%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年9月7日号 No.426

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.なごや にゅ〜す。
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年5月22日 PM7:00
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

聖母マリア様:
 愛するマリー・レベッカに、聖母がお話します。アン役の代役と
して、新しいことをします。ベビー用品を買い揃えて下さい。
あなたに、子供が与えられます。ベッティーナ役の、クララ・
ヨゼファ・メネンデスは、その子育てを学び、自分の子供をリトル・
ぺブルの‘聖なる輝く棒’により、妊娠して産みます。あなたにも、
再度その恵みを与えます。聖母が祝福をします。司祭の祝福を、
マリー・レベッカにお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって・・

聖母マリア様:
 西松屋のベビー用品店、あるいはダイソーで、ベビーベット、
そしておんぶひも、ガラガラ、小さな哺乳瓶など、あなたが今持って
いる哺乳瓶とは別に、生まれ出る子のために、新しい哺乳瓶を買って
あげて下さい。おむつもそうです。必要な物の受け皿が出来次第、
あなたは奇跡を受けます。自然分娩で10ヶ月の妊娠期間を経て、
子供が生まれます。その子の守護の天使は、ガブリエルです。聖母の
守護の天使でしたし、北岡れもんの霊名、そしてマリー・マドレーヌの
ためにも助けている天使です。名前は、愛する息子と一緒に考えて
下さい。男の子か女の子か、それは楽しみにしていて下さい。生まれ
出る子に対し、祝福をします。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。
 「他に何かありますか?」って聞いたけど、何もないです。 
 「リトル・ぺブルさんに伝言ありますか?」って聞いたけど、
何もないです。


----------------------------------------------------------------
2.なごや にゅ〜す。
----------------------------------------------------------------

◆ 速いはやい。歩いたあるいた。 ◆

8月31日まだ、暑い中、横浜にいってきますた。
なごやの同宿ロンジン・マリーとフランソワ・マリーでパウロ号に
またがり?いざ、よこはば(よこはまだわ)へ。いろいろなんだ〜
かんだ〜とあったけど同宿会の仲間になったラファエル・ヨハネ
西澤さんと初対面で合流。どんな顔してるかな〜、捜すの
たいへんだわっと思っているまもなく、目の前に(めだつわ〜)。
ファミレスで食事をしながらの自己紹介と・・いろんな話。筆談で
え〜と(ラファエル・ヨハネ西澤さん、口を読んでくれるから助かった)
漢字が思い出せなくてひらがな攻撃。読むのたいへんだったろうな。
その後はラファエル・ヨハネが観光案内でランドマークタワーを見物。
69階の展望はすごかったけど、エレベーターのむちゃくちゃ早いこと、
思わず「お〜っと」口が開く。
たくさんの人でまた暑かったな〜。ラファエル・ヨハネは足が速いわ〜。
でもお土産店まで案内してくれてラファエル・ヨハネありがとう。
むっちゃんこ楽しかったわ。またよろぴく。

あ〜、ビデオとったけどみんな横向きになっちゃったし
そういえばパウロ号に貼ってあるヨゼフパパが飛んでッちゃッた。
ありゃりゃ。とんだ珍道中で・し・た。


----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------

◆ マリー・マドレーヌの自叙伝 第一巻発売 ◆
可愛くて手軽な大きさでいつでもどこでも読める
マリー・マドレーヌの自叙伝 第一巻A6版146頁で登場。
各ページに可愛い絵が入って小学生低学年でも読みやすくなりました。
一冊500円(税込み)送料は300円です。
1500円以上で送料無料。


ずっこけ原始者(幻視者)?マリー・マドレーヌの自叙伝
字の大きいA5版100頁も好評発売中。
一冊2400円(送料・税込み)


--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は9月14日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]