%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

         2008年8月3日号 No.421

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年5月16日 PM6:05
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 旅行から帰ってきて、昨日旅行から帰ってきてから、何かすごい疲れて、
今日も何かずっと寝てましたけど。先ほど、寺沢組が寺沢に行ったときに、
しばらくしてなんだけど、時間が何時だかわかんないんだけど、もうな
んか変なローキューションばっかりあって、「おまえには聖痕ない」とか
「何も出来ないんだ」とか、変なものばっかりあったんだけど、「イエ
ズスの御名によってサタン出て行け」ってずっと言ってました。しばらく
したら、トイレ行くときだったかと思うんだけど、「今日はあなたを休ま
せます」っていう声が聞こえました。そのときには、ちょっとしるし求め
られなくて、誰だかもわかんなくて、でもマリア様のような感じはしたん
だけど、それを今ジャン・マリーに話したら、しるしを求めるように言わ
れたので、「識別のためのしるしありますか?」って聞いたら、識別の
ためのしるしくれました。
 今しるしあって、「このメッセージは非公開になります」って。
 確認のしるしがあって、「聖母が話します」って言ってます。
 しるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。

聖母マリア様:
 マリー・マドレーヌに、聖母が話します。今、さっきまで、名古屋の時
にはコルベ・マリーに非常に強いアタックがあって、マリー・マドレーヌ
は避雷針として機能できていなかったんじゃないかっていう責めがあなた
を襲っていたのを、聖母は見ています。イエズスの受難の道、渇きの道を、
あなたは一人この部屋にいることによって、何か愛するようになった、
そんな感じを受け取るようにされています。実に今回、名古屋の3人の
女性から、あなたは傷を受けました。○○さんとは、すごく第一世代、
第二世代の傷をぱっとあなたは感じ、恐怖を覚えて、後は、ロンジン・
マリーのお母さんに対しても、○○さんとお母さんが話している会話で、
○○さんがまだ、イエズスを信頼できずに、ここに安らぎを求めに来て
いるけれども、永遠の命とどことなく混同している輪廻転生などの話を
していて、あなたはすごく怖さを感じ、○○さんの病気が治るように、と
祈ってあげていました。どうしても、過去を見てしまう○○さんの弱さを
見たのです。でも、その3人の女性の恐怖が、あなたを緊張へと向けさせ、
クララとも話すときに少し警戒感を感じながら話をし、もうちっちゃい子
になりたくって、なりたくってしょうがなくなるほど、心が緊張してま
した。ですから、○○家に行ったときには、お父さんもお母さんも見て
いる前で、哺乳瓶でチューチュー吸う、そんな状態にまでいきました。
お母さんには、二度いろいろ言われ「シスターになれましたか?」って
聞かれたときの「全然なれない」って言った正直な思いと、最後の一言
「でも私は今何かを受けたんだ」っていう状態で帰ることになっていて、
言葉の調子で、大人として振舞うようにさせられそうになり、あなたは、
緊張が高まって、でも車の中で少し寝ました。しかし、今日あなたを静ま
らせたいのは、緊張が高いのと、情緒の傷の安定と、マリア・アントニア
のショッキングな出来事のゆえに、あなたは傷を負って、避雷針としての
役割を担えているか、不安がっています。あなたには治療が必要だし、
いっぱいちっちゃい子を育てて、リンボウの赤ちゃんを愛する事も出来る
ように、聖母がしてあげますから、そして、ゆっくり休んで、男性だけが、
ここにしばらく入るようにしてあげて下さい。クララは寂しがるかもしれ
ないけれど、マリー・マドレーヌの女性恐怖症は高まっています。愛する
息子(ジャン・マリー神父)とミッシェル・マリー・フランソワとコルベ・
マリーが今自分は落ちそうだ、と思っているマリー・マドレーヌに接して
あげて下さい。「猫をいっぱい要求しちゃったから、何もないのかな?」
と思うほどに、彼女は自分で遊べなくなっています。イエズスの受難『パッ
ション』をすごく愛しています。イエズスの痛みに、一緒にそばにいてあ
げたい、というそんな状態で、今体に疲れを覚えています。イエズスを愛し
はじめて、もうイエズスのそばにいたい思いが強くなっています。司祭の
祝福を、三人の子供たち、コルベ・マリーとミッシェル・マリー・フラン
ソワ、マリー・マドレーヌ、そのあとでクララ・ヨゼファ・メネンデスと
マリー・レベッカにお願いします。それからマリア・アントニアにも祝福を
与えてあげて下さい。

ジャン・マリー神父:(三人の子供たち、コルベ・マリーと
       ミッシェル・マリー・フランソワ、マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララ・ヨゼファ・メネンデスに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリア・アントニアに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 少し話すそうです。まだもうちょっと。しるしありました。

聖母マリア様:
 このメッセージも非公開で、名古屋にだけは伝えて下さい。○○さ
んのことで、マリー・マドレーヌは言葉の調子、何から何までマリー・
レベッカと重ね合わせて見たのが原因で、すごい恐怖感を覚えました。
これだけ伝えます。愛する息子(ジャン・マリー神父)に、この事実を
知らせました。聖母は愛する息子を祝福します。
父と、子と、聖霊との御名によりて、アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、「今、清水小屋の共同体は、幼な子路線を嫌わな
いで下さい」って。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 説明をお願いします。

マリー・マドレーヌ:
 しるし今ありました。
 もう一回しるしくれました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。

聖母マリア様:
 マリー・マドレーヌは、善意の塊であるクララ・ヨゼファ・メネンデ
スとマリー・レベッカに対し、ちょっと敏感になっています。二人が
幼な子路線に入らない限り、ミッシェル・マリー・フランソワも入れま
せん。コルベ・マリーは今仕事をしながらでも、一生懸命遊んでいます。
でも、二人の女性とミッシェル・マリー・フランソワが、大人の路線を
少しでも見せてしまうなら、幼な子路線は崩れてしまいます。それほどに、
今マリー・マドレーヌは孤独感にさいなまれています。でもイエズスの
御心に避難し、ここにいるほうが安心だ、ということを彼女は選び始め
ました。風船を使って遊んだり、何をしてくれるかを期待しています。
そうすると、彼女の緊張が解けて、みんなで楽しんでる声を聞きながら、
安心して過ごせるようになります。夜が、結構この幼な子路線大会をし
やすくする時間なのかもしれません。ベルナデッタをみんな模範にして
下さい。緊急にこの清水小屋共同体に伝えます。司祭の祝福を、この共
同体にお願いし、司祭(ジャン・マリー神父)は、コルベ・マリーに早
急にこの問題について話してあげて下さい。先ほどの状態のことも話し
てあげて下さい。祝福を、この清水小屋共同体にお願いします。

ジャン・マリー神父:(この清水小屋共同体、名古屋の共同体に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしあった。


--------------------------------
2007年5月16日 PM11:03
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 全然デパス(薬)を飲んでも眠れなくって、緊張がやっぱり高まって
るからって言って、おしゃぶりし始めたらすごい緊張が和らいできたん
だけれど、その時に「ミサの意向をお願いします」って誰かの声が聞こ
えたので、「しるしありますか?」って聞いたら、識別のためのしるし
もらったんです。そして「誰?」って聞いたら「聖母マリアです」って
言われて「司祭にお願いします」って言われた。確認のしるしとってます。
もう一回しるし・・。今しるしあった。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。

マリー・マドレーヌ:
 しるし今あった。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。

聖母マリア様:
 司祭に、ミサの意向をお願いしに、聖母がきました。北岡ファミリー
とクララ・ヨゼファ・メネンデス、そしてマリー・マドレーヌ。北岡一家
には、特にマリア・アントニアとマリア・ヨゼフ・天草四郎、この
二人に特にお願いします。小さな三人の子供たちにも適応してもらうよう
にして下さい。バロネスの二人が猛攻撃にあい、マリー・マドレーヌは
避雷針になり、罪責感を悪魔が狙ったので、先ほどの出来事が起こりま
した。クララとマリア・アントニアの関係を、これからも続けられるよう、
皆で祈ってあげて下さい。司祭の祝福を、特にクララ・ヨゼファ・メネ
ンデスとマリア・アントニアにお願いします。悪魔は妨害をしよ
うと狙いました。これだけを伝えます。祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリア・アントニア・りえに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
      
マリー・マドレーヌ:
 今識別のためのしるしもらいました。
 
ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 ないです。あ、ちょっと待って。一言聞こえる・・。
 しるしがあって、「マリー・マドレーヌに」って言われたんですけど。

聖母マリア様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)に、マリー・マドレーヌについて、
心の状況を話します。パブリックレターのことをかなり思いわずらった
ために、彼女の心はもうずたずたになっています。リトル・ぺブルの名前
で出されているはずのレターが、リトル・ぺブルも応援する形で彼女を
捨てたのではないかと、激しく責めたので、体に全部反応してしまいました。
聖母は、母としてマリー・マドレーヌを慰めに来ています。このことを
伝えます。ローキューションに関しても、混乱を入れようと、悪魔は彼女
を襲っているので、みんなに祈るよう伝えて下さい。ここにいるメンバー
一人一人、そして名古屋にもそれを伝えて欲しいのです。緊急事態なので、
お願いします。全員が悪魔の猛攻撃にさらされています。今マリー・マド
レーヌは、みんなに支えてもらっているけれども、この心の状況を愛する
息子だけに伝えたくて、聖母はそれをあなたに知らせました。マリー・
マドレーヌ、恐れないで愛する息子に信頼して下さい。司祭の祝福を
お願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるし、今ありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 悪魔がローキューションっていうのは、悪魔が入れるローキューション
のことなのか、それとも天からのローキューションに対して偽のものが入り
つつあるのか、もしそうだったらどのようにガードするのか教えて下さい。
どのようにガードを固めるのか。

マリー・マドレーヌ:
 しるしが今ありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話しください。

聖母マリア様:
 悪魔は考えにマリー・マドレーヌの頭に攻撃を始めています。ロー
キューションがなされて、そのあとに「思い込みだとか、これは事実でない
とか、自分の思い込みでしゃべってるんだとか、もうおまえには恵みは
ない」などと、聞こえるような形で後で働いています。マリー・マド
レーヌは、その度にしるしを求める事をして、悪魔を追い出し、吹き込ま
れる言葉を必死で消し、罪責感を刺激しようとする悪魔に対し、イエズス
の御心に避難するために戦っています。聖母の声に、よく注意して耳を
聴かせ、精神的に集中させますが、そのあと、疲労感を与え、悪魔が攻撃を
始めていました。それが起こっています。希望の徳を御父から受けてい
るので、イエズスに接吻し、私にも接吻をしてくれます。それで乗り切る
感じで寄りすがりを覚え始めたところです。でも、今は周りが静かだと、
急に孤独感に襲われるようになって、周りの普通の会話の中で、イエズス
との対話をそのまま自然に出来るようにするのか、それともみんなが静
まって、マリー・マドレーヌは引きこもり、観想家だからしゃべらないで、
みな静かに上に行ったりするのか、彼女が混乱しているのはそこです。
今コルベ・マリーは旅の疲れで休みました。彼ははっきりそう言ってくれ
ていますが、他の三人がどう行動したらいいのか迷ってるのを、マリー・
マドレーヌは気にしてしまっています。食事も何だか寂しそう、とか
イエズスに訴えています。幼な子路線は、マリー・マドレーヌだけにしか
ないかのように見せかけ、大人へと向けようとする悪魔の力が働いてい
ます。今、コルベ・マリーとミッシェル・マリー・フランソワは理解して、
ちっちゃい子のように扱ってくれています。でも、女性二人は遊ぶ事がわか
らないでいるようで、いろいろ二人だけで話さないように、とかいう指示
も十分に聞けずに、お互いが迷っているようです。急に幼な子
路線を言われても、やっぱりちっちゃい子供がいないと、子供の本当の
姿がわからないのというように、子供がいないこの秋田では、なかなか
それが進めないのを、今旅行から帰ったばかりのマリー・マドレーヌは
感じています。マリー・マドレーヌは自然に振舞って欲しいし、みんなが
急激にひくように、遠慮するかのように、どこかに行くのは止めて欲しい
と願っています。でも、静かな環境というのと、会話するのとどうしたら
いいのかが、みんなどのように対処していったらいいのか、共通して全
員が悩んでいるようです。司祭の祝福を、この清水小屋の共同体にお願い
します。聖水と香を使い、クララ・ヨゼファ・メネンデスを悪魔の手から
解放し、マリー・レベッカにも同じように、ミッシェル・マリー・フラン
ソワにも同じように、これから毎日続けてあげて下さい。マリー・マド
レーヌは、香がたかれると落ち着きます。司祭の祝福を、この全員にお願い
します。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「マリー・マドレーヌは幼稚、白痴、引きこもりです」
ってあったから、確認のしるしとります。
 しるしがあって、「同じ聖母が話しました」って言われました。

ジャン・マリー神父:
 もう一度、ローキューションかもしれないから、聞いて。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしあった。

聖母マリア様:
 マリー・マドレーヌ、聖母が話します。自分で聖水をこの部屋にまき、
ぬいぐるみの二つの大きな猫ちゃんにもふりかけました。もう一度、
司祭にこの猫ちゃんたちを祝別してもらって下さい。

ジャン・マリー神父:
 父と、子と、聖霊との御名によりて、このぬいぐるみを祝別します。
アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 「怖がらないで、そばにぬいぐるみを置いていいですよ」って言われ
ました。
 確認のしるし、今もらいました。




----------------------------------------------------------------
2.お知らせ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 弱さ、悪さのゆえに、掟(おきて)を守れなくても、全くかまいま
 せん。何も知識がなくても、何も能力がなくても、全くかまいません。

(1)唯一の真理はローマ・カトリックであることを受け入れて、
   他の教えを捨てること。

(2)家族・親族・友人が何を言おうが、堂々と同宿服を着て歩き、
   リトル・ペブルさんへの支持と愛を表明すること。

  それをする決意があれば、洗礼を授け、同宿にします。

 どんな人もです。現役の売春婦も、やくざも、ギャングも、右翼も、
 暴走族も、ホモも、レズ、etc 現役のままです。子供も、年寄りも、
 日本人も、外国人も。字が読めなくても、ハンディキャッパーでも、
 重病人でも、精神障害者でも、アルコールや麻薬中毒者でも、みな
 受け入れます。


◆ 次回「箱舟の聖母」は8月10日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

箱舟の聖母社
http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%




[HOME] [戻る]