%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年8月10日号 No.422

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年5月17日 AM1:10
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 先ほど、「毎日3人、ミッシェル・マリー・フランソワとクララ・ヨ
ゼファ・メネンデス、マリー・レベッカに香と聖水をして下さい」って
マリア様が、最初言ったときに、今1:10になってるんですけど、ミッシ
ェル・マリー・フランソワに入る前に、何か「コルベ・マリーにも」って
言うのを何度も聞いたので、「しるしありますか?」って聞いたら、識別
のためのしるしがあって、下りてきた時に、その時に「コルベ・マリー
にも」っていう声が聞こえてからしるし求めたい。」って、「まずその
しるし求めたい。」っていうことをジャン・マリーに話して、その時に
識別のためのしるしがあったので、「‘コルベ・マリーにもお願い’って
マリア様が言ってる」って話をして、識別のためのしるしを確認でもらっ
てました。「毎日続けて下さい。」って。ジャン・マリーは「2階へあ
がったり下りたりするの、大変かもしれないけど、やって下さい。」って
声が聞こえてます。コルベ・マリーに今、メッセージが・・

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

聖母マリア様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)に、コルベ・マリーのことで、聖
母が伝えます。彼は、名古屋でかなりアタックを受け、うつ状態を理由に、
悪魔がそこに付け込んでアタックを加えました。これからの熾烈(しれつ)
な戦いにおいても、彼は本当にいつも気力がなくなったらアタックされ
るので、コルベ・マリーにも、欠かさず聖水と香で、部屋を祝別し、彼を
慰めてあげてください。彼は、仕事のゆえに、心を合わせてミサに参加
しますが、一番ひどくアタックを受けています。愛する息子に続いて、
コルベ・マリーとマリー・マドレーヌが、アタックを受けていますから、
コルベ・マリーを、霊的な状態で助けてあげて下さい。いつも彼は、
助ける側で、必死に働いていますが、今一番助けが必要になっています。
司祭の祝福を、コルベ・マリーにお願いします。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。
 しるし、もらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。

聖母マリア様:
 清水小屋共同体の愛する子供たち、聖母が話します。外面だけで人を
判断しないようにして下さい。内面は、みんな本当に傷を負い、誤解も
おき、生じてくるのが、悪魔にとって都合のいい働きになっています。
内面同士の友情を、悪魔は壊したがっているので、外面だけの判断で、
人を見ないように、ただ話し合って、心が打ち解けられるようになるまで、
時間が必要になると思います。内面のそれぞれの傷を、皆が理解するのは、
非常に困難かもしれません。一人一人が、全然違う傷を持っています。
二人は父親からの影響で傷があり、マリー・マドレーヌは、母親の虐待に
よる女性全てに対する深い傷を表わし、マリー・レベッカはでき愛の傷の
ために、今も気を使うことをし続けてしまいます。それが習慣化したから
です。クララ・ヨゼファ・メネンデスも、父親に苦しめられたけれども、
とっても気を使います。二人は、そこがよく似ています。ミッシェル・
マリー・フランソワは男性であるけれども、とっても気を使います。コル
ベ・マリーは、それを一番敏感に感じ取ってしまうので、みんな一人一人
がどのように接したらいいのか、混乱を起こそうと、悪魔が働いている
のを、どうか覚えて下さい。聖母は、警戒し、祈り、取りなしをします。
一人も悪魔に落とされてはいけないのです。寺沢に、家が早く見つかる
ように、祈って下さい。司祭の祝福を、またここの共同体が愛し合える
ように、祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 またここの共同体が愛し合えるように祝福します。
          (ここの共同体に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 識別のためのしるし、今もらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 何もないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんに、何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしあります。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。

聖母マリア様:
 愛するリトル・ぺブルに、浄配である聖母が話します。無知無能な仲間
たち、生贄の霊魂たちが、あなたを助けます。これを、あなたに伝えます。
司祭の祝福を、リトル・ペトロ・アブラハム2世教皇に、お願いします。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペトロ・アブラハム2世教皇に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるし、今もらいました。
 
ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して) 
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「聖水をまいて、香をたいて、一人一人の部屋に行く
のは、このメッセージは非公開です。」って言ってます。
 今しるしもらいました。それだけ・・
 

--------------------------------
2007年5月17日 PM2:56
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 聖体拝領するまで、何かものすごく緊張度が高ぶっちゃって、何が何
だかわかんないんだけど、すごい緊張してきちゃって、心臓が少し何か
こう、何て言うんだろう、少しドキドキする感じになってたんで、時々
ちょっと震えるような感じもありました。パンを食べた時に、すごい美味
しくて食べれたんだけど。でも胃薬飲んで抑えたところなんだけれど、
やっぱり緊張度がすごく高くって、今さっき、聖体拝領をした時に、その
こともジャン・マリーに伝えました。聖体拝領後、あとになって、カリス
の洗浄の時に、もうどうしようもないので、「マリアママ、助けてくれる
もんね。」って言って、マリアママの御像をとって、胸にちょっとくっつ
けてました。そしたら「甘えなさい。」って一言が聞こえてきて、しる
しがあったので、「マリア様の声だ」っていうのがわかりました。
 識別のためのしるしありました。

ジャン・マリー神父:
 はい、少し大きな声でしゃべってね。

マリー・マドレーヌ:
 またしるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、無原罪の聖母が話をします。一人一人、甘えるのが
難しいようで、マリアママがすぐ側にいて、甘えることを教えてあげます。
愛する4歳の可愛い息子(ジャン・マリー神父)は、ミサの時にもそう
でない時にも、マリアママから離れようとしません。いつも、べたべた
甘えて「ねえねえ、これちょうだい、あれちょうだい。助けてくれるも
んね。」って、いっつもいっつも言ってます。マリアママが大好きで仕
方がなくって、いっつもおっぱい、ねだってます。こんな可愛い司祭、
今までにいなかったし、見たことがありません。すっごく可愛くて、何で
もあげちゃいたいくらいです。真剣に祈る時に、本当にまっすぐ天を仰い
で、永遠のお父さんに向かって、一生懸命お願いして、「千倍私を罰し
て。」と言ってます。マリー・マドレーヌも言ってますが、今非常に緊
張度が高かったのは、マリア・アントニアとクララの避雷針を受けたと
思います。自分自身の罪責感も、まだ抜けなくて、「マリー・レベッカと
ジャン・マリーの会話をさえぎったのは私かな」って思って、またいろ
いろと思い悩んでしまうようにさえ、なってます。マリー・マドレーヌは、
誰かを呼ぶときに、がらがらを使って呼んだ方がいいかもしれないです。
今、人前に出るのが怖くなる程に、また不安が体に出ています。牛乳飲み
たいのに、哺乳瓶で吸ったらどうなっちゃうのか、マリー・マドレーヌは
怖がっています。昨日の夜に起きたことが、今までになくショッキングな
ことだった故に、「またもどしてしまわないか」と、本当に気がちっちゃ
いので、すぐに悩んじゃってます。異常なほどに、マリー・レベッカに
恐怖を抱いてしまってます。全くそうではないのに、彼女は善意のかた
まりなのに、悪魔がそのようにマリー・マドレーヌを恐怖に陥れています。
クララも、とうとう下に降りてこなくなりました。愛する息子(ジャン・
マリー神父)に伝えます。3人の女性の傷のケアを、特にクララとマリー・
レベッカに、そしてマリー・マドレーヌは、ほんとに体が緊張しやすい
ので、抱っこしてあげる時をほんの少し増やしてあげて下さい。なかなか
3人の女性のタイプが違うので、マリー・マドレーヌは「人のことを
気にするな」と言われても、「何か自分がちょっとした行動で相手を傷つ
けてないか」とすぐ不安にかられます。今が、マリー・マドレーヌの女性
恐怖症の状態の悪さになっています。刈谷で受けた時のように、いや、
それ以上かもしれません。マリアママは怖くないから、甘えて欲しいの。
ね、マリー・マドレーヌ。甘えてちょうだいね。司祭の祝福を、3人の
女性に、一人一人、名前を読んで祝福してあげて下さい。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して) 
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 何もないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して) 
 リトル・ぺブルさんに何か伝言ありますか?

マリー・マドレーヌ:
 ないです。


--------------------------------
2007年5月17日 PM10:20
マリー・マドレーヌに与えられた、天使ケルビムからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 カリスの洗浄の時に、聖体拝領終わって、私が飲み物、何で飲もうか
なあって思って、「あ、そうだ。牛乳が残ってたから、牛乳で喉を潤
そう。」と思っていた時、で、飲んでたら、何だかすごくにこにこし始め
ちゃって、嬉しくなっちゃったから、そしたら「にこにこにこ、だよ〜。
ケルビムちゃんで〜す!」って来たんです。「しるしあるの?」って聞い
たら、識別のためのしるしをくれました。その後、また「クララ・ヨゼ
ファ・メネンデス呼んで。」って聞こえてきたので、ジャン・マリー司
祭に話をして、しるしも求めて確認のしるしとりました。そんな状況です。
 今しるしあった。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して) 
 しもべは聞きます。お話しください。

天使ケルビム:
 ケルビムが、話すね。クララ・ヨゼファ・メネンデスは、男の子になっ
ちゃうよ。「ちゃんばらごっこ、怖い怖い」言いながら、でも絶対髪の毛
バアって切っちゃったら、男の子になるよ。本来は、思いっきり攻撃性
強くって、自分の意思を押し通す子だから、女の子のかわい子ちゃん声
じゃなくって、もちろんかわい子ちゃん声もいいけど、本来はミッシェル・
マリー・フランソワとコルベ・マリーと話してるときに、あの普通の声で
しゃべるのが地なんだよ。んで、コルベ・マリーの弟子だから、『ロード・
オブ・ザ・リング』のスメアゴルとゴラムの声を出しちゃうのが、クラ
ラの地なんだ。ケルビムちゃんは、クララと遊びたくって、じゃれたくっ
て、キティちゃんと、いろんなひよこちゃんもいるけど、くまプーもい
るけど、でもケルビムちゃんは好きで好きでたまんないの。いっぱい、
いっぱい遊んでね。これぞ男だあ〜。佐々木小次郎になっちゃうのかなあ。
でもマルセリーノ2号にしてあげてもいいんだけどなあ。ケルビムちゃ
んが言うこと、邪魔しないでね!遊びに来てるから、正しいこと、言っ
てるもん。明日、とってもいい日になるから、みんな喜んでね。よかっ
たね、新しい名前もらえるから、楽しみにして、これからコルベ・マリー
パパに、甘えるんだよ。で、ジャン・マリーパパもいるから、いっぱい
はぐとチューと、いっぱいやられてね。いたずら坊主の二人の男性に加え
て、ちゃんばら好きなミッシェル・マリー・フランソワにも遊ばれるん
だよ。男の子たちって、子供だから遊びたくってしょうがないの。で、
ジャン・マリーが加わっちゃうと、本気でやってくるか「きゃーきゃー
怖い」って聞こえて、マリー・マドレーヌがお風呂に入っていた時も、
全部聞こえてたよ。クララの声も、おっきんだね。全然「すんません」
じゃないよ。ケルビムちゃん、好きでたまんないの。こういう子が来て
欲しかったんだ。それで、バロネスのことは、ジャン・マリー司祭から
よく聞いてね。コルベ・マリーが、絶対ケアしてくれるから大丈夫。
一緒にいる愛する仲間が、みんなで楽しく過ごせるように、2週間、
理枝ちゃんが入院するけど、でも清水小屋は愛情をいっぱい増す共同体に、
これをきっかけにしてやってね。思いっきり泣いて、ぶったたいても、
ジャン・マリーパパは怒らないから、大丈夫だよ。マリー・マドレーヌは
そうしてきたんだから。実際にジャン・マリーをぶったたいて、泣いて、
「やだぁやだぁ」って抵抗したのに、髪の毛いじくられて、とうとう
男の子の髪の毛になっちゃって、最初は「大五郎」とか言って遊ばれた
んだけど、これはだんだんパーマ屋さんに・・

マリー・マドレーヌ:
 ちょっと待って・・。「しるしありますか?」
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 正しいところから再開して下さい。

天使ケルビム:
 床屋さんに行って、髪の毛切ってもらってね。三つ編みとかポニー
テールしたのかなあ。よくわかんないけど。でも、頭の中まで皮膚が痛ん
でるから、出来なかったかもしれないんだね。女の子のクララ・ヨゼファ・
メネンデスが、いつしか刀を振り回す佐々木小次郎になっちゃうのは、
ジャン・マリーのいたずら作戦だから、ジャン・マリーって、いつも誰か
必ず、男の子っぽい女の子にしたくって、いたずらばっかりするんだよ。
今度は、理枝ちゃんにもすると思う。だって、中京大学の体育女子学生を
手本にしたくって、「コルベ・マリーのお嫁さんは、絶対そうした方が
いい」って言っていたもの。天は、ぜーんぶ聞いてるんだけど、コルベ・
マリーはそんなプロレスラーみたいな女の子、苦手だから、クララ・ヨ
ゼファ・メネンデスが一番ちょうどいいよ。祝福します。コルベ・マリー
とクララ・ヨゼファ・メネンデスを祝福します。ジャン・マリーパパ、
よろしくね。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしがあって、「コルベ・マリーを笑わせたくって言いまし
た。」だって。
 またしるし、くれました。確認のしるしです。
 今さっき、ちょっと何かビジョンみたいなのが、聞きながら見えたん
だけど、ケルビムちゃんが、じっとしてんじゃなくて、飛び回って、飛び
回って、すっごい何かしゃべりまくってるって感じだったの。嬉しくって
しょうがないみたいに。ちょっとそのビジョンのしるし、求めます。
 しるしがあって、「神様って、面白いんだもん!」だって。
 しるしがあって、「大事なこと、忘れてたぁ!」だって。
 しもべは聞きます。お話下さい。しるしくれました。

天使ケルビム:
 あのね、大事なこと、言うの、忘れちゃったから二人に言うけど、
ちっちゃい赤ちゃんって、お母さんが来るだけで、‘にこにこにこ’って
天使みたいに微笑む時期があるんだって。で、今二人はそれぞれに体に
具合が悪くって、かゆがったり、マリー・マドレーヌは非常に胃の状態、
腸の状態が悪くなるような、悪魔のアタックを受けていて、夢の中でいろ
んなアタックを受け、「現実じゃなくてよかったぁ」って目覚めた時に、
よく言うようになってる。苦しくってどうしようもない時に、‘にこ
にこにこ’ってするのは本当に難しいんだけど、でもイエズスに「この
十字架好き」って言って、「天使ちゃん‘にこにこにこ’だもんね」って
話してみてね。悪魔は‘にこにこにこ’を取り去ろうとして、必死で変な
ことばかりやって痛めつけたり、苦しませたり、時には発作のようなも
のを起こさせたり、そういうことしかやらないから。天の人々はみんな
優しいし、天使ちゃんがいっぱいすぐ側にいてくれてるから、マルセリー
ノが独り言で「マヌエル」とお話してたみたいに、「ねぇねぇ、ケルビム
ちゃん」とか「セラフィムちゃん」とか「私の好きな天使ちゃん」とか、
ちっちゃい声でいいから、自分で何かお話作ってみて遊ぶとかしてみるの、
楽しいと思うよ。ちょうど、キティちゃんもいるし、ひよこちゃんも、
プーさんもいるから、「こんな子たち、いるよ」って
話して、全然構わないよ。おしゃぶりしながらでもね。おしゃぶり大好き
なクララ・ヨゼファ・メネンデスは、もう赤ちゃんになっちゃってるから、
かわいくてしょうがなくって、遊びに来ました。祝福します。もう一度、
クララ・ヨゼファ・メネンデスに、司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるし、今もらいました。
 ちょっと待って、まだ話したいの?しるしがあって、「一言だけ・・」
だって。

天使ケルビム:
 ミッシェル・マリー・フランソワに話すね。思いっきり、ちゃんばら
ごっこ、やってねぇ。でっかい声でるから。これ、義務じゃなくって、
本当の遊びになるから、楽しくなるはずだと思うんだけどな。ジャン・
マリーも入ったら、もうめちゃくちゃなちゃんばらごっこになるから、
近所から何か言われちゃうかなぁ。でも、家の中だから、面白いよ。一回
外でやって、その後は中で‘バシンバシン’ってやってね。かわいい子
たちに、祝福します。司祭の祝福、お願いします。

ジャン・マリー神父:(可愛い子たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「単純素朴なところ、僕好きだよ。」だって。
司祭の・・。
 しるしくれました。
 しるしがあって、「ケルビムちゃん、’かいかい’言ってねぇ。」
だって。「早速言ってね。」だって。
 確認のしるしもらってます。
 あと、リトル・ぺブルさんに伝言あるか、聞きますね。
 残念だけど、ないですね。




----------------------------------------------------------------
2.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は8月17日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]