%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年9月28日号 No.429

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年5月25日 PM12:20
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 私はまたミサ中寝てしまって、目が覚めたのが5分位前、ちょうど
聖体拝領する時に目が覚めたんですけど、その聖体拝領が終わって、
カリスの洗浄の時に、「今までのたくさんの神秘家の人たちとあなたの
道を比べてはいけないよ」っていうイエズスの声が聞こえてきました。
「しるしありますか?」って聞いたんですけど、識別のためのしるしを
そこでもらったんです。そういう状況です。
 しるしもらいました。もう一度しるしもらいました。

イエズス様:
 愛するちっちゃい子、マリー・マドレーヌにイエズスが話をする。
あなたは、たくさん神秘家のことを聞いてきて、自分が一歩も変わる
ことが出来ないように今感じていて、「逆に悪くなってしまったかなあ」
とまた罪責感のように思う心を抱いている。マリー・レベッカと
クララ・ヨゼファ・メネンデスにこれから起ころうとしている赤ちゃんの
ことで、あなたは本当に自分が産まないけれども、先に喜んだように、
もうそれは実現している。
 イエズスがあなたを暗夜に入れたりするのは、あなたが怖がって
愛する司祭(ジャン・マリー神父)に打ち明けたりするのを、まず
許していること、そして一番苦しんでいるのはマリー・レベッカに
対してのあなたの緊張感の高さであって、一番霊的に指導をたくさん
受けているけれども、少しずつしか彼女も変われず、また何度も同じ
ように司祭に話を聞いてもらう時間を、人よりも多くとることで、
自分の霊魂を満足させたくて、他の子たちのことを気にしないよりも、
名前を出すことで気にしているように見せて、実に自分の霊魂の成長の
正しさを訴えようと司祭に言うので、司祭はそれを止めさせ導くのに
必死で、時間をとって彼女に心血注いでいるのである。
 逆に、マリー・マドレーヌはクララやマリー・レベッカが甘えて
欲しくて、司祭にそうしてもらうように頼むようになるほどになって、
自分をまた甘えてはいけないのだという、そんなことを心に感じる
不安を抱き始めた。なぜなら、今回たくさんのものを買ったり借りたり
して、私は慰めをそこでもうもらえたし、実に他に慰めが必要な人が
いるんだからと思って、自分は我慢しなくちゃ、とまた昔の母親との
関係のように、マリー・レベッカに対してそういう重ね方をし、でも
アレキサンドリーナの本や、イエズスの受難の説明などの本を聞く
ときに、マリー・マドレーヌは愛する息子(ジャン・マリー神父)の
声で慰められるので、それが嬉しいと言ってくれている。
 イエズスが言いたいのは、甘えて大丈夫だということ、そして、
観想修道的な生活をするのは、自分の力でするのでなくて、昔の
神秘家たちと比べるのではなくて、愛する息子に話し、天の母、
聖母に話して、手をひいて導いてもらうこと、リンボウの赤ちゃんと
一緒に遊びながら、あなたはイエズスに手を引かれてその道を歩き
始めるのである。
 今すでに、イエズスの聖心(みこころ)の中に入りながら、それを
見ているので、特にマリー・レベッカを意識してしまう、マリー・
マドレーヌのすごい悲しみの状況を、よくイエズスは理解している。
彼女は昨日の赤ちゃんの西松屋の出来事で、二人になった時に、
たくさんの情報をマリー・マドレーヌに与えようとし、マリー・
マドレーヌは嬉しかったけれども、途中心配になって、「ジャン・
マリーは?」と聞く事を何度か行ったほどに、「すごく自分が所有
したい」そのような思いをマリー・レベッカはもち、「自分で所有
できるなら、その子を所有するんだ」という考えでいっぱいである。
信仰の祈りの応えられ方についても、「私これさっき祈ったことなんだ
けれども、先ほど祈ったことまでが今やっぱり聞かれたのよ」っていう
自己に対する香をたき続けることがまだとれていない。マリー・
マドレーヌは気付いて、「あまりそれを私は言ってはいけないかなあ」
っとイエズスとの秘密の話を始めた。でも、「独り言が多くなるかも
しれないねえ」って愛する息子に話を始めている。
 ちっちゃい観想者は、ちっちゃい子の目線でものをみる。大人の
観想者と全然違う。一番あなたにとって苦しんだのは、今ほとんど
痛みが取り去られて、たまにくる痛みによることで、マリー・
レベッカは「いつも痛んでいるんでしょう、かなり痛いよね」などと
言われたときの、言葉のきつさに、あなたは心が傷ついてしまって、
「私、神秘家の使命、どこかに捨ててしまったのかなあ」と自分を
また責め始めた。痛みがないと、神秘家でないかのように錯覚を
おこさせる、その好奇心の質問に対するあなたの態度は、おろおろ
する恐怖心をまた招いてしまった。イエズスは、一時たりとも見放して
いないし、あなたをぎゅっと抱きしめたまんまで、泣き叫ぶ霊魂の
痛みをよくわかっている。
 今は実際には涙はでていないけれども、16日あなたが激しく
嘔吐したときには、一番の暗夜で、あなたは激しく泣いた。神秘家の
人が体験することの一つの嘔吐に関して、よくあなたは耐えたし、
何度も経験を重ねたので、愛する息子のケアにより、心の傷が
これにより少しずつ癒され始めてきた。ジェンマ姉さんとアレキ
サンドリーナ・マリア・ダ・コスタに取次ぎを願って、優しく導く
イエズスの観想の道を歩んで欲しい。
 神は今、重荷をマリー・レベッカに与えた。子を妊娠し、産む
ことである。本当にマリー・マドレーヌといっしょにいる愛する
息子を一人にはさせず、彼女がいつも入ろうとする、その行動は、
彼女自身気付かないけれども、何度も起きていることである。あなたは、
クララにもマリー・レベッカがきたのかなあ、とまで今日びくびく
したけれども、実はクララ・ヨゼファ・メネンデスであって、全然
違っていた。
 まだ、ストレスコントロールをしながら、イエズスの受難の道に入り、
イエズスに甘えながら導いてもらいながら、歩んでいく。私は、
盲人の手引きをするように、あなたを手引きしていく。イエズスの
優しさを本当にあなたに体験させたくて、どんなに苦しんだか、
どんなに人に見捨てられて苦しんだか、あなたが理解するときに、
あなたはますますイエズスに導かれて一致できるようになるから、今
苦しんでいるその事柄に目を留めないようにして欲しい。
 三人の男性のケアが、ここでも必要になるし、あなたは本当に
びくびくする恐怖症を抱えたまま育てられたので、つい周りを気にする
状態が続く、そんな緊張を高めて、自分で作ってしまったりする。
神はその緊張を解くために、睡眠を少し多く与えたりしている。
ミサには全然祈れなくても、神の導きによる命の奉献に関してだけ、
あなたが従順に奉献し続けることで、もう十分な働きを行ったので、
あなたはその体を横たえて、イエズスと一緒に十字架の道を歩いていく。
子供よ、恐れてはいけない。
 愛する息子(ジャン・マリー神父)は、三人の女性のケアで忙しく、
自分の体の限界を超えてまで、特にマリー・レベッカを愛し続けて
いるのである。ただ、クララ・ヨゼファ・メネンデスが愛する息子に
心を開くのを待つのみであり、彼女が心が開ける状態になったら、
マリー・レベッカとは全然違う導きを、あなたはクララ・ヨゼファ・
メネンデスに見ることが出来る。
 今、また血縁関係を意識しようとする弱さを持つマリー・レベッカに
対し、昨日ベビーベットやたくさんの赤ちゃんの用品を買う時には、
自分の良いと思うものを選ばせ、同じようにこうしなさい、と
押し付けないように、と聖母がマリー・レベッカに注意した。クララは
初めてだから、マリー・レベッカに従ったけれども、でも彼女は自分の
意思をもっているので、自分で決められるものは決めたいという
はずである。イエズスは、血縁関係をはっきりと切ろうとしている。
その意識がなくならない限り、子供の状態も同じように育ててしまう
ので、マリー・レベッカとクララ・ヨゼファ・メネンデスは別々の、
本当にあかの他人のようにならなければ、問題は解決できない。
 厳しい事を言ったけれども、子供はもうここにいるし、マリー・
レベッカには子供をいつくしむ心を与えるために準備をさせる。
クララ・ヨゼファ・メネンデスも同じように、母性の本能でだんだん
変えられていく。クララ・ヨゼファ・メネンデスのケアはコルベ・
マリーがしっかりするので、恐れないでして欲しいし、マリー・
レベッカに対しては、霊的指導司祭である愛する息子(ジャン・
マリー神父)の言う事を聞かせ、決して幻視者・神秘家の言った言葉
ではなく、愛する息子の助言の方を選ばせるので、そのように
ならなければ、マリー・レベッカは成長できないことを、彼女に教え
諭す。イエズスは、マリー・マドレーヌをそのようにしたのは、
愛する息子を本当に尊敬し、敬わせるためだった。今も同じだし、
これからも親子の関係でありながら、霊的指導司祭の関係をもつ、
この二人の関係は決して切ることが出来ない。
 マリー・レベッカは新しい代役のアン役としてたてられたが、
意志が弱いので、早く泉が湧くよう祈って欲しい。司祭の祝福を、
マリー・レベッカとクララ・ヨゼファ・メネンデス、そしてそこに
携わるコルベ・マリー、ミッシェル・マリー・フランソワにお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんの苦しむくどくによって恵みを全て頂いたので、
リトル・ぺブルさんに全てを返すために、この今日頂いた赤ちゃんの
事で、堂々とした証をたてるために、公式声明になるメッセージを
欲しいんです。長の望みです。御旨だったらお願いします。これを
公にして、リトル・ぺブルさんのために戦うためです。証のためです。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、まず「愛する息子よ」って呼びかけられています。
もう一回しるし頂きました。

イエズス様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)に、イエズスが話をする。
新しい預言的使命のことについて触れなければならなくなるが、これは
どうしたらよいか、あなたの考えをまず聞きたい。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 自分の身を生贄にますます捧げて、神の誉れを求めてます。だから、
これによって裁判が婦女暴行という罪状になって、私が被告になる事を
望んでいます。どうか教えてください。

マリー・マドレーヌ:
 しるしが今ありました。

イエズス様:
 愛する子供たちに、イエズスが話をする。この間、償いの
セックスが行われた。今度新たに新しい預言的使命の再開を、愛する
息子(ジャン・マリー神父)が望み、新しいアン役の代役として
マリー・レベッカ、ベッティーナ役の代役としてクララ・ヨゼファ・
メネンデスがたてられた事を、まず話す。そして、実際マリー・
レベッカに子供が宿り、今日完全に受け皿が与えられたので、妊娠を
宣言する。イエズスが、その子を祝福し、その子の名をも祝福している。
男の子か女の子かについては、生まれてきたときにはっきりするが、
霊名は『マリア・ヨゼフ・ガブリエル』まで教えておく。マリー・
レベッカは、アン役となり、10ヶ月の妊娠の後、子供を宿す。この世に、
生まれさせる……

ジャン・マリー神父:
 今ね、混乱が入ったので、とめて。

マリー・マドレーヌ:
 今「宿す」が入ったので、混乱しました。たぶん、
間違えましたので……

ジャン・マリー神父:(聖水をまいて)
 ミカエルちゃん、ガブリエルちゃん、セアルティエルちゃん、
ウリエルちゃん、ラファエルちゃん、ジュディエルちゃん、
バラキエルちゃん、セラフィムちゃん、ケルビムちゃん、全ての
天使ちゃん、守って下さい。ヨゼフパパ、マリアママ、そして
新たに保護者になったアレキサンリーナ・マリア・ダ・コスタ、
ジェンマ・ガルガーニ、そしてベルナデッタ、幼きイエズスの
聖テレジア、マグダラのマリア、そしてレベッカちゃん、
ジャンヌ・ダルク、そして彼女の天での支援者ヨゼフ○○、親族、
助けて下さい。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 正しいところから再開して下さい。

イエズス様:
 マリー・レベッカは、10ヶ月の妊娠の後、子供が誕生する。
クララ・ヨゼファ・メネンデスに関しては、リトル・ぺブルの変容が
なされ、泉が湧いたときに同時に妊娠し、バロネスの役目である
彼女に対して、6ヶ月間の妊娠の後に、出産する。
 子供たち、ここでは憎しみは消えている。ゆるしと愛の神が
存在することを、ここのメッセージに付け加え、宣言する。今までは、
本当に使命を投げ捨ててしまった人が、敵対にまわり、リトル・
ぺブルを批判したが、今はぎりぎりの状態の本当に危ない子供たちも
皆合わせて、いろいろな戦いを乗り越えながら、神が介入し、
憎しみが取り去られ、愛だけが生まれる家族として、神が育てようと
している。敵に回った人たちを、切り捨てる指導者が多かったし、
そしてリトル・ぺブルをののしり、それにつまづいて出て行った
人たちも、敵対を加えてリトル・ぺブルを批判し、憎しみに憎しみが
加わった。ここでも、いくつかの大きな戦いをくぐったが、愛する
息子(ジャン・マリー神父)とマリー・マドレーヌの生贄により、
そしてコルベ・マリーの避雷針により、ここが固められていることを
宣言する。イエズスが、全てを明かした。子供たち、全ての子供たちを
祝福する。この公式声明を読む子供たちに対しては、自由な意志が
あるので、それぞれに起こった事柄に対し、自分の意志で事を動かし、
行うことを天は見る。司祭の祝福を、これを読む愛する子らに全て
お願いする。

ジャン・マリー神父:(この公式声明を読むすべての子らに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 感謝します。


--------------------------------
2007年5月25日 PM1:40
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様、聖母マリア、
天使ケルビムからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ミサが終わって、しるしを求めるっていう段階になって、『寺沢の
サルベレジナ』を歌ってました。そのサルベレジナを歌っている途中に、
あの何か、誰の声か聞いてないんですけど、「ヨゼフパパにもみんな
チュ!してね」って言ってる声が聞こえました。そこには幼い
イエズスもいるので、あのこれからミッシェル・マリー・フランソワと
愛する司祭(ジャン・マリー神父)は、ローザミスティカの像だけ
じゃなくって、ヨゼフパパの像にもチュ!してね、というような
内容のローキューションが、何度かありました。しるしあるかどうか
尋ねたんですけど、今ここで、聖櫃で尋ねてみたら、しるしありました。
 ちっちゃいケルビムちゃんが来ました。しるしあります。今また
しるしありました。

天使ケルビム:
 愛するみんなに、ケルビムちゃんがお話します。マリー・
レベッカには、もう子供が宿っています。疑わないで、「イエズス
ありがとう」って言ってね。そして、ミッシェル・マリー・
フランソワと愛するちっちゃい可愛い4歳の洋くん、と言いたいけど
神父(ジャン・マリー神父)さまはローザミスティカの頬にキスを
したけれども、これはヨゼフパパも保護しているので、ヨゼフパパの
像と、そこにいる幼いイエズスにも接吻して欲しいな。それを
お願いしに来ました。神秘家・幻視者・恵みの霊魂の保護者である
ヨゼフパパのことを一番重んじてください。司祭の祝福を、ここに
集まったみんなにお願いします。

ジャン・マリー神父:(ここに集まったみんなに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「マリー・マドレーヌに」って言われています。
 
聖母マリア様:
 愛するマリー・マドレーヌに聖母が話します。あなたは、
リンボウの赤ちゃんのお世話でおおわらわになります。今「がら
がら」を持ってきて正解ですよ。って言うのは、ここにひしめく
ように、リンボウの赤ちゃんたちが押しかけているから、だれも
世話ができないし、今一番必要なお世話をしてくれる人を探して
います。マリー・マドレーヌはいっぱいぬいぐるみとお人形を買い
ましたね。リンボウの赤ちゃんといっぱい遊んであげて下さい。全て
これに関しても、ヨゼフパパが関わっています。祝福を、マリー・
マドレーヌにお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 可愛いしるしが、ケルビムちゃん、また来てくれました。

天使ケルビム:
 こんなメッセージを持ってくるのは、前代未聞なんだけど、
クララ・ヨゼファ・メネンデスとマリー・マドレーヌはとっても
かゆがるので、「ケルビムちゃん、かいかいして」ってぼくたちを
遊ばせてくれてるけど、全然気にしないで、もっともっと言ってね。
っていうのは、かきすぎると血がでちゃうでしょ。だからそれを
止めてあげるからね。天使ちゃんたちの友情の始まりは、こうして
始まるかもね。いっぱい天使ちゃんたちは、いろんな事をしなくちゃ
いけなくって、何かかいかいできないんだって。だから、ぼくたち
やるから。マリー・レベッカも愛するジャン・マリー司祭も、
かゆそうにしてたら「ケルビムちゃん、お願い。かいかいして」って
照れないで頼んでね。
 ぼくたち、神様賛美してるけど、ちっちゃい赤ちゃんの格好の
ケルビムちゃんで、昔聖書に書かれてある、とっても形相のこわ〜い
ケルビムちゃんとは、また違ったケルビムちゃんなので大丈夫だよ。
神様はすごく聖なる方だから、ある幻視者・預言者にはそのように
見せるけれども、ここは幼な子共同体で、一番神様が望みたい共同体
なので、そんなおっそろしくって、誰もみたくないような姿で現す
ことはしません。特にマリー・マドレーヌは恐怖症の傷を抱えて
いるので、永遠の御父がとっても優しく接してくれてます。マリー・
レベッカもクララ・ヨゼファ・メネンデスも、いっぱいいっぱい
天使と遊んでね。
 そして、神のあわれみをたたえる人は、誰も裁かれることは
ありません。これを認識して下さい。ミッシェル・マリー・
フランソワとマリー・レベッカの課題になっていると思います。
神様って、ケチな神様じゃないし、いつも怒ってばっかりいる神様
じゃないよ。もし本当に怒ってしまうんだったら、もう地球は当の
昔に滅んでいたはずです。
 今、少しずつ気象の変化が出てきているのは、警告を与えるための
もので、神様は少しずつ少しずつ自分を現し、神に服従するよう、
世界の子供たちを使って、神を知らない人々に、また科学とか
そういうものを愛する人々に対して、警告を発しています。今年の
夏はどういう夏になるのか、とても楽しみだけれども、誰かの
うわさだと、「関東地方は水不足になりそう」とか言っていて、もう
今この時点で25℃とか、ちょっと5月にしては暑くなってきてます。
みんな、お祈りしてください。
 ここは清水小屋だから、清い水がいっぱいあって、少し涼しい
生活が出来るかもしれない。田んぼの恵みに感謝しようね。かえる
ちゃんもいっぱいいるけど、でもとっても活躍してくれてるよ。いい
お米が育つように、悪い虫たちを食べてくれるんだ。だから、
かえるの合唱が聞こえなくなっちゃったら、ちょっと危険と思って
下さい。もちろん、季節で鳴くので、これから1ヶ月ちょっとかな、
鳴きます。梅雨の時には、玄関のドアに張り付いたりして、
「きゃー」と叫ぶマリー・マドレーヌとクララ・ヨゼファ・
メネンデスがいるけれども、でも絶対男の子たちが守るから大丈夫。
ちょっとぬめっとしてて、グロテスクな感じをうけるけれども、
可愛いかえるたちだから、いっぱい「かえるちゃん、お恵み
よろしくね」って、かえるちゃんの天使に頼んであげて下さい。
みんな、日常生活で一番お世話になってる買い物の天使も、たくさん
忙しく働いてくれてます。感謝して下さい。司祭の祝福を一人一人に
お願いします。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリア・ヨゼフ・ガブリエルに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしがあって、そのときに桜の花のにおいがしたので、
今ちょっとしるし求めます。今しるしありました。

イエズス様:
 愛するマリー・マドレーヌにイエズスが話をする。婚姻の指輪を
いま与える。この神秘的結婚に関するメッセージは、いま公に
しないで欲しい。これから言うことは、ミッシェル・マリー・
フランソワにあてて話すので、ここから書き起こして欲しい。公開を
お願いする。
 ミッシェル・マリー・フランソワ、あなたを祝福する。あなたは、
父親になった、それを喜んで欲しい。本当に可愛い赤ちゃんが
生まれてくるので、楽しみに、そして取り上げて育てて欲しい。
大丈夫、怖がらないで、ミッシェル・マリー・フランソワのように
強く優しく成長できる美しい子供になるので、喜んで欲しい。
あなたへのプレゼントである。司祭の祝福を、二人にお願いする。
そして、中にいる赤ちゃんにもお願いする。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリア・ヨゼフ・ガブリエルに) 
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。
 
ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 イエズスがちょっと訂正っていうか、正しい事をもう一度……、
確認でしるしもらっています。今しるしありました。

イエズス様:
 マリー・マドレーヌの神秘的婚姻に関するメッセージも書き
起こしをお願いするが、公開はまだしないで欲しい。以前告白をした
事も書き起こし、彼女に読ませてあげられるようにして欲しい。
イエズスの打ち明け話も、いくつか彼女に聞かせており、録音されて
いるので、5月3日に正式に婚姻をしたが、指輪については、
今日新しくに……(聖水をまいて)
 
マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。正しいところから……

イエズス様:
 イエズスとの婚姻の指輪は、今日はめられたので、あなたは
イエズスに一致するものとして、日々を過ごしていく。愛する指導
司祭(ジャン・マリー神父)のもとで、またアレキサンドリーナ・
マリア・ダ・コスタの本を読んだり、パッションを聞いたり
しながらも、イエズスに一致をしていき、観想の道に入っていく。
みんなとの交わりは、買い物に行くときには、それぞれに応じて
連れて行くので、また寺沢にも彼女を連れて行く機会があるので、
それをみんなで支えてあげて欲しい。実は今、彼女には聖痕の
痛みがない。これを皆、祈ってあげて欲しい。あまりにも恐怖症の
ために、神が一時的に彼女からそれを取って休ませ、聖痕の痛みを
愛する息子(ジャン・マリー神父)と共有して受けられるようにした。
最初彼女は自分ひとりで痛みを負うんだと思っていたんだけれども
、実に神はシナリオを愛する息子に結びつけたのである。これを、
みんな理解して欲しい。司祭からの説明を後で受けて欲しい。
祝福を、子供たちにお願いする。

ジャン・マリー神父:(子供たちに) 
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしをとって、「天使たちがお祝いしてます」って言って
くれますけど。
 しるしがあって、歌の声が聞こえてきたんですけど、こないだの
『クリストゥス ヴィンチトゥ』のメロディーの言葉が歌隊で歌われて
いるのが聞こえてきます。
 今起きてること、話します。しるしがあって、桜のにおいが
ものすごいんです。で、天使たちが本当に喜んで、ビジョンでは
ちょっと全然見えないんですけれども、喜んでくれてるのが、すごく
感じとれます。
 セラフィムちゃんが見えました。今しるしあります。「赤ちゃんが
宿ったことと、婚姻のお祝いでいっぱいです」って話してくれました。
今しるしがあったと同時にビジョンが見えたんですけど、
「ワッカ」があって、鎖のようなものがあって、炎のような感じで
見えてます。それ、セラフィムちゃんですね。私の目の前にいて
くれてます。しるし確認できました。もう一回しるしくれました。

天使セラフィム:
 イエズスに対する愛の炎を、また与えています。これからもっと
もっと燃えあがっていきます。愛するジャン・マリー司祭にも、
もっともっとセラフィムが愛情を注いでいきますから、ものすごい
熱烈なミサになります。世界を取り次ぐ司祭となります。人からは、
教会法により、聖職はく奪をされた身分であるけれども、天では
そうみていません。彼は司祭です。皆もよく覚えておいて下さい。
祝福をします。特に、コルベ・マリーとミッシェル・マリー・
フランソワに司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「今この二人に、愛する息子(ジャン・
マリー神父)を愛する心を燃え上がらせる炎を与えました」って
言われました。確認のしるしとります。今、しるしありました。
しるしがあって、また一言ありました。「愛する息子を支えて
あげて下さい。セラフィムが伝えます」 しるしありました。
 今しるしがあって、セラフィムからなんですけど、「赤ちゃんが
寝るベット、そして全て買った赤ちゃんの用品と、ミッシェル・
マリー・フランソワの『がらがら』と、マリー・マドレーヌが
持っている『がらがら』を祝福して終わって下さい」って言われました。

(ジャン・マリー神父、赤ちゃんが寝るベット、そして全て買った
赤ちゃんの用品と、ミッシェル・マリー・フランソワの「がらがら」と、
マリー・マドレーヌが持っている「がらがら」を祝福する)

マリー・マドレーヌ:
 何か「わあ〜」っていう声があって、喜んでる声が聞こえてきました。

ジャン・マリー神父:
 なにそれ?

マリー・マドレーヌ:
「なにそれ?って言わないで(笑)」って。「天使たちは
喜んでるんだから。わあ〜っていうのは、嬉しいってことだよ〜(笑)」
って。「ミッシェル・マリー・フランソワも同じようにもってるから
喜んでる」って。確認のしるしとります。 セラフィムちゃんが、
しるしあって、「ほら、ハッピーも喜んでるよ(笑)」って。確認の
しるしとりました。



----------------------------------------------------------------
2.お知らせ
----------------------------------------------------------------

◆ マリー・マドレーヌの自叙伝 第一巻発売 ◆
可愛くて手軽な大きさでいつでもどこでも読める
マリー・マドレーヌの自叙伝 第一巻A6版146頁で登場。
各ページに可愛い絵が入って小学生低学年でも読みやすくなりました。
一冊500円(税込み)送料は300円です。
1500円以上で送料無料。


ずっこけ原始者(幻視者)?マリー・マドレーヌの自叙伝
字の大きいA5版100頁も好評発売中。
一冊2400円(送料・税込み)

--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は10月5日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]