%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年9月21日号 No.428

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年5月24日 PM5:30
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様、天使ケルビム、
ヨゼフ様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 私自身、ちょっと西松屋のベビー用品のところを見てたときに、
ちょっと不思議な体験をしたんですけど。さっき、今になって、
しるしを求めたら、識別のためのしるしがありました。って言うのは、
私は子供を産まないんだけれども、何かこう、いろいろ赤ちゃんの
用品を買ってるときにものすごい嬉しさ、喜びが湧きあがってきて、
もう何かまるで、こう私のお腹の中に赤ちゃんがいるような、
そんなふうな喜びになったんです。「へ?これって何だろう?」って、
その時に立ち止まってしるし求めればよかったんですけど、今先ほど、
ちょっとしるしを求めたら、識別のためのしるしがあった、っていう
状況なんです。まだちょっと声は聞こえてないので、今しるし、
もう一回求めます。
 今しるしがあって、聖母マリア様が、「マリー・レベッカに子供が
生まれます。」っていう言葉が聞こえてきました。最初聞こえてきて、
「しるしある?」って聞いたんだけど、これ三度目、同じ言葉が
聞こえてきて、一度二度は、ちょっとしるしあるかどうかを尋ねたん
ですけど、なくって、全部サタンを追い出したんですけど、もう一回、
三回目に同じ言葉をはっきり言われたので、「誰ですか?」って
聞いたら、で、「しるしをください。はっきりください。」って
言ったら、識別のためのしるしをもらって、「聖母です。」って言われ
ました。
 「しもべは聞きます。お話ください。」
 しるしが、今ありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話ください。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、赤ちゃんを育てた聖母の祝福を、皆に与えます。
ベビーベットも用意され、赤ちゃんに必要な最低限の物が全部揃い
ました。あとは、ベットが届いた日に、マリー・レベッカに体の変化が
現れます。つまり妊娠です。今日、先取りにマリー・マドレーヌに、
この神秘的な経験をさせたのは、リンボウの赤ちゃんのお世話を、
もっと出来るようになるための、母性の喜びを彼女に与えたくて、
そうしました。子供たちに、この大きな犠牲を、天は喜び、祝福します。
クララ・ヨゼファ・メネンデスとマリー・レベッカは、本当に可愛い
子供を宿しますから、慈しんで、お母さんとして、育ててあげて
ください。そして、バックには、コルベ・マリーとミッシェル・
マリー・フランソワ、霊的な意味で育てる、愛する息子(ジャン・
マリー神父)が、女性の助けをしてあげてください。子供に祝福を与えて
います。マリー・マドレーヌもちっちゃかった頃を思い出して、今
喜んでいます。皆、緊張がほぐれるのは、赤ちゃんを見るという幸せを
味わうとき、誰もが微笑みを出しますね。それが、本来持つ人間の
愛情であり、慈しみ育てる心を神が与えました。ですから、今日の
この日は、大変に美しい日となりました。子供は、神の祝福の賜物です。
大事に育ててあげてください。赤ちゃんグッズも、何から何まで、
すごいたくさんあります。男の子が産まれたら、「小さな自動車を
買ってあげよう」とか、「それを誰かから貰(もら)おう」とか、
いっぱい夢が膨らんで、マリー・マドレーヌははしゃいでました。
クララが「一番喜んでたの、マリー・マドレーヌだよ。」って言ってた
くらい、彼女はすごくちっちゃい子を意識しながら、音を鳴らして
遊んだりしていました。ところが、これを聞いて、皆驚かないで
ください。パトカーとか小さな赤ちゃんが乗って遊ぶ自動車に、携帯
電話がついるんですよ。びっくり、びっくり!そういう時代になって、
電話ごっこをするような車もおいてありました。木で作られていた、
赤ちゃん用の机を、マリー・マドレーヌが座ったら、どうなっちゃうの
かしら?と思うくらい、今のテーブルと同じような木に、赤ちゃんの
腰掛椅子と、そして二段くらいになったテーブルがあったりしています。
プラスチックは壊れやすいけれども、木だったら長持ちしますね。
○○さんのお世話を、だいぶ受けるかもしれません。それか、
名古屋の北岡さんのお世話も受けると思います。信仰をもってしました
ので、祝福を皆に与えます。ここで一人、我慢して避雷針になって、
「お父さんになるんだぁ」と考えてたのかわからないコルベ・マリーに、
聖母は微笑んで、あなたに挨拶します。祝福を、マリー・レベッカ、
ミッシェル・マリー・フランソワ、クララ・ヨゼファ・メネンデス、
そしてコルベ・マリーにお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。
 しるしが、今あって、「一つ、アフガンを、今度行ったときに買って
あげてください。」って言ってますね。しるし、今確認とれました。
で、また何か一言、言われるみたいですけど。
 しるし、今ありました。 

聖母マリア様:
 今日のマリー・レベッカの喜ぶ表情、皆見ましたか?赤ちゃん、
すっごく欲しくってたまらない、そんな表情を出し、皆が荷物を積んで
いる間、マリー・マドレーヌにいっぱい「これもあるよ、あれも
あるよ。」って喜んで教えていました。本当に子供が好きでたまらない
マリー・レベッカは、本来そういう優しい、可愛がる性質を・・

マリー・マドレーヌ:
 すいません。ちょっと聖水まいて下さい。(聖水をまく)
 今しるしあって・・

聖母マリア様:
 本来子供を可愛がる素質を持った女性で、もう自分の子供が生まれて
しまったら、たまらなくはしゃいでしまうかもしれません。それが、
彼女の一つの傷の癒しになります。6歳で一人の男の子を天国に送った、
この寂しさをずうっと抱えていましたし、でもその子の育て方は、
やはり‘いい子’になるための育て方でしたから、おとなしくお母さんの
言う事を聞いていました。彼女にとっては‘いい子’でしたし、
まわりから見ても‘いい子’として評価されました。ここで生まれる
子供たちは、愛するコルベ・マリーと愛する息子(ジャン・マリー神父)の
育てる教育方針にのっとって育てさせます。ですから、どんなに
いたずらをやらかしても、叱ったりしないでください。自由を与える
代わりに、悪い事をした時には、3歳くらいまでは、おしりを
『ペン!』とぶつ、それだけです。そして、いい事と悪い事を判別
できるように、しつけていくのです。愛するジャン・マリー神父が、
大活躍するかもしれません。コルベ・マリーは、どういう風に育てるの
かしら?とっても楽しみです。もう、みんなもうここにちっちゃい
赤ちゃんたちがいると思って、喜んで毎日を過ごしましょうね。祝福を
与えます。聖母は、喜び祝福したいのです。みんなこの勇気ある信仰を
感謝しています。周りが見ても、どうも子供は産めないような状態で
いるマリー・レベッカを見たり、愛する息子(ジャン・マリー神父)が
おもちゃの刀を挿してるもんだから、店員さんは「何だろうな?」って、
ちょっとビビっていたかもしれません。少しにぎやかになる西松屋店だと
思います。でも、こちらの人たちは、そんなに大騒ぎするような
人たちではなくって、本来の優しさで見てくれています。神の祝福を、
一人一人に与えます。司祭の祝福を、お願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ: 
 確認のしるしが、今とれたんですけど、「ケルビムちゃん来たよ〜」
って言ってます。

ジャン・マリー神父: 
 大歓迎で〜す。

マリー・マドレーヌ: 
 しるしをくれました。

天使ケルビム:
 ねえねえ、みんな、ケルビムちゃん、遊びに来たよ〜。聞いて
くれる〜?ハエちゃんがブンブン飛んでも、ケルビムちゃんじゃない
からねぇ。絶対違うんだからね。マリー・マドレーヌに「ハエちゃんも
祝福」って言った後、ケルビムちゃんがハエちゃんにされちゃったぁ。
どうしてそんなこと、するの?ぼくたち、天使だよ。ケルビムちゃん、
ハエちゃんじゃないから、よろしくね。それを言いたくって、ここに
来ました。バイバーイ!

マリー・マドレーヌ:
 「しるしあるの?」しるし、くれちゃったぁ。おかしい、かわいい!
 「他に何かありますか?」
 しるしがあって、ヨゼフ様ですね。

ヨゼフ様:
 愛するマリー・レベッカとクララ・ヨゼファ・メネンデスにお願い
する。生まれ出る子供に、ヨゼフとマリアの名をつけてあげて欲しい。
それは、どちらでも同じように、二人がヨゼフとマリアによって、
これから守られるので、子供にもヨゼフとマリアの名前をつけ、
洗礼名にし、あとは名前の決めっこを、愛する息子(ジャン・マリー
神父)とミッシェル・マリー・フランソワ、そしてこれは苦手かなぁ、
コルベ・マリーにお願いして、みんな一緒に決めてあげて欲しい。
クララ・ヨゼファ・メネンデスは、もうヨゼフの名をもらっている
けれども、子供にヨゼフとか、女の子だったら、ヨゼファなどとつけて
あげて欲しい。これを頼みに来た。優しいヨゼフがみんなを守って
いるので、ミカエルでもいいし、どんな天使の名でもいいので、霊名に
つけてあげて欲しい。このことをお願いする。そして、マリー・
レベッカとクララ・ヨゼファ・メネンデスは、全く別々だから、一人
一人が違う人格だから、押し付け合わないようにして欲しい。司祭の
祝福を二人にお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、もうないです。リトル・ぺブルさんの、聞きますけど・・
 いや、ないです。

----------------------------------------------------------------
2.お知らせ
----------------------------------------------------------------

◆ マリー・マドレーヌの自叙伝 第一巻発売 ◆
可愛くて手軽な大きさでいつでもどこでも読める
マリー・マドレーヌの自叙伝 第一巻A6版146頁で登場。
各ページに可愛い絵が入って小学生低学年でも読みやすくなりました。
一冊500円(税込み)送料は300円です。
1500円以上で送料無料。


ずっこけ原始者(幻視者)?マリー・マドレーヌの自叙伝
字の大きいA5版100頁も好評発売中。
一冊2400円(送料・税込み)


--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は9月28日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]