%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年8月24日号 No.424

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年5月20日 AM0:30
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 ミサも終わって、全部の部屋に、ジャン・マリーが悪魔祓いの祈りを
してくれたんですけど、そのあとちょっとしばらく休んでいたら、
「あなたを休ませます。」って、確か金曜日かに言ってくれた言葉と
同じ言葉を、また聖母マリア様が言ってくれて、「しるし下さい。」
って言ったんです。そしたら識別のためのしるしがあって、「誰?」
って聞いたら、「聖母マリアです。」って言われて、識別のためのしるし
もらいました。今しるしがあった。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して) 
 しもべは聞きます。お話しください。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしが、またありました。

聖母マリア様:
 愛するマリー・マドレーヌと愛する息子(ジャン・マリー神父)、
そしてコルベ・マリーに、聖母が話します。この3人の避雷針により、
一番苦しい状態を乗り切ることになります。マリー・マドレーヌは、
今までメッセージをたくさん受けてきましたが、愛する息子が、本当に
今も変わらずに愛しているマリー・レベッカのために厳しいものをたく
さん受けたために、そのメッセージ自体、マリー・マドレーヌが、
「自分で思い込んで受けたのでは、話したのではないか」と自分で
考えるようになってしまうほどに、ちょっとした彼女とのやり取りでも、
にこにこ顔が出来ずに、すぐに部屋に引っ込むかして、言葉を言わずに、
彼女を避ける形で行動をしています。マリー・マドレーヌの苦しみは、
極限に達していて、マリー・レベッカが愛する息子と会話をするときに、
彼女がマリー・マドレーヌの名を口にしただけでびくついてしまうほど、
彼女の心が痛んでしまって、厚い壁が出来てしまっています。前、
刈谷にいた時に受けた女性恐怖症の問題に関する母親のフラッシュ
バックがありました。今は、他人であるけれども、40代を境に、女性への
恐怖が激しく増していて、コルベ・マリーとクララと一緒なら、マリー・
マドレーヌは話が出来ます。クララ・ヨゼファ・メネンデスは若い
けれども、まだ敬語がとれずに、まだ幼な子路線にいけないでいます。
「コルベさん」とか「ジャン・マリーさん」などと、まだ言っています。
でも、彼女は来てからまだ一ヶ月もたっていないために、まだ固く
なっています。マリー・レベッカは、お母さんになりたがっています。
赤ちゃんが欲しいようです。でも、アン役というために、罪責感を
行動に表すのを、愛する息子は見ていますし、マリー・マドレーヌとの
会話が少ないために、「マリー・マドレーヌが思っているような私では
ない」と言いたいのだろうと思います。キティちゃん騒動でも、マリー・
マドレーヌが「パニクって、あげなかったから駄目だったかなぁ」と
などと、すごいびくびくしています。彼女の言葉に、声に対しても、
反応が強く出てしまうので、マリー・マドレーヌは、本当に愛する息子が
いなかったら、何かをしてしまったかもしれないほど、自分で責めて
しまって、神の奇跡により、今自殺はしないで守られています。ほんの
ちょっとした事でも、「人に反感を抱かないようにしなきゃいけない
のに、意識するがために起こっちゃうのかな」と話をするくらいです。
コルベ・マリーに伝えてあげて下さい。もう彼は、マリー・レベッカと
マリー・マドレーヌの間を十分に理解できていると思いますが、クララ・
ヨゼファ・メネンデスにとる態度と全然違うのを察知してしまうほどに、
マリー・マドレーヌの心は疲れきっています。このメッセージは、
マリー・レベッカとクララ・ヨゼファ・メネンデスには見せないで、
男性3人が見るようにしてあげて下さい。そうでないと、クララも
マリー・マドレーヌを混乱させる、と言って責め始めてしまうからです。
名古屋の方には、ロンジン・マリーとフランソワ・マリーだけに伝えて
あげて下さい。こういう情緒的な傷を抱えた一人の小さな神秘家は、
決して子供を産まないし、悪魔が傲慢にさせようと、何か他の役を与える
かのように、プリンセスなどという考えを吹き込ませました。でも、
マリー・マドレーヌは、「そういうのは嫌だ。」と言って、跳ねのけて
います。なぜなら、泉の奇跡で何かが変わったとしても、目が見えない
のと、愛情飢餓の傷は残りますし、料理は全然出来ない、このことも
残ります。そういう女性には、この重荷は負えません。マリー・
レベッカは、何かに執着をしています。子供が欲しいのかもしれません。
でも、アン役と言われてから、マリー・マドレーヌがこの使命を終わら
せてしまったんだ、と逆に思っているようで、「何でマリー・マド
レーヌがアン役をしなかったのか」という無言な言葉を、表情に出す
ような、そんなことも少し起きています。だから、マリー・マドレーヌは、
絶対にマリー・レベッカとの会話が無理ですし、彼女と話したら噛み
合わない状態が、本当にみんな話を聞いてよくわかるようになる程、
全然傷が違うのです。聖母は、「また愛する息子(ジャン・マリー
神父)は、マリー・マドレーヌを可愛がって、私は物をくれないとか
思ってしまったらどうしよう」って、マリー・マドレーヌはそう、
マリー・レベッカに対して考えてしまうほどに、彼女に何か祝福を、と
願っています。物で、何か買ってきて、マリー・マドレーヌはちっちゃ
いから、いろいろな買い物に出ることができます。でも今は、一切
家事からマリー・レベッカを引き離し、おまけに買い物も行けない状況で、
何かを欲しがっているのは事実であるので、寺沢に連れて行くのは、
ミッシェル・マリー・フランソワとマリー・レベッカ、この二人だけ、
そして、あとの4人は、別な機会に、コルベ・マリーが運転し、愛する
息子(ジャン・マリー神父)とクララ・ヨゼファ・メネンデスとマリー・
マドレーヌが行く形にする、というのが理想になってきました。本当は、
ミッシェル・マリー・フランソワとマリー・マドレーヌを一緒にし、
そこでしるしを与えたいのですが、今彼女がマリー・レベッカの行動や、
声を聞くだけで怖がってストレスになっているので、添い寝も愛する
息子は、マリー・マドレーヌにもしますが、マリー・レベッカとの添い
寝をやはり多くしてあげて、クララ・ヨゼファ・メネンデスの正しい交わ
りをしてあげることを、これからそうしてあげて下さい。マリー・マド
レーヌは、我慢をしようとしています。聖母は、このことを伝えに
きました。今まで神秘家とそうでない人の組で寺沢に行かせるように
望みましたが、今この最後の熾烈(しれつ)な戦いで、悪魔は本当に
二人の女性を狙い続けています。それは、マリー・マドレーヌとマリー・
レベッカとの間です。神が昔、この預言的使命の最初の3人に選んだ、
ここでの出発、愛する息子とマリー・マドレーヌとマリー・レベッカ、
この3人のチームが崩れたのを悪魔はよく知り、今度は二人をいっぺんに
落とそうとしています。だから、マリー・マドレーヌは、ますます
赤ちゃんを求めて、イエズスの受難を体験させるようにしています。今、
心身症のような状態になり、不安の度合いも、いつもより増したので、
みんなが全員集まるのにも、マリー・マドレーヌは少し恐れに捕らわれて
いました。マリー・レベッカの隣に座るのも怖いくらい、そんな考えに
捕らわれてしまっています。「彼女を悪者扱いにしたのは、この私なの
かも」と、マリー・マドレーヌは思っています。でも、天は全然違う
見方をします。話し合いが出来ないまま、聖母の介入を待ち、神の
哀れみの介入を待ち焦がれて下さい。マリー・マドレーヌはリトル・
ぺブルからも放棄されたので、不安が生じているのは当たり前で、愛する
息子を慕うのを、すごく前よりも望んでいます。ただ、本当に不思議な
ことが起きているのは、愛する息子とマリー・マドレーヌが一緒にいる
時に、必ずマリー・レベッカが来ることです。だから、マリー・マド
レーヌは、「彼女に全部譲って自分は静かにしよう」そういう思いで、
じいーっと耐えています。マリー・マドレーヌは、少し早めにお医者に
連れて行く必要があります。神の慰めを待ち望んでください。愛する
息子から、このような状況だということを話し、そして対処してあげて
下さい。「もうこの部屋にいる方が落ち着く」とマリー・マドレーヌは
思っていますし、寝る時間も、ものすごい長く、人とは違った寝る時間に
まで、体が疲れを訴えています。愛する息子(ジャン・マリー神父)に
祝福をおくります。父と、子と、聖霊との御名によりて、アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「緊急なことなので、コルベ・マリーに書き起こ
させて下さい。」って言われました。

聖母マリア様:
 マリー・マドレーヌに「考えるな」と言っても、もう状態がズタズタ
なので、『イエズスのパッション』を聞くことで、慰めを得ていることを、
コルベ・マリーに伝えて下さい。愛する息子(ジャン・マリー神父)に
お願いします。司祭の祝福を、マリー・レベッカとクララ・ヨゼファ・
メネンデス、そしてミッシェル・マリー・フランソワ、マリー・マド
レーヌにお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 もうないです。ちょっとリトル・ぺブルさんについて聞いてみますけど、
いいですか?
 いや、ないです。


--------------------------------
2007年5月20日 PM1:49
マリー・マドレーヌに与えられた、天使ケルビム、
聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 私、あまりにもすごい時間寝てたので、ミサが全然わかんなかったん
だけど、第一ミサが終わる頃です。
ちょうど聖体拝領の時に起きれて、聖体拝領した後なんですけど、
カリスの洗浄の時に、「コルベ・マリーはとっても嬉しそうです〜。」
って何かすごい可愛い声が聞こえてきて、「誰?」って、しるしを求め
ました。そしたら、しるしがあって、「ケルビム〜!」とか言って、
「またお邪魔します!」みたいな感じで来たんで、「あららら!」と
思って、「しるしもう一回あるの?」って聞いたらしるしくれました。
今もしるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。

マリー・マドレーヌ:
 またしるし、くれた。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して) 
 しもべは聞きます。お話しください。

天使ケルビム:
 ケルビムちゃんが話します。これは公開しないで、ね。実に、
コルベ・マリーとクララ・ヨゼファ・メネンデスの養子縁組のこと
でのメッセージなので、お祝いしに来ました。昨日も、いや18の日、
お祝いしたけど、昨日も今日も、もうお祝いムード、ずっといっぱい
してるよ。ケルビムちゃんは、クララにもコルベ・マリーにも一緒に
いるから、そして実にセラフィムちゃんも、コルベ・マリーのまわりに
います。このことを、伝えますね。で、クララ・ヨゼファ・メネンデスは、
「コルベ・マリーの弟子だ」とか言ってたけど、実に娘になったから、
べったり甘える・ん・だ・よ!今も、二人はいろいろな話をしながら、
仕事もしながらだと思うけど、二人一緒にやれば、何も怖くないから。
で、コルベ・マリーはいつも慰めを必要としてたんだ。実に「女の人、
苦手」と言いながら、実はクララのような可愛い娘、欲しかったんだと
思うよ。コルベ・マリーって、結構照れ屋だし、マリー・マドレーヌと
「慰問団」と言いながら遊びに来るときに、すごい面白い遊びして、
ロビーちゃんを鼻で‘ごしょごしょ’やったり、いたずらの‘くたくた
くまちゃん’を、思いっきり表情変えて、猫顔とかいろんな顔作って
遊んだりして、本当は子供好きみたい。彼は、こうやって、だんだん
精神的な辛さがなくなっていくと思うよ。ケルビムちゃんが保障して
あげる。いっつも、ケルビムちゃんとセラフィムちゃんが、コルベ・
マリーとクララ・ヨゼファ・メネンデスを守るから、そして大天使たちも、
みんな応援するし、夜、星をいっぱい見て喜んでね。ここは、たくさんの
星が見えて美しい場所だから、ここで幸せになって、子供をたくさん、
クララ・ヨゼファ・メネンデスは産むんだよ。たくさん、星の数ほど
産むのかな?楽しみだね。もう二人に、めっちゃくちゃ、祝福しちゃい
ま〜す。司祭の祝福、お願いね。

ジャン・マリー神父:(クララ・ヨゼファ・メネンデス、コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 何か、愛するジャン・マリー神父に、ケルビムちゃんが、「あ!」
とか言ってる・・。
 しるしあります。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。

マリー・マドレーヌ:
 しるし、もう一回くれました。

天使ケルビム:
 あのね、あのね、愛するジャン・マリー神父ちゃんに言うけど、
「一番じっとしていない天使って、ケルビムだ。」って言ってるけど、
ケルビムは嬉しくって、神様賛美してるんだよ。だから、「じっと
しない天使」なんて言わないでね。神様がすること、面白くって、
楽しくって、ここの清水小屋共同体で繰り広げられるドラマがめっちゃ
面白いから、それで飽きないんだ。愛するジャン・マリー神父ちゃんが、
いっぱいいたずらしでかすから、可愛くって仕方なくって、で、
マリー・マドレーヌも、くじらのおもちゃでピューピューやってるから、
可愛くって仕方がないの。でも、この間「‘がらがら’で呼んで」って、
マリア母さん言ってたけど・・。そうだねぇ、あの‘くじらちゃん’が
いいかもしれない。マルセリーノの病気さんが、ホイッスル鳴らす
ぐらい、ピーって鳴らしてたけど、あんな感じで、手でピョコーって
押してやると聞こえるから、やって欲しいな。でも、コルベ・マリーは
「普通の会話の中でしてるから、呼ばれてる意識が薄い」って言われ
ちゃってる。でも愛するジャン・マリーは、それをしるしに、マリー・
マドレーヌのところに来てね。よろぴくだよ。ケルビムからのお願い
でした。

マリー・マドレーヌ:
 しるし今、もらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 ちょっと待って・・。クララの声がでっかすぎて、聞こえづらい。
 「誰ですか?」しるしはあるんだけど。あ、マリア様、来てくれたんだ。
 最初に言います。「しるしがある前に」って言われた言葉で、確認の
しるしとったときに、「22日に寺沢に行って下さい。」って言われたん
ですけど。 
 今、しるしもらいました。

聖母マリア様:
 愛する子供たちに、聖母が話します。22日に、ミッシェル・マリー・
フランソワとマリー・レベッカと、そして特別にクララ・ヨゼファ・
メネンデスを一緒にして、愛する息子(ジャン・マリー神父)が運転
して、寺沢に連れて行ってあげて下さい。リトル・ぺブルの泉の名前が
決まった日ですから、お願いします。司祭の祝福を、この今言った
メンバーにお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワ、
マリー・レベッカ、クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 今の、説明お願いします。何もらえるの?って。

マリー・マドレーヌ: 
 今しるしありました。

聖母マリア様:
 聖母が話します。本当は、マリー・マドレーヌを連れて行きたいんだ
けれども、クララ・ヨゼファ・メネンデスに恵みをいっぱいあげたくって、
マリー・マドレーヌは、ここでイエズスと一緒に居させます。それで、
寺沢のことがはっきりした一年前のことを、クララに聞かせてあげて、
超自然的な恵みを、そこでクララは受けます。ミッシェル・マリー・
フランソワと、愛する息子(ジャン・マリー神父)は、また北向き
観音のところでしるしを求めて下さい。泉に関して、「5月31日もらえる
よね〜」とまたまた、愛する息子は言っています。けれど、神の計画、
神様が待って待って、期待してもらいたくって、ずいぶん待たせる
神様であるということを、覚えて下さい。でも、「全然そのお願いを
してはいけない」とは言いません。可愛い、ちっちゃいちっちゃい
愛する息子がこんなに甘えるのですから、誰もこれをとがめる天使も
いませんし、神様は大喜びで、このことを聞いています。でも、泉が
湧くのは、大変に近くなっています。神の奇跡の時を信じるみんなが、
一生懸命に「お父ちゃん、大好き〜」って言ってくれれば、神様は
動かざるを得ません。だから、待ち焦がれて下さい。祝福をおくります。
留守番するコルベ・マリーとマリー・マドレーヌに、祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリーとマリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって・・

聖母マリア様:
 寺沢に行ったときについて、聖母が話します。まず、『寺沢のサルベ
レジナ』を歌い、今回はマリア・アントニア・理枝とマリア・ヨゼフ・
天草四郎・北岡直樹、そして三人のちっちゃい子供たちとマリー・
マドレーヌにために、ロザリオを捧げて下さい。一連で大丈夫です。
このために、殉教者の取り次ぎをお願いし、一人一人の名前を連祷で
祈ってあげて下さい。殉教者のみんなは、みんな本当に名前が呼ばれた
とき、喜んでいます。あなた方は、殉教者の名前をはっきり覚えられる
ように、これからも度々殉教者と仲良くなれるように、ミサのときに、
特に最初の祈りのときに、連祷で名前を呼んであげて下さい。マリー・
マドレーヌには、以前ヨハネ・ルイス・馬井六三衛門が出現しました。
そしてヨアキム若狭小林にも会いました。たくさんの人たちがみんな、
この清水小屋のメンバーを守っていますし、実際に寺沢に移り住む
二人には、重要な友達になりますから、絶対に絶対に仲良くしてあげて
下さい。今までこのように、名前をあげて祈ってもらえなかった、
この寂しい殉教者たちでした。でも、資料として残されていただけで、
あなた方が生き生きとした信仰を彼らに示し、祈るなら、彼らは大いに
喜んであなた方を保護します。取り次ぎます。寺沢の殉教者たちは、
本当に愛に燃えて、この土地で死にました。子供たち、殉教者たちは、
皆イエズスの愛に燃えて死ぬのです。これを覚えて、殉教する人たちは、
模範に習って下さい。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父: 
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんに、他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって・・

聖母マリア様:
 マリー・マドレーヌに、動物の鳴き声が収録されたテープか、CDが
あるか、TYUTAYAかダイソーで聞いてみて下さい。かえるの合唱が、
そろそろ聞こえてきます。彼女は、ライオンとかの声はわかるけれども、
くまとか狼とか、他の声はわかりません。カモシカも面白いけど、
わかりません。羊とヤギの区別もなかなか出来ないでいます。今、
このように自然の動物たちの声のことで、彼女は知りたがっています。
ちっちゃいイエズスが飼い葉おけの中で、二頭の動物に囲まれて寝た
ように、マリー・マドレーヌは、いろんなおもちゃに囲まれて寝てます。
実際に、みんなも一緒に動物の声、聞くといいかもしれません。もし、
あったらでいいので、探してみて下さい。聖母が、彼女を可愛がって、
慰めて寝かせてあげていますから。今外でカラスたちが鳴いていますが、
マリー・マドレーヌは、昔本当に鳥のレコードを聞いて育ちました。
今、自然に囲まれて、特に寺沢での珍しい鳥の声に、マリー・マド
レーヌは喜んではしゃいでいます。イエズスを賛美する鳥の声とか、
虫たちはブンブン飛びながらイエズスを賛美するけれども、マリー・
マドレーヌには羽音が苦手で、賛美してるなんて思えないみたいで、
怖がってます。でも、可愛い子供たち、クララも一緒なのです。いろ
んな動物たちの声が入ったものがあると、とっても可愛く、声を聞く
だけで、そしてどういう習性を持っているか、たぶん解説つきのものが
あるかもしれません。しるしを与えます。子供たち、祝福をおくります。
司祭のインスピレーションも与えますので、これからの進み方、計画に
ついて、これもコルベ・マリーにとってのひとつの精神的安定が必要で、
何が彼にとって一番ふさわしいのかは、司祭がインスピレーションを
受け、コルベ・マリーに独特なものを与えてあげて欲しいのです。
精神的安定のために、です。コルベ・マリーも緊張のレベルが非常に
高いし、ミッシェル・マリー・フランソワも、クララ・ヨゼファ・
メネンデスも、マリー・マドレーヌも同じ様に緊張のレベルが高いので、
悪魔はそこをついて、みんなを攻撃しようとしています。緊張の
レベルの高さで、みんな精神的にやられてしまうのです。だから、
童謡をかけるのも良し、いろんな遊びをするのも良し、たくさん
たくさん緊張を和らげて、そして、にこにこ〜ってみんなで言える
共同体にして下さい。ここは、猫の共同体だけれども、コルベ・
マリーが今ずうっとロビーちゃんを抱いたまま離さないでいる、彼の
可愛い幼な子さが目立ってきました。そして、‘くたくたくまちゃん’
がないかなぁ〜って、羽後の近くにあるダイソーに行きたがってます。
これは、コルベ・マリーが欲しそうにしているのです。湯沢と十文字の
ダイソーは、とっても品物の入れ替えが早いので、ちゃんと新しい物が、
どんどん増えていますが、明日病院の帰りにでも、羽後に立ち寄れるなら、
立ち寄ってあげて下さい。コルベ・マリーはくまちゃんが欲しそうです。
司祭の祝福を、コルベ・マリーにお願いします。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。ちょっと、頭くらくらしてきっちゃったんで、
そろそろ終わりに・・。
 しるしがあって、「マリー・マドレーヌを休ませます。」って。


--------------------------------
2007年5月20日 PM7:20
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様、ヨゼフ様、
天使ケルビムからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ: 
 第二ミサの聖体拝領が終わって、カリスの洗浄する時に、私はもう
すごい疲れて、寝かかってたんですけど、ミッシェル・マリー・
フランソワがお茶を作ってくれて、起き上がって飲んでしばらくしたら、
「みんなに言います。‘クオヴァディス’を観なさい。」って
マリア様に言われました。で、しるしがあるか尋ねたら、識別のための
しるしをもらいました。で、「あれ?何かなぁ?」と思って、
「どうして突然かなぁ?」と思ったから、ちょっと待ってたんですけど、
「説明はしません。」って言われました。そして、しるしあるかどうか
尋ねたら、識別のためのしるし、もらってます。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「聖母が話します。」って言われてます。
 またしるしくれました。

聖母マリア様:
 聖母が話します。クララは最初から半分まで頑張って観てたけど、
やっぱり女の子なので、猛獣の話をマリー・マドレーヌから聞いて、
「怖くて見れない!」って言っちゃいました。男の人たちのケアの中で、
男の人たち、二人が一緒に観て、マリー・レベッカも加わって観て
下さい。殉教者たちの祝福をさせます。マリー・レベッカとミッシェル・
マリー・フランソワとコルベ・マリーは殉教の身なので、観ておいた方が
いいです。愛する息子は、どこかでゆっくり休むか、一緒になって
観れるのであれば観て、クララに解説をするか、自由にして下さい。
マリー・マドレーヌは、もう疲れているので、なにも音が大きくなくても
聞こえます。でも大丈夫です。明日、早めに病院に行くために、出発
時間が早いと思うので、映画が終わったら、コルベ・マリーも休むと
思います。メールチェックをした後、コルベ・マリーはたぶん睡眠に
入ると思います。哺乳瓶抱えたまま観てもいいし、何をしながら観ても
構わないけれども、ネロ皇帝の残虐さ、非常に自分本位で思いっきり
芸術に染まって歌う場面など、なかなかうまく作られているので、
ローマ時代の貴族たちの贅沢さがよくわかる映画になっています。
ペトロがローマに行くのを控えましたが、でもイエズスがローマに行く
よう勧めた場所です。その映画を観て、どうかチームをもっと友情
あふれるものにして下さい。ミッシェル・マリー・フランソワは、
とっても静かな人なので、殉教という言葉は、今は荷が重いかもしれ
ないけれど、でも彼は横になって観るか、自由な格好で観て下さい。
本当にみんなが集まって観るのは、この映画、他にもたくさんあります
から、観れる機会があるならば観て、もう一度確かめ合って下さい。
リトル・ぺブルの故に放棄された共同体は、もう殉教の道に入り始めて
います。だいたい、シャーベル修道会の仲間から切り捨てられる、
これこそ殉教です。仲間同士の一致が出来ない、悲しい現実を目の
当たりにしていて、この家族は、本当に愛と一致を結集しないと、何か
起きた時に、全員がバラバラになってしまいます。でも聖母は、そんな
全員がバラバラになるようなことはさせません。もっと愛し合って、
もっと子供のように振舞って遊んで、そして仕事もする、一歩一歩石を
積み上げるような、アッシジの聖フランシスコの精神でいって下さい。
焦(あせ)らず、そして一つ一つ、仕事を片付ければいいのです。
司祭の祝福を、いたずら坊主のコルベ・マリーと、とっても可愛く、
ちょっとやんちゃになり始めたクララ・ヨゼファ・メネンデスと、
いつもおとなしめに控えめのミッシェル・マリー・フランソワと、
マリー・レベッカにお願いします。一人一人にお願いします。


ジャン・マリー神父:(いたずら坊主のコルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (静かなミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。また何かちょっと声が聞こえたなぁ、「だあれ?
しるしある?」
 またしるしあっ!「ケルビムちゃんで〜す!」だって。まったく、
もう・・この子ったら、ほんとに、もう!

天使ケルビム:
 みんなにケルビムちゃんが話すね。マリアママの言うことには、
うそはないよ。いたずら坊主の、そしてやんちゃな女の子の、この
二人は、すっごく祝福されてます。ミッシェル・マリー・フランソワは、
実に静かになっちゃいました。本当は、いっぱいしゃべる人なのに。
でも、お料理をいっぱい作ってくれて、お母さん代わりみたいで、
とっても可愛いです。マリー・レベッカを祝福します。ケルビムちゃん
も、セラフィムちゃんも一緒にいるからね。祝福します。司祭の祝福を、
マリー・レベッカに、ミッシェル・マリー・フランソワにお願いします。
司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「ちっちゃい子が世界を変える。」だって。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 説明お願いします。

マリー・マドレーヌ:
 しるしあった。しもべは聞きます。お話しください。

天使ケルビム:
 マリー・マドレーヌは、ちっちゃい子だし、ここの共同体も、名古屋
共同体も、ちっちゃい子の集まりです。あのね、『ロード・オブ・ザ・
リング』の言葉を思い出して欲しいんだ。フロドがちっちゃかった
でしょ。ホビット族ちっちゃいでしょ。ケルビムちゃんだって、小人
みたいにちっちゃいの。ちっちゃい子が結集して、集まって、力を合わ
せれば世界が変わるっていうお話、聞いたはずだよ。みんなこれに
習うんだよ。絶対だよ。ケルビムちゃんが一緒にいて導くし、4歳の
魂しかない、いたずらし放題の愛するジャン・マリー神父が変えるから、
楽しみにしててね。神様の計画は、絶対成就されます。マリー・マド
レーヌ、心配しないでね。これを伝えて終わります。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 えっ、ヨゼフパパだぁ。う〜、久しぶりじゃないですかぁ!
 しるしもらった。「しもべは聞きます。お話しください。」

ヨゼフ様:
 愛する子供たち、ヨゼフが話します。・・・

マリー・マドレーヌ: 
 ちょっと待って・・。「正しいところからちょうだい、ヨゼフパパ!
しるし、ちょうだい。」
 今、またしるしもらいました。
 ジャン・マリー、三度目のしるしもらいました。

ヨゼフ様:
 愛する子供たち、ヨゼフが話をする。聖母マリアに関する絵が、
着々と出来上がって、今度は座って泣いている絵に取り掛かる、この
仕事を、コルベ・マリーがしてくれる。そして、赤ちゃんを抱いた
ヨゼフの像も作られる。これも、期待して、楽しみに待って欲しい。
コルベ・マリーは、ヨゼフが大工で職人肌だったように、彼も技巧を
凝らして職人肌なので、一つに仕事をし始めたら、それにのめり込む
タイプなので、一番適切な仕事をしてくれる。ヨゼフが、いつも側に
いるので、職人肌のヨゼフに全部頼むよう、コルベ・マリーに、愛する
息子(ジャン・マリー神父)から伝えて欲しい。祝福をおくる。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるし、ありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、しるしはないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんにありますか?

マリー・マドレーヌ:
 一言だけあるみたいです。今しるしありました。

ヨゼフ様:
 愛するリトル・ぺブル、ヨゼフのいと清き御心の信心を広めてくれて、
そして、ヨゼフに信頼をおいてくれている。子供よ、あなたを愛して
いる。祝福を、愛する息子(ジャン・マリー神父)からおくる。
お願いする。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペトロ・アブラハム2世教皇に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるし、今とりました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、もうないです。



----------------------------------------------------------------
2.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は8月31日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]