%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年8月17日号 No.423

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年5月19日 PM12:15
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 この時に、緊張のレベルが高くなっちゃって、でも11時前にはデパス
を飲んだんだけど、何か眠れなくて、急に不安が襲い始めちゃったん
です。で、ジャン・マリーに話したことは、「何かリトル・ぺブルさん
から自分が遠くなっちゃったような気がする。」っていう話をしたら、
「全然遠くないよ。」って言ってくれて、抱っこ法で抱っこしてもらっ
てたの。背中でこう赤ちゃんが、こうお母さんの子宮の中に入って抱っ
こしてもらってるような感じの、その感覚・・。で、抱っこしてもらっ
てたらしばらくして、「まだ緊張してるの?」って私聞いたら、「うん」
ってジャン・マリーに言われたんだけど、しばらくしたら、「やすらいで
いいんだよ。」ってすごい優しいイエズスの声を聞きました。で、最初
「だあれ?しるしありますか?」って聞いたら、識別のためのしるしが
あって、そのあと、即「イエズス」って言われたんで、「識別のための
しるしありますか?」って聞いたら、しるしもらいました。
 今しるしあった。

イエズス様:
 愛する花嫁のマリー・マドレーヌ、そして愛する息子(ジャン・
マリー神父)、この二人に秘密の打ち明け話を、イエズスがしに来た。
もちろん、この共同体のメンバーと名古屋のメンバーには、知らせて
いいけれども、公のものにしないように、最初に話をする。今、あなた方
一人一人は、すごい霊戦の真っただ中にあって、それぞれが孤独を味わう
道に入っている。実際に、リトル・ぺブルが見捨てられた、と感じて
いるように、あなた方も、誰からも相手にされずに、リトル・ぺブル
自身もあなた方を捨ててしまう、そんな行動をした。非常に、彼は悲しみ
という道を通らされているけれども、愛する息子のことでの警戒心による
もので、マリア司教とその仲間たちによっての言葉を受け入れてしまっ
たがために、行動を起こしてしまった。イエズスが、永遠の御父から
見捨てられたように、あなた方、特にマリー・マドレーヌと愛する息子は、
それを経験している。リトル・ぺブルからの放棄による、そのことが
現実になっている。マリー・マドレーヌと愛する息子とコルベ・マリーは、
避雷針の役目を負い続けているので、いろんなアタックを集中的に受けて
いる。愛する息子(ジャン・マリー神父)は、体のところにアタックを
受け、マリー・マドレーヌとコルベ・マリーは、精神的なものによる
攻撃を受けている。ミッシェル・マリー・フランソワは、軽くなってきて
いる。それでも、体に痛みがくるのは、病気のこともあるけれども、
アタックが多い。マリー・レベッカとクララ・ヨゼファ・メネンデスは、
まだ悪魔のアタックの意識がないし、マリー・レベッカは、少しずつ
変化をしてきているけれども、マリー・マドレーヌとのみぞは埋まらずに、
マリー・マドレーヌがクララには心を開くようになる感じを受けている
けれども、マリー・レベッカには全然心が開けなくて、むしろ怖がって
いる。何も旅行から帰ってきて、話がマリー・マドレーヌは出来ないで
いる。愛する息子を、マリー・レベッカと二人にするときに、もうマリー・
マドレーヌは絶対に近づいちゃ駄目だと思って、この部屋に避難している
状態だし、不安が強いので、みんなの前でもハグを求めたりする、そんな
状態になってしまっている。イエズスは花婿だから、苦しむあなたを
見るたびに、このみじめで哀れな霊魂を放っておけない。「いっぱいおも
ちゃ買いすぎたかな?」とか、いろんな話をしてくれるマリー・マド
レーヌが、大好きでたまらない。愛する息子に、マリー・レベッカと
クララ・ヨゼファ・メネンデス、そしてこの哀れな、今にも自分が何かを
してしまうんじゃないかと、びくびく恐れているマリー・マドレーヌに、
それぞれの仕方でのケアをお願いする。マリー・マドレーヌの心の痛みは、
マリー・マドレーヌがマリー・レベッカの側に、知らないときに来た時に、
それだけで、彼女がマリー・マドレーヌを意識してしまうのではないかと
いう恐れに捕らわれていること、クララ・ヨゼファ・メネンデスには憎し
みはないけど、マリー・マドレーヌに向ける攻撃がマリー・レベッカを通
し、悪魔がたきつけてしまっているんじゃないかと思っていることである。
もう、男性の重荷は非常に重くって、特にマリー・マドレーヌが三人の
男性の保護がないと、非常に苦しい状態になってしまう。今日、新しく
クララ・ヨゼファ・メネンデスが18日の日に養子縁組を成功させて、
コルベ・マリーとクララ・ヨゼファ・メネンデスの関係は、これから彼の
ケアに任されている。でも、前の預言的使命の失敗に陥ったマリー・
レベッカとマリー・マドレーヌには、愛する息子(ジャン・マリー神父)
とミッシェル・マリー・フランソワのケアが必要であり、マリー・マド
レーヌは、今この罪責感に苦しんでいる。神が彼女を慰めるために、
どんどん大人の路線を捨てさせ、マリー・マドレーヌの本来ちっちゃい
頃に聞いていた、鳥の声を聞かせることや、前教皇のヨハネ・パウロ
2世の声を聞かせることを通し、彼女の不安を取り除き始めている。
でも、‘イエズスの受難を受け続けたい’そういう願いは、神が恩寵を
与えているので、ゆっくり慌てないで休ませ、そして進められていくので、
今しばらく心の中で傷ができ、血を流すような心の痛みに、彼女が落ちて
いるのを、どうか愛する息子が助けるように。コルベ・マリーもミッシェ
ル・マリー・フランソワも、非常に神秘家の孤独に対することを学んで
いって欲しい。イエズスがあえてマリー・レベッカとクララ・ヨゼファ・
メネンデスに、愛する息子を行かせているのは、孤独を味わう事により、
イエズスに、そして聖母マリアに甘えさせることを学ばせるためにした
ことである。あなたはちょっとしたことで、すぐ自分の罪責感に結ばせて、
「罪を犯したかな?」とか思う習慣がずっと続いていて、これが傷の
もとで、悪魔が不安がらせ、緊張を高めさせている。もう少ししたら、
情報の遮断がなくなるはずである。今、砂漠の中に、この共同体と名古
屋の共同体は置かれた。リトル・ぺブルからの放棄は、非常にこの共同
体にとっても、名古屋の共同体にとっても、激しい痛みになっている。
でも、リトル・ぺブルを愛し続けていくことこそが、もう神によりすがる
ことで、痛みが、解消されていき、逆用をすることにより、リトル・ぺブル
への愛を増やしていけるので、子供たち一人一人、どうかリトル・ぺブルを
もっと愛してあげて欲しい。マチソン夫妻とマザー・マリー・テレーズが
同じ目に合わされているはずである。共同体はリトル・ぺブルのために
生贄にされた、このことを伝える。司祭の祝福を、この共同体と名古屋の
共同体、そしてリトル・ぺブルにお願いする。

ジャン・マリー神父:(この共同体に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
          (名古屋の共同体に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
          (リトル・ぺブルに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、「リトル・ぺブルに対する伝言はない」って言わ
れています。
 しるしがあって、「一言だけ・・」

イエズス様:
 この秋田の共同体のメンバーにイエズスが話をする。愛する息子が
童謡唱歌集を買ったことで、皆がそれぞれにほぐれていって、幼な子
路線を義務ではなく、自然に進んでいけるようにする、そのために、
愛する息子にインスピレーションを与えたので、皆はそれについて行って
欲しい。司祭の祝福を、もう一度、この秋田のメンバーにお願いする。

ジャン・マリー神父:(この秋田のメンバーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 いや、もう何もないです。



----------------------------------------------------------------
2.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は8月24日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]