%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年8月31日号 No.425

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年5月21日 PM3:25
マリー・マドレーヌに与えられた、天使ケルビムからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 今家に帰ってきたところで、PM3:25頃なんだけど。何かちょっと
製材所のすぐそばを通ったときに、何かまたすごい松の木の匂いが、
すごい強くたちこめて、「あれ?」と思って、「何か匂いある?」
とか聞いてみたら、「ちょっとしるし求めて」って言われて、止まっ
てもらって、しるしを求めました。そして、しるしを求めて、しるしが
あったんですけど、「誰?」って聞いたら、最初「ケ!」が聞こえて
きて、そしたら私思わず「ゲ!」って言っちゃったんだけど、「もしか
して、ケルビムちゃ〜ん?」とか言ったら、「そう!」とか言ったから。
んで、「ケルビム」って聞こえてきたので、「識別のしるし、ちょう
だい」って言ったら、またくれました。

ジャン・マリー神父:
 しるし、求めてね。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

天使ケルビム:
 ちっちゃい、ちっちゃいケルビムちゃんが話すね。明日、寺沢に
行く前祝いで、今日はいっぱいお買い物したね。でも真面目な
お買い物もあったよ。ちゃんとアダプター買ったし、それで、お医者
さんのほうも無事に終えて、クララ・ヨゼファ・メネンデスは安心
できるね。ぼくたち、すごく嬉しいな。で、「みんなが覚えやすい
ように」って言って、クララ・ヨゼファ・メネンデスが、寺沢の
殉教者の名前を覚えられるように整理してくれたから、ミッシェル・
マリー・フランソワと、特にマリー・レベッカは、書き写して覚えて
欲しいな。明日、それで連祷をして、残っているコルベ・マリーと
マリー・マドレーヌの祈りの分も合わせてお願いしに行ってちょう
だいね。よろぴく、だよ。ケルビムちゃんは、いつも車のところに
ひっついているから、そして天使くんも羊くんもいっぱいいるし、
マリアママもいるから、とっても楽しい楽しいドライブになると思う。
一つの宣伝カーが、この湯沢と横手を走り抜けました。やったね!
これから、ちっちゃい子たちが、みんな絵を見るかもしれないから、
ちょっと楽しみにしててね。名古屋では、相当立ち止まって絵を見た
そうだよ。秋田の子たちは、どうなのかな?楽しみだね。それじゃあ、
祝福を、明日寺沢に行く、ミッシェル・マリー・フランソワとマリー・
レベッカとクララ・ヨゼファ・メネンデスに、おくります。4歳の
ジャン・マリーし・ん・ぷ・さ・ま、お願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるし、もらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 何かしるしがあって、「そうそう!」って言ってるんだけど・・。
ケルビムちゃん、同じ・・。
 しるし、今ありました。

天使ケルビム:
 同じケルビムちゃんが話します。リトル・ぺブルさんの釈放を
お願いして下さい。そして、泉が湧くように、お願いしてね。絶対、
絶対、永遠のお父さんは、約束したことをちゃんとやってくれるから、
楽しみに待っているんだよ。これからの一週間は、動物たちの声を
聞いたり、みんなは見たりする一週間になります。マリー・マド
レーヌは、機械で録音をするけれど、今まで映画をとったみたいに、
みんな普通に会話をしても、全然構いません。ただ、生態のことで
解説があるみたいなので、その解説が聞けるように配慮を、お願い
するね。祝福します。みんなの協力を、お願いします。司祭の祝福を、
今ちょっと疲れ気味のコルベ・マリーにお願いします。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしあって、「いっぱい猫族、増えたよ。」って言ってます。
 確認のしるし・・

天使ケルビム:
 やっぱり、ジェンマ・ガルガーニお姉さんが言ったとおりに
なっちゃったね。ケルビムは、もううれぴくってたまんないよ。
‘嬉しくって’じゃなくって、‘うれぴくってなの。面白いでしょ。
だから、ちっちゃい子路線はずすの、ぼくたち、絶対嫌だからね。
一緒に一緒に遊ぼうね。ケルビムちゃんは、みんなのすぐそばに’
いつもいて、遊ぶの手伝うからね。コルベ・マリーのギャグも、その
一つだからね。祝福して終わって下さい。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるし、とりました。


--------------------------------
2007年5月21日 PM10:04
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様、
ジェンマ・ガルガーニからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ: 
 8時だいたい20分頃だったんだと思うんですけど、みんなでちょうど
今日『動物ずかん』を見てました。ちょうどその頃なんですど、何か
こう、内側から「寺沢のことについて、泉の湧くタイミングとか、
寺沢で何があったとか、そういう全てについて、愛する息子(ジャン・
マリー神父)に全部知らせます。」っていうマリア様の声が聞こえて
きたんです。私最初、ご飯食べる前に「いつ寺沢のこと、始まったっけ
かなあ?」と思って、5月22日のから聞いている、メッセージを聞いて
たんですけど、途中、虫ちゃんが来ちゃって聞けなくなっちゃって、
「う〜」と思って叫んでました。だけど、そのあとにそういうことが
起きたので、で、あとあと「虫ちゃんの季節になったなぁ」とも思い
ながら・・。そういうことで、しるしをもう一回求めます。
 しるしがあって、「聖母が話します。」って言われてます。
 もう一回しるしくれました。

(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。

聖母マリア様:
 愛する可愛い息子(ジャン・マリー神父)に、聖母がお話します。
あなたの苦しみ、苦悩は、本当によく聖母は知り、心に留めていました。
新しいことが、これから展開していきます。寺沢についての事柄全部は、
愛する息子に示されます。シストとカタリナの生涯についても、そして
たくさんの日本の殉教者、ヨハネ・ルイス・馬井六左衛門や、他の
14人の日本人の子供たちについても、出現を受け、あなたは寺沢で
何が起きていたか知ることになります。寺沢の出現は、今、殉教公園に
殉教碑があるだけで、地元の人々が密やかに北向き観音を守っています。
でも、寺沢の聖母の出現は、日本では初めてです。他に、天草に
つながり、そしてたくさんの聖人たちが日本で殉教を成し遂げました。
長崎の聖人もそうです。たくさんマリア観音が置かれている所でも、
そのように、日本の隠れキリシタンの状況をあまり知る材料が
ありません。けれども、岩手にもあるということを、コルベ・マリーが
マリー・マドレーヌに教えました。マリア司教やその仲間たちは、
そこの所に行っています。愛する息子(ジャン・マリー神父)、
あなたには大きな恵みが与えられます。いろいろな事柄が、これから
展開しますが、全ての人々が、ここにいるメンバー全員の心の傷が
癒されていきます。もうそれが始まりつつあります。ミッシェル・
マリー・フランソワもだんだん元気が出てきました。コルベ・マリーは、
クララ・ヨゼファ・メネンデスと一緒にいることにより、本当に幸せな
感情をあらわにするようになってきています。お互いにお互いの苦しみ、
痛みをいい合うことで、お互いが癒される、それを聖母は望んで
いました。誰一人、漏れることなく、傷が癒されるのを、聖母は望んで
います。誰も外れてはいけないのです。マリー・レベッカから始まり、
ミッシェル・マリー・フランソワもマリー・マドレーヌも一緒に傷が
癒されていきます。マリー・マドレーヌは、ちっちゃい頃に受けた
動物の羽音の恐怖感は、未だにまだとれません。虫の羽音は彼女に
とって、神経の高ぶりを増すので、これが全く目の見えない人の
特徴でもありますし、中には別に平気で気にしない子もいますが、
マリー・マドレーヌの場合、恐怖感を植えつけられたために、何か
あるとすぐビクッとしてしまいます。それを取り除くには、愛する
息子と一緒に行動することです。水曜日にコルベ・マリーの運転で、
マリー・マドレーヌは愛する息子と寺沢に行きます。コルベ・マリーも
一緒にです。明日は、クララ・ヨゼファ・メネンデスが、超自然的な
恵みを受けることになりますし、マリー・レベッカにも、とても
麗しいバラの花束をプレゼントします。彼女のもう一度やり直す決意と、
(ジャン・マリー神父の)愛情の深さを知ったことへの、大きな慰めを、
寺沢で受けます。
ミッシェル・マリー・フランソワは、確実に一つのしるしが与えられる、
その機会を待ち望み、ミサ毎に祈りを捧げ、寺沢でも捧げてきています。
明日は、寺沢に行った日がちょうど一年目にあたるために、特別に
16人の殉教者の連祷を唱え、リトル・ぺブルの釈放を願い、『すべての
恵みの仲介者、贖いのきょうしょく者』のドグマの宣言が早く
なされるよう祈り、マリー・マドレーヌの心の傷の癒しと、コルベ・
マリーのこれからの仕事に対しての、天使の先回りを祈ってあげて
下さい。心から聖母はお願いします。神が赦しを、皆に与えています。
神の哀れみをたたえる人は、決して裁かれません。子供たち全員を
祝福します。試練にあったことは、よい事でした。みんなが一緒に
苦しんだから、ここまでこれたのです。祝福をおくります。
名古屋のメンバーも祝福します。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(子供たち全員に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、もう一つ・・

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して) 
 しもべは聞きます。お話しください。

マリー・マドレーヌ: 
 しるしありました。

聖母マリア様:
 聖母が話をします。今病院にいるマリア・アントニアのために、
祈ってあげて下さい。寺沢の地でお願いします。彼女を、今祝福します。
司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリア・アントニアに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるし、もらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 マリア様からのお願いで、「マリー・レベッカを祝福してあげて
下さい。」って。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるし、とれました。
 ぎょっ、ちょっと待って・・。しるしがあって、「ジェンマ姉さん」
って言われてるんだけど。
 今しるしがありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。

ジェンマ・ガルガーニ:
 愛らしくってたまらないみんなに、ジェンマ・ガルガーニが話します。
まず、司祭が哺乳瓶で聖水をまくのが面白くってたまりません。
そして、ミッシェル・マリー・フランソワが密かに、「ジャンマ姉さん」
って、まだ言い続けているので、嬉しくってたまらないです。クララ・
ヨゼファ・メネンデスは、ジェンマ・ガルガーニってなかなか言え
なくって、舌が回らないようで、でも、子供みたいで可愛いです。
マリー・マドレーヌに、私のことをもっと話してあげてください。
どういう顔つきなのか、とか写真でもそういう話をしてあげてください。
愛する息子(ジャン・マリー神父)からは、もう一度、‘受難の花’と
言われた私の生涯を聞かせてあげるように、そして、マリー・マド
レーヌが、ずうっと怖がってたジェンマを好きになるように。彼女は
いっつも誰かが何かを言うと、最初怖いイメージしか持たないんです。
実は、こんな事がありました。ロンジン・マリーが最初の頃、告解の
ことについて、彼女に言ったことがあるんです。「自分は、告解を
したら、その次、絶対やらないように努めるんだぁ」って。そしたら、
彼女はビビッちゃって、「ロンジン・マリーって、自分をすごく厳しく
見るんだなぁ」って思って、怖がってました。これは本当なんです。
それを先週、私が彼に話したら、「ぐさぁって刺さっちゃったぁ」
って言ってました。何度も罪を犯して苦しむマリー・マドレーヌには、
とってもこたえた言葉だったのです。実に、私も、激しく厳しく
指摘されたものだから、しかも指導司祭からだけじゃなくって、
天使まで、ですよ。わかります?すんごく厳しく指摘されちゃったん
です。みんなが、こんな指摘に合わないようにお願いしたくらい、
すごい生涯をおくりました。逆に、人を愛すること、許すこと、
祝福することを学んで、みんなにこのように挨拶に来たんです。
ジェンマ・ガルガーニ、なんかガーリックみたいな名前だけど、
にんにくじゃないので、イタリア人なので、よろしくお願いします。
司祭の祝福を、クララ・ヨゼファ・メネンデスとミッシェル・マリー・
フランソワに、お願いします。

ジャン・マリー神父:(クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「幼きイエズスのテレジアの写真のことも教えて
あげて下さい。」って言われましたけど。ちょっと確認のしるしとります。
 しるしあって、「ジャンマ姉さんが、お願いします。」って言ってます。
 もう一回確認のしるし、もらいました。
 しるしはなくって、「他には何かありますか?」って聞いたんだけど、
何もないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して) 
 リトル・ぺブルさんに何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 ないです。



----------------------------------------------------------------
2.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は9月7日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]