%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年9月14日号 No.427

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年5月23日 AM1:00
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様、
イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ: 
 ちょうど20分くらい前に、聖体拝領があって、カリスの洗浄が
終わる頃、こちらにちょっとトイレから戻って来てしばらくしたら、
「マリー・レベッカの産む子は、ミッシェル・マリー・フランソワが
取り上げます。」っていうふうに言われて、そして「愛する息子
(ジャン・マリー神父)も一緒に見ます。」って言われたんです。で、
それで「誰ですか?」って聞いたら、識別のためのしるしをもらって、
「聖母です。」って言われて、で、先ほどの質問がなされたんです
けど。実は、マリー・レベッカのことで、「離婚の手続きはして
いましたか?」って聖母マリア様が聞いていたんです。しるしを
もって。で、今の状況がジャン・マリー司祭から言われたんですけど。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して) 
 4月下旬に、かつての娘さん、離婚手続きの書類を送りつける。
そして「はんこを打て」と、そういう話になってたのに、送って
こなかったので、裁判が起こされるんじゃないかと思われる、
という状況です。
 しるしをもらってね。

マリー・マドレーヌ: 
 今ちょっと、松の枝の匂いがしてるんで、しるし求めますけど。
ジャン・マリー・・。
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。

マリー・マドレーヌ:
 もう一回しるしくれました。

イエズス様:
 愛する息子たちに、イエズスが今話をする。この間、□□家が、
愛する息子たちがいなかったときに、この地に来た。そして、
ミッシェル・マリー・フランソワの堂々たる行動により、元の場所に
帰っていった。マリー・レベッカとクララ・ヨゼファ・メネンデスの
ことで、裁判を計画し、起こすつもりである。□□家と□□家が、
手を結び、二人のことを訴え出る時が、必ずくる。愛するマリー・
レベッカは、この最中に、信仰により、ベビー用品を揃えたならば、
子供が与えられ、ミッシェル・マリー・フランソワの子として、
育てられ、養育される。愛する息子(ジャン・マリー神父)は、
クララ・ヨゼファ・メネンデスが子を産み、コルベ・マリーが取り
上げるのを見るように、ミッシェル・マリー・フランソワも同じ様に
子供を取り上げるので、今までの二倍の祝福を受ける。多くの者が
悪し様に、リトル・ぺブルを非難し、愛する息子を痛めた。そして、
今まで敵となった。それを今度は新しいアン役としてたてられた
マリー・レベッカは、敵ではなく、愛する息子を本当に愛し、子供を
いつくしみ、ミッシェル・マリー・フランソワも深く愛するように
変えられていく。敵を作った悪魔は、勝ち誇ったかのように見える
けれども、ここでは愛の業しか行われない。リトル・ぺブルが果たし
得なかったこの預言的使命に関し、三度目に完全に完成され、
クララ・ヨゼファ・メネンデスにも環境作りを行い、彼女の部屋の
ところにも、ベビーベットなどを置くようにして、早めに赤ちゃんの
誕生をしていけるように、環境作りをお願いしたい。マリー・
レベッカは、寺沢で家が見つかるまで、今しばらくここにいる
けれども、見つかり次第、二人は引越しをし、ベビーベットも
赤ちゃんグッズも、みな持って行く。だから、ここで見られるのは、
コルベ・マリーの養女となったクララ・ヨゼファ・メネンデスの
子供になるけれども、マリー・レベッカの奇跡に関して、皆、愛徳で
祈ってあげて欲しい。悪魔は、マリー・レベッカの意思の弱さを
ついて、裁判に持ち込まれたなら、大変な状況に追い込まれるので、
男性が支えてあげて欲しいし、本当にこの預言的使命の成功のために、
男性三人が愛情を、この二人の女性に注いであげて、守って戦う
ようにお願いする。大村のマリナについては、全く愛する
ジャン・マリー司祭を信頼できなかったので、この行動に踏み切り、
リトル・ぺブルも理解できずにいる。○○夫婦との問題がそこに
生じたために、男性不信に陥っている。彼女は、本当に‘女性は
慎ましく清く生きねばならないし、やる事成す事が、男性のほうが
悪い’という考えにいつも捕らわれ、たくさん主人から暴力を振る
われるなどしたので、心の深い傷を負い、本当は相談がしたいはず
なのに、それをしないばかりか、□□家との会議により、行動を
起こし、悪い方向に行ってしまった。このメッセージについては、
ここの共同体、そして名古屋のロンジン・マリー、フランソワ・
マリーの祈りの協力が必要なので、そこだけに留めて欲しい。
マリー・レベッカの妊娠に関しては、彼女が一番望んでいたこと
なので、必ず成就する。祝福を、マリー・レベッカとミッシェル・
マリー・フランソワにお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって・・

イエズス様: 
 イエズスが、また話をする。今のことについて、二人の女性は
大変に裁判に当惑するため、彼女らを守るのに、男性の三人が、
よく綿密に話をし、守ってあげて欲しい。また、コルベ・マリーの
深い関わりが与えられるので、どうかこの三人の男性の集まった時に、
これからの動きに対する対処の仕方などを、お願いする。よく
話し合い、守ってあげて欲しい。司祭の祝福を、二人の女性にお願い
する。

ジャン・マリー神父:(クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、ないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんに、何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、ないです。


--------------------------------
2007年5月23日 AM3:40
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 ちょうど3:35過ぎだと思うんですけど、この部屋にいてしばらく
静かにしていたら、マリア様の声で、「寺沢行きの今日のメンバーの
変更があります。」って言われました。そして、「しるし
ありますか?」って聞いたら、識別のためのしるしがあって、
「行くメンバーは誰なんですか?」って聞いたら、「ミッシェル・
マリー・フランソワとマリー・レベッカとコルベ・マリーの三人
です。」って言われました。で、識別のためのしるし頂いてます。
 もう、すぐしるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。

聖母マリア様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)に、無原罪の聖母が話をします。
ミッシェル・マリー・フランソワとマリー・レベッカの寺沢組の結び
つきは切ることが出来ません。そして、昨日愛する息子が援助した
ように、今日は、コルベ・マリーが、この寺沢のチームを支えて
励ますために、またコルベ・マリー自身、聖母からの恵みを受ける
ために、大変に必要な時期に入っています。マリー・マドレーヌと
愛する息子は、体の限界がきているので、今日は行くのを控え
させます。そのかわり、愛する息子は、残ったクララ・ヨゼファ・
メネンデスとの交わりをしてあげて下さい。二人の交わりも、十分に
必要だからです。聖母は、二人の女性を愛し、慈しんでいます。
ミサの時間は気にせずに、体力が回復次第、交わりをしてあげてくだ
さい。ただ、コルベ・マリーに伝えるために、朝少しコルベ・マリーと
話す時間を設ける必要がでています。先ほどの裁判のことについても
そうですが、マリー・マドレーヌを休ませたいので、聖母は少しマリー・
マドレーヌを寺沢にではなくて、明日の西松屋に行かせることに
します。ミッシェル・マリー・フランソワとマリー・レベッカと
マリー・マドレーヌ、そして愛する息子がそこに行けるように
配慮します。マリー・マドレーヌには、幼な子路線の道を行かせる
ために、そこに連れて行きます。小さなリンボウの赤ちゃんを慈しむ
ことも、彼女の仕事であるので、霊的な意味で、ベビーベットとか
赤ちゃん用品など、一緒に見せてあげて下さい。寺沢の家が早く
見つかるように、今日はこの3名で、祈りを捧げ、リトル・
ぺブルの釈放と、泉が湧くことも合わせて、祈りをして下さい。
クララ・ヨゼファ・メネンデスは、この間、幻視者として召し
出しがあると言いましたけど、かなりの悪魔の攻撃があるために、
アトピーによる苦しみを捧げ、バロネスですが、マリア・
アントニアと同じように、神秘家として召し出しを受け、イエズスが
受難を彼女に教えたくて、そうしていることをコルベ・マリーと
愛する息子が話すようにしてあげて下さい。ここで、幻視者に
なるのは、ミッシェル・マリー・フランソワだけです。ジャン・
マリーも、マリー・マドレーヌもクララ・ヨゼファ・メネンデスも
神秘家になります。司祭の祝福を、クララ・ヨゼファ・メネンデス、
そして今日寺沢に行くメンバーを祝福して下さい。

ジャン・マリー神父:(クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (今日寺沢に行くメンバー、コルベ・マリー、
           ミッシェル・マリー・フランソワ、マリー・
           レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ: 
 いや、ないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんにありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしあった。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。

聖母マリア様:
 愛するリトル・ぺブルに聖母が話します。生贄の霊魂、恵みの
霊魂として、今5人が特別に結ばれています。マザー・マリー・
テレーズは、愛する息子(ジャン・マリー神父)の霊的母親となる
よう言われ、マチソン夫妻は、実に愛する息子の母親と父親役を
務めています。そこに、マリー・マドレーヌが加わりました。
彼女も、実母から、実際の親戚からも見捨てられた存在であることを、
あなたに伝えます。ですから、マザー・マリー・テレーズにとっては、
霊的な子供、そしてマチソン夫妻にとっては、全くの孫のように愛し、
恵みを与えて育てようとしてくれています。しかし、残念ながら、
情報の遮断と、讒言(ざんげん)により、この三人の人々は苦しめられ、
阻害される状態に陥っています。マリー・マドレーヌも愛する息子も
同じ目にあいました。あなたは、そのような事をしてはいけません。
聖母は、生贄の霊魂と恵みの霊魂に対する隠れた犠牲を、心から
喜んでいます。何も知識がなく、何も力も能力もなく、自分の出来る
ことを、それだけを捧げられる、小さな霊魂たちと思われるほど、
その無価値なように見える霊魂こそ、あなたを助けているのです。
能力があり、健康も、体も優れている人々は、どこにでもいます。
でも、この5人に関しては、聖母は特別に大きな報いを与えようと
しています。マリー・マドレーヌは、マチソン夫妻に会いたがって
いますが、今のところ、会える手段が全くありません。手紙も、
愛する息子は書く余力が出ないので、全く連絡が切れてしまった
状態になりました。そのために、心配して、マザー・マリー・
テレーズも、いろいろ聞いてきましたが、全く書く余力がなく、
返事が出来ないまま、このまま進んだのです。愛する息子、全く
無知で無能な人々を、ヨハネ・パウロ2世教皇は大事にしました。
慈しんだのです。覚えて下さい。聖母は、このことを、涙をもって
訴えます。司祭の祝福を、リトル・ペトロ・アブラハム2世教皇に
お願いします。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペトロ・アブラハム2世教皇に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、もうないです。


--------------------------------
2007年5月23日 PM8:10
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様、
聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 今日は、本当は寺沢に行く予定だったんだけれど、全く変更が
行われて、私は家でジャン・マリーとクララ・ヨゼファ・メネンデスと
一緒にジェンマ・ガルガーニのお話を聞いてました。このジェンマ・
ガルガーニの話の最中に何度も何度も松の木の匂いがしんだけれど、
しるしがなくって、結局サタンを追い出した、という事実があります。
実は私は虫嫌いで、とってもはえちゃんが一緒に飛び回っていて、
ジェンマちゃんの話を聞くたびに、朗読してくれてるたびに、ずっと
前を横切ったり、私の耳元に来たりとかいろいろ忙しく飛び回って
ました。そんな関係で、私の神経がかなり高ぶっていて、ちょうど
3時過ぎに読み終わったんだけれど、ラーメンもそこそこ食べられない
状況になっちゃって、寝ちゃいました。目が覚めたのが6時半過ぎ
だったんだけれど、「今朝なの?夜なの?」って言っちゃったくらい、
なんか眠っちゃってたんです。で、夜だっていうのがよくわかって、
そのあともまたずいぶん時間が経つのが早くって、今こんな時間に
なってます。ちょうど聖体拝領が終わって、その前に私、マリアママ
とかイエズスに「ほんとにこんなにちっちゃい虫ちゃんたちなのにね、
虫の羽の音ですらびくびくしちゃって嫌いなのって。イエズスが
作った虫ちゃんなのにごめんなさい。」って言ってて、ちっちゃい時
からの恐怖心がずうっと植えつけられてるから、それをどうか取り
去ってください、っていう祈りをしてました。で、見るっていう
ことに関しても、まったくそういうのはもうあきらめているし、
「目もあげます。イエズスに目をあげます。」っていう話をしたんです、
先ほど。で、ようやく落ち着いて、この間は耳のことについても、
したんだけれど、耳についてはそのまま残されてしまって、虫ちゃんの
音もまた聞くようになりました。でも、気温を低くしたせいか、今の
ところは虫ちゃんいなくなってるみたいで、どっかにとまってるのかは
わかりません。叩いてくれたのかもしれないんだけれど。こういう
形で自然の中に生きるっていう、ずっと2年過ぎて過ごしてるけれども、
30数年間植えつけられた恐怖っていうのは、こんなにすぐには消え
ないんだなってちょっと思って、「天に祈るんだよ。」ってジャン・
マリーに言われながら、ほんとにべそをかきながら、「でも怖いの〜」
ってずっと3時過ぎくらいに言ってました。で、先ほど聖体拝領が
終わって、カリスの洗浄をしている時なんですけど、しるしがあって
「かわいい子」って言われたのでびっくりしました。『これ女性じゃ
ないなあ、誰だろうなあ』って思って「だあれ?」って聞いたら
「イエズス」って一言が聞こえてきたんです。その時にちょうど
松の木の匂いがやっぱりしました。それをジャン・マリー司祭に話を
して、しるしを求めたら、識別のためのしるしがあって、イエズス
だっていうことがよくわかりました。そういう状況です。
 今しるしもらいました。またしるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。
 
イエズス様:
 ちっちゃくって、かわいい花嫁のマリー・マドレーヌ、世界で一番
優しいイエズスが話を、あなた個人に話す。愛する子よ、本当に
あなたは生まれてから間もなく、すぐに母親から引き離され、3ヶ月間、
保育器で育ち、その後、普通の赤ちゃん並みの体重に戻ったという
ことで、母親に返されたが、この保育器の中でも、あなたは一旦心臓が
止まる経験をしている。母親は、死にそうだったと書いているけれども、
あなたは医師を通して悪魔の攻撃に、この時あって、そして脳のある
部分の成長が出来なくって、呼吸に関すること、精神に関することに
おいて、人とは違うものを持つようになった。イエズスはあなたが
だんだん大きくなるにつれて、空き缶の音を頼りにハイハイするとか、
母親のしつけをそのまま見て一緒にいた。5歳の時にはプロテス
タントの幼稚園に行かせ、イエズスの話をする環境のもとにおいた。
小学生の頃、ちょうど七五三にあたる頃のことになるが、母親は
あなたを、幼稚園を経営する教会の牧師に預け、「祝福をさせた」と、
後であなたに聞かせている。それ以来、小学校2年生頃から、毎週
一度の教会学校の礼拝に参加させ、イエズスの話を聞くことの楽しみを
与えていった。中学校でも、高校でも変わらず、あなたは賛美歌に
興味を持ち、歌うことを喜びとするようになった。ちょうど高校に
入って、4月19日、復活祭にあなたはプロテスタントでの洗礼を受け、
そこには母親も同席した。これで、母親はプロテスタントの信仰を守り、
一人で歩くだろうと思い、教会に行くのを許したが、それは普通の人の
中に入って、人に迷惑をかけないように過ごすことを、もうこの時に
教えようとし、甘えるとそれをあなたに叱った。ちょうど高校2年の
頃に、緑のスカプラリオの話を1年下の女の子があなたに話して「今、
面白いことがあるの。マリア様が御出現している神父様がいるの。」
って言った。あなたは、洗礼を受ける時に「ここはカトリック
なんですか?プロテスタントなんですか?」と教会学校の先生に尋ねた
くらい、何にもわからず、そのまま洗礼を受けた状態だった。
十字架だけがあって、その女の子の衝撃的な話にびっくりしたあなたは、
『あ、私はカトリックじゃなくてプロテスタントで洗礼を受けたんだ』
という大きな衝撃を受けた。そしてその頃、中学の時からもずうっと
関わった、聖霊派の運動にもあなたは影響を受け、肉体の癒し、
つまり自分が目が見えないことで、「人に迷惑をかけっぱなしで、
何にも出来ない子供だから、見えるようにして」と神に嘆願していた。
高校の時、聖母に出会い、サンダミアーノのことを聞くのはだいぶ後に
なってからで、最初にレオ・スタインバック神父の名を聞き、リトル・
ぺブルの名をあなたは最初本で知るようになった。鬼塚氏の書いた、
『聖母マリアの戦慄的預言』という本が、あなたの人生を変えていった
のである。しばらくして、あなたは今まで行っていた教会に飢え渇きと、
とっても難しい神学のような授業を受ける雰囲気についていけず、
礼拝はただ歌うだけで満足を得るような感じを受けた。でも、聖餐式に
与かるのを、あなたは1ヶ月に1回来るごとに、とても熱望していたし、
パンとブドウ酒を飲むことにより、イエズスと一致することを、そこで
体験し始めていた。でも、プロテスタントであるので、カトリックの
聖体拝領のようではなく、本当にあなたは教会に行けなくなった時、
「聖餐式を受けたい」とよく母に言い、行かせてくれるよう頼んだ
くらい、イエズスのパンとブドウ酒に憧れをもって育っていった。
その後も、プロテスタントとカトリックの両面をあなたは見て、ついに
カトリックの門をたたいたのは大学に入る時で、その時に付属の
盲学校の時に、シスターに会ったのがきっかけで、カテドラルの教会に
足を運び、修道院長の存在を知り、「ロザリオを下さい」とあなたが
熱望したのをイエズスは知っている。あなたは、聖母への神秘的な
雰囲気に魅かれていった。けれども、肉体の癒しをいう聖霊派の
プロテスタントの教会の影響も強く、あなたはたくさん迷い、歩き、
そして大学3年の頃に、プロテスタントの聖霊派の教会に行き、韓国の
人に導かれて、東京のある教会に行った。そこで2度目の聖霊の体験を
したけれども、牧師の按手はその時、あなたを多く改心と涙で喜ばせた
けれども、説教中カトリックに対する非常な反論を言うのに、その
当時は‘そうなんだ’と思ったけれども、また飢え渇きを覚えていった。
そして大学を過ごしている間、声楽の先生がカトリックの信者である
ことに、あなたは心をひきつけられ、中世のヨーロッパの音楽や
グレゴリオ聖歌の勉強もしたくて、音楽を、宗教音楽のために私は
歌を歌っていこう。そして日本人であるから、日本歌曲をも歌わねば、
というあなたの望みに加え、先生がそのようにさせた。オペラでは、
あまりにも声が細すぎ、体力もそんなになく、体が細すぎるので、
声には合わない、そういう理由からであった。あなたは歌が好きだった
けれども、どこの教会に行っても、特に聖霊派の教会では、あなたは
歌を歌うのに大変に戦いを覚えるようになった。よく神が与えた美声を
使いなさい、と一般の聖霊派を信じない教会では言われたが、美声を
使うのは、そして自分の声を使うのは傲慢だから、あなたは声を抑えて
歌うようになどと言われ、聖霊派の人々の中での聖歌隊でも、大変に
あなたは苦しみ、時に歌詞を忘れたり、恐ろしい悪の現象を受けるなど
、緊張状態が続く、この教会生活を送ってきた。イエズスは今語る。
この第一世代、第二世代のミッションは、緊張を強いることで、多くの
子供たちを苦しめ、カトリックであるのでリトル・ぺブルを支持
すること、そして選ばれたシャーベル修道会の恵みを無駄にしない
よう、信心業やチャプレット、多くの祈りなどを捧げ、そして行動する
よう、彼らに要求をした。今あなたは第三世代の子供である。不思議な
関わりをし始めていて、レオ・スタインバック神父からの手紙に
『あなたはラテン語を覚えるよりも、まず祈りなさい』と言われたので、
‘この神父さんは怖い’という感情を抱き、あなたは離れた。その後、
1993年頃から3年にわたって、神秘的な体験をあなたはしている。
それはサンダミアーノの出現のことで、聖母マリアがいつもあなたの
部屋に、毎晩のようにバラの花の香りを与え続けたということ。
でも、あなたはその時には識別が全くできなかったので、それが全く
本当であるかはわからなかったが、サンダミアーノの絵を飾ることで、
マリアお母さんと交われているのかな、と思い、ママローザに祈りを
したり、聖母に手紙を書くなどした。そして、いよいよ愛する息子
(ジャン・マリー神父)との出会いになるが、ここでは全く修道者の
要求はなされない。ジェンマ・ガルガーニは「自分でこうしよう。
この決心をします。」と言って戦った人であるけれども、あなたは
幼い子なので、決心が出来たと思うや否や、すぐに倒れてしまう、
そんな弱い霊魂の持ち主である。イエズスが言いたいのは、愛らしさと
可愛さ、「この虫が怖くって嫌なの」って36歳になっても泣いて
しまうような、そんな小さな霊魂であるあなたを、非常に可愛く
思っていることである。あなたは脱魂を知らない。カトリックの
用語も知識も知らない。まだまだ何も知らないのである。天国が
どんなに素晴らしいか、そしてイエズスの受難に一致するのがどんなに
素晴らしいのかを、まだ体験し始めたばかりの状態である。これから
もっとそれを与えていく。あなたは、愛する息子にぴったり寄り添って、
観想の道を歩む。観想を言われても、あなたにはまだ理解ができず、
奥深いことなので、愛する息子の手本を見ながら生きていくことになる。
聖痕のことに関して、興味本位で聞く第一世代、第二世代の信者に
会うときに、あなたは心苦しく、無理矢理に答えてしまって、
自分にはもう痛みがないことで、罪責感を負った。このように
好奇心から聞く人たちが、あなたを責めるので、これも一つの受難で
あることをあなたに伝える。たくさんの侮辱を受け、‘よくなった
かな?’と思ったら、またすぐにそのように心を閉ざさざるを得なく
なるほど、あなたは苦しみ、もだえ、それを愛する息子に話して、
ようやく落ち着く状態で、今は心身症になる程までに、医者が
理解できない程までに変わってしまっている。イエズスは決して
あなたを見放さず、見捨てないので、怖がらないで欲しい。ジェンマ・
ガルガーニは、とっても強い信仰を持つ女性で、それでも自分の罪に
対し敏感に、そしてすぐに謝って処置を行った。一人一人に合う、
その霊魂に対してなされる指導を全部’私もそうしなくちゃ’と思わ
ないようにあなたに言う。イエズスは今、治療をしている。マリア
ママがこれから話すので、あなたはそれを聞いて欲しい。司祭の祝福を、
あなたにおくる。

ジャン・マリー神父;(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。

聖母マリア様:
 愛する子よ、聖母があなたにお話します。イエズスはあなたを
いつも運び、いつも守ってきました。あなたは恐怖をずうっと抱え、
本当にこの時期に至るまで、一瞬も緊張がとれない状態で過ごして
きました。歌う時にはその体制になるために、その場所で祈りを
しながら緊張を、そして‘間違えないように’とか‘緊張がなくなる
ように’などと祈っていました。完璧さを求められて育ったあなた
には、大変とっても厳しい環境が続き、本当に小さい頃から、
消防車のサイレンの音も、救急車も、海の波の音も、虫の音も、
あなたの兄弟であった兄が、突如とせみを捕まえてあなたに握らせて、
恐怖を植えつけたことも、全部聖母は知っています。こんなに
ちっちゃな、ちっちゃなことでも、あなたは脅え、育ちました。
みんなは感じないでしょうが、当たり前のように‘はえ’なんかは、
普段食べ物があると、暖かくなったりすると、家に入ってきて飛び
回ります。あなたは、もうそれだけで体が緊張するので、愛する
息子(ジャン・マリー神父)にしがみつく状態で、母親が慰めてくれる
経験は全くもっていません。でも、聞いてください。今あなたは、
実に優しい母3人をもったんですよ。一人はマザー・マリー・テレ−ズ、
一人はメアリー・マチソン、そして私、真実で慰めの母、聖母が
あなたを包みます。あなたに天草に行かせたくないと、悪魔は火曜日の
日にあなたに誘惑させ、カッターを持たせるなどして攻撃をしました。
あなたは、ただストッパーがはずれたのか、ホッチキスが中に入った
のか調べようとして、それを見ただけなのですが、ちょっと刃が出た
時にうっすら線が指に入りました。でも、血は出ていません。それで
あなたは、たくさん追い詰められて、‘マリー・レベッカを祝福
しなきゃ、私は駄目になる’と思い、祈っていました。そういう
ことを捧げることで、あなたの命は悪魔によって滅ぼされるのを防ぐ
ために、愛する息子にカッターを渡し、あなたの命を聖母は守りました。
そのあとに、マリー・レベッカの子供が誕生することを告げたのです。
あなたは、人にたくさん讒言されてきました。でも、一つだけ、
歌うことで、みんなから喜んでもった経過があったので、それをまず
最初に愛する息子の歌を通し、祈りになるまで絶対歌っちゃ駄目だと
(自分で決心させ)、歌うことを止めさせ、拒否するまでに至らせ
ました。子供よ、あなたは愛されています。一人で食べる時には、
本当にたくさんの配慮が必要ですが、避雷針として、ジェンマが捧げた
祈りが載っていたけれども、あなたはちっちゃい子だからちっちゃい子
なりの言葉で祈りをし、決して大人のまねをしないようにしてください。
これから愛する息子とミッシェル・マリー・フランソワがしるしを
求める時には、『寺沢のサルベレジナ』を歌って祈ります。でも、
この時にも無理をしないで、静かに黙ってて構いません。今はあなたは
疲れきっています。イエズスはこの生贄を喜んだので、あなたに今、
一つのことをしようとしています。それは全てにわたって植えつけ
られた恐怖感からの解放と罪の罪責感に対する処置です。あなたは
たくさんの罪を犯し、敏感になる程、犯してきました。今、ミッシェル・
マリー・フランソワにローキューションがなくなったのは、あなたが
実に自分で思っている事を、聖母はこのように言います。あなたは、
自分がフレクストークでいろいろなものを整理していて、「耳を
聞こえなくしてください」と言いながら、それを拒んでたから、彼は
それが取り去られてしまったのではないか、という恐怖感に今
とらわれています。司祭に全て聞いてください。インスピレーションを
与えますし、あなたはそのことでの罪責感が今支配しているので、
だから「ミッシェル・マリー・フランソワに申し訳ないことをした、と
言って謝りたいくらいです」と心で叫んでいます。それを彼の不信頼と
言ったので、「全然違う、私がいけないのって言いたい程です」と
先ほどあなたは話をしました。マリアママはあなたを罰していません。
一人一人の霊魂の出来ることと、出来ないことの範囲は全然違います。
あなたは、この機会がない限り、いろいろな情報は得られませんし、
動物図鑑に関しても、あなたのストレスコントロールで与えるもの
なので、全て天は許しを与えます。司祭の祝福を、マリー・マドレーヌと
ミッシェル・マリー・フランソワにお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。
 聖母マリア様が、またしるしくれました。

聖母マリア様:
 この共同体のメンバーを、みな呼んできて下さい。


--------------------------------
2007年5月23日 PM8:10
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。

聖母マリア様:
 愛するここの可愛い子供たち、聖母があなた方にお話します。
今、外ではリトル・ぺブルに対する敵対心を持った人たちが動き、
リトル・ぺブルを非難し、それを、シャーベル会の中にまで植え
つけてしまいました。愛する息子(ジャン・マリー神父)のことで、
一騒動あって、彼を敵と見なしたのです。確かに、ヌード写真を
出すなど、今までに考えられないようなことを、天はこの共同体に
要求しました。それは、人間の心があらわにされるため、この世の
人に対し、聖霊が真実と過ちを正す、このしるしをこの共同体によって
与えたのです。本当にはずれた道を行った、この秋田の共同体と
みなす人がいても、それを気に留めないで下さい。天は、聖母の
出現が真実であることを、愛する息子に知らせ、またこの共同体に
知らせます。その真実な出現を通し、多くの者は悔い改めるきっかけを
つかむことになります。幼な子路線で、コルベ・マリーとクララ・
ヨゼファ・メネンデスは、2階で会話していると、とても可愛らしくて、
和やかになって、まるでちっちゃな子供が来たみたいに、幸せが訪れて
います。今のまんまで、コルベ・マリーは、どんどん癒されていき
ますし、愛するクララ・ヨゼファ・メネンデスは、可愛いクララの
前面を出しながら、イエズスに、そして聖母に少しずつ、ほんの
‘ちょこっ、ちょこっ’とした状態で近づいてきてくれます。それが、
何て可愛らしくって・・

 (中断して、聖水をまく)

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、正しいところからの言葉が聞こえてきました。

聖母マリア様:
 何とも言いようのないほど、可愛らしくてたまらないのです。
「やだぁ」とか「やめてよ〜」とか、すごい攻撃的に発する高い声が、
この共同体をどれほど明るくしているかわかりません。聖母は、
クララを一つのプレゼントとして、この共同体におくりました。
みんな、この可愛いクララ・ヨゼファ・メネンデスと、そして
余りにもちっちゃくって、虫嫌いなマリー・マドレーヌ、この虫
嫌いなところは、二人とも共通してますから、男どもは、それを
放っておかないで下さい。「そんなの関係ないよ〜。」なんて言わ
ないで下さい。可愛いちっちゃい3歳から7,8歳くらいの子の言う
事を聞いてあげて下さい。でも、マリー・マドレーヌは、「イエズス、
この羽音、苦手なの。でもあなたが作ったんだよね。私捧げるから、
どうか助けてぇ〜」とずうっと叫んでました。あまりにもしつこく、
彼女の周りをはえがブンブン飛ぶので、神経がもう高ぶってしまって、
耳栓をしても「きゃー」っと叫んでいる状態で、子供はやっぱり3歳
です。ここには愛しかありません。憎しみは追い出されました。
子供たち、祝福をおくります。避雷針の役目で、今一番大きな重荷を
負っている息子たちに、祝福を与えます。コルベ・マリー、
ミッシェル・マリー・フランソワ、そして直接に聖母が、愛する
息子(ジャン・マリー神父)に祝福を与えます。そして、マリー・
マドレーヌも避雷針になっています。この捧げる行為は、本当に彼女の
体の全てをイエズスに渡しました。ですから、目の癒しについて
誘惑する悪魔を、彼女は跳ねのけたことを、今ここで皆に知らせます。
「泉が湧いても、目、見えないようにしておいてね。」って彼女は
言っています。「イエズスに、目もあげる、耳もあげる。」と
言ったんです。司祭の祝福を、コルベ・マリーとミッシェル・マリー・
フランソワにお願いします。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがありました。で、「マリー・マドレーヌに」って言われて、
しるしもらいました。
 今しるし、もう一回もらいました。

聖母マリア様:
 マリー・マドレーヌに、聖母が話します。赤ちゃん用品を見るのを
楽しみに、明日を待ってください。祝福します。司祭の祝福を、
マリー・レベッカとクララ・ヨゼファ・メネンデスにお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?メンバー、もう一度確認させて下さいって。
明日行くメンバー。

マリー・マドレーヌ:
 しるしもらいました。

聖母マリア様:
 明日は、ちょっと無理をして、ミッシェル・マリー・フランソワと
マリー・レベッカ、そしてクララ・ヨゼファ・メネンデス、マリー・
マドレーヌ、愛する息子、この5人になります。コルベ・マリーは、
クララ・ヨゼファ・メネンデスと再び行く機会を設けても構いません。
よかったら、そうしてあげて下さい。クララ・ヨゼファ・メネンデスは、
明日どうしたいですか?

マリー・マドレーヌ:
 って聞かれてますけれど。

クララ・ヨゼファ・メネンデス:
 行きま〜す!

マリー・マドレーヌ:
 行くのね!「コルベ・マリー、それでいいですか?」って、しるしが
あるんだけど。
 コルベ・マリーパパ、お許しは?

コルベ・マリー:
 そりゃ、OKだよ。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「じゃあ、その5人で行きましょう。」って。

聖母マリア様:
 祝福します。父と、子と、聖霊との御名によりて、アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して) 
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、しるしないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんに伝言ありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、ないです。


----------------------------------------------------------------
2.お知らせ
----------------------------------------------------------------

◆ マリー・マドレーヌの自叙伝 第一巻発売 ◆
可愛くて手軽な大きさでいつでもどこでも読める
マリー・マドレーヌの自叙伝 第一巻A6版146頁で登場。
各ページに可愛い絵が入って小学生低学年でも読みやすくなりました。
一冊500円(税込み)送料は300円です。
1500円以上で送料無料。


ずっこけ原始者(幻視者)?マリー・マドレーヌの自叙伝
字の大きいA5版100頁も好評発売中。
一冊2400円(送料・税込み)

--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は9月21日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]