。マリー・マド
レーヌは、そのことに心が痛んだために、今一人しかローキュー
ションを受けていないので、不安に陥っている。でも、神は彼女を
慰めようと、愛する息子のケアをさせているし、たくさんリラックス
させるために、気持ちをもっと受けたメッセージから離脱するように、
彼女自身、その後を何も振り返らないようにしていて、遊び続けている。
イエズスは、この一つの十字架をマリー・マドレーヌに与えている。
それは、残念ながら今もまだ執着度を捨てられないマリー・レベッカの
メッセージには、こうあるという考え方、そして、そのメッセージが、
最近プリントアウトされていないのを、不満に思っているようである。
最新のメッセージを知りたがる傾向は、一番強く持つので、神の
哀れみが必要である。愛する息子(ジャン・マリー神父)よ、
マリー・マドレーヌの不安の解消をお願いしたいのと、そして
イエズス、マリア、ヨゼフ、天使、聖人たちが、決してあなたの
ことを捨てていないことを、マリー・マドレーヌに話し、「ため直し
をしなきゃ」と思うマリー・マドレーヌの心を、心に留めて欲しい。
司祭の祝福を、マリー・レベッカに、そしてミッシェル・マリー・
フランソワ、マリー・マドレーヌにお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。
 「他にありますか?」って聞いたけれど、何もないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんにありますか?

マリー・マドレーヌ:
 何もないです。


--------------------------------
2007年5月26日 PM2:57
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様、
天使ケルビムからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 最初、何かいい匂いしたから、休んでいたらいい匂いがしたので、
しるしがあるのかどうかを確かめたら全然なくて、サタンを追い
出したんです。「イエズスの御名によって、サタン出て行け!」
って言って、サタンを追い出して、しばらくしたら今度は、こう私の
唇に風が当たるのが感じられたので、またしるしがあるかどうかを
尋ねました。そしたら識別のためのしるしがあって、「誰ですか?」
って聞いたら、「聖母マリアです。」って答えが返ってきました。
そしたら「二つの映画を、みなさん観なさい。」っていうような
ことを言われて、その映画の名前も示されてます。それは何かって
言うと、『ブラザー・サン、シスター・ムーン』とマルセリーノ
ですね、『汚れなき悪戯』を観ること。「この二日にわたってでも
いいから、観ること。」って言われてます。
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。
 
マリー・マドレーヌ:
 しるし、ありました。

聖母マリア様:
 愛する子供たちに、あなた方の一人一人の母、いつもそばに
密着して、何もかもお世話をする母が話します。この共同体は、
いろいろなことで模索をしています。特に、実務に当たる人たちは、
意識して一生懸命調べたり、書き込んだりしていますけれど、
何かが出来なかったり、失敗したりすると、「これは僕のせいだ」
とか「間違えちゃったぁ」と言って、嘆いていませんか?出来ない子
ほど可愛いんですよ。これを、あなた方に伝えます。‘何かが出来る’
これはとっても外では評判良くて、可愛い子に受け止められます
けれど、今ではここは違う場所。出来ない子ほど、穴だらけの子ほど
可愛いの、わかります?愛する息子(ジャン・マリー神父)を見て
下さい。どたばたやっていませんか?毎日何がしか、変な計画
立てては、大騒ぎさせようとしてませんか?男の軍団は「あや
あや!」と思って、愛する息子の話を聞いたり、でも、それでも
コルベ・マリーは黙ってついてきてますよ。面白い設定が、この
共同体の中で生まれてます。クララ・ヨゼファ・メネンデスの
「きゃーきゃー」した声がないと、ちょっと寂しいのかなぁ?
コルベ・マリーは、クララとずうっと遊びながら、楽しみながら
やれるようになってます。女性は、「とにかく何かしなきゃ」って、
自分で自分を縛りやすくしてしまう人たちです。男性は、そんなこと
しません。夜、思いっきりいたずらをし始めて、落書きしたり、車
遊びしたり、何やかんやで、思いっきり自分を解放して、リラックスを
し始めました。それでいいんです。一日の疲れを、どうやってとるか、
みんなそれぞれの持ち前の明るさでやって下さい。聖母は、あなた方を
いつも優しい目で見てますし、許しを恩寵を、神に取り次いでお願い
しています。明日は、聖霊の降臨の日です。また、新たな恵みが
与えられます。三人の可愛いいたずらっ子たちが来たら、どうなり
ますか?これから、ますますにぎやかになって、子供が来たことでも、
清水小屋では祝福になります。一時の間、預かる子供たちの姿を、
近所の人たちは目にします。それがどんなに祝福で頼もしいか、
皆とても楽しみにすると思います。あそうさんのところのさらちゃんが、
今とっても祝福のもとになってます。でも、だんだん元気づいて、
走り回るようになったようです。ここでは、もうさらちゃんより大きな
子たちが来ます。でも、情緒的な傷の治療を、愛する息子が施そう
としています。ですから、よく涙する子たちの声やら、けんかやら
何かが起きて、騒がしくなると思います。ママがいない分、寂しがる
かもしれません。そこを二人の女性が補い、優しい男性のお兄さん
たちが、優しく男の子たちを補って遊んであげて下さい。事業の
ことに関して、特に今日、アッシジのフランシスコの言葉を心に
留めて、焦らないでやれるときにやる方向を見つめ直してみて下さい。
聖母が、コルベ・マリーとミッシェル・マリー・フランソワに、
今かかわっている、いろいろな問題の重責を取り去って、軽く担える
ように、助けをあげます。祝福を、特に二人の男性におくります。
司祭の祝福を、お願いします。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
 
マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 ケルビムちゃんが、また来たぁ!

ジャン・マリー神父:
 歓迎しまーす!

マリー・マドレーヌ:
 しるしもらいました。

天使ケルビムちゃん:
 愛するみんなに、お話するケルビムの声を聞いてください。まず、
ベビーベットが廊下の近くにあるね。くるみちゃん、絶対尋ねるよ。
「何でベビーベットあるの?」って。そしたら、「今度赤ちゃん
生まれるんだぁ」って話をしてあげてください。名古屋の人たちは、
この祝福を見て、喜んでくれます。北岡ファミリーも、本当に
お父さん、お母さんが苦しんでいるので、祈ってあげて下さい。
二人とも、大変情緒的な傷のゆえに、精神的な重荷を負いました。
でも、大丈夫。天使たちがいるし、マリア様も、ヨゼフパパも、
みんなみんな守って、悪魔の妨害を早く取っ払うように、戦って
ますから。特に、直樹お父さんに関して祈ってあげてね。本当に
優しいお父さんなんだから。だけど、傷が深くって、すごく怒って
しまう、それで自暴自棄になったり、苦しんだりして、とうとう入院
してしまっています。優しいお父さんの、直樹お父さんのために、
みんな祈ってあげて下さい。とっても女の子が好きみたい。男の子
には、厳しく育てるのがこうだ、というのを植えつけられてしまった
から、男の子を本当に厳しく育ててしまいます。直樹パパは、
優しいよ。本当に優しいんだから。そして、体格も愛するジャン・
マリー神父によく似てて、とっても恰幅いいよ。こんな、こんな
素敵な人たちに囲まれるなら、みんなすごくいいよね。幸せを
ずうっと味わってね。ケルビムからのお願いです。直樹パパのために、
お祈りしてあげてね。祝福を、今司祭にお願いします。

ジャン・マリー神父:(直樹パパに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるし、もらいました。で、何か一言「何て単純なんだろうねぇ。」
って言ってますけど。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 誰が?

マリー・マドレーヌ:
 しるしあって・・

天使ケルビム:
 「誰が?」って、決まってるじゃない?愛するジャン・マリー神父
じゃない?普通の司祭だったら、すごい長いお祈りするよ。祝福の
お祈りでも、「子供たちとか愛する何とか」とか祈るけれど、でも、
ほんとに単純に天に言われたとおりに言ってる、これをみんな
見習って欲しいよ。すんごい、幼いんだから。すごく可愛いです。
じゃあ、またね、ばいば〜い!

マリー・マドレーヌ:
 「しるしあるの?」しるし、くれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 マリア様が・・。しるしがあって、マリア様が「これで、マリー・
マドレーヌは、お風呂に入れます。」だって。
 「しるし、ありますか?」 確認のしるし、くれました。
 今、「リトル・ぺブルさんに伝言ありますか?」って聞いてます。
 何か一言、リトル・ぺブルさんじゃないんですけど、
しるしあって・・。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、リトル・ぺブルに関する伝言を聖母に頼んで
きました。今まで話してきたけれども、彼を神の手にゆだねて下さい。
今、特に、彼に伝える伝言はありません。今、しばらくリトル・
ぺブルへの伝言はないと思って下さい。司祭にリトル・ぺブルを
祝福して下さい。

ジャン・マリー神父:(リトル・ぺブルさんに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今、しるしもらいました。「他にありますか?」って聞いたけど、
何もないです。



----------------------------------------------------------------
2.お知らせ
----------------------------------------------------------------

◆ マリー・マドレーヌの自叙伝 第一巻発売 ◆
可愛くて手軽な大きさでいつでもどこでも読める
マリー・マドレーヌの自叙伝 第一巻A6版146頁で登場。
各ページに可愛い絵が入って小学生低学年でも読みやすくなりました。
一冊500円(税込み)送料は300円です。
1500円以上で送料無料。


ずっこけ原始者(幻視者)?マリー・マドレーヌの自叙伝
字の大きいA5版100頁も好評発売中。
一冊2400円(送料・税込み)


--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は10月12日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]